アオコが繁茂するので直射日光があたらない場所で飼育し出して、アドバイスいただいたように一週間に1/3くらいのかん水をしています。冬になり、日が傾いてくると水槽にちょうどいい具合に日光があたるようになりました。強くも無く暗くも無くって感じです。ところがやはりアオコがでてきました。水草を凌駕してしまいます。ブラインドを閉めればいいだけなんですが、魚達は日光浴がしたいのではないかと思い、開けたり閉めたり、中途半端に遮光したりしています。
実際の所、魚達は日光浴したいんでしょうか?自然界では日光にあたったりしてるんでしょうか?角度がちょうどいいのか、日光(直射ではないですが)を反射する魚が一番綺麗に輝いているように感じます。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

観賞魚の世界で、自然光が絶対に必要なものは、海水魚の一部、無脊椎動物(イソギンチャクなど)と淡水魚ですとカメぐらいです。

さらに海水魚の場合は、水銀灯などの設備があれば不用です。ですから、自然光はなくたって構いません。自然の場所でも小魚がいるのはブッシュなどの日陰に入ったところでしょう?

観賞魚店を見ればわかりますが、コントロールできない自然光は、限られた水量で、流量の少ない水槽ではアオコなどの発生が多くなるため、メンテナンス上あえて当てないように窓すらないところがほとんどです。あっても換気用です。
そういう意味で必ずしも自然光に当てる必要はありません。しかし、魚・水草の色合いは自然光に当てたほうがくっきりした発色になります(金魚を青空で育てる理由です)のでメンテナンスの手間とのバランスで決めるしかありません。ただし一定量当てておかないと、水草の枯死につながりますし、アオコの大量発生をみることになります。

アオコが多発する場合は、光の問題と同じように水の問題があります。エサや魚の糞によって『富栄養』状態になっていないかが大切なのです。ろ過とのバランスが取れているとアオコはそれほど大量に発生したりはしません。日々のメンテナンス全体を再度検討してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、参考になります。おっしゃられたように日々のメンテを再検討します。それでまた分からないことがあれば宜しくお願いします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/08 19:01

 水槽(特に水草レイアウト)には、直射日光は不要です。

まず、自然光というのはコントロールが難しいので、遮光したうえで蛍光灯の光で育成します。
 蛍光灯のワット数ですが、60cmの標準的な水槽では、20Wを2-4本を使用し、点灯時間は10時間前後から始めて、水草の生育状況を見ながら調節します。
 ご質問の魚の日光浴ですが、自然光が無くても蛍光灯の光だけで、昼夜を再現できますから不要です。(自然光の弊害が大きいので)
 現在では、自然光に近い発色の蛍光灯(PG-IIIやアマノ製のNAランプ)も売っていますので、それらの使用を検討されては如何でしょうか?
 水草の育て方の情報が掲載されてますので、参考にしてください。

参考URL:http://www.adana.co.jp/
    • good
    • 0

熱帯魚飼育歴7年めぐらいです。

現在90cm水槽(海水魚)・60cm水槽(淡水魚)の
二つ水槽があります。
魚の種類によっても、多少違います。どんな、魚をかっているのでしょうか?
いずれにしても、太陽がふりそそぐ自然環境とは違って、室内で飼う 人工飼育では、魚にとって、水中環境維持に必要な光量が不足がちになります。
照明器具は、設置されてないのでしょうか?
魚だけであれば、一日5~6時間程度でokです。
水草にとってみれば、8時間以上(光合成に必要です。)必要です。
藻の繁殖はさけられまん。
藻類の繁殖を、抑える専用の薬を使えば、かなり抑えられます。
テトラ アルジミン 100cc ¥970 が一般的な薬です。
ろ過器は、どんなものを 使っていますか?
ろ過器の中に、専用の活性炭を入れて、藻の繁殖を抑えるという 手もあります。
いずれにせよ、魚にも水草にも生物である以上、光は必要です。
光を与えれば、必ず藻は繁殖します。
藻を抑える薬はあっても、完全に抑えることは、できません。
あとは、掃除するしか方法は、ありません。
掃除するのが、面倒だと思うのであれば、飼わないほうが、魚のためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
魚はネオンテトラ、ブラックネオン?、カーディナルテトラ、グッピーと、小型のドジョウと、スジシマドジョウです。
照明器具はついています。60センチ水槽にライト二本です。
ろ過器は水槽の上部でろ過するごく普通のものです。
しかし掃除がやはり肝心かつ最も効果的ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/08 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海水魚水槽でアオコは?

海水魚水槽でアオコは発生しますか?

Aベストアンサー

淡水でいうところのアオコは発生しません。

しかし、赤潮と同様の仕組みで、青緑のプランクトンで、養殖フグに何十億円という被害が出ました。

ですから、
>「海水も緑色になることがあるのかな」
の問いの答えは、『ある』でしょう。

ただし、大学に問い合わせが来て、そのコメントが新聞に載ったくらいでしたので、
目にする機会はあまりないかと思います。
私も、学生の頃(10年以上前)の一回だけしか見たことがありません。
青潮じゃないかと言われていて、プランクトンの異常発生が原因では...という話になりました。

たまたま、私はおかしいなぁと感じながら、その海の中を泳いでいたので...(アホ)
当時の部活の顧問が海洋プランクトンの学者で、その方のお話ですので、
畑違いの私には、それ以上のことは良く分りません。
悪しからず。

Qぜに亀(イシ亀の子供)の日光浴は?

ゼニ亀を飼っています。子供が釣りに出かけて亀を拾ってきたのですが、専門書をみて調べているのですが子供のゼニ亀は冬眠は危険と書いてあり現在ヒーターを購入して飼育していますが、皮膚が白っぽくふやけた感じになっていました。

もちろん週末の休みには1時間ほど日光浴をしていますが雨の日や毎日やれないのが原因と勝手に思っています。

そこで爬虫類用の紫外線ランプ?が良いといいますが、高価なものが多くお値打ちに効果のある商品または方法を教えてください。ちなみに亀の甲羅の大きさは4.5ほどです、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

甲羅ではなく皮膚が白っぽくなるのは細菌感染かもしれません。
昔私が飼っていたクサガメも同様の症状になってしまい、獣医さんに相談したところ、飼育スペースに陸地がなく1日中水につかっているので、皮膚が乾燥するときがないのが原因だろうということでした。
もし飼育スペースに陸地がないのであれば見直してみてあげてください。
消毒は1日数回イソジンを麺棒でつけてやってました。

素人判断も危険なのであまりに皮膚の白化がひどいようでしたら爬虫類を見られる獣医さんにご相談なさってください。亀さんお大事に。

Qカメの日光浴とカラス

大変お恥ずかしく情けない話なのですが、以前に、クサガメを飼っていたことがあり、閉じ込めておくのがかわいそうでベランダに出したところ、ちょっと目を放した隙にカラスに食べられてしまいました。それも、たぶん二度も(離れたところで食べ残しを見つけたりしてわかりました)。

それでもカメが飼いたくて、せめて夢だけでもと、当サイトを見ていたら、特にリクガメを日光浴させたり、お散歩までさせている飼い主さんが何人もいらっしゃるじゃないですか。

鳥や動物に狙われたりしないのでしょうか? 私のしたこととは、どう違うのでしょうか? やはり目を離したのがいけなかったのでしょうか? 詳しい方、アドバイスをお願いします。

ちなみに、できれば今度はリクガメを飼いたいと思っています。

Aベストアンサー

おたくのベランダはカラスがやってきやすい環境になっているんでしょうね。または、カラスにとって監視しやすい止まれる場所があるから、カメを発見しちゃったんでしょうね。
カラスが寄れないように、ベランダの周りを防鳥ネットをかけるなどすれば防げると思いますよ。ホームセンターに売っていると思います。

我が家では以前は猫と格闘していました。
クサガメでは透明衣装ケースで、蓋をロックできるもので、蓋に大きめ穴を開けて陽が入り動物から狙われにくいようにはしておきました。

Q■ミドリガメの日光浴について■

いつもお世話になっております。
ミドリガメを2匹飼って約5年目になります。
今まで恥ずかしながら知識不足で日光浴を積極的にさせていなかたのですが、最近になってカメのためにも必要と知り、1,2年前から晴れている日には日光浴をさせています。

そこでお聞きしたいのですがカメには日光浴を好むものと嫌うものがいるのでしょうか?

1匹はベランダに出すとすぐに日向に行き、甲羅が熱くなって熱射病になってしまうのではと思うくらいずっと日光浴をしています。

しかしもう1匹はすぐに日陰の方に走って行き、窓の隙間から家の中に入ってきて日光浴を全くしてくれません。
甲羅が弱くなってしまっては困るので何度か強制的に日光に当てて日光浴させることもあります。

気になるのはこの日光浴を嫌がる方は甲羅の脱皮が物凄く頻繁で、エサも配合飼料しか食べません。
日光浴を好む方はほとんど甲羅の脱皮をせず、エサは時々与える小松菜やチンゲン菜も好んで食べます。

これはただの性格なのでしょうか。

どうぞお知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

 小生、15年位緑亀を育て居て、もう20センチ位の大きさになっています。
 育て方は成り行きでやってきましたので、これが正しいかどうかは分りませんが、うちの「ふとし」は日光浴が大好きです。日に当たると目を細め「極楽じゃのお!」と言っております。

 もう一匹銭亀が居ますが(彼女も12年育てています)、彼女?は、今日は彼女のお家の屋根に上り、4時ごろまで日光浴をして、寒くなったのか4時過ぎに水面に降りました。

 2匹とも、ご飯はただひたすら『亀の餌』だけで、「ペレ」は自然に11月頃、「ふとし」は無理に冬眠をさせます。
 冬眠から覚めると、2匹とも一回り大きくなっています。その時は当然脱皮します。

 素人考えですが、亀は基本的には日光浴が好きだと思いますし必要だと思います。tse-sieさんの日陰好き殿は、日向好き殿が嫌いなんではないでしょうか?
 「ふとし」と「ペレ」も種類が違うせいが有るとは思いますが、お互いに警戒しあっています。
 と言う訳で、日陰好き殿は性格でなく、日向好き殿が怖いと言う関係が原因と思うのですが…。
 

 小生、15年位緑亀を育て居て、もう20センチ位の大きさになっています。
 育て方は成り行きでやってきましたので、これが正しいかどうかは分りませんが、うちの「ふとし」は日光浴が大好きです。日に当たると目を細め「極楽じゃのお!」と言っております。

 もう一匹銭亀が居ますが(彼女も12年育てています)、彼女?は、今日は彼女のお家の屋根に上り、4時ごろまで日光浴をして、寒くなったのか4時過ぎに水面に降りました。

 2匹とも、ご飯はただひたすら『亀の餌』だけで、「ペレ」は自然に11月頃、...続きを読む

Qカメに日光浴をさせたいのですが

先週より、小さなゼニガメを飼い始めました。
アパートの一階に住んでいるので、外に出して仕事に出かけると、近所の猫に荒らされないか心配です。
今は、朝の支度の時間だけ、外に出して日光にあびせているだけです。

(1)外に出しておけない環境の場合は、紫外線ライト以外には方法はないでしょうか?

(2)外にだしておくと、猫が心配な事ってないですか?その場合の対策などありますか?

(3)最近、カメの皮膚がところどころふやけたように白く、皮のカスのようなものがむけてきているようなのです。特に首のあたりです。
フィルターを取り付けていて、水は汲み置きしたものや中和させたものをこまめに取り替えていたので、汚水が原因ではないと思うのですが、紫外線不足による病気なのでしょうか・・・?

質問が多くなってしまいましたが、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)基本的にはそうなると思います。ご存知かもしれませんが、日光浴はガラス越しでは意味がありません。ガラスに紫外線が吸収されるからです。それだったら紫外線灯の方がマシだと思います。
(2)ぼくはトカゲを飼ってますが、甲羅も無いし野性味が全然無いのでカラスなんかも心配です。日光浴のときは人間が近くで監視するか、鳥かごのようなものに入れるか、どちらかだと思います。
(3)たぶん脱皮じゃないかと思います。亀も爬虫類ですからヘビやトカゲと同じように脱皮しますよ。紫外線不足だと甲羅が柔らかくなったり変形したりします。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報