係船装置の名称と利用方法、船首で使用される係船ロープの種類とその役割を教えていただきたいのですが。お願いします。

A 回答 (2件)

Head Line、Forward Breast Line、Forward Spring はいずれも船首で


係船する(岸や他の船舶につなぎとめる/「もやう」といいます)ための
ロープです。ちなみに、船首のことはhead、forward 以外にbow(バウ)、
stem(ステム)などともいいます。
head lineは船首をもやうロープ全般のことをいうとおもいます。私の
経験では、係船方法に区別はなかったような・・・。
breast line(ブレストライン)は、船首(船尾でも)からほぼ真横(船の
向きと直角)に岸などにつないでいるロープ。spring line(スプリング
ライン)は、船首のスプリングラインだと船尾方向にもやっている(後ろの
ほうに)、船尾のスプリングラインだと船首方向にもやっているロープ
のことです。 

ただ、大きな船でないと、ここまで細かく表現することはあまりないと
思います。小さな船なら、スプリングラインはあまり取りません。

ちなみに係船装置は、先にお答えもありますが、船を岸などにつなぎとめておく
もの全般です。昔の映画で船乗りが最後に好きな女性と岸で別れるときに、片足
を乗せてきのこみたいなやつ(ビット)も係船設備のひとつです(笑)。
あ、もちろん、錨(いかり)も係船設備のひとつです。
ボラード(bollard)、ビット(bitt)などがロープを引っ掛けるもの。
船にあるものでは、錨を上げ下ろしする揚錨機(windlass)、ロープを出したり
巻いたりするムアリング・ウインチ(mooring winch)、キャプスタン(capstan)
などがあります。水平に巻くものをキャプスタン、垂直(前後)に巻くものを
ムアリング・ウィンチと呼ぶようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんっとうにありがとうございました!!助かりました(涙)詳しいご説明、とても分かりやすかったです。ありがとうございました~☆

お礼日時:2001/10/31 16:24

係船装置とはムアリングウインチの事でしょうか?


係船ロープにはマニラロープ・ワイヤーロープ・合成樹脂ロープなどがあります。
樹脂の物は伸び縮が大きくすべりやすいですが腐食し難いです。
マニラロープはやはり濡れると縮ますが摩擦に強いです。

この回答への補足

あの、係船ロープについてなんですが、船首についているHead Line というのと、Forward Breast Line と、Forward Springというものの役割をできれば教えていただきたいのですが..。あと、係船装置とは、そもそもどういうものを係船装置というのですか?本当に何回もすいません。

補足日時:2001/10/30 22:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答、ありがとうございました!!

お礼日時:2001/10/31 16:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今日発売された宝島社の雑誌Spring11月号の表紙が菅野美穂さんなん

今日発売された宝島社の雑誌Spring11月号の表紙が菅野美穂さんなんですが、着用しているピンク色のニットはどこのブランドのものか分かる人教えて下さい!!!

Aベストアンサー

追伸 

ニットとブラウスの重ね着のようですね。

ブラウス¥6,195-(チャオパニック原宿店)

Q釣る魚の種類にこだわらず川で練り餌さを使い釣りをする場合、ウキの種類は玉ウキと棒ウキどちらが良いので

釣る魚の種類にこだわらず川で練り餌さを使い釣りをする場合、ウキの種類は玉ウキと棒ウキどちらが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

棒ウキは湖とか池など流れが少ない水面に適しています。

川は玉ウキか見易いウキが良いと思います。

Qパリのファッションが分かる雑誌かサイト

近々パリに行く予定があります。
20代前半の女性が読んで丁度いい、
パリの今が分かる雑誌かサイトってありますか?
できれば、店舗の紹介があるといいです。
普段着ているのは、springに載っているような感じの服です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フィガロ ジャポン がおすすめです。パリばかりではありませんがいろいろな情報満載です。写真もとっても綺麗です。

参考URL:http://www.fujisan.co.jp/Product/1241294

Q磯でのスカリ等のロープ結び付け方

磯でスカリを使う場合、適当な岩へぐるっと巻きつけ、ロープが巻いてあるプラスチックの巻き板をうまく使って固定しているつもりですが、すぐ緩んでしまいます。
多分波の押し引きによる緩みもあると思うのですが、緩まずまた解きやすい結び方を教えてください。

Aベストアンサー

私はスカリ、水汲みバケツ共にソフトな6mmロープを使用していますが(共に10m)スカリは
巻きリールは使用しなくて端はテープのみでそのままです。
http://www.takasangyo.co.jp/product/salt_water_fishing_rope/rope-Q.html

スカリはいつも上下をたたんで2つに折り、ロープでグルグル巻きにしてダイワのライトトランク20Lに
入れて行きますので、巻き板やリールがない方が便利なもので。
また岩などに結ぶときも巻き板などがない方がしやすいと思いますが・・・

私は岩に結ぶ場合干満の差も考えて極端に長くならないように調整し、余り部分のロープを2重にして
「ふた結び」を3回しています。
この結びだと本線を引かれるほどに締まり、解く時も2重にしていると非常に簡単に解くことができます。
http://www1.ocn.ne.jp/~tatsujin/ropework/

岩に結ぶ際にまずきっちり3方向以上、岩が逆角度になっていて波の打ち返しでロープが引かれても
絶対に外れない位置を探して、強いテンションを掛けて上記の結びで結んでいますが、過去に一度も弛んだことはありません。

またどうしても岩に結べない時は、クーラーのハンドルに結びクーラーが縦方向に引かれたときに
ガッチリ岩に噛むように、岩の凹みに縦方向に置いています。
私はクーラーの底面に底の保護と、確実にどんな置き方をしても岩にガッチリ噛むように10mm厚で
3cm幅のスポンジゴムを7、8本両面テープで留めていますので、岩の上でクーラーは横方向の力には
ほとんど動かないように工夫しています。

私はスカリ、水汲みバケツ共にソフトな6mmロープを使用していますが(共に10m)スカリは
巻きリールは使用しなくて端はテープのみでそのままです。
http://www.takasangyo.co.jp/product/salt_water_fishing_rope/rope-Q.html

スカリはいつも上下をたたんで2つに折り、ロープでグルグル巻きにしてダイワのライトトランク20Lに
入れて行きますので、巻き板やリールがない方が便利なもので。
また岩などに結ぶときも巻き板などがない方がしやすいと思いますが・・・

私は岩に結ぶ場合干満の差も考えて極端に...続きを読む

Qファッション雑誌について

ファッション雑誌について

一応20歳になったので、あまり興味の無かったファッションやメイクなどに感心を持とうと思っています。

雑誌を買おうと思うのですが、色々ありすぎて悩んでます。

ギャル系とかお姉系過ぎるのはちょっと抵抗があるのですが…

JJ・Ray・non-no・PS・ViVi・spring・mina・MORE・with・Steady.
の中だったら何がオススメですか?

挙げたのは近所のコンビニでも買える雑誌です。


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

20歳ならRayかViViがいいと思いますね。
Rayは綺麗と可愛いが混ざった感じで20代向け、ViViは可愛い系で特に20代前半向けだと思うしね。

Qつりで使うロープなんですけども・・・

ご存知の方にお聞きしたいのですが、
釣りで使うロープの「ハヤロン」
というメーカーを探しています!!

取扱いのある店舗や、代理店、知っていましたら
私に教えて頂けないでしょうか!

Aベストアンサー

ロープって紐を撚り合わせて作った太いものをいいますけど。
釣り用ライン、釣り糸でハヤロンなら
http://www.f-hayashi.com/

Q出産前後で読むファッション雑誌、変わりましたか?

出産前後で、ファッションの傾向が変わることも多いかと思いますが、
読むファッション雑誌は変わりましたか?読まなくなりましたか?

私は、SUPR、GINZA、BAILA、Spring、VOCEなど(バラバラですが)を読んでいましたが、
産後そんなに時間とお金がかけられないかな、と思って、今後の路線を検討中の30代前半ママです。

変わった方も、変わっていない方も、雑誌名と年代をお答え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

30代前半です。

子どもがいないときは
・MORE
・WITH
・Oggi
などをよく読んでいました。
あとは特集によって他の雑誌も・・・って感じでしたね~。(美的とかフラウなど)

で、今は
・VAILA
・Como
・Lee
・MORE
・WITH
を内容によって買っています。
毎月必ずコレを買う、という雑誌はありません。
30代になって、自分に似合うもの、好みなどがわかって(決まって)きたので、新しいアイテムを着るときもあまり雑誌を参考にしなくなった、というかアレンジの仕方や色の組み合わせがわかってきたので、たまにちょっと個性の強いアイテムを着るときや、遊びを入れたいときに参考にする程度です。

30代向けの雑誌って、20代向けの雑誌に比べると数が少ないですよね。
思いっきりセレブ向け!みたいなものか、家計簿ばかり出てるような生活密着タイプか、働く30代向けか、って感じ。
主婦だけど、そこそこオシャレしたい、でも何十万もするブランド品やダイヤばかり買えるわけではない、っていう人向けの雑誌があまりないなあと感じるこのごろです。

30代前半です。

子どもがいないときは
・MORE
・WITH
・Oggi
などをよく読んでいました。
あとは特集によって他の雑誌も・・・って感じでしたね~。(美的とかフラウなど)

で、今は
・VAILA
・Como
・Lee
・MORE
・WITH
を内容によって買っています。
毎月必ずコレを買う、という雑誌はありません。
30代になって、自分に似合うもの、好みなどがわかって(決まって)きたので、新しいアイテムを着るときもあまり雑誌を参考にしなくなった、というかアレンジの仕方や色の組み合...続きを読む

Qピトンの役割について

ピトンの役割がいまいち理解できていないものですので教えていただけないでしょうか。
港や堤防にピトンの穴が開けれない、ない場合は、手前に落とし込み釣り、垂らしの場合は
ピトンをつけず、竿にロープをつなぎ、重いもの、例えば石などに固定しても竿はもっていかれる
ことはないでしょうか?
また、前回の質問でも聞いたのですが、ピトンの台の上に竿を置くと竿が少しぐらつきますが、
竿の下部分をピトンの台の隙間にいれて、竿先の上の方はフリーな状態で竿が立ちますよね。
なのですが、竿の下部分とピトンの台をぐるぐる巻きで一緒に尻手ロープで結ばないと魚が掛かった時に、竿が飛んでいくと勝手な想像をしているのですが、ピトンで抑えられるものなのでしょうか?
ちなみにロープが私のばあいかなり長いです、5mはあまっていると思います。
これは切って使うことで、上記にあげたような、竿下部分とピトンの台を一緒に固定せずに
済むのでしょうか?
長々とすみませんでした。

Aベストアンサー

ピトンの役目は主に3つです。

1)釣りの休憩中に竿に傷が付かないように置いておく竿置き
2)沖磯など不意の大波がきて荷物が流されないようにする場合の荷物置き場
3)イシダイやクエなど大物、カゴ釣りなど磯での釣りの場合に置き竿でアタリを待つ場合

ロッドスタンドでは安定しない磯で使う場合が殆どです。防波堤では投げ釣りでの置き竿やカゴ釣り、イカのヤエン釣りでの置き竿等では使うかもですが、これでも魚がかかるかは常に見ているのでアタリを待つ時はドラグフリーにしたり、ベールを開けて待つ事が普通と思います。魚がかかっても糸が出るだけで竿は持っていかれません。もしコレをしていないとかかった魚が大物だと竿は持っていかれます。そういう場合に竿・リールだけは回収できるようにするための保険として使われるのが尻手ロープなので魚の引きを止める為の物ではありません。
尻手の固定は主にハーケン(波止の間に固定)、船のロープ用のワッカなどです。ピトンやロッドスタンドに結ぶと絡んで邪魔になるのでやってる人は少ないですね。石に固定という人もいますが、竿は引きずられると傷が入るのでアタリを待つ場合は糸だけ出るようにしている人が殆どのハズです。

船釣りのように竿を固定してする釣りは、船は釣座を移動しない・揺れる・大物が掛る・海に浮いているのでこのような釣りが出来ますが、陸から釣る魚は足元に突っ込む事が多いのでやる人は殆どいないと思われます。

ピトンは普通足場が悪くロッドスタンドが使えない場所で使う物であり防波堤で使うのは大物釣り(ホントは穴あけちゃダメなんだけどね)の場合と思われます。
因みにイシダイ釣りやクエ釣りのピトンの竿受けは普通の竿受けとは違って、まず竿の竿尻が簡単に抜けないようになっていてその形状に合わせるように竿受けの形があります(中にはピンで固定できるものまであります)。なので大物がかかって突っ込んでも竿は抜けにくくなっています。しかし底物釣りは大物が多いのでピトンごと竿を持っていかれる、尻手ロープすら持っていかれるなどの話はよく耳にします。イシダイ釣りなど磯で竿を持っていかれた場合は高価な竿ですとリールも込みで20~30万円くらい?もしますので海女さんなどの漁師にお金払って(相場で3万程度?)潜って取って来てもらう事も多いようです。

ピトンの役目は主に3つです。

1)釣りの休憩中に竿に傷が付かないように置いておく竿置き
2)沖磯など不意の大波がきて荷物が流されないようにする場合の荷物置き場
3)イシダイやクエなど大物、カゴ釣りなど磯での釣りの場合に置き竿でアタリを待つ場合

ロッドスタンドでは安定しない磯で使う場合が殆どです。防波堤では投げ釣りでの置き竿やカゴ釣り、イカのヤエン釣りでの置き竿等では使うかもですが、これでも魚がかかるかは常に見ているのでアタリを待つ時はドラグフリーにしたり、ベールを開けて待つ...続きを読む

Q指定車種以外へのスプリングの流用 アコード

アコードのCF-7に乗っているのですが、CF-2用のサスペンションを流用するとどうなるのでしょうか。サスセットなどを見ると、CF-7もCF-2も同じ型式の場合があるので、スプリングも使えるのではと思っているのですが、間違っているのでしょうか。
ポップアップのHPですので、車種別の直リンクは貼れないのですがスプリングはこのアドレスです(http://www.rd-tanabe.com/lineup/spring/gf210/concept/index.html)
バネレートが異なるので、車高が表示より上がるか下がるかといった影響しかないと考えていますが、他に影響はありますでしょうか。

この品に限らずサスの流用について全般的に教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

記憶が曖昧ですが、確かCF6,7、CH9、CF4、CL1の純正形状のものは流用可能だと思います。
CF2については申し訳ありませんが分かりません。

スプリングも径などが同じであれば流用できるのではないでしょうか。

影響についてですが、ワゴンとユーロRなどのセダン用では多少は目的等が違うと思われますが、他車種のものを取り付けたという気分的な問題だけで、特に問題はないのではないでしょうか。

Q【画像アリ】反転カゴの役割を教えてください。普通のカゴとどう違うのでしょうか

いつもお世話になっています。反転カゴの役割について教えてください。
最近投げかご釣りができるようになったのですが、
いろいろな仕掛けをみていると反転カゴなるものを使うしかけがあります。反転かごを購入してみてみましたが、
おそらくは棚に届く前に円筒内部に餌がでないようになっていて、届くとひっくり返って餌が出る仕組みだと思います。
ttp://www.kaminato.ne.jp/kagoturi.htm
たとえばここにのっている仕掛けですが、
普通のカゴがついていて、さらに反転かごがついていますが、
なぜ普通のカゴがついて、2つもかごがついているのでしょうか。
また、普通のカゴと反転カゴの役割の違いはあるのでしょうか。
普通のカゴで十分棚に届いてえさを出してくれるような気がするのですが。
反転カゴの役割を教えてください。

なぜか検索しても反転カゴは目的の情報に届かないのです。
マイナーなのかなぁ

Aベストアンサー

反転カゴの目的は、狙った棚に落ちる前に餌取りに餌を取られないようにするのが主目的だと思って使っています。

上のカゴは着水と同時に半分以上のコマセがこぼれます。
餌取り君達はここに群がります。
針に付けた餌と、少量のコマセを入れた反転かごは浮き止めで沈下が止まるまでカゴの外にこぼれません。
棚に到着すると反転かごの中身は一気に全部出てしまいますが、上の網カゴからはポロリポロリと少しずつしかコマセは出ません。
付け餌が長い時間コマセの煙幕の中に漂う事になります。

対して遠投カゴは棚までコマセが殆んどこぼれない為、餌取り君達も狙った棚にどんどん集めてしまいますし、竿をしゃくれば一度に全部のコマセが出てしまい、付け餌がコマセの中に居る時間が短くなってしまいます。
また、一度にばら撒くコマセの量が圧倒的に違います。

重量(竿にかかる負荷)で見てみると……
黒いプラスチックの遠投カゴはLサイズの8号錘でも、入れるコマセの量はたかが知れていますが、反転カゴ仕掛けの場合上のカゴをLサイズやビッグサイズにしてもそれ程重くなりません。
また、反転カゴも0号~5号位まで色々な大きさと重さがありますが、
鉛を少なくすれば一度にばら撒くコマセの量がその分多くする事が出来るのです。(同じ竿を使う場合)

先に回答されている方の言う通り『トラブル』は多いですが、元々反転カゴは超遠投や深棚を狙う釣りでは殆んど使用しない人が多い為、軟らかい竿で魚の引きを楽しみたい人は好んで使います。

また、メジナやイナダ等、上に浮いてきてコマセの煙幕に突っ込んで来る魚には絶対に反転カゴの方が有利です。
実際に釣果には大きな差が出ます。(私は何度も悔しい思いを経験済み)

そもそも今の遠投カゴがメジャーになる前はこの仕掛けしか使われていなかったのでは無いでしょうか?
決してマイナーな道具だとは思わないのですが……

反転カゴの目的は、狙った棚に落ちる前に餌取りに餌を取られないようにするのが主目的だと思って使っています。

上のカゴは着水と同時に半分以上のコマセがこぼれます。
餌取り君達はここに群がります。
針に付けた餌と、少量のコマセを入れた反転かごは浮き止めで沈下が止まるまでカゴの外にこぼれません。
棚に到着すると反転かごの中身は一気に全部出てしまいますが、上の網カゴからはポロリポロリと少しずつしかコマセは出ません。
付け餌が長い時間コマセの煙幕の中に漂う事になります。

対して遠...続きを読む


人気Q&Aランキング