PZT(チタン酸ジルコン酸鉛)の理論密度を知っているかた。
または計算方法を知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

単位 種類」に関するQ&A: 単位の種類

A 回答 (1件)

理論密度の定義はいろいろあるのですが、よくあるのは「構成物質間の相互作用は考えず、単に算術的に平均した密度」として取扱うものです。

saigono-torideさんのおっしゃる「理論密度」の定義はどんなものでしょうか?
ご質問がその意味でしたらモルと密度に関する簡単な計算で求められます。ぜひ自分で鉛筆を動かしてみて下さい。

物質1: 密度 d1 原子量 m1
物質2: 密度 d2 原子量 m2
をx:(1-x)のモル比で混ぜたとします。合計量をy [mol]とすれば
その質量は
x y m1 + (1-x)y m2
のはずです。
その体積は
(x y m1/d1)+((1-x) y m2/d2)
です。
あとは質量÷体積で出せますよね。当然、モル比xに応じて密度は変化します。

あるいはご質問の趣旨は「結晶構造と格子定数から密度を計算したい」ということでしょうか。
これはチタン酸鉛、ジルコン酸鉛のそれぞれの単位格子を考え、その格子定数から体積を計算し、さらに単位格子に含まれる原子の種類と数から計算できます。
PZTは専門でないのでこの先は自信がありませんが、チタン酸鉛とジルコン酸鉛を互いに固溶させてもそれぞれの結晶系および格子定数の変化はないと第一近似するなら、以降の議論は上と同じになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。自分で計算してみようと思います。

お礼日時:2001/11/04 12:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学・鉛ガラス】スワロフスキーは3割が鉛の鉛ガラスだそうですが、鉛って肌に触れてて大丈夫なのでしょ

【化学・鉛ガラス】スワロフスキーは3割が鉛の鉛ガラスだそうですが、鉛って肌に触れてて大丈夫なのでしょうか?

鉛って有害って聞いたんですが、肌に触れる分には有害ではないのでしょうか?

体内に鉛が入ると健康被害が出るが、肌に触れるのは健康被害が出ない?

Aベストアンサー

鉛ガラスは非常に安定していて鉛が析出することはほとんど有りません。
食器やコップなども高級品は鉛ガラスですね。

Q過塩素酸 塩素酸 亜塩素酸 次亜塩素酸

高校生の授業なのですがなぜハロゲンのオキソ酸で
でてくるたいとるのものとしては塩素酸が基準と
なっているのでしょうか?何か歴史的経緯はあるのでしょうか。接頭語はそれだけしかないからというこたえ
では納得できないです。急いでいますので
できれば速く返答お願いします。

Aベストアンサー

補足します。

このような非金属イオンの酸化物とみなせる物質を一般に「オキソ酸」と
言いますが、もっとも安定な酸を基準にするそうです。

化学IB・IIの新研究/卜部吉庸/三省堂

Qチタン(Ti)を含んだ脂肪酸系の物質てありますか

現在、どこから紛れ込んだか分からない異物を分析しています。FT-IRと元素分析の結果から、脂肪酸系のものである事は分かりましたが、元素分析でTiが検出されたため、どんなものかわからず困っています。チタンを含む脂肪酸系の物質と用途を教えて下さい。

Aベストアンサー

例えば、エチレンジアミン四酢酸のような
キレート剤も、チタンとのキレート錯体を形成します。
酸化還元触媒としての使用可能性もあるのではないかと思います。

Qチタン酸バリウム

チタン酸バリウムの残留分極値、抗電界値、キュリー温度を知りたいのですが、どのような文献を調べればよいでしょうか?文献でなくてもHPの方でも結構ですので教えていただきたいです。

化学大辞典、化学辞典、化学便覧、化学工学便覧、結晶工学ハンドブックなどを調べてもいっこうに見つかりません・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チタバリは圧電セラミックスの材料として有用なものです。化学系の書籍を見るよりも圧電セラミックス関係の書籍を見た方がいいでしょう。ちなみに、チタバリのキュリー温度は約130℃です。HPを紹介します。参考文献も山ほどありますので、自学研鑽をして下さい。

参考URL:http://staff.aist.go.jp/k-kusumoto/

Q次亜鉛層酸ナトリウムについて

次亜鉛素酸ナトリウムについてお伺いします。
水で希釈するのとお湯で希釈するのとでは、次亜鉛素酸の効果は変わりますか?
やはり水で希釈しないと意味がないでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたらご返答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

次亜塩素酸ナトリウムを扱うときは、下の参考サイトなどをよく見て、できれば換気の良い所で、注意して扱ってください。
あまり体にも良くないので、素手で触らないでください。
次亜塩素酸ナトリウム(=次亜塩素酸ソーダ)は熱や光で分解しやすい性質があり、特に、酸と混ぜるのは非常に危険です。
昔、主婦がトイレの洗剤を2種類混ぜて、発生したガスで亡くなるという事故がよく起こったそうです。
(今のトイレの洗剤は、他の薬品と混ぜないでくださいという注意事項が書いてあると思います。)

NaClO(次亜塩素酸ナトリウム)+2HCl(塩酸)→NaCl(塩化ナトリウム)+H2O(水)+Cl2↑(塩素)

上の式の例のように、発生するのは塩素ガスで、兵器として使われたこともある毒ガスです。


(参考)

過塩素酸   HClO4
塩素酸    HClO3
亜塩素酸   HClO2
次亜塩素酸 HClO   次亜塩素酸ナトリウム NaClO
塩酸      HCl

参考URL:http://www.takasugi-seiyaku.co.jp/prdt/04_01.html

次亜塩素酸ナトリウムを扱うときは、下の参考サイトなどをよく見て、できれば換気の良い所で、注意して扱ってください。
あまり体にも良くないので、素手で触らないでください。
次亜塩素酸ナトリウム(=次亜塩素酸ソーダ)は熱や光で分解しやすい性質があり、特に、酸と混ぜるのは非常に危険です。
昔、主婦がトイレの洗剤を2種類混ぜて、発生したガスで亡くなるという事故がよく起こったそうです。
(今のトイレの洗剤は、他の薬品と混ぜないでくださいという注意事項が書いてあると思います。)

NaClO...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報