河川水の中から、有機物だけを除去したいのですが、いい方法はありませんか。
実験室レベルなので、大がかりな機械は使わずに。また、微生物はそのまま残しておきたいです。
活性炭やろ紙では両方除去されるように思うのですが。
回答、よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

補足に対して



微生物のピックアップは、検査材料(私の場合は尿)の塗沫培養から行いました。経験的に嫌気性細菌は少ないというのと鏡検で真菌のないことを確認していたからです。
    • good
    • 0

貴兄の疑問ですが私は可能と思いますど。


古くなりますが第26回 社団法人日本水環境学会講演集の(株)東洋製作所の『木質細片を用いた高濃度有機排水の高温・好気処理』及び第6回廃棄物学会研究発表会講演論文集の(株)栗田工業の『下水汚泥の高品質コンポストと高温・好気処理の融合法』に米ぬかとおが屑等の文献がありますよ。
興味があれば、これらの文献に連記されている研究者だと思うのですが島根大学の森 忠洋に問い合わせればよくわかると思います。  
    • good
    • 0

目的がわかりましたので再度アドバイスさせていただきます。

川の水に住む微生物なら好気菌だと思いますので
私なら熱帯魚の小さな水槽を使用して上下に濾過(底からエアレション・・有機物を分解するときに大量の酸素が必要)する方法を採用しますけど。
材料は最近はやりの一晩で生塵が消える家庭用コンポストの一部の製品の中身は『杉のおが屑の大きな物』でそれを砂の変わりに敷き詰めて微生物の繁殖最適温度の45℃から50℃に設定(サ-モのスイチング部分を調整)して川の水と魚の切り身を擂り潰して微生物を繁殖させて川の水が澄むまで待った後に『杉のおが屑の大きな物・・この中の微細な穴に微生物が休眠しています』を取り出して目的の実験をします。この方法なら何所の場所での微生物を集められ『おが屑を乾燥』させておけばサンプルとして保管することも可能と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
杉のおが屑から微生物だけを取り出して、水にもどすことは可能ですかね…

お礼日時:2001/11/07 18:28

有機物除去の一版簡単な方法は熱帯魚が排泄する有機物を濾過する熱帯魚の濾過装置だと思いますよ。


原理は大中小の砂を入れ砂の間隙で有機物を捕捉して補足した有機物に微生物を繁殖させて有機物を除去する方法です。
只、どのような目的で実験するのかわかりませんので何ともいえないのですが止水にするのか流水にするのか、酸素を供給するのかしないのか、微生物(好気又は嫌気菌)の繁殖を目的にするのかしないのか、有機物の増減なのか、目的により色々な濾過材の選定、色々な計測部品等を組み合わせた手作りの装置が必要、当然、顕微鏡、ペルマトグラフィ、溶存酸素量の測定等が必要と思いますよ。
思いつくままに書きましたのでわからないところがあると思いますので宜しくお願いいたします。
追記 有機物が微生物よって分解されたら微生物の一部は死滅(無機物に変化)し一部は休眠して『水が澄んだ状態』で死滅したように見えます。
専門の計測器があれば自動的に記録してくれますが手作りで安く作ればデタ-の記録で徹夜もあると思いますので頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
微生物を除く有機物だけ除去したいというのは、その除去した水である物質の分解を調べようと思ったからなんです。だから微生物は残しておきたいんです。その被検物質は添加してから、BODまたはTOCで測定しようと思っているんですが、その前に他の有機物が多くあると、ブランクが大きくて測定できないと思ったんです。
(余談ですが、ちゃんとした分解性試験があることは知っています。あえてこうしてみたいと…)
また何かアドバイスいただけたらと思います。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/05 18:23

感覚的には難しいでしょう(だって微生物も有機物!)


特定の有機物であれば吸着物質を投入する方法がありえるかもしれませんが…
私が以前に『感染尿』でしていたことは、微生物のみピックアップして外で培養し、ろ過した後の尿に再度投入するものでした。この場合、完全には等価になりませんが、近似して扱うように考えていました。

この回答への補足

再度すみません。細かいことになるんですが、微生物のピックアップはメンブランフィルターを使ったんでしょうか。もしそうなら孔径は何μmでしょうか。再度投入するときはどのようにされましたか?
質問だらけですみませんが、もしわかりましたら回答よろしくお願いします。

補足日時:2001/11/07 18:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに微生物も有機物ですよね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 18:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qろ紙?ろ過?

化学の本で、ろ紙、ろ過の「ろ」の字を「シ戸」としていました。
(さんずいへん、と、戸です)
ですが、Windowsで「ろし」と打ってもそんな字はでてきません。
またIMEパッドでみても、hitしません。
理化学辞典では「濾」の字があてられています。
この略字なのでしょうか。いつからこの字になったんでしょうか。

Aベストアンサー

おそらく,「芦」からの類推…というか,昔からの略字法として「慮」を含む文字はその部分を「戸」ですますというのがあったのでしょう。
そのうち,「芦」「炉」などの例が常用漢字や人名用漢字として公認された。
「シ戸」は公認されなかったが,「濾」の文字を頻繁に書く人々の間では手書き用の略字体として使われ,時には活字になることもあった。
もしかしたらkawakawaさんのおっしゃるように,理科系略字かもしれません。
東大出版会の「化学実験」という本でも使われているのを見たことがあります。

この手の「業界略字」としては,地学系で「地層」の「層」を,中の「曽」の代わりに「ソ」ですますとか,「図書館」の3文字を,くにがまえ(□)のなかに「ト」ですます,なんてのがあります。
他にもそれぞれの分野であるのかもしれませんね。

ちなみに,中国では「シ戸」は「滬」(コと読む。川の名,また上海の別名)の簡体字として使っています。
「濾」の簡体字は,右下の「思」の上半分の「田」だけ省いた字になります。

Q実験計画法 実験順序のランダム化

直交表L27(3^13)を用いて実験を行いたいと考えています。
その際に直交表No.1~27の実験をランダム化する必要があるかと思うのですが、どのようにランダム化して(試験順序を決めて)実験を行えばよいのか分からず困っております。
ご存知の方みえましたらご教授頂けないでしょうか。
 ※専用ソフト等があれば良いのかも知れませんが、そのようなソフトは現在持ち合わせておりません。

  以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

単純にランダム化するだけなら、エクセルでやっています。

1) セルA1からA27までに、1から27までの数字を順に入力。
2) B1からB27までに、=rand()を入力。
3) A1からB27までを選択し、データ > 並べ替え > 最優先されるキーを列Bにし、OKをクリックする。

Q技術士二次試験の選択科目の選び方 当方、一次試験を機械部門で合格しております。そこで、二次試験を機械

技術士二次試験の選択科目の選び方
当方、一次試験を機械部門で合格しております。そこで、二次試験を機械部門の機械設計(専門は、設計工学)で受験しようかと考えておりますが、自分の経歴が機械設計に当てはまらないのではないかと心配しております。機械設計で受験しても、経験不足で不合格となってしまうでしょうか?アドバイスをいただければ幸いでございます。
◼︎経歴
機械系を主とした、設計のための計測技術や評価技術の研究。新規センシング方法で計測できなかった事象の見える化や、品質工学、統計手法、信頼性工学などを活用した評価方法の構築などです。評価用の治具は設計したことがありますが、実際に製品を設計した経験はありません。

Aベストアンサー

技術士第二次試験の受験資格は、技術士補として、もしくは技術士補になる資格を有して、指導監督者の下で4年以上の研究等、もしくは研究等で7年以上の指導監督業務などの一定期間の実務経験が必要ですが、それは満たしていると言う事でしょうか?
受験資格を満たしていれば、専攻科目の選定は自由だと思いますが、試験問題に回答できるかどうかが問題だと思います。
過去問題としては、設計プロセス・実施設計課題分析・設計の社会的責任などの倫理事項が出題されています。
これらに、適切に回答出来れば、合格できると思います。
問題なのは、口頭試験です。
こちらは、実務経験に対する質問があるので、実際に設計に対する十分な経験・知識が無いと判断されれば、合格出来ない可能性はあります。

Q一級河川

一級河川と二級河川ちがいはなんですか

Aベストアンサー

昔,ある疑問系のメールマガジンに同じ質問が出ていて,回答したことがあります。
少し手直しして紹介します。

河川のうちある程度大きいものは,「河川法」という法律の対象になります。
これには,1級河川と2級河川がありますが,1級・2級を問わず公共物とされます。
例えば,そこを流れる水を個人や私企業が占用したり,河川敷を占用する時は,管理者(国や都道府県)の許可が必要です。
(河川敷に工作物がある時,そのそばによく「河川占用許可」という掲示が出ています)

で,1級と2級の区別はというと,河川法で定義されており,次のようになっています。(文言は簡略化しました)

 1級河川:1級水系(国土保全上又は国民経済上特に重要な水系。国が政令で指定する)に属する河川。(河川法第4条第1項)
 2級河川:2級水系(1級水系以外の水系で,公共の利害に重要な関係があるもの。都道府県が定める)に属する河川。(河川法第5条第1項)

ここで,水系という言葉が出てきましたが,これは本流と支流をまとめて指す言葉です。
つまり,非常に小さな川でも,最終的に1級河川に流れ込んでいれば,その川も1級河川になります。
といっても,1級水系に含まれていれば,どぶ川クラスの川まで1級河川になるかというとそうではなく,ある程度の規模以上のものに限られます。(2級水系についても同様です。)
1級・2級の指定は水系単位で行なうので,1級水系の中に2級河川は存在しません。

また,両者を選定する権限や管理責任はどうなっているかというと:

1級河川は国(形式的には国土交通大臣,実際の業務は国土交通省河川局)が,河川審議会(という組織が国土交通省の中におかれていて,河川の専門家や自治体の長が委員を務める)や,流域の都道府県の意見を聞いた上で選定し,管理します。
2級河川は都道府県(形式的にはその知事)が,流域の市町村の意見を聞いた上で選定し,管理します。

また,1級でも2級でもない河川のうち,市町村が管理して,2級河川なみの扱いをするものを準用河川,それ以外を普通河川といいます。

なお,1級河川は北海道から鹿児島まで,全部で109の水系,約14000の河川が指定されています。
沖縄には1級河川はありません。(1965年ごろまでに109 水系が指定されたあと,増えていません。沖縄復帰は1972年。)

国土交通省河川局のページの中に用語説明があります。
図や実際の河川の数なども入っているのでよろしかったらご参照ください。

ちなみに,回答No.2で紹介されているページを見ると「建設大臣」という文字が見えますが,2001年1月から建設省は国土庁や運輸省と合併して国土交通省になりました。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/river/jiten/yougo/02.htm

昔,ある疑問系のメールマガジンに同じ質問が出ていて,回答したことがあります。
少し手直しして紹介します。

河川のうちある程度大きいものは,「河川法」という法律の対象になります。
これには,1級河川と2級河川がありますが,1級・2級を問わず公共物とされます。
例えば,そこを流れる水を個人や私企業が占用したり,河川敷を占用する時は,管理者(国や都道府県)の許可が必要です。
(河川敷に工作物がある時,そのそばによく「河川占用許可」という掲示が出ています)

で,1級と2級の区別はと...続きを読む

Q微生物の培養方法

嫌気性菌の培養方法で必要な機器と留意すべき事項を教えてください。
また、嫌気培養の場合好気性菌は増殖しないのでしょうか?

Aベストアンサー

edogawaranpoさんが書いているようにもう少し情報が欲しいところですね。従って,ごくごく一般化して回答しますね。嫌気性菌の培養に必要な器具は,嫌気性を保証できる器具という答えです。対象が絶対嫌気性菌ならば,多くの場合,酸素(空気)のコンタミをできる限り抑制する必要があります。通性の嫌気性菌ならば,液体培地なら,静置培養でも十分な場合があります。寒天培地のような場合でも,嫌気ジャーに入れて,窒素置換した程度で十分でしょう。
 嫌気培養でも,通性嫌気性菌は増殖可能でしょうし,嫌気が十分でなければもちろん好気性の菌が増殖してもよいでしょう。
 なにか,当たり前のことだけ書きましたが,参考にしてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報