末端がカルボキシル基で、長い炭素鎖のなかに、二重結合を持った乳化剤を探しています。
できれば、COOMe などではなく、COOKや COONa COOHのほうがいいです。
試薬リストなどでも探しにくくて困っています。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

単純に石鹸のことだと思うんですが。

不飽和脂肪酸のリストを見ながらカタログで探してみてください。~酸ナトリウムや~酸カリウムで探せばよいのです。代表的なのはオレイン酸ナトリウムやオレイン酸カリウムで、これはどの試薬屋さんにもあると思います。今メンテナンス中でオンラインカタログが使えないみたいですが、関東化学のURLを挙げておきます。

参考URL:http://www.kanto.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今現在、オレイン酸カリウムは使っているのですが、それに代わるなにか が欲しかったんです。
関東化学のサイトを教えてくださってありがとうございました。
探してみます。

お礼日時:2001/11/06 00:14

では私は花王のHPを紹介しましょう。

この中の「界面活性剤の基礎知識(界面活性剤の種類)」と「乳化について」が参考になるかと思います。
トップページは http://chemical.kao.co.jp/Default.htm です。

参考URL:http://chemical.kao.co.jp/TechnicalInformation/C …
    • good
    • 0

 anisol さんが「関東化学」のページをあげておられますので,私のブックマークにある「ナカライ」(↓1番目),「シグマ アルドリッチ ジャパン」(↓2番目),「メルク・ジャパン」(↓3番目)のページをご紹介しておきます。



参考URL:http://www.nacalai.co.jp/homemenu.htm, http://www0.sial.com/toppage.nsf, http://www.merck.co.jp/lab/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
わたしも ブックマークに加えさせていただきました (^^

お礼日時:2001/11/06 14:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオレイン酸の膜

オレイン酸の体積を500倍に薄めたエタノールをつかって、単分子膜の面積の測定し、オレイン酸の分子を測定するという実験をしたのですが、エタノールの膜はできず、オレイン酸だけの膜ができるのはなぜなのでしょうか?できるだけはやく答えていただければうれしいです。

Aベストアンサー

多分水を張った水槽か何かにオレイン酸のエタノール溶液を滴下したのですよね。エタノールは水に溶けるので,膜は出来ません。水に溶けない疎水性の部分をもつオレイン酸だけが単分子膜を作ります。

Qα-アミノ基とカルボキシル基の関係

生化学の表を見ていて疑問に思ったのですが、α-アミノ基に近いカルボキシル基ははぜ離れているカルボキシル基より低いpKaを持つのでしょうか?側鎖官能基と何か関係があるのでしょうか。

Aベストアンサー

下図の寄与があるので解離し易いのです。

Qオレイン酸が豊富で加熱で栄養が崩壊しない油

自分は菜食なので意図して亜麻仁油、荏胡麻油など摂っているのですが、それらの油は加熱したらオレイン酸が崩壊するとのこと

加熱してもオレイン酸が崩壊しない油はありますか?

今のところ菜種油かオリーブ油を使っていますが、素晴らしい香りの油は熱を加えても香り高いです。もっとオレイン酸などの高いものを探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それならハイオレ落花生はどうですか?油じゃないといけない理由があるんですかね?

ハイオレ 落花生
http://www.mitsuya-web.co.jp/higholeic/index.htm

Q-COONaがNaHCO3に可溶で、強酸で-COOHが析出する理由

ナトリウムおよびカリウム塩は、イオン性の化合物であるので、その性質はカルボン酸自身と非常に異なっている。元の酸がたとえ液体であっても塩は固体であり、また、元の酸が水に不溶でも塩は可溶である。またイオン性化合物なのでエーテルなどの有機溶媒には不溶である。酸の特性を利用して、カルボン酸を他の有機物との混合物中から分離することができる。まずカルボン酸を含む混合物をエーテルに溶かして、そのエーテル溶液と炭酸水素ナトリウム水溶液を分液漏斗(ろうと)に入れて振り混ぜると、カルボン酸は塩をつくって定量的に炭酸水素ナトリウムの水溶液層に移るから、水溶液層を分けとって硫酸などの強酸で酸性にするとカルボン酸だけを取り出すことができる。
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%B3%E9%85%B8/
の7(1)です。

-COONaや-COOHになることは理解できるのですが、
(1)-COONaがNaHCO3に可溶であること
(2)-COOHが強酸下で析出することがいまいちわかりません。

一応推測したことをあげます
(1)はわかりませんが、「極性」「疎水性・親水性」「酸性・塩基性」
などのどれかが関係しているのかなと思っています。
(2)は酸解離定数の違いでしょうか?強酸は酸解離定数が大きいため析出せず、弱酸である-COOHは酸解離定数が低いために析出したのでしょうか?

推測したことの正解不正解も含めて、ご存知の方解説をお願いします。
文献は近くに大きな本屋がないため探せませんが、ご存知のWEBサイトを教えていただいても結構です。
よろしくお願いします。

ナトリウムおよびカリウム塩は、イオン性の化合物であるので、その性質はカルボン酸自身と非常に異なっている。元の酸がたとえ液体であっても塩は固体であり、また、元の酸が水に不溶でも塩は可溶である。またイオン性化合物なのでエーテルなどの有機溶媒には不溶である。酸の特性を利用して、カルボン酸を他の有機物との混合物中から分離することができる。まずカルボン酸を含む混合物をエーテルに溶かして、そのエーテル溶液と炭酸水素ナトリウム水溶液を分液漏斗(ろうと)に入れて振り混ぜると、カルボン酸は...続きを読む

Aベストアンサー

(1)は一般にカルボン酸が炭酸よりも強酸であるために、
NaHCO3 + RCOOH → RCOONa + H2O + CO2
となり、結果的にR-COONaになります。

(2)酸解離定数が低いことも関係あるといえなくはないですが、基本的にカルボン酸の水溶性が低い場合に析出します。すなわち、カルボン酸のアルキル基が大きいほど疎水性が増し、水溶性が低下します。

Qオレイン酸ナトリウムの定量方法

メチレンブルー吸光光度法を用いて陰イオン界面活性剤の定量を行っています。
SDSなどはうまくいったのですが、オレイン酸ナトリウムだと有機相に全く分配されず定量できません。
当方、物理出身のため原因もわからなくて困っています。メチレンブルーではオレイン酸ナトリウムの定量はできないのでしょうか?
また、この方法の他に有効な方法があるのなら教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

当方の専門から外れるので、あくまで素人考えでのアドバイスです。

>オレイン酸ナトリウムだと有機相に全く分配されず
有機物とて、塩になると極性が大きくなるので親水的になります。と言うことは、オレイン酸より強い酸(塩酸などが適当?)と反応させて、ナトリウム塩を酸にしてやれば極性が落ちて有機相へ分配されるのでは?? そのあとにメチルエステルにできればより良いと思うのですが、非現実的かもしれません。

Q4価の炭素は何基?また3価および4価のシクロアルカンは何基というんでしょうか?

 自分で少し調べましたところ、メタンから3つの水素がとれた構造はメチン基というようですが、メタンから4つの水素が取れた、4価の炭素は何基というのかはわかりませんでした。ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

 また3価および4価のシクロアルカンを何基というかについても分からなかったので、こちらもご存じの方がいらっしゃいましたらお教えください。これらの場合シクロアルカンに置換基が結合しているということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

そういうことなら, -yl, -ylidene あるいは -ylidyne に適当な倍数辞をつけてやってください. それぞれ単結合, 2重結合あるいは 3重結合で他の原子とつながっていることを意味します.
1,4-dimethylcyclohexane のシクロヘキサン部分は cyclohexane-1,4-diyl, 1,2,3,4-tetramethylcyclohexane なら cyclohexane-1,2,3,4-tetrayl, 1-ethanylidene-3,4-dimethylcyclohexane なら cyclohexane-1,2-diyl-4-ylidene です.
もちろん 1,1-dimethylcyclohexane のときは cyclohexane-1,1-diyl.

Qオレイン酸は肌に…

「毛穴の開きの要因はオレイン酸が皮脂の中に多い事」
と、あるサイトで見たのですが、本当でしょうか?

今私が使っている石鹸は、オレイン酸を多く含んでいるオリーブオイルが沢山使用されているのですが…
(その石鹸のHPに書いてありました)

今の所あまり問題は無いですが、使い続けるのはよくないでしょうか?
教えてくださいm(_ _)m お願いいたします。

Aベストアンサー

もしかして資生堂の記事じゃないですか?
http://www.shiseido.co.jp/s9604let/html/let0064t.htm

オリーブオイルで作られた石鹸は、保湿力が高いので乾燥肌の人には評判がよく、
オレイン酸、天然のグリセリンはもとより、肌の老化を防ぐビタミン、
肌の潤いを保つスクワレンなど、天然のミネラルが自然に含まれているので、
手作り石鹸の中でも、とても人気があります。

でも、オレイン酸は、ニキビを作るアクネ菌が増殖する時の栄養分になるので、
大人ニキビができやすければ、使わないほうがいいと思います。
乾燥肌の人には評判がいいシットリ感も、脂性肌の人が使うとベタベタした
仕上がりになり、使い続けると、常に肌に過剰のオイルがのった状態になって、
ニキビの原因の一つになってしまうそうです。
この「肌に過剰のオイルがのった状態」が、毛穴の開きに繋がるんじゃないかな?
質問者様が乾燥肌なら、使用し続けても問題ないと思いますよ!

Q有機化学の問題です。 CH3COOH, HSCH2COOH, HOCH2COOH を酸性度の高い順に

有機化学の問題です。
CH3COOH, HSCH2COOH, HOCH2COOH
を酸性度の高い順に並べるとどうなりますか?
理由も教えてください。

Aベストアンサー

HOCH2COOH(グリコール酸)>HSCH2COOH(チオグリコール酸)>CH3COOH(酢酸) です。

カルボキシル基に何がくっついているかで、カルボキシル基の-OHのOの電子密度が影響を受けます。
-OHのOの電子密度が小さくなるほどHが電離しやすくなり酸性度は大きくなります。

酢酸は-COOH基にほぼ電荷的にバランスが取れたメチル基が付いていて、Cを通して-OHの結合になっているのですが、
-OHのOに対して電荷の影響を及ぼさないです。

一方、チオグリコール酸とグリコール酸ですが、-COOHに付いているのは、それぞれHOCH2とHSCH2です、
どちらも電気陰性度が高いOとSの影響が-CH2-と-COOHのCを通して-OHのOの電子密度を低くします。
酢酸よりも、チオグリコール酸とグリコール酸の方がカルボキシル基の-OHのOの電子密度を低くして電荷が+寄りになっているのでHが電離しやすく酸性度は高くなります。

チオグリコール酸とグリコール酸ですがSよりもOの方が電気陰性度は高いので、カルボキシル基の-OHのOの電子密度を低くしますので、グリコール酸の方が酸性度が高くなります。

酸解離定数pKaで比較すると、
グリコール酸pKa=3.1 チオグリコール酸pKa=3.52 酢酸pKa=4.70 
くらいだと思いますがこの数値はネットで色々と拾ってきた数値なので便覧か何かで調べたほうが正確な数値が得られると思います。

HOCH2COOH(グリコール酸)>HSCH2COOH(チオグリコール酸)>CH3COOH(酢酸) です。

カルボキシル基に何がくっついているかで、カルボキシル基の-OHのOの電子密度が影響を受けます。
-OHのOの電子密度が小さくなるほどHが電離しやすくなり酸性度は大きくなります。

酢酸は-COOH基にほぼ電荷的にバランスが取れたメチル基が付いていて、Cを通して-OHの結合になっているのですが、
-OHのOに対して電荷の影響を及ぼさないです。

一方、チオグリコール酸とグリコール酸ですが、-COOHに付いているのは、それぞれHOCH2とHS...続きを読む

Qオリーブ油のオレイン酸

現在使っているオリーブ油のラベルに成分表示の比較表があります。
よく見てみると「本製品100g中オレイン酸67gを含む」とあります。
油の中に2/3もの酸?
これはおかしくありませんか?

Aベストアンサー

酸といっても酢などのりんご酸やクエン酸の酸ではありません。脂肪酸の酸です。

単体脂肪酸の種類 酸素化合物の酸?
http://www.live-science.com/honkan/theory/compo01.html

参考URL:http://kenko.it-lab.com/info.php/25/

Qカルボキシル基

カルボキシル基は親水基で、マイナスイオンなので水を抱え込む性質がある、とは本当ですか?

Aベストアンサー

「カルボキシル基は親水基」は事実です。「水を抱え込む性質」というのが何を指すのか良く分からないのですが、親水性のことを指すのならばそれも事実です。
ですが、「カルボキシル基はマイナスイオン」というのは間違っています。
そもそも「マイナスイオン」という単語は科学用語ではありません。
カルボキシル基は -COOH といった官能基でありそもそもイオンですらありません。


人気Q&Aランキング