http://otasuke.goo-net.com/kotaeru.php3?q=1646265
で質問をした者です。
私は制限速度を可能な限り守りたいと考えています。
しかしながら道路上で実行するには不思議なことに難しいのも事実です。

さて、制限速度に違反するのが必要悪だとすれば、
現在の規制を緩和するに足りる理由はありますでしょうか?

可能な限りその答えを見つけたいと思いますので皆様の意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (24件中11~20件)

>現在の規制を緩和するに足りる理由はありますでしょうか?



基本的にはないと思います。一般道は自転車も走り、人の横断もあるので、これらを考慮した制限速度になっているのです。制限速度を引き上げるには、
・歩道ができる
・歩道と車道の間にガードレールができる
・自転車専用道ができる
・中央分離帯ができる
・道路幅が広くなる
等の諸条件を整備する必要があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

市街地では歩行者自転車の存在があるので今後はよりいっそう制限速度は抑制されていきますね。歩行者安心エリアを制定してハンプやクランクにより物理的に減速させますから。
逆に信号の少ない幹線道路では引き上げても問題は無いはずなのですが。

お礼日時:2005/09/16 20:24

私は制限速度を守ろうと考えたことはありません。

あまりにも行政のご都合主義であるからです。
考えても見てください。基本的に今の道路の制限速度は初代トヨペット・クラウンが現役だった当時となんら変わっていないのですよ?
それから50年近く経ち、クルマの性能は著しく向上しました。そして安全技術は比較になりません。
特にクルマのスタビリティ(安定性)は素晴らしく向上したと思います。昔の車にはソーイングなんてものが高速走行では必須でしたが、今は完全に死語でしょう?
それに今ではESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が当然のように装着されており、まずクルマの挙動が破綻することなどありえません。

それなのに制限速度の変更がなんら議論されないのは、取り締まりによる利権が損なわれるのをおそれているから、その一点に尽きると思います。
第二東名の制限速度を140キロにしよう、と国交省が当然のこととして提案したところ、
警察庁はなんとも不明瞭な理由で猛然と反発しています。いったい何が問題なのでしょう?

無論、私も東京など市街地を走るときは、制限速度とは関係なしにスピードを控えます。それは当然だし、行政が市街地で厳しい制限速度を設けることは問題ないと思います。
要するに言いたいのは、行政はもっと柔軟に対応すべきだし、そして現代の車のことを真っ当な視点で見てもらいたいということですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
車の安全装備ですが、新車ならまだしも中古車として出回っている車にはまだABSすら装着されていないモノもあります。横滑り防止やら前後制動力配分などもありません。
そういった車、またちょっとの外乱で事故につながるバイクとも一緒に走行していることを理解してやってくださいませ。

お礼日時:2005/09/17 23:29

北海道の郊外の道路の場合、制限速度60kmは実情に合ってないと感じています。

長い直線やゆるいカーブが多く、道幅も広いため、60kmで走行すると高速催眠現象のためすぐ眠気がきてしまいます。

道東ではスピードの出しすぎによる凄惨な交通事故、いわゆる「十勝型」と呼ばれる事故が頻繁に起きていますが、制限速度が60kmしかない事もこのタイプの事故の一因ではないかと考えています。制限速度が遅すぎてイラつく→スピードを出す、と言ったら少し過言かもしれませんが。

あと、10kmか20km制限速度が速くなればもっと事故が減るんじゃないかなぁといつも考えながらドライブしてます。

北海道の郊外の場合、一般的な晴天・乾燥路面の場合、80kmくらいが平均的な流れです。場所によっては90kmが普通の流れのところもあるほどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

北海道で90で走行中、段差を飛んでびっくりしたことがあります。
たしかによく理解できます。
ただ、60で走っても90で走っても120で走っても暫くすれば慣れにより感覚が鈍くなります。
危険を認識しないと、取り締まりや事故で気づかされるまでわからないんでしょうね。

お礼日時:2005/09/16 23:28

制限速度は、確かに人間の能力のひとつの目安として決められているでしょうが、一方で、決められた当時のクルマの性能にも大きく影響されているでしょう。

んで、質問者様の回答の中にありました、クルマの性能は上がっても所詮人間側の能力が…という点。

では、マッハで飛行するコンコルドはどうなりますか?
山陽区間で300km/h出す500系のぞみはどうなりますか?
鉄道ネタでは、曲線通過のスピードアップの立役者、振り子式電車の381系はどうなりますか?

確かに、ここに挙げたものはいずれも、それなりに訓練されたパイロット/運転士が操縦するもので、それをそのまま一般の人が運転するクルマのトップスピードと並べるには無理があるかもしれません。
でも、極論すれば同じではないですか、技術がハードを進化させることで人間が追いつかない部分をカバーしながら限界を超えるという点では。

制限速度が制定された頃と比べ、明らかにクルマの性能は向上しています。
これは、間違いなく認めざるを得ない事実です。
ただ、クルマの場合徐々に進化して行くので、一般人にはなかなかその感覚が感じにくいだけです。

だとすると、現実的にどう制度化するかの問題はとりあえず抜きにして、クルマ別、個人別に最高速度+α許される人々(条件)なんか、具体的には免許証に(条件-眼鏡等のように)○○年式以上の車種なら+○km/h可…とかが出てきても、それは全然自然なことだと思います(くどいようですが、それを制度化する際の困難は無視して)。

んで、制度化できない現状、結局制限速度+αが黙認ってことになっているのが、実態ではないでしょうか。
さらに言うと、一般道はあまり知らないので申し訳ないですが、最高速度は少なくとも高速道路では設計限界速度ではありません、安全マージンをとった上での数値です。ならばなおのこと、標準的な推奨速度としての制限速度はともかく、それを上回る速度が即違法行為だと決め付けてしまうのは、無理が生じるのではないでしょうか。

ps.人間の能力も確実に上がっていると思いますよ。少なくともさまざまな競技の上では間違いなく世界新記録が更新されているじゃないですか。さらに頭脳的な部分においても、我々は過去の遺産にしがみついてだけで生きているわけではありません。
もし、そうでなけりゃ、ダーウィンの進化論に則ると、進化の止まった人類はカスですがな。
そりゃ、物理的に100mを0.00000033…秒切るスピードで走ることは、相対論的に許されないことかもしれませんし、そこまで極端じゃなくても人間の能力がどこか数字の上では限界にたどり着きそうな気もしますが、そんな数値の上だけでの進化がすべてではないって次元まで話を持って行くと、人間、いくらでも進化の余地はあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新幹線も飛行機も一般人の立ち入りを法的に禁止して走行しているので、車とは次元が違いますが、国道119号の一部区間では高架区間で制限速度をあげるのですからある意味あたっていますね。

進化論の話ですが、人間どんなに訓練してもコンピュータのような動作をするのは不可能だというのはわかりますよね。目に写った映像は約1秒かけて判断されます。
つまり今見ている全てのものは1秒前の出来事です。
この1秒の間に人間は1m、高速道路では車が30m進みます。気づかなかったではすまされない事実なのです。

お礼日時:2005/09/16 23:24

NO.2です。


私の先ほどの話は京都府での話ですわ。
質問に関してですが、その京都府の道路では、クラクションをならす方が悪であると思います。
教習所ではないですが、基本的にクラクションは鳴らすものではないかと思っています。いきなり飛び出してきた時には思わず鳴らしてしまいがちですが、鳴らされるとイライラします。
クラクションをよく鳴らす人ほど、鳴らされるとイラっとするようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

千葉ではクラクションを鳴らさずにさっさと抜いていくのがほとんどなので。場所によってルールみたいなものがあるからややこしいですよね。

お礼日時:2005/09/16 20:13

少し本題とはズレますが、車検の有効期間や制限速度の引き上げに関わる


検討は関係省庁などで行われていたと聞いています。
その度に取り上げられるのは事故件数の増加や騒音などの環境面への影響など
のようです。

現行の自動車にまつわる法規制の多くは、まだ未舗装の道路が多く、通行する
車種も乗用車よりトラックが大半を占め、現在のようにマイカーなどという
言葉も浸透していなかった大昔に制定されたものを、ほぼそのままの形で運用
されています。

ちょうど、NHKが受信料不払い者に対して切り札としている放送法に似ています。
テレビが発売されたころは国営放送しかなく、放送法では受信設備を設置した
場合に協会(NHK)と契約するよう義務付けております。

つまり、どちらも現状に追従できていない古い法律なのです。

自動車のアクティブセフティ&パッシブセフティの向上や歩行者保護など、
走行性能、安全性ともに格段の向上がみられる現代において、質問者の方の
仰る「制限速度の引き上げ」も検討されて然るべきだと思います。

質問者様の補足の中に
>免許を保有するということはその時点でプロということでもあります。
とありますが、免許に限らずいわゆる国家試験と呼ばれるもの多くは、各業界
内でプロの方が取得されている訳ですが、持っている=プロでは無いですよね?
資格取得とは、ある技術基準を満たし修了したものというだけのものであって、
経験や関連知識、モラルなど、プロと呼ばれるには他の要素にも精通していることが求められると考えます。

揚げ足取りのように思われ、お気を悪くされるかもしれませんが、そういった
プラスαの部分を促進するような交通社会を作っていくことが同時に必要となるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

車検制度の問題も、自家用を2年から3年に延長するとかいってますが、ふだんからメンテしていない車を現在以上に点検しなくていいのか?ということになります。
自分も日頃から、道路行政および自動車整備業界を知る立場ですのでよくわかります。
ちなみに運転中事故を起こすと危険運転罪以外は若葉マークでも容赦なく業務上過失罪となりますよね。少なくとも車の運転をする以上は相応の身分が求められるのです。

お礼日時:2005/09/16 21:52

ドイツでは、アウトバーン以外の郊外の一般道路でも個々に科学的な検証を行って制限速度を設定し、その結果設定された制限速度は結構高めとなるようですが、その代わり市街地のような所では安全上の観点から制限速度を抑えているようです。


ドライバー側からすれば、設定された速度の意味というか合理性が納得できるため、違反する者は比較的少ないようです。

逆に自然発生的な交通の流れを参考にした上で事故発生率を検証して、制限速度を決めていく国もあるようです。これも現実の交通事情や状況の変化を踏まえていて、ドライバーとしても納得しやすいですよね。

これに比べ日本の制限速度は40年前に決められた基準が、ほとんど機械的に適用されています。最近の規制緩和の流れから見直しの動きはあるものの遅々とした状況です。
わが国では制限速度と事故発生率との関係をどこまで検証しているのでしょうか。規制を掛ける以上は国民の大半は納得できるような設定にしてもらわないとね。
科学的な検証も行わないまま低く設定しておけば無難なんていうのは安易すぎますよね。

道路によって制限速度を変えるとドライバーが混乱するという問題はありますが、そもそも現時点でも十分わかりづらい!小さな標識とたまに道路上にペイントしてある程度じゃわかりません!
車線の書き方でも工夫して制限速度を示すようにすれば、現在以上に制限速度の高低を設けてもわかりやすいんじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかにどこまで速度と事故との因果関係を調査しているのか、また、根本的に速度と道路の整合性がとれているか疑問ですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/16 20:20

栃木の国道で時速80Km制限に制限速度が上がる国道が今度出ました。



上がった理由は「実際の通行速度がこの程度」「実際の通行速度で過去に1回しか事故がない事」だそうです。

という事から考えると
「実際の速度がこの程度」だけではなく「速度制限が上がっても事故がほぼ起きない事」が重要視されていると思われます。

なので歩道等が完全に分離されている等可能な限り道路構造上事故が起こりにくく、数年以上その速度で事故がほとんど起きない位でないと速度制限が変化する事は無いと思います。

速度制限を上げることによって事故が増えれば「お馬鹿な利用者」が「速度制限を上げることによって事故を増やした。警察と県の管理責任だ!」などと訴訟を起こす事は見え見えですので、慎重にならざるを得ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

調べたところ全線高架で歩行者等通行禁止とのことですね。
この結果は全国レベルでは特殊でしょうが貴重な事例ですね。
速度に関しては道路管理者に権限はないので今後の警察の対応が気になります。

どうもありがとうございます。

お礼日時:2005/09/15 23:41

人間の性能は上がらないのに、車の性能だけあがちゃったんだよね。


何年前からその道路はその制限速度なんだろう。
その頃に比べて車の性能はどお?
アクセルに足を乗っけただけで40-50は出ちゃうでしょ。

モータリゼーションの違いもあると思いますよ。
アメリカと日本
馬車や馬が町中を走り回って作り上げた町とルール
つい最近まで車と言えば大八車が精一杯の日本の町と、突然出てきた車とルール
そのアメリカに売るために開発されてきた日本車たち。

歩行者基準の道路と車を基準とした道路が混在する日本の町並み。

意識の切り替えが出来れば安全だとは思いますが、現在の免許制度、教習方法では難しいと思いますし、道路の設計思想も切り替わってはいないと思います。
どちらが先に変わるべきか。卵と鶏みたいなものかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

車の性能とは、加速、制動能力ということですね。
ブレーキやタイヤも良くなっています。
たしかに性能向上めざましいですね。

しかしながら人間の性能は上がっていません。どんなに訓練したところであがらないことはすでにわかっています。

結局速度を上げるほど空走距離が増加してしまい止まりにくくなってしまうのですよね。

国内で制限速度の上昇を可能にするのは、現状の施策では高規格道路ということですね。

お礼日時:2005/09/15 23:01

> さて、制限速度に違反するのが必要悪だとすれば、


現在の規制を緩和するに足りる理由はありますでしょうか?

現在の規制を緩和するに足りる理由は無いと思います。以下、その理由を述べます。

私はルートセールスの営業マンとして、過去に50万キロ以上の距離を運転してきましたが、各都道府県の公安委員会が設置している道路ごとの制限速度標識は、実に絶妙な速度を設定していると思っております。

一般に、晴れた日の昼間であれば、制限速度が必要以上に低く設定されているように感じると思います。私自身もそのように感じます。道幅の広い道路であれば、制限速度より30キロくらい速くてもさして危険とは感じませんし,道幅の狭い生活道路でも、注意していれば制限速度より10キロくらい速くても事故は回避できる自信はあります。

しかし、車の運転は晴れた日の昼間だけとは限りません。日が暮れれば暗くなって見通しが利かなくなりますし、まして強い雨でも降って路面に水の膜などが形成されると、大変危険な状況になることもあります。雨脚の強い夜などは危険を感じるので、標識の速度すらとても出せないことがしばしばあります。

理想を言えば、昼と夜とで、また、天気の日と雨の日とで速度制限の数字が自動的に変わるような標識が設置されれば、実情に即した速度規制が可能になるでしょう。 しかし全国津々浦々まで膨大な数の道路標識を全て自動表示変更式にすると、莫大な予算が必要になるのでとても出来ませんね。

そこで、安全な晴れた日の昼間と、危険な雨の夜の両方を想定して、平均的な規制速度を割り出している訳です。これに道路の幅員や周辺の住環境、カーブの見通しなどの要素を加味して考えると、冒頭に言いましたように、公安委員会は実に良く考えて設定している事がわかります。

以上の事からお分かり頂けるように、路面が乾燥している晴れた日の昼間には、制限速度というのはかなりの余裕が見込まれているのです。これを「必要悪」と呼ぶのが適切かどうか,微妙なところだとは思いますが、少なくとも 現在の規制をただちに緩和することは出来ないという事はご理解頂けるのではないかと思います。

ちなみに、No.2の回答者さんの例についてですが、原付バイクと自動車ではブレーキの性能がまったく違いますから、同列に論じるのは無理があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もほぼ同じ考えです。
スキル、明暗、天候により安全な速度はそれぞれ違いますので制限速度は悪条件に合わせて決定されていますよね。

お礼日時:2005/09/15 22:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q踏切+青信号の場合 一時停止しなくてはダメ?

家の近くに踏み切りがあるのですが
その踏切には信号もあります。

踏切は渡る前に一時停止をしなければいけませんが、
信号は青なら泊らずに進んで良いですよね?

踏切+青信号の場合は、どうすればいいのでしょうか?
踏切の規則が優先されるのか、青信号だから踏切の存在を無視して、
泊らずまっすぐ進んで良いのか、
教えてください。

Aベストアンサー

運転免許を持っているなら当然知っているはずですが。

道路交通法
(踏切の通過)
第三十三条  車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止し、かつ、安全であることを確認した後でなければ進行してはならない。ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前で停止しないで進行することができる。

Q路肩と路側帯の違い

タイトルの通りです。
今度試験があるのですが、この違いが分かりません。教えて下さい。

また、センターラインの実線には白と黄色がありますが、この違いも分かりません。

Aベストアンサー

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止です。高速道路の場合はペイントがあっても路肩と呼んでいますが、路側帯でも差し支えないようです。
 ここでおせっかいにも付け足したいことがありまして、歩道と車道に明確な境界がある場合(例えばガードレールや縁石があるとか)は、路側帯に見える部分は「側道帯」といい、ペイントの事を「外側線」といいます。車両の通行は禁止されていません(自信なし…)。駐車の方法にやや違いが出ます。
・0.75m以上の幅のある路側帯の場合は、「道路端」から0.75m以上空けて駐車します(つまり路側帯に入っても良い。ただし、一時停止してから)。
・0.75m未満の路側帯、駐停車禁止路側帯、歩行者用路側帯の場合は、路側帯のペイントに沿って駐車します(つまり路側帯に入ってはダメ)。大体守られていませんけどね…
・側道帯である場合は「車道の端」に寄せます(側道帯には入ってもよい)。
・特にペイントがない場合は、「道路端」に寄せます。

 センターラインについては#1、2さんに同じですが、白と黄色の二本線の場合は、白線の側だけ追いハミ可だったと思います。ちなみに車両通行帯が黄線で分けられているときは車線変更禁止の意です。
 試験頑張ってくださいね。

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止...続きを読む

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q荷物を積むときに、荷台からはみ出しても良い幅

って、何センチでしたでしょうか?
私の記憶では、確か左右がそれぞれプラス15センチまでで、後ろがプラス30センチまでだったような気がするのですが…。
左右は左右「合計」でプラス15センチまでだった気もしますし、後ろはプラス15センチまでだったような気も…。
詳しい方、ゼヒ教えてください!

Aベストアンサー

左右はそれぞれ15cm以下。左右の合計で30cmでは無いので注意!後ろは30cmまでOKです。
当然、キャリアを大型にすれば大きな荷物が積めます。新聞屋のバイクはノーマルキャリアの2倍以上の大きさがあるので、新聞を2列にして積む事が出来ます。

多分、しっかり固定されていれば自分で取り付けたキャリアでもハンドル幅くらいまでの大きさなら取り締まられない「様な気がします」。祖父の布団屋では、かなり大型のキャリア(綿を積むためで、布団は積めない)を搭載していましたし…。

Q今の車は、急な下り坂でもエンジンブレーキは不要?

「自動車で、急な下り坂をフットブレーキだけで減速すると、ブレーキがきかなくなることがあるので、急な下り坂はエンジンブレーキも併用するように」と、昔、教習所で教わりました。

しかし、車に詳しい友人にその話をしたら、「今の車は優秀で、ヴェイパーロック(?)が起こることはまずないから、フットブレーキだけで十分。エンジンブレーキは不要。メンテをしっかりやることの方が大事。下り坂でブレーキがなくなるのはよっぽど昔の車。」と教わりました。

確かに、ネットで検索しても、下り坂で突如ブレーキが効かなくなった事故の例があまり見つかりません。

エンジンブレーキは特にやらなくても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

エンジンブレーキは必ずかけてください!
ブレーキ踏みっぱなしで坂道を下ると、フェード現象がおきます。
(一応、パッドメーカもフェード対策をしていますが…所詮新品時の対策です)
小生も一度経験しました。
そんなにたいした事ない下り坂で観光バスの後に付いた時、小生の車はATだったので、2に落としてエンブレをかけながら下ったのですが(30km/hぐらいで)、わき道に入るところでブレーキを踏んだら「効かない!!」見事にオーバーランです。
これが、急カーブの入口だと思ったら…とぞっとしました。
いろんな諸情報を耳にすると思いますが、命には変えられませんから、基本に忠実に従うべきだと思います。

Q緊急自動車が接近してきたときの対応

今自分は自動車学校に通っていて、明日修了試験なので筆記の勉強中なのですが、一つどうしても分からない例があります。

ある問題集に載っている問題に、
『交差点や交差点付近以外の道路を通行中、後方から緊急自動車が接近してきたときは道路の左側に寄り一時停止して進路をゆずらなければならない』
という問題で、答えは×で解説には「一時停止までする必要はない」と書いてありました。

ですが、教習所で受けた効果測定の問題で、
『交差点やその付近で緊急自動車が近づいてきたときは交差点を避けて道路の左側に寄り、徐行して道路をゆずらなければならない』
という問題があり、答えは×で解説には「徐行は誤りです、一時停止をして進路を譲ります」と載っていました。

後者では一時停止をしなければならないといっているのに、前者ではそこまでする必要はないといっています。
どちらかの答えが間違っているのでしょうか?
それとも、問題に引っ掛けがあってそれに気づいていないだけなのでしょうか…?
両方とも状況は同じだと解釈したのですけれど…

また、解説サイトには「緊急自動車が近づいてきたとき、一時停止・徐行等をして左側に避ける」というように書いてありました。
つまり上記の二つの問題の意図は、行動を限定せず状況に応じて一時停止・徐行を使い分けるというのが狙いなのでしょうか?
ですがそれだと、後者の解説の「徐行は誤り」というのは矛盾が生じますよね…?

自分で考えても解決出来そうにありません…
解説を宜しくお願いします。

今自分は自動車学校に通っていて、明日修了試験なので筆記の勉強中なのですが、一つどうしても分からない例があります。

ある問題集に載っている問題に、
『交差点や交差点付近以外の道路を通行中、後方から緊急自動車が接近してきたときは道路の左側に寄り一時停止して進路をゆずらなければならない』
という問題で、答えは×で解説には「一時停止までする必要はない」と書いてありました。

ですが、教習所で受けた効果測定の問題で、
『交差点やその付近で緊急自動車が近づいてきたときは交差点を避けて...続きを読む

Aベストアンサー

道路交通法第40条
第1項
「車両は交差点またはその付近で緊急車両が接近してきた時は、交差点を避け、道路の左側に寄って一時停止無ければならない。」
第2項
「交差点・その付近以外の場所で、緊急車両が接近してきた時は、車両は道路の左側に寄って、進路を譲らなければならない」

となっています。交差点とその付近では一時停止が必要になっていますが、それ以外では一時停止をしなくても進路を譲れば良いという事になります。
問題文をよく読むと、上は「交差点とその付近『以外』」となっているので一時停止の必要は無く、下は「交差点やその付近」ですので、一時停止が必要になる…と、それだけの話です。
現実では8割以上は交差点付近でも一時停止してやり過ごしていますから(その方が安全で結果的に速やかに緊急車両をやり過ごせますから)、緊急車両が近づいてきたら「一時停止しないといけない」と思い込みがちですけどね。

ちなみに、一方通行では左によると交通の妨げになる場合は右に寄って譲らなければならないとなっています。

Q赤信号で停車時の車間距離

赤信号の時など、車間距離をどの位空けますか?

いつものように停車したら、同乗してた友人から「前車に近づきすぎ」って言われました。当然ながら降りて測ったことはないですが、自分では50cm位が適切と思いながら、70cm位は空けてると思います。
友人は「前の車は煽られてる気がして気分悪い」といいます。
交差点の停止線では、ぎりぎりまで詰めようと努力してますが、それも「なんか一番に飛び出そうとしてるみたいな」と言われて、ちょっと落ち込みました。

たしかに停止線や前車との距離を2m以上空けてる車が多く、私はむしろ「空けすぎ」と気になってました。停車時は無駄に車間距離を空けない様にと習った気がするのですが、詰めるのっていけないんでしょうか?危険なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

meikosanさんと同じ事を言われた事があります。停止線に対して詰めようとするのは、その為にあるのですから普通だと思います。
車間距離はそれぞれ、感じ方に個人差があるでしょう。ご友人のように、前の車に気を使う人もいれば、自分のように、後ろの車が離れていると、青信号と同時に急加速でもするんじゃないか?と不安になったり・・・。「無駄なスペース空けんなよ!後ろ渋滞してんだぞ!」と怒る人もいるでしょう。

確かに教習所では、車間はあまり空けないようにと習いました。でも、仕事で運転していた時に、同乗の先輩に『詰めていて、万一、前の車が何らかの原因で動かなくなったら、切り返して追い越す事が出来なくなるから、その分の余裕は取った方が良い』と言われましたね。
動かなくなるだけだったら平気ですけど、爆発・炎上となったら、避けれないと延焼しちゃいますから、危険と言えば危険ですかね。ただ、そんなに気にするほどではないと
思います。

Q自動車学校の問題

今、自動車学校に通っています。(まだ1段階の初心者で、MTです)そこで、練習問題を出されたのですが、いくつか教本にも載っていなくてよくわからない問題があるので教えてください。

1、ATのLはおもに高速走行に使う
2、車両通行帯のある、トンネル内で、大型貨物自動車を追い越した。
3、ディスクブレーキのブレーキ盤は、さびるので常に盤面に油を注入し、さびないようにするのがよい。(ブレーキ盤ってなんですか?)
4、バスの停留所から30メートル以内は、追越をしてはだめ
5、左右の見通しがきかない交差点で、優先道路を通行しているときは徐行しなくてもよい。
6、Atを運転して、高速道路の本線車道に入るときはレバーをLにして加速するのがよい
7、交通整理の行われてない交差点に進入する場合の優先権は路面電車が最優先である。
8、夜間、対向車と行き違うときは、双方のライトで道路の中央付近の歩行者が見えにくくなることがある。
9、車の速度や積載量の重量は、車が発する騒音や振動の大小とまったく関係ない
10、ATはMTに比べて、自動的に変速してくれるので、エンジンブレーキの効果が大きい。
11、ブレーキ液は、減るのが早いので、たえず補充しなければならない。
12、車の速度と燃料消費量には、密接な関係があり、速度が低すぎても、高すぎても燃料消費は多くなる。
13、車の速度と燃料消費量には、密接な関係があり、速度が速ければ早いほど燃料消費は減る。

・・・多すぎてごめんなさい。自分でも考えたんですけどわかりませんでした。○×で答えてください、お願いします

今、自動車学校に通っています。(まだ1段階の初心者で、MTです)そこで、練習問題を出されたのですが、いくつか教本にも載っていなくてよくわからない問題があるので教えてください。

1、ATのLはおもに高速走行に使う
2、車両通行帯のある、トンネル内で、大型貨物自動車を追い越した。
3、ディスクブレーキのブレーキ盤は、さびるので常に盤面に油を注入し、さびないようにするのがよい。(ブレーキ盤ってなんですか?)
4、バスの停留所から30メートル以内は、追越をしてはだめ
5、左右の見通し...続きを読む

Aベストアンサー

>1、ATのLはおもに高速走行に使う
これはあきらかに×です。MTとのことですが
1速、2速、3速・・・と動かしますよね。
ATはこれを自動でします。Lはずっと1速のままになります。
主に急な下り坂で使います。

>2、車両通行帯のある、トンネル内で、大型貨物自動車を追い越した。
追い越し禁止する場所は主に以下の8つです。
標識により禁止
道路のまがりかど付近
上り坂の頂上付近
急な下り坂
トンネル(車両通行帯がある場合を除く)
交差点付近と手前から30メートル以内(優先道路を除く)
踏切と手前から30メートル以内
横断歩道と手前30メートル以内
つまり○ですね。

>3、ディスクブレーキのブレーキ盤は、さびるので常に盤面に油を注入し、さびないようにするのがよい。
油を注入すると、ブレーキがきかなくなると思うので×かな。

>4、バスの停留所から30メートル以内は、追越をしてはだめ
×かな。2、のとおりです。ちなみに10メートル以内は駐停車禁止です。

>5、左右の見通しがきかない交差点で、優先道路を通行しているときは徐行しなくてもよい。
徐行すべき場所は主に以下の5つです。
徐行の標識があるところ
左右の見通しがきかない交差点(優先道路と交通整理を除く)
道路のまがりかど付近
上り坂の頂上付近
急な下り坂
つまり○ですね。

>6、ATを運転して、高速道路の本線車道に入るときはレバーをLにして加速するのがよい
×。Dのままでよいです。
アクセルを踏み込めばキックダウンするのでLにする必要はありません。

>7、交通整理の行われてない交差点に進入する場合の優先権は路面電車が最優先である。
×。路面電車が優先ですけど、最優先は緊急自動車のような気がします。

>8、夜間、対向車と行き違うときは、双方のライトで道路の中央付近の歩行者が見えにくくなることがある。
○。蒸発現象という有名な現象です。横断歩道があるところでは特に気をつけましょう。

>9、車の速度や積載量の重量は、車が発する騒音や振動の大小とまったく関係ない
「まったく」ということを証明するのは不可能なので×です。
というより重い車はうるさいし、速度が速いとうるさいので、あきらかに関係あります。

>10、ATはMTに比べて、自動的に変速してくれるので、エンジンブレーキの効果が大きい。
×。逆です。MTのほうがエンジンブレーキの効果が大きいです。

>11、ブレーキ液は、減るのが早いので、たえず補充しなければならない。
×。減るのが早かったら故障です。

>12、車の速度と燃料消費量には、密接な関係があり、速度が低すぎても、高すぎても燃料消費は多くなる。
○。

>13、車の速度と燃料消費量には、密接な関係があり、速度が速ければ早いほど燃料消費は減る。
×。12が正しい。


全部あっているかは自信ないですが、だいたいあっているでしょう。
基本的な問題ばかりなのでこのままじゃ合格しないですよ。
がんばりましょう。
他の回答者の方ももう少し勉強してほしいですね・・・。

>1、ATのLはおもに高速走行に使う
これはあきらかに×です。MTとのことですが
1速、2速、3速・・・と動かしますよね。
ATはこれを自動でします。Lはずっと1速のままになります。
主に急な下り坂で使います。

>2、車両通行帯のある、トンネル内で、大型貨物自動車を追い越した。
追い越し禁止する場所は主に以下の8つです。
標識により禁止
道路のまがりかど付近
上り坂の頂上付近
急な下り坂
トンネル(車両通行帯がある場合を除く)
交差点付近と手前から30メートル以内(優先道路を除く...続きを読む

Q二輪・初心者マークの必要性(長文です)

 二輪には初心者マークをつけなくてよい(付けても罰せられたりはしないですよね?

)理由は、
・初心者マークを貼付するスペースがないから
・風で飛んでいく可能性が高いから
だと思ってます。
 
 しかし例えばナンバープレートに工夫をするとか、ミラーステーに黄色と緑の印を付けるとか、何か方法はあると思います。
 
 今回の質問は

 路上教習のない二輪は、初心者の道路上の保護が四輪よりも大切だと思うのですが。なぜ上記記載のようなその他の方法が採用されないのでしょうか。

 行政が関心ないのでしょうか。特に運転の自信がない人は付けたいと思っている人がいるのではないかと思います。
 
 駐車場とか、ある程度閉鎖されたスペースで、運転の技術自体は学ぶことができると思いますが、流れに合わせて走ったりなど、実際、路上に出て得ることのほうがより多いと思います。

 「付けたい人は付けろ」確かに。しかし、サインを決めておかないと、それを見る側が理解できなければ意味がないので、慣例でなく法律、条令が必要だと思うのです。

 それに二輪は四輪と違い、初心運転者期間は二人乗りできないということもあり、取り締まる側もこれを法制化したほうがメリットがあると思います。

 みなさまの貴重な意見をお聞かせ頂ければありがたいです。

 必要・不要とその理由をお聞かせください。
 よろしくお願いします。

 

 二輪には初心者マークをつけなくてよい(付けても罰せられたりはしないですよね?

)理由は、
・初心者マークを貼付するスペースがないから
・風で飛んでいく可能性が高いから
だと思ってます。
 
 しかし例えばナンバープレートに工夫をするとか、ミラーステーに黄色と緑の印を付けるとか、何か方法はあると思います。
 
 今回の質問は

 路上教習のない二輪は、初心者の道路上の保護が四輪よりも大切だと思うのですが。なぜ上記記載のようなその他の方法が採用されないのでしょうか。

 行...続きを読む

Aベストアンサー

初心者マークですが、やはり4輪は車幅があり運転が
なれてない為に戸惑ってぎこちない操作をしても
初心者マークがあれば、「な~んだ初心者か」となりますね。

でも、2輪は右折以外は戸惑うことがあっても路側に避ければ、
交通の邪魔をせずに済みますよね。

2輪は4輪と違った無茶な運転をする方が、時としておられます
1年以上の運転暦であっても。
(16で取った人は1年経っても17ですから、それに原付のおばちゃんも無茶するよね自転車感覚)

例えば、トラックが左折する可能性の高い交差点でも平気で
突っ込んで行く2輪の方もいます。

2輪は特に危険予知(危険回避)を頭に描いて運転しなくては
いけません怪我で済まない時もありますからね。

2輪はこけたら怪我をします。
2輪4輪双方いや4輪が巻き添えを食わぬ為め、
右左折で前後などの死角に2輪がいないか、
確認するのが大切なのです。
よって4輪からは2輪が初心者で有る無しに関わらず
危険な存在だからでしょうね。

ちなみに、原付以外の2輪(自動2輪)は教習で最低限乗れる様に
乗れなければ、免許がもらえませんね。
車幅感覚も4輪と違って、それに前輪の位置が正しく
判断出来るはずですね。

初心者マークですが、やはり4輪は車幅があり運転が
なれてない為に戸惑ってぎこちない操作をしても
初心者マークがあれば、「な~んだ初心者か」となりますね。

でも、2輪は右折以外は戸惑うことがあっても路側に避ければ、
交通の邪魔をせずに済みますよね。

2輪は4輪と違った無茶な運転をする方が、時としておられます
1年以上の運転暦であっても。
(16で取った人は1年経っても17ですから、それに原付のおばちゃんも無茶するよね自転車感覚)

例えば、トラックが左折する可能性の高い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報