褒めるつもりで「この人の作品は素敵だ」と掲示板に書いたら、「この人」は貶める表現だと注意されました。
 本で調べましたが、「あの人」には少し疑いや侮蔑の意味があるとしていても、「この人」の項には「丁寧にはこの方と言う」、と誰でも知っていることしか出ていません。「この人すごいな」など、感動した時によく使うのですが・・・。いつも「この方」と書いていては気取りすぎのように感じられます。
 この人、は貶める場合しか使わない言葉なのでしょうか。

A 回答 (9件)

たとえば、ごく近しい人に対して「何言ってるの?この人。

」と言った場合、ふざけているかも知れませんが、やや侮蔑のニュアンスが入ってきます。つまり、意味的には「こいつ」などと同じように受け取られます(「こいつ」を使わなかった分だけ、よけいこころの裏を疑う人もいるかも知れません)。また近しいだけに、ちょっと距離を置かれたような印象も持つかも知れません。

それから、本来なら「この方」を使うような間柄の場合、「この人」を使われたから不愉快なのではなく、「この方」をつかわなかったから不愉快に思う、という人もいるような気がします。「この人」という言葉に罪がある訳じゃなく。

どちらにしても「この人」という言葉自体に貶める意味があるわけではなく、前後の文脈や口調、それに受け取る側の感情が決定するような気がしますが。

ただし、本当に尊敬の意味をこめたかったのなら、誤解の生じない「この方」を使うべきでしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答えをありがとうございます。

 そうです、「この方」を使わなかったのがとても気に入らなかったのかも知れないと今は思います。
 私としては同じテーマを楽しくおしゃべりしている掲示板で、きれいな絵や詩を発表できる方を賞賛はしても「尊敬する」とは感じませんでした。気楽に褒めたつもりが、褒めた相手は別として、指摘者には伝わらなかったようです。
 気をつけてゆこうと思います。
 

お礼日時:2001/11/11 15:58

 『この人の質問、どう思いますか?』


  
 『この方の質問、どう思われますか?』

 同じ意味ですが、とる人によっては、前者は意見を聞いているのではなく、同調または非難を求めているようにも取れるように思います。
 
 また、『この人の作品は素敵だ』と書いた場合と
    
    『この方の作品は素敵だ』


 同じ意味ですが、見る人によっては前者は、感想を述べているというよりも、評論しているように感じるかもしれません。
 同じ位置から見ているか、上から見ているといった感じでしょうか・・・。

 後者は、同じ位置から、もしくは下から見ているといった感じを受けるように思います。

 『この人』という言葉が『貶める表現』だとは思いませんが、視覚的情報から、書いた人の気持を推測するのは難しいと思います。
 特に、短い言葉になればなるほど、難しくなると思います。
 
 『誰かこの答え知っている人いませんか?』
と書いてあるのと、
 『誰かこの答え知っている方いませんか?』
と書いてあるのでは、やはり受ける印象が違うように思います。

 『貶める表現』とは言い過ぎだと思いますが、文字は無表情ですから、自分自身で、何らかの表情をつけてあげることが必要だと思います。
 特に、表情がつけにくい短い文章ほど表現に配慮が必要なように思います。

 それにしても『貶める表現』とは本当に言い過ぎですね。なんでそこまでいうんでしょうか?

 『作品』は、本とか、文章に関係したものだったのでしょうか?それなら、表現にこだわるのもわかるような気がするのですが・・・・。

 でも、そんな風に書かれてしまったのなら、ちょっと表現を変えてみたほうが気持よく過ごせるかもしれません。

 どちらが正しいとかいう問題ではなく、お互いが不快な思いをしないように配慮し合うのいいと思います。(*^-^*)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えをありがとうございます。

 私の書き込みは正確には「この人の絵はいつもきれいだと思って見ていました」でした。確かに、上から批評しているようにも取れます。
 皆様のお答えを拝見して、気取るのがいやで庶民的に書いたのが裏目に出たのと、指摘者の「貶める」がやや大袈裟なのではないかと思いました。語彙の豊富な方ではあるのです。
 余談ですが絵を描いた方に詫びたところ、掲示板はむずかしいねと慰められてしまいました。ほんとうに、気をつけなければと思います。

お礼日時:2001/11/11 16:54

safvyさんが書き込まれた掲示板の雰囲気にもよるかと思います。



私がときどき書き込んでいる掲示板は
ほとんど皆さんがお互い「さま」付けで呼んでいます。

だからといって日常生活で友人同士を「さま」付けで
呼んだりはしません^^;

ほかの人の表現はどうだったのでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答えをありがとうございます。

 もちろん主観ですが、それほど私ひとりが浮いているようには思っていなかったのです。
 私は慇懃無礼を嫌い、指摘者は親しき仲にも・・と咎められたのかなと思います。

お礼日時:2001/11/10 23:40

ほめるつもりで「この人」は間違いでしょうね。

ほめもせずけなしもせず普通に使う言葉が「この人」ではないでしょうか。身内の人を指して「この人」とは云っても「この方」とは云いません。

あの方 あの人  あいつ(あやつ)(あのやつ)
この方 この人  こいつ(こやつ)(このやつ)
その方 その人  そいつ(そやつ)(そのやつ)

方、人、奴に指示代名詞のあの、この、そのがついた言葉です。「この人」はほめ言葉でもなく、貶す言葉でもないことがお分かり頂けるでしょう。ただし、言葉は
地域により職業により特定の意味を〔習慣的に)持ちますので論争しても仕方がない場合もあります。君、お前の意味で「われ」という地域もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答えをありがとうございます。

 他にも書きましたが、まるで敬語の明らかな間違いでも指摘するような感じで注意されましたので、「今までそんな大切なことを知らなかったのか!?」とショックを受け、皆様に質問してみた次第です。この方、を使わなかった不注意を悔やんでいます。

お礼日時:2001/11/07 20:52

>この人、は貶める場合しか使わない言葉なのでしょうか。


そうではないと思います。
特に文章では、あなたがおっしゃるとおり「気取りすぎ」でしょうね。
「この人」という言葉が、「貶める」まではありえないと思います。
強いて「この人」が、マイナスイメージを生じる場合を考えるとしたら・・・目の前に「その人」が居て、ほかの人に紹介するような場面でしょう。そのときは、おそらく「この方」あるいは「こちら(様?)」というのが、丁寧です。
その場合でも、まだ、表現に親しみがありますね。(マイナスイメージってのは撤回)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答えをありがとうございます。

 あまりにきっぱりと「貶める」と言われましたので、疑問を持ちました。
 人に紹介する場面なら、私もこの方、と言うのですが。
 

お礼日時:2001/11/07 20:46

 調べてみたわけではありませんが、「この人」という言葉自体を貶める言葉だとは言えないと思います。

ただ、「あなた」と同じように、目上の人、敬うべき人にはなるべく使わない方がいいだろうと思います。もちろん、著名人やこちらとは無関係な人で、話題の中で取り上げるときとか、妻が他人の前で夫のことを指して言うときなどは、問題はないと思いますが……。

 safvyさんがどんな状況で注意されたのかははっきりわかりませんが、注意した人にとっては敬うべき人だったか、「この人」という表現の持っているそういう語感を指摘したかったかなのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答え、ありがとうございます。

 目上や尊敬する人には私も「この人・あなた」を使うことはないのですが・・
 あれ以来、会話をしていても、今「この人」と言わなかったか?!とギクリとしてしまいます(苦笑)

お礼日時:2001/11/11 15:49

こんばんは。


礼儀にうるさい方はつっこみたくなると思います。
一般社会ではやはり「この人」より「この方」の方があらゆる場面において適切ではないかと思います。
が掲示板に書くぐらいなら「この人」でも良いのではないでしょうか?
いちいち細かいことにつっこんでくる方の言うことなど気になさらない方が良いですよ!日本語として間違っていたとしても善意(知らないで)の行為ならじゅうぶん許容できる範囲です。「この人」と言ったからといって「貶める」という印象も受けません。

例えばニュース○テーションで久○さんが
「イスラマバードに田中がいます。」(呼び捨てで)
「田中さーん」
という場面を良く見ます。久米さんは1回目呼び捨てで2回目は「さん」付け。
日本語としてはこれであってます。が他の番組のキャスターはこんな風に言いませんよね。あんまり気にならない程度だからです。

例えば
「~なことがあった。私はかんぱつ入れず~をした!」
いやいや違うよ「間、髪を入れず」の間違いだよ。とつっこんでいるようなものです。

もう少しいえば
「あのお店ふいんき良かったね~」
「違うよ。ふんいきだよ。」とつっこんでるようなものじゃないのでしょうか。

だから気にすることないと思いますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 指摘した方は、「この人」という表現がとてもお嫌いなのでしょう・・・。私の褒めた相手が「この人」と言われて傷ついたらどうするのか、「知らないではすまないことです」と厳しいお言葉でした。ここに泣き言を書くのも恥ずかしいことですが・・。

 お答えを本当にありがとうございます。
 

お礼日時:2001/11/07 20:38

掲示板の場合、普通に話すのと同じような表現は避けたほうが良いと思います。


ちょっと気取りすぎかな、と思うくらいの方が無難なようです。
どんな方が読むのか分からないのが掲示板と言うものですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えをありがとうございました。

お礼日時:2001/11/11 15:41

 こんばんは。



 辞書とかで正確な意味を調べたら、そういう表現なのかもしれませんが。

 一般的には、とくに「貶める」という感じはしないような気がするんですけどね。「こいつ」とかって書いちゃったのならともかくとして。

 気にすることはないんじゃないでしょうか。

 参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答えをありがとうございます。

 ほとんど女性ばかりの楽しい掲示板だったはずなんですが。指摘メールが怖かったのでもう戻る勇気がないんですよ、トホホ・・・。難しいものですね。

お礼日時:2001/11/07 20:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q丁寧語: 「お」きゅうり、「お」大根、「お」たくわん、「お」机・・・

義母はとっても言葉の美しい人です。そんな義母に育てられた夫も「おきゅうり、お大根、おたくわん」と口に出すことがあり(男性の友人の前では意識して控えているようです)、簡潔な表現で育った私は驚かされることが多いです。「お漬け物」は言うけど「おたくわん」は言わないなぁ・・・。もしかして義母に「huguhuguさんって言葉遣いが乱暴」なんて思われるような気もして少し緊張します。

「先生はお授業中でいらっしゃいませんよ」→ある大学で、不在の教授を訪ねた学生に対して、助手が答えた言葉。「お授業」はびっくり。

「うちの子は小食でお給食を全部食べられないの」「◯◯さんのお机に置いていただけますか?」→知人。でも私は「給食」「◯◯さんのデスクに」かな。

「あーあ、ゆっくりお洋服でも買いに行きたいなぁ」→友人。「育ちが良いんだなぁ」と憧れ。

「この料理のおソース美味しい」→私。外来語には「お」をつけないのが原則だよって指摘されますがなんとなく。

不急の質問ですが、このような「お」や「ご」などの接頭辞がつく言葉で
◯自分は普段使わない言葉
◯自分は普通に使うけど周囲に驚かれた言葉
を見聞きされた方、その言葉と、どういう印象を持たれたか教えてください。
私も美しい言葉を目指していますので、参考にさせていただきたいです。

義母はとっても言葉の美しい人です。そんな義母に育てられた夫も「おきゅうり、お大根、おたくわん」と口に出すことがあり(男性の友人の前では意識して控えているようです)、簡潔な表現で育った私は驚かされることが多いです。「お漬け物」は言うけど「おたくわん」は言わないなぁ・・・。もしかして義母に「huguhuguさんって言葉遣いが乱暴」なんて思われるような気もして少し緊張します。

「先生はお授業中でいらっしゃいませんよ」→ある大学で、不在の教授を訪ねた学生に対して、助手が答えた言葉。「お授...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。35歳です

まず…おきゅうりは、私は使わないです。
   お大根は、母が使います。私は使いません。
   おたくあんは使いませんが、お新香もしくは
   おこうこ(う)とは言います。
   お給食&お机は、私は使わないです。
   お洋服は私も使います。おソースは私は使いませんが時々聞きます。

自分は普段使わない言葉…
   ・おぶどう 弁護士事務所に仕事で夏に行ったときに、先生の助手に
    「caltonさん、おぶどう召し上がりません?」と言われて
    即座にそれがお+葡萄ってピンと来なかったので「はぁ…。」と
    曖昧な返事をしたところ、しずしずとお皿の上に「マスカット」が
    盛られてきたので、「あ~。葡萄だったのかぁ~。」と
    その時やっとわかりました。

   ・おみかん 私の母がよく「おみかん、食べ過ぎなさんなよ。」
    と言っています。(訳:ミカン食べ過ぎないでね。です)
    私は普通に「みかん」と言っています。

   ・お紅茶 これも上記の弁護士事務所で言われたのですが
    これは、さすがにわかったので「はい、頂戴します。」と
    即座に返事が出来ました。

どういう印象を持ったか…。私って「粗雑な女なのか?」って
ほんの少し思いましたが、「まあ、通じればいいか。」で今日に
至っております。

自分は普通に使うけど、周囲に驚かれた言葉

    ・むらさき取って頂けますか?(訳:醤油取ってくれ~)
     母親に、日本料理屋さんで「醤油って言うと無粋よ。」
     と言われて育ったので…。でも周りは使わないようです。
     ご年輩の方と食事をご一緒するときに、この「むらさき」
     を使うと「おっ!carltonちゃん、粋だね~。」とは
     確かに言われますが…。

    ・同じ理由で天ぷらやさんで「まるじゅう下さい。」
     と注文します。(訳:さつまいもの天ぷら下さい)
     これも同世代には「言わないよ~~。」と言われますが
     ご年輩の方には喜ばれます。(なぜだろう…)

    ・お懐紙 いつどこで何があってもいいように「お懐紙」を
     持ち歩いているのですが、(無地と季節の花の柄)
     それ自体が珍しがられ、さらにそれを「お懐紙」と言うと
     「もしかして、carltonって『元お嬢』なんじゃあ…」と
     言われます。(注:私は、中流家庭の娘です。)
     でも、お懐紙を持っていて、便利なことが多いので
     (急に心付けを包むときなど)出掛けるときは、カバンの中に
     入れておきます。

     ・御髪(おぐし) 例えば目上の方の髪の毛に
      何かついてるときに、
      「○○さん、御髪に…」とその物体のついている
      付近を自分の頭で指し示してお知らせすることがあります。
      でも、周りの同世代からは「江戸時代みたい…。」と
      言われます。(苦笑)
    
美しい日本語、私も是非身につけたいと思って日々過ごしておりますが、
なかなか思うように行かないまま三十路ど真ん中まで過ぎてしまいました。
TPOにあわせてきれいに言葉を使い分けることが出来る方を
「素敵だなぁ~。」と私は思います。 

※母方の実家が飲食業を代々営んでおりますので、その影響もあるかと
 思います。

      

こんにちは。35歳です

まず…おきゅうりは、私は使わないです。
   お大根は、母が使います。私は使いません。
   おたくあんは使いませんが、お新香もしくは
   おこうこ(う)とは言います。
   お給食&お机は、私は使わないです。
   お洋服は私も使います。おソースは私は使いませんが時々聞きます。

自分は普段使わない言葉…
   ・おぶどう 弁護士事務所に仕事で夏に行ったときに、先生の助手に
    「caltonさん、おぶどう召し上がりません?」と言われて
    ...続きを読む

Q学術論文は、丁寧語(「です」・「ます」)を排し「である」調とすべきか?

学術論文は、丁寧語(「です」・「ます」)を排し「である」調とすべきか?
確かに論文集を見まわしても、丁寧語の論文は見当たりません。暗黙の了解なのでしょうか? それとも学会などでルールがあるのでしょうか? 
一つの論文集の中で一つだけ丁寧語の論文があったら、やはり不味いですか?

Aベストアンサー

↓これが、的を得た補足になるのか自信ありませんが…


文末表現は、文章内容の意図によって分類されています(表現類型論);
*論ずる・証明する場合…『だ。』『である。』
*情報伝達の場合…『ます。』『です。』

日常ではこれに従わず、流れや距離感によって適当な表現が通常とされていますが、論文は、アカデミックな公開文として、“堅い遺産”である正確な文章が求められていると思います。論を証明する為に書く論文は、論理的視点を客観的に置いて、不特定多数を納得させなければいけません。文末表現によって生じてしまう理解の差異を減らす為ではないでしようか。
簡単な説明:
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/9671/6-8composition-c.html
(取り急ぎの検索です)


また、この“文末表現”を題目とした論文が多くの大学教授により発表されています ;》

規定ではなく、論文用語と教授は呼んでいました。私見ですが、今風に言うと、自分が力を注いで構築した論を『です。ます。』の文末にしたがために、「…で、誰の受け売り?」という印象に終わらせない為のプレゼンの基本的心理手法と思います。

↓これが、的を得た補足になるのか自信ありませんが…


文末表現は、文章内容の意図によって分類されています(表現類型論);
*論ずる・証明する場合…『だ。』『である。』
*情報伝達の場合…『ます。』『です。』

日常ではこれに従わず、流れや距離感によって適当な表現が通常とされていますが、論文は、アカデミックな公開文として、“堅い遺産”である正確な文章が求められていると思います。論を証明する為に書く論文は、論理的視点を客観的に置いて、不特定多数を納得させなければいけません。文末表...続きを読む

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q「知る」「知った」の丁寧語を教えてください

こんにちわ。
目上の人に対して「このことをなにで知りましたか」
という表現をするのに、もう少し丁寧な表現はあるのでしょうか?

ちなみに「おしりになりましたか」というのはあまりにも
おかしいと思うので使えません。

Aベストアンサー

丁寧語ではなく尊敬語ですが、

・ご存知になる
・お知りになる

でOKです。


ちなみに、丁寧語は、「です」「ます」「ございます」
などの丁寧な言い回しのことです。

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報