今回の生理痛はあまりにひどく、夜中に痛さで目が覚めて、痛み止めの薬(バファリン)を飲んだ後、倒れこんでしまう程でした。
さすがに恐くなって、初めて婦人科に行き、診察してもらった結果は特に異常はありませんでした。
そこで、生理痛を治すので、お医者サンに一番勧められたのが低容量ピルでした。
その時は低容量ピルについて、きちんと説明を聞かず、「生理痛が軽くなる」「量が減る」「生理の周期が定まる」「避妊の効果がある」とだけ聞きました。
そこで疑問に思ったことがあります。
1:生理痛が軽くなるという事に対して、普通に市販されている生理痛の為の痛み止 めの薬と低容量ピルとはどう違うのか?
2:どうして量が減ってしまうのか?
3:どうして周期が定まるのか?周期が定まると言う事は、毎月決まった日にちゃん と生理が来るという事なのか?
4:避妊の効果があると言う事に対して、膣内射精しても妊娠しないのか?
 もし膣内射精で妊娠しないのであれば、何パーセントの確率で妊娠しないのか。
 薬を飲んで避妊効果があるということは、排卵がなくなるという事なのか?
という事です。
正直な所、4番が一番気になります。
そもそも、「低容量ピル」の他には「高容量ピル」というのもあるんですか?
「中容量ピル」や「モーニングアフターピル」というのも聞いた事あるんですが・・。よくわからないです。
すごく質問が多くなってしまいましたが、困ってます。誰か教えてください!! 
   

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

★harleyさんへ★


ピルは、主に避妊を目的にされているお薬です。
というか、ホルモン剤ですのでバファリンなどとはまったく違うものです。
>どうして量が減ってしまうのか?
に対し、ピルとはまず1に、排卵を起こさせません。
そして、排卵日になると女性の子宮内膜は受精卵を着床させやすいように厚くなります。それが対外に出てくるのが生理なのです。
ピルは子宮内膜が厚くなるのを防ぎます。なので、生理の量が減るのです。
>どうして周期が決まるのか?
に対し、ピルは21日間飲み続け、7日間お休みします。ピルを飲んでいる間、女性の体は妊娠している時と同じ状態になり、あなたの体が勘違いし排卵を起こさせないようにしているのです。ピルを飲んでいる21日間は生理は絶対に来ません。お休みの7日間の時に生理が必ず来ます。
>避妊の効果について・・・
に対し、わたしもピルを使用してますがこの2年間いつも膣内射精です。排卵が起こらないのですから精子が入っても受精する卵子がないのです。万が一受精したとしても、子宮内膜が厚くないので受精卵を受け止めることが出来ないので、結局妊娠には至らないのです。ピルの避妊効果は99.9%の確立だそうです。0.1%は飲み忘れ等による失敗です。
私も生理痛はとてもひどくて大変でした。
今は、ほとんど痛みから開放されました。
もっとも、私がピルを飲んでいるのは避妊のためですが。
10日間あった生理も今では2~3日に減りました。
ピルは嫌~な悩みを全部なくしてくれましたよ。
    • good
    • 0

私は低容量ピルユーザーです。

ここで詳しく回答するよりも有効だと思うので、あなたの質問にすべて答えてくれるHPを紹介します。
今でも疑問に思うことがあるとこのHPを見ています。そういうユーザーの方、多いようですよ。ユーザーのバイブルのようなHPですね。

参考URL:http://www.est.hi-ho.ne.jp/ruriko/pill/pilltop.h …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ