最近PAGE(ポリアクリルアミドゲル電気泳動)をやり始めたのですが、
泳動結果が安定せず、実験ごとにバンドがきれいに見えたり、バンドが
広がって見えてしまったりします。原因として何が考えられるでしょうか?

ポリアクリルアミドゲルを作成するにあたっていろいろな本を参考にしましたが、
TEMEDの量や、10%APSの量が本によってバラバラでどの量を信じていいのかも
わかりません。もし、実際にPAGEを経験された方がいらっしゃればコツを
おしえていただけないでしょうか。

私が行なっているPAGEはゲル濃度5%、非変性です。

よろしく御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

なるほどミューピッドでPAGEですか.(よく見ればすでに書いてありましたね.ちゃんと読んでなくてすみません.)たしかにあまり聞かないですができないことはないと思います.プレキャストゲルも売っているぐらいですから.しかし,ミューピッドで行っているとすると私の回答は的外れでした.ますます,すみません.



さて,他の方への補足を読んでの回答ですが,電圧は低めの方がきれいに流れます.というよりもゲルの温度を低く一定に保つことが重要です.ただしミューピッド型ならばバッファに完全に浸かっているでしょうから温度の上昇はある程度抑えられますよね.

脱気についてですが,私の経験ではシークエンシングやSSCPでもないかぎり,通常の電気泳動では脱気は不要です.kazu-uraさんが書いているように静かに混和すれば十分です.


ところで横型の場合,ゲルはどのように作るんですか?スラブ型でしか行ったことがないのでピンと来なくて.ウェル以外の部分を空気から遮断するための専用の器具があるんでしょうか?(回答欄での質問で申し訳ないんですが後学のために.^ ^;)

この回答への補足

度々回答ありがとうございます。すいません、何度も。

そうなんですか、脱気は特に必要ないんですか。ありがとうございます。
脱気について気になっていたので、良かったです。

>ところで横型の場合,ゲルはどのように作るんですか?スラブ型でしか行ったこ>とがないのでピンと来なくて.ウェル以外の部分を空気から遮断するための専用>の器具があるんでしょうか?

ウェルを作るためのコームの部分だけ穴が開いているカバーを被せてゲルを作成します。これで、一応空気から遮断されることになっていると思います。

補足日時:2001/11/06 10:09
    • good
    • 0

補足のほう見ました。

返答遅くなってすいません。

>ゲル作りに関してですが、TEMEDとAPSの量はどちらを調整すればいいのでしょうか?
>両方ですか?それとも片方の量をふやすのでしょうか?

両方です。うちの場合60mlくらいの溶液を作るのであれば
10%APSを200μL、TEMEDが60μLくらいだったと思います
ゲル濃度を下げる場合にはこれらの量を両方とも減らせばよいと思います

またAPSですがうちの場合10%APSをあらかじめ作っておき
エッペンなどに分注し、冷凍庫にて保存しています。

私もタンパクを対象に行っているのでDNAの泳動に関しては
すいませんがわかりません

あとcourregesさんもおっしゃっていますが
ウェルをよく洗う、これは泳動に用いるバッファを使い洗ってください
またゲルを装置にくっつけ、泳動用バッファーをいれた後に
サンプルを静かにいれてあげていますでしょうか?

参考URL:http://www.biochem2.m.u-tokyo.ac.jp/web/contents …

この回答への補足

度々ありがとうございます。

TEMED、APSの件ありがとうございます。早速やってみます。

みなさんが使ってらっしゃる泳動装置はやはりスラブ型?というのでしょうか?
縦型のものがほとんどなのでしょうか?私が使っているものは他の方の補足に
書かせていただきましたが、ミューピッドという横型のものです。これでは
良い結果がえられないのでしょうか?

あと、愚問かもしれませんが、脱気は絶対に必要なのでしょうか?私は今、
脱気は行なっていません。これが原因なのでしょうか?

補足日時:2001/11/05 22:27
    • good
    • 0

AGEではっきり見えるサンプルのバンドがPAGEでははっきりしないというのは不思議です.PAGEは決して難しいものではありません.私がPAGEでサンプルを綺麗に流すためにAGEのときよりも注意している点は3つです.



1.アプライ直前にウェルをよく洗う
2.アプライするサンプルのボリュームをなるべく少なくする
3.アプライ後のウェル底面からのサンプルの厚みを薄くする

2についてですが例えば500 ngのDNAを5 μlとして流したほうが10 μlで流すよりもバンドはシャープになります.DNAはゲルに入った瞬間から分離されていきます.サンプルボリュームが大きいとサンプル中のすべてのDNAがゲルに入るのに時間がかかり後から入ったDNAがスミアになったり泳動が遅れたりします.

3についても同様です.私はゲル厚よりも細いマイクロシリンジもしくはシークエンスゲル用のチップを用い底の方からなるべくコンパクトにアプライしています.仮に通常のチップを使いウェルの上から(AGEの時のように)流し込むと泳動像は乱れます.

もう一つ重要なことはDNA量で,ADEMUさんやkazu-uraさんも記載している通りです.AGEでバンドが確認できる量の1/5から1/10に減らしてもPAGEならきれいに見えると思います.

ちなみに分離したいDNAのサイズは適切ですよね?

この回答への補足

回答ありがとうございます。

サンプル量ですが、AGEと同じようなサンプル量をPAGEの時にも
流していました。量を減らして実験してみます。

>仮に通常のチップを使いウェルの上から(AGEの時のように)流し込むと泳動像は>乱れます.
私が使っている電気泳動装置はミューピッドというもので、PAGEの時もAGEと同様に上からピペットを使ってサンプルを流しこんでいます。このようなやり方では
きれいな像を得ることはできないのでしょうか?

補足日時:2001/11/05 22:18
    • good
    • 0

私はwestern blotのためタンパクをSDS-PAGEで流しているので参考になるかはわかりませんが、


サンプルを流すときにDNAマーカー(HaeIIIや250 bp ladder)を流していないのでしょうか?
もし、マーカーは一定して出ているのならサンプルの問題と思います
1、サンプル量が多いあるいは少ない(容量、濃度)
2、サンプルとサンプルバッファーのグリセロールと均等に混ざっているか?
3、ウェルの底にきれいにサンプルがアプライできているか?
この2つはサンプルバッファーにBPBが入っていれば判ると思います。
4、サンプルに熱をかけていないですよね

もしマーカーも変ならゲル、泳動条件、EtBrの問題とおもいます
1、ゲルはガラスで挟まれた1mm厚のものか、ミューピッドで使う5mm程の厚のものか、後者ならゲルが厚い分バンドがブロードになり、染色の時間もながくなる、その分バックも高くなります。またゲルを作るにも空気が入りやすくなり均等に固まりにくいかもしれません。これまで回答された方々も書かれてますが、毎回できるだけ同じ条件のバッファーを使うことも大事でしょう。ゲル作りに必要なものでAPSは用事調整、TEMEDは市販の瓶から、ポリアクリルアミド、ビス混液は遮光冷蔵で3ヶ月程度はもつと思います。水、バッファー、ポリアクリルアミド、ビス混液を加え混ぜ、脱気、その後APS、TEMEDを静かに加え、空気が混ざらないようように混ぜる、そのあと型に静かに流します。1時間くらいで固まります。
2、泳動条件ですが、私は自作ゲル(7.5、10、15%対照タンパクにより)1mm厚、10cmX10cmで濃縮ゲル50V40-50分、分離ゲル100V60-90min定電圧で流しています。市販のゲル(マルチゲル、第一科学)も使ったことがありますが、説明書どおり定電流で流すと1時間もかかりませんが、泳動バッファーが非常に熱くなる、バンドがきたない、ゲルの大きさが大きく扱いにくいで、今は面倒ですが自作です。
3、EtBrの染色ですが時間をかけず、泳動後短時間で行ってください(ご存知だとおもいますが)。

マーカーを流した結果がわからないのではっきりココといえませんが、今のところこんなもんです。APS、TEMEDの濃度は月曜職場にいけばわかりますが、タンパク用です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

私がゲル作成と電気泳動に使っているのはミューピッドなのですが、
ミューピッドでもきれいなバンドが得られるのでしょうか?
ミューピッドのように横に電気泳動するPAGEはどの本を見ても無く
不安です。また、ミューピッドの場合50Vと100Vが設定できますが、
50Vで泳動を行ったほうが美しいバンドが見られるというようなことは
あるのでしょうか?

補足日時:2001/11/05 22:11
    • good
    • 0

私もPAGEは初心者なんですが、最初は自分でゲルを作っていましたがどうもバックグランドが高くて困って市販のものを使用しています。


注意点として、APSはなるべく用事調製のほうが良い。
サンプルコームはまっすぐ抜くこと。もし曲がっている時は針などでまっすぐにする。
適正な量をアプライする。(先に蛋白量を量っておく)
確認なんですが染色には問題ないのですか。また、試薬は当然毎回同じ濃度のものを使っていますか。条件が違うと当然結果もばらばらになると思います。
私も同類と思いますのでそれほどアドバイスはできませんが、こんなもんで勘弁して下さい。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

私が行なっているPAGEはDNAを流しているのですが、染色には
エチジウムブロマイドを使っています。
アガロースゲルより解像度が高いと聞いてPAGEを行なっています。
アガロースではくっきりとバンドが見えるサンプルでも、ポリアクリルアミド
だとはっきり見えないんです・・・

補足日時:2001/11/01 20:11
    • good
    • 0

今卒業研究で2D-PAGEを行ってます。



泳動結果が安定しないという事ですが
フロントラインがくずれるのであれば電流が高すぎ、
広がって見えるときには隣のレーンに何も入れていないのが原因
サンプルと同じバッファーを等量ながしてあげてください
またサンプルへDNAやRNAなどの不純物が含まれている場合にも同様です
アセトン沈殿などを試して見てはいかがでしょう

またゲル作り(TEMED、APS)に関しては
あまり早く固まりすぎるとゲルが均一にならないのでだめです
固まるまでに30分以上かかるように調節するといいと思います

あとアクリルアミドを加えた後はあまり激しくかき混ぜると
目には見えませんが気泡が入るらしくパターンがみだれます

これくらいでいかがでしょうか

この回答への補足

回答ありがとうございます。

ゲル作りに関してですが、TEMEDとAPSの量はどちらを調整すればいいのでしょうか?両方ですか?それとも片方の量をふやすのでしょうか?

>あとアクリルアミドを加えた後はあまり激しくかき混ぜると
>目には見えませんが気泡が入るらしくパターンがみだれます
これは知りませんでした。一生懸命かき混ぜていました。試してみます。
ありがとうございました。

補足日時:2001/11/01 20:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフレアパンツ、ワイドパンツ

最近はスキニーだったり、スリムパンツだったりと細身の物が主流のようですが、フレアパンツ、ワイドパンツは 流行としては無しなのでしょうか?

もし有りなら、流行風に着こなすにはどんなものがいいでしょうか?

Aベストアンサー

ファッション業界側に言わせると
流行としては去年からワイドを仕掛けているが
なかなか売れない、というのが実情のようです。

長い間スキニーが流行ってきましたから
ボトムをワイドにしてもどう履きこなせばイイか分からないとか
ワイドボトムにあわせるトップスを持っていないといった
反応が多いようです。
景気が悪く、消費者が服に掛けられるお金が減ってきているので
大きなトレンド変化がなかなか受け入れらないのでしょう。

> もし有りなら、流行風に着こなすには
発信されているトレンドは80年代です。
肩を強調して、腰から下を太く真っ直ぐ落す、Yラインです。
(後からみてシルエットがY字を描くライン。)
以下は只今開催中のミラノコレクションから。
http://www.style.com/fashionshows/complete/slideshow/F2009RTW-MAXMARA?event=show1922&designer=design_house242&trend=&iphoto=14
http://www.style.com/fashionshows/complete/slideshow/F2009RTW-MAXMARA?event=show1922&designer=design_house242&trend=&iphoto=39
ただし、80年代は体躯ががっしりしてないと似合わないので
一般的に日本人には難しいとされます。
日本人にはロング&リーン(長く垂れ下がった)とか
Iライン(後からみてI字を描くライン)と呼ばれる
肩を小さくまとめて頭の天辺から足元まで真っ直ぐストンとしたシルエットの方が
まとめやすいかも知れません。
以下はロンドンコレクション。
http://image.blog.livedoor.jp/tokiolondon/imgs/8/a/8a6f817d.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/tokiolondon/imgs/4/5/45a69ec9.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/tokiolondon/imgs/d/1/d18565c6.jpg
ショーなので派手ですし
あわてて拾ったので丁度イイ写真だとは言いにくいのですが
ワイドなボトムに対して、頭→首→肩をどういうラインでまとめるか?
のバランスに注目していただければと思います。

ファッション業界側に言わせると
流行としては去年からワイドを仕掛けているが
なかなか売れない、というのが実情のようです。

長い間スキニーが流行ってきましたから
ボトムをワイドにしてもどう履きこなせばイイか分からないとか
ワイドボトムにあわせるトップスを持っていないといった
反応が多いようです。
景気が悪く、消費者が服に掛けられるお金が減ってきているので
大きなトレンド変化がなかなか受け入れらないのでしょう。

> もし有りなら、流行風に着こなすには
発信されているトレンド...続きを読む

QNative-PAGE SDS-PAGE 分子マーカー 電気泳動

Native-PAGEに用いる分子マーカーを探しています。

Native-PAGEを行ったときに、SDS-PAGEに用いる分子マーカーを使用したところ泳動速度が違ったせいかsampleの進み方が遅かったようです。

私の目的分子量の大きさは25-50kDaあたりなのです。
Native-PAGEでこの大きさのタンパクを見る場合、適した分子マーカーがありましたら、教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

大前提として、Native PAGEにおけるタンパク質の移動度は分子量以外に電荷や形状に大きく左右されます。つまり、移動度=分子量とは一概には言えないということを頭に入れておいてください。また、Native PAGEにも様々な実験系があります。おそらく用いているのはDavisの系(SDS-PAGEのSDS抜き)だと思いますが、場合によっては他の方法(Hedrick&Smith法など)を用いる必要もあるかと思います。

Davisの系ですと、まず、GEヘルスケアでNative PAGE用のマーカーが売られていますが、目的とされるタンパク質のレンジにはマーカーがありません。調べてみたところ、Couch et al. (2004) J Bacteriol. 186 : 35-42. にchymotrypsinogen A (25 kDa)とalbumin (67 kDa)を使っていると記述されていますので、試してみてはいかがでしょうか?

Qゲル電気泳動について

ゲル電気泳動についてある本に
「以下の問いの正誤について答えよ。
ゲル電気泳動は、分離後ゲルからタンパク質を回収する事はできない。
この回答として、誤りで、以下の理由はこうかいてありました。
ゲルからの回収率は、決して良くはないが回収でき、一次構造決定、抗体の
作成等に用いる事ができる。」とありました。
これを読んで私はこう思いました。
ゲル電気泳動は、分子サイズ(分子量)の小さいものが先に溶出するので、
タンパク質が分子量が大きいことより後から溶出するので、ゲルからの回収率が良くない
ってことでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご返答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ゲルは網目構造になっているため、小さい分子は溶出しやすいですが、大きい分子は
溶出しにくいのです。
ただ、全く溶出しない訳ではありません。しかし、大きい分子では網目に引っかかり
やすいのです。立体構造が複雑だったりすることも要因のひとつですが・・・。

ゲル濃度にも大きく依存しますので、高分子であってもゲル濃度が薄ければ溶出効率
は上がります。私もアミノ酸配列分析のための蛋白質回収効率をゲル濃度と泳動時間
の工夫で上げて、成功したことがあります。

ちなみに、溶出方法にも色々あるので方法によってはかなり回収できるものもあります。
例えば、泳動後のゲルを小さくカットし、専用の機械にかけ、さらに電気をかけることで
ゲルから溶液中に蛋白を電気的に溶出することで高収率を期待できる商品もあります。
『ゲルからの電気抽出』などで検索されてはどうでしょうか?

QSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法

大学の実験で、上記の電気泳動法を使って、オボアルブミンの分離を行いました。分子量マーカーにはホスホリラーゼb、BSA、オボアルブミン、炭酸脱水酵素の標準タンパク質混液をつかいました。
40mAで60分電気泳動をしたのですが、一番分子量の高いホスホリラーゼbがまったくと言っていいほど移動しませんでした。
この電気泳動法で、移動速度が遅くなったり、移動しにくかったりする要因は何だと思いますか?
誰か教えてください(*>_<*)

Aベストアンサー

phosphorylaseは通常分子量100弱だったと思いますが、市販のマーカーとしては上から2,3番目だったと思います。これが流れない、ということはSDS-PAGEがうまくいってない、ということです。

さて、どうして起こるかということですが、
1.電圧が低かった、あるいは時間が短かった。
2.ゲルの濃度が濃かった
3.実はphosphorylaseではなかった(笑)。あるいは凝集した。
(ただし、普通は凝集すると分子量の整数倍の複数のバンドになることが多いのでまったく流れないというのは考えづらいです)
4.1と同じですが、電源のセッティングを間違った。

とくにNuPAGEの場合、設定がGelになってなかったり、枚数が2枚なのに1枚でやったりするとおきるかもしれません。

私なら気を取り直して、すぐにもう一度チャレンジですね。だれか指導の先生に見てもらって。市販はゲル一枚10ドル前後です。自作は最近してないです。どう考えてもわけのわからない失敗ってありますから、頑張ってください。

QSDS-PAGEで、ゲルを作製するときに重層する蒸留水について

SDS-PAGEでゲルを作製するとき、分離ゲルに蒸留水を重層します。しかし、かなりそっと重層しても分離ゲルと蒸留水が混ざってしまい、ゲルが硬化した後に界面が凹凸のある状態に乱れています。蒸留水を重層するとき、何かよい方法はないでしょうか?また、蒸留水は必ず重層しないといけないのでしょうか?蒸留水を重層しなくても大丈夫なら、重層せずに、分離ゲルが固まった後に濃縮ゲルを重ねようと考えているのですが…?

Aベストアンサー

アクリルアミドは酸素があると重合が阻害されますし、結局泡なんかで表面が乱れるので重層した方がいいと思います。

改善の余地としては、例えば分離ゲル溶液に~10%程度になるようにグリセロールを入れると比重の違いにより混ざり合いにくくなります。

もしくは、水より比重の軽い溶媒を重層する方法があります。例えば、水で飽和させた1-ブタノールなど。
具体的には50mlのチューブなどに、水とブタノールを半分ずつ位加えてシェイクし静置、ブタノールは上層、水は下層に分離するので上層を使用してください。

どちらか一方でかなり改善されると思いますので、楽そうな方をお試しください。

QSDS-PAGEの泳動バッファーは滅菌必要?

SDS-PAGEの泳動バッファーは滅菌必要?

SDS-PAGE用の10x泳動バッファー(Tris/Glycine)は
滅菌(オートクレーブ or フィルター)必要ですか?

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

特別な理由がない限りいりません。
というか、SDSが入っているのでオートクレーブには向きません。

もし気になるのならフィルター滅菌してください。

製品として売り出されているトリスグリシンSDSバッファーはフィルター滅菌済みが一般的です。

Qゲル化について

お粥をゲル化剤を使って固めたところ、ゲル化剤の量とは別に重さが500g増加してしまいました。
ゲル化すると重さは増加するのでしょうか?

Aベストアンサー

「化学変化などの前後で質量は変化しない」という質量保存の法則により ゲル化剤の質量以外に500g増えることはありません。
厳密には相対性理論まで考えれば、化学反応の分だけ減ってはいますが これは普通の秤では測定できません。

「おかゆが 外部の湿気を吸湿した、あるいは放湿した質量」
「あなたの実験室が汚いので 測定時にハエがたかったままだった分の質量」
なども考えられますがいずれも微々たるものです。

QSDS-PAGE用(電気泳動)の検体(蛋白質)の保存方法について・・・

SDS-PAGE用(電気泳動)の検体(蛋白質)の保存方法について何ですけど今冷蔵保存(3℃)をしていますがどのように保存しておけばいいでしょうか?冷蔵保存ではまずいでしょうか?又、何日ぐらいの保存まで影響なく電気泳動を行うことが出来るでしょうか?

Aベストアンサー

検体はどの状態なんでしょうか。

すりつぶした状態でしょうか。溶液化した状態なんでしょうか。サンプルバッファーを入れた状態なんでしょうか。ボイルはしましたか。

ボイルまでした場合は冷蔵でもかまわないと思いますよ。数日-数週もちますよ。
サンプルバッファーまでの場合は冷凍した方がいいとは思います。
それ以前の状態では-80以下ですね。
この状態で冷蔵で丸一日以上たつとちょっと怖くて使えないです、わたしなら。ただ、溶液化する場合にすでにSDS等を入れる場合は大丈夫ですけど。
いずれにしても検体の状態しだいでしょう。

QSDS-PAGE ゲルの作製について

running gel を固めている最中に、ゲル板とゲルの間に気泡が入ってしまいます。以前はこのような症状がなかったのですが、8月に入ってから何度作製しても、気泡が入ってしまうようになりました。

作製しているゲルは15%の均一ゲルです。

気泡が入らないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?
何かアドバイスなどあれば教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

気泡のできる原因としては・・・

・温度管理が適当
ゲルを重合させる前後で温度が違ったりしていませんか?温度が冷→温になると気泡ができやすいです。
例えば、冷たい調製液のまま室温等でゲル化させているとか、重合させるときだけ室温より高い恒温室に入れているとか。


・脱気をしていない、または不十分である
重合前に脱気をしないと気泡ができるときがあります。
真空乾燥で5~15分、溶液中の空気を抜いてください。


・ゲル板が汚い、または傷がある
あまりないのですが、汚かったり傷があると気泡が入ることがあります。
使用前に良く洗うこと、そして目立つような傷があったら使わないことをお勧めします。


参考になれば幸いです。

Q二次元電気泳動のサンプルでSDS-PAGE、Westernをやりたいのですが・・・

二次元電気泳動のサンプルでSDS-PAGE、Western Blottingをやりたいのですが、二次元電気泳動のサンプルには尿素がふくまれているため、煮沸をすると駄目になってしまいます。
何かいい方法はありませんか?

Aベストアンサー

煮沸しないでもSDS化できますよ。

サンプルバッファーを加えて常温で半日とか、37℃で1時間でいけます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報