この季節、外に出ると 蚊にも似た小さな虫たちが 何十何百と群れをなし

それらが まるで一つの生き物ででもあるかのように目の高さ位のところに

たなびいている……。こんな様子を確か なんとかって言いましたよね。

この間から、思い出せなくって気になっています。どうぞ教えてください。

A 回答 (4件)

yoyo0421さんの引っ掛かっている言葉かどうか、まるで自信がないのですが、ひょっとしてひょっとすると「雲霞(うんか)」でしょうか。


これは、虫を表した言葉ではないのですが、「ウンカ」という虫がいるので、私はながらく勘違いしておりました^^;
参考URLで「うんか」と入れると、両方の意味が出ます。
違っていたら失礼な話なのでごめんなさい。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-top.cgi
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これです!  これです!

あ~すっきりいたしました。参考URLも見させていただきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/07 19:54

もしかすると、「雲霞(ウンカ)の如く」ではないでしょうか?


「雲霞」は、本来、雲と霞のことなのですが、稲にたかる、「ウンカ」という害虫と混同されることがあるようです。
違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです。「雲霞」でした。皆さんのおかげですっきりし、お勉強にも

なりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/07 19:56

やぶかのもちつき?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

だけど ごめんなさい! わたしの「引っかかっていることば」とは

少しちがうのです。でもどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/07 19:52

「蚊柱」のことでしょうか?「蚊柱が立つ」とかいいます。


(参考URL)

参考URL:http://home.hiroshima-u.ac.jp/ecology/pages/Chir …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。

ただ私の引っかかっている「言葉」とはちょっと違うのです。

でも、参考URLの方も見させていただき、楽しませていただきました。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/07 17:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蚊が発生している所に、薬をまいてみる

こんばんわ。
集合住宅の1階に住んでいて、兎に角、蚊が多いです。
草刈りをしていない時に多いのは、草刈りをすれば解決するのですが、
暖かくなると、草刈りをきれいにしていても、蚊が部屋に入ってきて悩まされています。(1日5匹以上は叩き落とす日々)
そこで、原因を推測してみたら
1.窓の反対側(普段は開け閉めしない側)がよく開いている
2.開いている窓のすぐ傍に、各階のベランダの水や屋上の雨樋の水を排水する管(排水口)がある。
1に関しては、家族の者が結露するからという事で開けていて、
昼なら蚊は入ってこないと訳のわからない事を言っていたので、開けるなら網戸をそっち側にセットして開けなさいと指導しました。(多分守ってませんが、、、)
問題なのは2の方で、1階なので排水された水が、排水溝の方に落ちて、いくつかの排水溝と合流し、そこから近くの川に流れていきます。
ただ、合流する為に排水溝が傾斜しているわけでもなく、どうもそのまま水平で、水たまりになっているみたいです。
部屋に入ってこないように、部屋に薬をまけばいいのでしょうが、部屋に入ってこないだけで、排水口からは毎日にように蚊が上がってくると思うと枕を高くして眠れません。
そこで、素人ながら考えたのですが、
1.ベランダの排水口に直接、ワンプッシュで蚊がいなくなる薬を、何回かプッシュする
2.吊るすだけで蚊やハエを撃退する薬を、排水口の真上にセットする
で、排水口の蚊を撃退できるでしょうか?
アドバイスお願いいたします。

こんばんわ。
集合住宅の1階に住んでいて、兎に角、蚊が多いです。
草刈りをしていない時に多いのは、草刈りをすれば解決するのですが、
暖かくなると、草刈りをきれいにしていても、蚊が部屋に入ってきて悩まされています。(1日5匹以上は叩き落とす日々)
そこで、原因を推測してみたら
1.窓の反対側(普段は開け閉めしない側)がよく開いている
2.開いている窓のすぐ傍に、各階のベランダの水や屋上の雨樋の水を排水する管(排水口)がある。
1に関しては、家族の者が結露するからという事で開け...続きを読む

Aベストアンサー

蚊の幼虫であるボウフラは、驚くほど綺麗な止水にしか住めません。河川汚染の指針になるほど。
流れがあったり、濁ったりするだけで全滅します。
ワンプッシュで蚊がいなくなる薬では継続性がなく意味をなしません。持続性のある薬物を水溜りに投入すればいい。吊るすだけで蚊やハエを撃退する薬は有効。

一番簡単なのは、水溜りに5円玉10円玉が1枚沈んでいるだけで、水に触れた銅イオンの殺菌によりボウフラは全く発生せず、産卵ができないので、蚊も寄りつきません。嘘だと思ってお試しください。
だから、神社のお賽銭とか、水のあるところにどこでも投げ込んでありますが、あれ微生物の生態系を壊すヤバイ行為ですからね。10円玉1枚で甲殻類は虫だけでなく、エビ・カニまで即死します。

あと、成虫の蚊は、あの体型ですので、風に弱いです。風を逃れて空気の淀んだ暗がりや草むらで夕方を待ちます。
だから、排気側にあたる窓の反対側の近辺にあつまってくるので、結露対策もあるなら絶好の蚊の住処になってしまっていますので、その周囲に扇風機やサーキュレーターで風を流すとわざわざ頑張って家の中まで入ってこないので、蚊は激減すると思います。

蚊の幼虫であるボウフラは、驚くほど綺麗な止水にしか住めません。河川汚染の指針になるほど。
流れがあったり、濁ったりするだけで全滅します。
ワンプッシュで蚊がいなくなる薬では継続性がなく意味をなしません。持続性のある薬物を水溜りに投入すればいい。吊るすだけで蚊やハエを撃退する薬は有効。

一番簡単なのは、水溜りに5円玉10円玉が1枚沈んでいるだけで、水に触れた銅イオンの殺菌によりボウフラは全く発生せず、産卵ができないので、蚊も寄りつきません。嘘だと思ってお試しください。
だから、...続きを読む

Q「旅は岡山にかぎる」は内田百閒の言葉か?

最近、JR西日本の駅で「旅は岡山にかぎる 内田百閒的旅のすすめ」みたいな広告を見かけますが、「旅は岡山にかぎる」というのは内田百閒の著作のどこかに出てくる言葉なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

百閒先生は岡山の女性と結婚しましたが後になって自分のお母さんと子供達の世話を夫人に任せたまま別に愛人と暮して事情を知る岡山の一部の人達から非難されたと聞きます
自責の念からか岡山はほとんど訪問しなかったそうなので先生の文章では無いと思います

Q蚊に刺されたかゆみによくきく薬教えてください

蚊をよく見かける時期になりました( -_-)
最近、3日連続で白黒のシマ蚊に刺されまくっています。

 1回さされると1週間以上はかゆいのですが、
市販薬で蚊のかゆみによくきくおすすめの薬を教えてください。

Aベストアンサー

キンカン、ムヒ、ウナコーワが御三家だと思います。

私のお勧めは、香港の「タイガー・バーム(虎標萬金油)」です。
効き目は強力で、肩こりや筋肉痛、眠気覚まし、蚊以外の、ハチやムカデなどにさされた場合もよく効きます。

黒と白があり、日本では黒は売ってません。
白は日本にも輸入されていますが、現地で買ってきたもの、特に黒は、日本で許可されていない強力な成分が含まれていているので、さらによく効くとの噂です。

Q太宰治/富岳百景

富岳百景のお見合いのシーンで井伏氏が「おや、富士」と言って背後のなげしを見上げたのには何か意図があるんでしょうか?またその直後の、あの富士は有り難かったとはどういう意味でしょうか?

こうじゃないか?と思われる方、ぜひ意見お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

そのシーンの前後で、何が変わったかを読んでください。

お見合いで硬くなっている両者。

相手も、相手の両親も、自分を評判の悪い「小説家」という「ゴロツキ」と知っている。まともな職業ではない。しかも心中マニア。でも、文壇で結構名を売っている奴でもある。井伏が後ろに付いているし、世間で言うほど悪い奴じゃないのかも。でも信用できない。

自分も、そのことを相手に知られているであろうと、わかっていて、引け目を感じている。コンプレックスの塊。「どうせ俺なんて」と「俺ってけっこうすごいんだぞ」を同居させている。

「おや、富士」

一同の視線が富士に注がれる。日本人ならだれもが、「ああ、きれいだな」、という「価値観の共有」をできる数少ないものの一つがそこにあり、井伏が皆の視線をそこに集めた。

「富士はいいですねえ」という連帯感が生まれた。

ありがとう、井伏さん。
あなたの、あのひとことで、うまくいきました。

Q犬が蚊にさされた→フィラリア投薬後に吐く。薬の効き目は?

昨日、犬が留守番中、蚊にさされたらしく2cmくらいの楕円形の出っ張りが3箇所くらいありました。出っ張りがすごく、パッと見てすぐに分かります。フィラリアの投薬したのが10月2日だったので、昨日フィラリア薬をたべさせました。が、しかし、夜中に吐きました。そのため、昨日のフィラリア薬の効果に影響が出るか心配です。今日は蚊にさされた跡は消えています。

Aベストアンサー

こんにちは。

フィラリア予防薬は一ヶ月一回の投薬のタイプだと思いますが(食べさせたということはカルドメックチュアブルP?)、これは飲ませてから一ヶ月効果が持続するものではなく、飲ませた時点で体内にいる幼虫を殺す薬です。次の月の薬を飲ませるまでの一ヶ月間は犬は蚊に刺されて幼虫に感染しており、薬で殺したらまた一ヶ月感染し・・の繰り返しで蚊の季節が終わるのを待ちます。

吐いたものの中に薬が入っているかどうか確認しましたか?もし薬を吐いていたとしたら、今回の投薬の効果はありません。もう一度投薬する必要があります。

薬は吐き出していないことが確実であれば、もう一度投薬をする必要はありません。

薬を吐いたと思われる場合と、薬を吐いたかどうかはっきり分からない場合は、かかりつけの動物病院に相談し、念のためもう一度投薬するかどうか、指示を仰いで下さい。

http://www.vets.ne.jp/faq/i/i_fila004.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1408187

↑フィラリアの体内動向について参考になると思いますので、添付しておきます。
幼虫の成長から考えて、フィラリア予防薬が効く期間は、通常感染してから約一ヶ月半から二ヶ月程度までです。前回10/2に予防薬を飲ませているとのことですので、今すぐにどうにかしないと大変、というような事ではありませんが、早めに相談するにこしたことはないと思います。

フィラリアとは別に、吐いたことについてはその後どうですか?もし元気がなかったり何度も吐くような場合は、フィラリアはひとまずわきに置いて、治療に専念するほうがいいと思います。気になることがある場合、フィラリアの相談にいくときに連れていって見てもらって下さいね。

こんにちは。

フィラリア予防薬は一ヶ月一回の投薬のタイプだと思いますが(食べさせたということはカルドメックチュアブルP?)、これは飲ませてから一ヶ月効果が持続するものではなく、飲ませた時点で体内にいる幼虫を殺す薬です。次の月の薬を飲ませるまでの一ヶ月間は犬は蚊に刺されて幼虫に感染しており、薬で殺したらまた一ヶ月感染し・・の繰り返しで蚊の季節が終わるのを待ちます。

吐いたものの中に薬が入っているかどうか確認しましたか?もし薬を吐いていたとしたら、今回の投薬の効果はありませ...続きを読む

Q内田百※の小説(だったと思います)

高校時代に、現国の授業の時の無駄話に出てきた、内田百※の小説を探しています。どなたか該当の作品をご存知でしたら、教えてください。

内容は、桃太郎の桃についての話で、桃から桃太郎が生まれて、お爺さんとお婆さんが狂喜乱舞している横で、気づかないのを良いことに、その桃太郎が生まれた桃を、イノシシが半分盗み食いをする・・・と言うお話です。確か、後半分の桃は食べきれずに巣に持ち帰るのですが、その後がどうしても思い出せず、最後はどうなったか知りたいのですが、色々なキーワードで調べても見つかりません。

どなたかご存知の方、教えてください。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

タイトル: 新輯内田百間全集 第30巻
ISBN: 4-8288-2305-0
ISBN: 4-8288-2210-0

Q蚊の薬

蚊の薬って何歳から?飲ませる時期。期間。病院で処方ですか?その際ワンちゃん連れて行かなくてもいいですか?

Aベストアンサー

はじめまして。
子犬のうちから与えますよ。
蚊の薬(フィラリアの薬)の投与の期間は、蚊が出始めてから1ヶ月後~蚊がいなくなってから1ヶ月後までです。
期間は地域によって異なります。
病院によってもまちまちですが、私の知っているところ(関東です)では4月~12月までと説明しています。
(近頃温暖化の影響で期間が長くなってきたようです…)
ちなみに沖縄では通年投与だそうです。

薬は病院で処方されます。
投与前に検査が必要です。(子犬は必要無いこともあります)
その年の予防開始の際にはわんちゃんもつれて病院へ行きましょう。

ちなみに薬のタイプは
・錠剤
・おやつタイプ
・スポット(皮膚に滴下)タイプ
・注射(1年に1回接種)
といくつかあります。
コリーやシェルティーなどは与えられない薬があるのでご注意を…。

血液検査をせずに薬を与えると、稀にショック症状を起こすこともあるので注意が必要です。

長文失礼致しました…。

Q内田百けんの『冥途』について

内田百けんの『冥途』を何回か読んだのですが、良く意味が分かりません(^_^;)
初め読んだときは、「主人公の“私”が死んでいて、
生きている父達が話しているのを霊として見ている…」
と言う内容だと思ったんですが、もう1度読むとその逆で、
「死んだ父親が他の霊と話しているのを生きている子(私)が見ている」
と言う内容かもしれないと思いました。
私は2度目の読んだ時感じた内容の方が正しいのではないかと思っていますが、
実際はどうなのでしょうか?
また、その根拠になる所はどの部分か教えて欲しいです。
お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

岩波文庫の後付にある解説に一つの読み方が載っていますが。

明らかにここの「父」は死者です。その死者のいる場所を「冥土」として題しています。死者と接触しつつも「そこに見えていながら、その様子が私には、はっきりしな」かったり「私の声は向こうに通じなかった」りします。私はまだその世界に属していないのです。

短編集「冥土」は幻想小説集ですし、簡単に言えば、夢の話と考えれば良いでしょう。自然に読めば、こういったところで疑問は出ないはずですけど。

Q【蚊などの虫よけと刺されてしまった後の薬】

【蚊などの虫よけと刺されてしまった後の薬】
今年に入って、すごく、蚊に刺されやすくなってしまいました。
会社ではダニにも刺されます。

今はムヒを使っていますが、どうしても寝ている間にかいてしまって、
朝起きると書き壊してしまっています。

アウトドアやハイキングが大好きなので、虫対策は今まで以上にしないと…と
頭を悩ませています。

そこで、オススメの虫除けと、刺されてしまってからの薬や対策を教えてください。

手作りでも、市販でも、何でもいいです!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは

私も掻きむしってしまうので
かゆみ止めパッチとかを貼っています
http://www.ikedamohando.co.jp/products/anpanman/muhi_patch_a.html
じかに効く感じがしていいですよ

自分でスプレーを作っている方も居ます

ご参考までに

Q内田百閒が旧仮名遣いを使いつづけた理由は?

昭和21年に内閣が旧仮名遣いを新仮名遣いへあらためる内閣訓令を出したにもかかわらず、内田百閒は、昭和46年に亡くなるまで旧仮名遣いを使い続けたということですが、なぜでしょうか?単に、新仮名遣いが馴染めなかったというようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 
  内田百閒について、あまり詳しくないので自信なしとしますが、文学者は一般に、「言語」つまり、日本人の作家なら日本語を大事にします。その場合、日本語の何を大事にするか、重視するかは、作家の作風や、文学についての考え方で違って来るのが当然だと思います。
 
  内田百閒は、特異な文体を持った文学者でしたし、その主題も非常に韜晦したというか、錯綜した内容を持っていました。彼にとって、自分の文学空間を十分に表現するためには、日本語の歴史的典拠全体が必要で、その上に更に彼独自の言語空間・物語の空間を築くという操作が必要であり、また、そのようなことを意図したのだと思われます。
 
  日本語の伝統との連関で言うなら、「旧仮名遣い」の方が合理的で、伝統文学や伝統の重みの意味と整合性や調和性があります。「新仮名遣い」はいわば、日本語の歴史を無視して、或る時点での日本語のありようを切ってみせて、「標準」を決めたとも言えます。これでは、日本語の歴史に立脚して文学空間を構築しようという文体や意匠に拘泥する作家には、納得の行かないものでしょう。
 
  現代の新仮名遣いの文学は、それはそれとして、時代を開いているのですが、日本語の文学伝統や、言語の歴史との連続性から言えば、色々なものを失っているとも言えます。失う代わりに得たものがあるのですが、どうしても、失いたくない場合は、旧仮名遣いに拘泥するのは少しも不思議なことではないと思います。
 
  また、旧仮名遣いで育った世代にとっては、旧仮名遣いがいわば「マザータング」であり、新仮名遣いが不自然なのだということも言えるでしょう。
 
  逆に、たかが内閣訓令ぐらいで、何故、自己の言語表現を変えねばならないのか、という疑問が出てきます。新仮名遣いを採用した結果出てきた不都合なことや、色々な矛盾は、古典を読むと、かなり分かるのですが、しかし、新仮名遣いで育った人には、古典の記述がむしろ、奇妙に見えているのだとも思えます。
 
  旧仮名遣いで、自己の文体を築き、更に、その上に自己の文学世界を構築して来た人、また、そういう歴史的厚みのある言語空間でないと自己の世界が表現できない文学者にとって、むしろ、何で、新仮名遣いのような、確かに、「口語・会話」においては、そういう風になっているが、日本の言語伝統からすれば、整合性のない記述方法を採用せねばならないか、理由が皆無ではないでしょうか?
 
  ベストセラー作家や、誰でも読めるエンターテインメントを目指す人は、読みづらい旧仮名遣い表現は、それだけで読者に背を向けているということになるのかも知れませんが、或る時代の読者受けすることを狙うのが作家・文学者ではないでしょう。やはり、文学者も、芸術家である以上、時と空間を越えた、「普遍」を目指すものでしょう。
 

 
  内田百閒について、あまり詳しくないので自信なしとしますが、文学者は一般に、「言語」つまり、日本人の作家なら日本語を大事にします。その場合、日本語の何を大事にするか、重視するかは、作家の作風や、文学についての考え方で違って来るのが当然だと思います。
 
  内田百閒は、特異な文体を持った文学者でしたし、その主題も非常に韜晦したというか、錯綜した内容を持っていました。彼にとって、自分の文学空間を十分に表現するためには、日本語の歴史的典拠全体が必要で、その上に更に彼独自...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報