小学生のころ、体育館で各点に豆電球を配置した長いエナメル線に電池をつなげ、
電気が一斉に点灯する実験をしたことがあります。
これに関して、本当に同時に点灯しているか?という疑問です。

地球一周規模の同様のものを考えた場合どのようになりますでしょうか?
電池は電圧、電流ともに十分あるものとして、
前提条件を併せて(電線に抵抗が無い、電子の分布が一様、等)
回答いただけるとありがたく思います。

A 回答 (11件中1~10件)

 直列電球の話は昔から議論されています。

私もいろんなヒトと時々議論しますが、いろんな説が飛び出して楽しいですね。

 電球同士が遠くに離れていると「離れた所での同時とは、どういうことか?」という相対論の問題が出てきてしまってややこしいので、「電球はみな一カ所に集めてあり、その間を長いケーブルでつないである」と考えるのが良いです。また本物の電球は暖まると抵抗が大きくなるという性質を持っていますが、ここでは抵抗は一定であるとします。ケーブルは抵抗がないものとします。ケーブルは輪に巻くとコイルになってしまうし、近づけるとコンデンサーになってしまうなど、いろいろやっかいな性質を持っていますが、これらの性質は無視できるものと仮定しましょう。電池は十分な容量があって電流によって電圧低下を生じないものと理想化するのが良いでしょう。初めに回路を構成し、電池をつないで、スイッチを切った状態で十分に待ちます。これは、回路の中の電子密度分布が落ち着くまで待つためです。そして、いよいよスイッチを入れます。

今のところ尤もらしいと思われる結論だけ申しますと:
 スイッチから遠い電球は、スイッチが入った事がすぐには分かりません。従ってスイッチに近い電球から順に反応がはじまります。つまり全部が一斉に反応することはありません。(一斉に点灯するためには、電球が相互に時計合わせをする必要がありますが、電球には時計はついていませんから、これは無理です。)
 スイッチを入れることによって、スイッチから、両方のケーブルへ電位の変化が光速に近い速さで伝わっていきます。電池がどこにあるかは関係ありません。ケーブルの中の電子の移動速度はごく遅い(普通の導体では0.1mm/secとか)けれども、「電子が動いているかどうか」という状態が伝わっていく速さは速いのです。
 スイッチに一番近い電球(どちら側でも)がまず点灯します。しかし点灯したままではなく、やがて消えてしまいます。というのは電球の両側の電位差を、電球が電流を流すことによって食いつぶしてしまうからです。そして再び点くのですが、さっきほどは明るくない。また暗くなります。これを反復してだんだん一定の明るさに近づいて行く。なぜなら、どの電球も、ほかに何個の電球がついているかは分からない。だからどんな明るさになればいいのか、すぐには決まらないのです。
 また、電球が点灯することによって電位の変化が起こり、これもまた電球から両側へ伝わっていきます。(一度消えた電球が再び点くのは、隣の電球からこの変化が届いた時です。)このような振動がそれぞれの電球で起こり、とうとう全体が明滅する状態になります。この振動が収まって、それぞれの電球は一定の同じ明るさに落ち着く、と考えられます。

 最初の電球が点いた時点でスイッチを切ったらどうなるのか、スイッチを切ったり入れたり繰り返すと点滅の振動を維持できるのか、など、疑問は尽きません。
    • good
    • 0

皆さんの回答の反復になるかもしれませんが


私なりの言葉で説明させていただきます

電気のエネルギーは電子が電源から電線を移動して電球で点灯させているわけではないことは既にご存知でしょう。
電子が隣りの電子を押し、押された電子がまた隣りの電子を押すといった感じで電流が流れます。
このとき、隣りの電子を押した電子は速度を失うので、電子の速度は約1mm/sと大変遅いです。(交流の場合は20×10の-6乗m)
押された電子の流れは振動電場としてエネルギーを運びます。
この振動電場は光の速度で移動すると考えてよいので、電気は光の速度で伝わる。
よって、電球を並べたら、光の速度で次々に点灯する。(電球という抵抗があるので若干速度は落ちます)
ということになります。
いかがでしょうか
    • good
    • 0

 まず、電圧と電位の区別ができていない方がみえるようですのでそれから。


 電圧=電位差です。正確な定義はおいておいて、物理的な高さで例えると、電位は「標高」、電圧は「標高差」または「高低差」と言うところです。
 スイッチを入れる前は、電圧については電池の端子間とスイッチの端子間のみに存在し、電池の正負の電極からスイッチまでは電圧0もしくはそれぞれ等電位です。
 次に本題の点灯の順序ですが、まずこれまでの御指摘通り厳密に同時と言うことはあり得ないでしょう。情報が伝わるのにも有限の速さがあるというのが今の科学の前提ですから。
 ただ、地球規模で見ても、例えばスペースシャトルから肉眼で見ても分かる程の差はでないでしょう。
 運河が水門で仕切られていて、水門のあっちとこっちで水位が違う。水門を一気に開けたら水はどんな順序で動き出すかと考えてみました。
 私もスイッチに近いところから点灯するというのが当たりだと思います。ただ、スイッチからプラス側に灯いていく速さと、マイナス側に灯いていく速さが同じかどうかについては議論が必要だと思います。
 またその速さについては自信がないのですが、アマチュア無線のアンテナを設計する時には、電線中の光速(波長)は真空中の0.9倍から0.95倍で考えると言うのが参考になると思いますが…。
 なお、電球を沢山つなげるのなら電線に抵抗があるかどうかは問題ではなくなりますし、同じ電球、電線を使うのなら全体としてはスイッチを入れる前の電子の分布は一様だと考えられるでしょう。
    • good
    • 0

自信なしとされてますが、TCMさんの説明がわかりやすいですね。


但し、スイッチオンの前は経路上いたるところ電圧は零ではありません。
電池のプラス側からスイッチまではプラスの電位で、電池のマイナス側からスイッチまではマイナスの電位で分布容量が充電されています。
    • good
    • 0

 別に詳しいわけではないですが、押し付けられちゃいます(^o^)i 地球一周規模にすると大地との間で伝送線路を構成しそうでややこしそうですが、題意よりこの電線を無損失の分布定数線路とし、そこにぶら下がっている豆電球も抵抗がないものとしましょう。


 まず、スイッチオンの前は線路上いたるところ電圧は零で、豆電球は消灯しています。そしてスイッチをオンにした瞬間に、電池(電圧源)の位置から地球の裏側に向かって電圧波が進行します。その位相が進行する速度vは、
 v=1/√(LC)
です。ただし、Lは線路の単位長さあたりのインダクタンス、Cは線路の単位長さあたりのキャパシタンスです。ですから、線路上の電圧が電源電圧と等しくなる部分が速度vでブラジルへと向かい、点灯電圧に達した電球が次々に点灯していくことでしょう。そして、最後に点灯するのは地球の裏側の電球ということになると思います。
 電圧波の位相速度はLとCによって変化しますが、地球の周長に比べ十分速いのでNakaさんのおっしゃる通り、「ほぼ一瞬」で日本からブラジルまでつくことでしょうね。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=3093

この回答への補足

回答ありがとうございます。TCM様の回答で、一点、確認させてください
電圧波は電源の両端からの発生でしょうか?
片端からの発生でしょうか?

補足日時:2000/12/06 11:40
    • good
    • 0

nanashisan のヒントからすると、


最後につないだところから、電位差が電線に沿って、光速度のオーダーで伝播して、
順番に点灯していくということでしょうか。

光速度は30万キロm、、ですよね。


「0の0乗」質問者でした。
    • good
    • 0

素人ですが私の説は、プラスとマイナスの方向は問わず、スイッチ


に近いところから順に点灯するというものです。

電池のプラス側に接続された導線の端からは電子が吸い取られてい
て、マイナス側に接続された導線の端には電子が押しつけられてい
る状態です。つまりこの端どうしに電位が発生しています。ここで
スイッチを入れると、押しつけられていた電子は電池のプラス側の
導線に勢いよく流れ込むのでプラス側に順に電流が発生していきま
す。同時に、マイナス側からの供給もあるので、そちらから電子を
引っぱることにもなり、マイナス側にも順に電流が発生するわけで
す。

さて、この速度がものすごく速くて一瞬なのかというとそうではな
く、一定の速度が必要です。少なくとも相対性原理によって情報は
光の速度を超えませんから、スイッチを入れたという情報を伝える
電流が光の速度より速いはずはありません。それよりもかなり遅く
なります。電子の一個一個が隣りの電子を押しつける、あるいは反
対の電子を引っぱるというのが電流ですから、それほど速く押しつ
けや引っぱりが伝達しないからです。

ちなみに、光は1秒で30万mほど進みますが、導線中の電流(電圧?)
変化は1mにつき5ns(ナノ秒)以上(つまり1秒で20万m以下)かか
ると読んだことがあります。

はたして信憑性は?^^
    • good
    • 0

専門家ではありません。


なので確信を求めてらっしゃるのに意見でしかないのですが。
・一斉に点灯する→なぜなら電子は一斉に動くから
→マイナス側から出た電子の分だけプラス側から入ってきて、
全ての導線上で電子が動くのだと思っています。

電気がつくということは回路が閉じているということですよね。
電池のプラス側にスイッチがあると考えてみてください。
それでも順番につくと考えますか?
回路が閉じているとわかると同時に全ての導線で電子が動き
同時に電気がつくと考えるのが自然でしょう。
    • good
    • 0

電池の位置は関係ありません。


スイッチ(最後に閉路を閉じるところ)の位置が重要です。

ヒントは、スイッチを閉じる前にはその両端に電圧があります。
    • good
    • 0

nakaさんのおっしゃる見解ももっともだと思うんですが、こういう考え方もしてみました。

本当は、どっちかをしりたいので投稿させていただきます。電子が動くことによって電球が点灯します。それは電池から出た電子によってではなく、電子が銅線の電子を押し出すような動きをしているとしたらどうでしょうか?電池から電子一個分動いたとして銅線内の電子は全て一個ずつ動きます。そうすると電灯の一個手前の電子が全て一斉に電灯に入る気がします。そうした場合全ての電灯が同時に点灯するのではないでしょうか?この問題とは別になりますが、仮に同時に点灯したとして、地球規模もしくはもっと大きな規模になると光の到達速度に差が出てくるかもしれないので差の検出が難しいのではないでしょうか?完全な素人なんですがこういった疑問に興味があるので真相を私も知りたいです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
結局、疑問は電気なり電子なりの伝達の仕方か、と考えているのですが、
専門ならざる身であるため、確信できません。
今までの回答例をNaka様の補足に挙げましたのでご覧ください。

補足日時:2000/12/05 17:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低電圧電気取扱者に対する労働安全衛生特別教育講習会

タイトルの定電圧電気取扱者ですが、実際にどのレベルのものでしょう?
規定では600V以下とか、敷設されたものとかですが、
例えば、車の12Vバッテリー交換もこの講習を受けていないと仕事としてはできないんでしょうか?

仕事でとある製品に内蔵されている12V、24Vのバッテリーの接続や取り外し、交換を行っていますが、違法行為でしょうか?

Aベストアンサー

50V以下は規制対象外です(そうじゃないと乾電池交換もできなくなる)

Q一様磁場に一様な電場が加わった時の荷電粒子の運動について

一様磁場に一様電場が加わった時の荷電粒子の運動について調べていて、
色々検索した結果、次のようなピッタリのホームページが見つかったのですが、チョット分からないことがあります。

http://www.geo.titech.ac.jp/lab/nagai/sdoi/jissyu/jissyu3/index3-2.htm

xとyの解にV0が含まれていているのですが、例えば、y方向の初速度は0で、
x方向の初速度がuの場合、どのように代入すればいいのでしょうか?

また、私の持っているテキストでは
「x方向の初速度がuがu=E/Bの場合、電子の軌跡は単純なものとなる。」
とあるのですが、その図がなんと省略されているのです。どのような図になるのでしょうか?

また、
「このような図(省略されているにもかかわらず)になる理由を定性的に考えよ。」
という問題もあるのですが、どうなるのでしょうか?

長々とした文になってしまい、すいません。
分かる方がいらっしゃれば、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 言葉で要点をお話します。

 荷電粒子は、磁場の中で静止しているとすると、磁場からの力は受けません。磁場は、電流に対してだけ、フレミングの左手3指の法則(またはローレンツ力)により、磁場の中にいる限り、親指方向に力を受け続けます。
 この問題は、電線内の電流でなく、単独荷電粒子が、初速度uで飛ぶ、または動く、または流れる電流の問題になります。
 このとき、速度の大きさが電流の大きさになる事を意識してください。電流は1秒間に通過する荷電粒子の数ですから、スピードが大きいことは、流量が多い事=電流が大きい事だからです。磁場から受ける力を計算する時に必要です。

 参考ーー「磁場」は物理学用語、電気工学では「磁界」  を使います。共にmagnetic field の訳です。

 1.磁場に平行な電流には、磁場は電流に力を及ぼさない。ローレンツ力=フレミングの左手法則は当てはめられないからです。このことも意識しておきましょう。
 
 したがって、答えはおのずと出てきます。

 2. 荷電粒子が磁界の中にいて、磁場の方向=または磁力線の林、を直角に流れる限り、同じ力を受け続けるので、円を描く事になります。但しスピードが変わらない=電流の大きさが変わらない場合。もし、途中で粒子のスピードが落ちると、電流が小さくなる事だから、受ける力は弱くなリ、円にはならず、ゆがんだ軌跡になります。


  
 2. もし、荷電粒子が斜めに横切った場合は、直角に横切る成分で、円を描きますが、この場合は磁場に平行に動いている成分がありますから、2つ合成すると、螺旋=英語でスパイラル、を描きます。

 以上は、定性的理論です。
 定量的とは、数値計算して量をはっきりさせることを言います。

 結論 一様な電場と言う事は、一定の電圧=一定の電位傾度=一定の電界強度を加える事を遠まわしに表現じたもの。したがって、一定の速度で流れる事を表していて、この場合、初速度uがその価です。

 
 もし、一様な磁場の方向=磁界の方向が、一様な電場=電界と平行になっていて、交差していないとすると、荷電粒子の電流は磁場を横切りませんから。直進したままになります。
 もし、磁界と直角に交差しているなら、円運動。
 もし、斜め交差なら、螺旋運動。
となります。
そうは思いませんか。   以上。
 

 言葉で要点をお話します。

 荷電粒子は、磁場の中で静止しているとすると、磁場からの力は受けません。磁場は、電流に対してだけ、フレミングの左手3指の法則(またはローレンツ力)により、磁場の中にいる限り、親指方向に力を受け続けます。
 この問題は、電線内の電流でなく、単独荷電粒子が、初速度uで飛ぶ、または動く、または流れる電流の問題になります。
 このとき、速度の大きさが電流の大きさになる事を意識してください。電流は1秒間に通過する荷電粒子の数ですから、スピードが大きいこと...続きを読む

Q低圧電気取扱特別教育について質問です。

低圧電気取扱特別教育について質問です。
電気工事士(2種)の資格だけでは、電気工事はできないのでしょうか?
小職なりにしらべると、電気工事士(2種)は安全品質上の資格(経済産業省)であって、低圧電気取扱特別教育は工事士本人の安全(安全衛生基準法)についてである。
どちらもないと電気工事はできない?という認識になるのですが、電気工事士(2種)を取得したときは、低圧電気取扱特別教育について何も触れていなかった?と思うのですが、低圧電気取扱特別教育とはどういう位置付けになりますか?

Aベストアンサー

電気工事士のほうは、通常電気の来ていない状態の低圧電路の工事になります。
低圧電気取扱特別教育は、充電電路の場合で、特に充電部分が露出している開閉器の操作をするときに必要となります。
したがって、通常の電気工事では、低圧電気取扱特別教育は必要ないように思えますが、仮設電源などがあるため、この操作をするときは、工事士の免許だけではダメで、低圧電気取り扱いが必要になります。

Q燃料電池の次と、超伝導電線などありますか?

燃料電池より良い電池は開発されそうですか?
燃料電池もまだ半分ぐらい?しかできていませんよね。

超伝導がリニアモーターカーで使われそうですが、
液体ヘリウムが高価みたいです。
何か他の原料出ないでしょうか?

また、超伝導を使った電線とかが将来できるかもという話を数年前に聞いた気がするんですが、
それは可能ですか?
それとも、何か別の技術で電気の消失を防ぐものとかありますか?(未知なものでも)

Aベストアンサー

燃料電池自身は試作品は既に作られましたが まだ実用段階とは言えません
もう少し というところでしょうか? 実用段階になっても当分高価でしょう

より優れた電池は 更に難しいようです 検索して見ましたが今のところ候補は見当たりませんでした

超伝導
超伝導電線にするには常温でも超伝導が起こらなければ実用にはなりませんが当分無理です
常温超伝導電線が出来れば電柱等は不要となり 街の風景が一変しますけれど
今は窒素温度で出来るところまでです これはヘリウム程のものではありませんが冷却機が必要で使い道が限られます

先日のNHKTVでやってましたが鉄を主成分とした材料が発見されたそうですが 数十度K程度です(東工大)
画期的なのは ありふれた鉄が主成分である事で その道では大ニュースだそうです
大分前に常温に近い試作品は出来ているのですが大電流が取れませんでしたが今は何処まで改良されたか解りません。

Q安全衛生教育の実施目的

こんにちは


1.安全衛生教育を実施する目的は何でしょうか?(安全衛生教育を受けないと出来ないことはなんでしょうか?)
2.この教育の実施は、法律等で決められているのでしょうか?
3.安全衛生責任者教育との違いはなんでしょうか?
4.また職長教育との違いは何でしょうか?

参考 
労働安全衛生法第60条では、「事業者は、その職場の職長等の第一線監督者に新たに就任する者に対して、安全衛生業務を遂行するために必要な教育を行わなければならない。」と定めています。製造業をはじめとする多くの事業場では、職長は仕事を能率的に進めることに加えて、部下の健康と安全を確保する上で重要な立場にあります。
一方、建設業においては、請負契約関係にある事業者が同一の場所において混在作業を行うことによって生じる労働災害を防止するために、その現場全体を統括管理する安全衛生管理体制を必要とします。そして、選任された安全衛生責任者は、現場の第一線監督者として元方事業者との連絡調整の他、職長としての職務だけでなく、安全衛生責任者としての職務を的確に果たすことが求められています。
  このような状況を踏まえ、厚生労働省より『職長・安全衛生責任者教育』が示されおり、この教育を修了した者は、労働安全衛生法第60条に基づく「職長教育」に加え、「安全衛生責任者教育」を修了した者とすることが認められています。

こんにちは


1.安全衛生教育を実施する目的は何でしょうか?(安全衛生教育を受けないと出来ないことはなんでしょうか?)
2.この教育の実施は、法律等で決められているのでしょうか?
3.安全衛生責任者教育との違いはなんでしょうか?
4.また職長教育との違いは何でしょうか?

参考 
労働安全衛生法第60条では、「事業者は、その職場の職長等の第一線監督者に新たに就任する者に対して、安全衛生業務を遂行するために必要な教育を行わなければならない。」と定めています。製造業をはじめと...続きを読む

Aベストアンサー


安全衛生管理体制を敷くため

安全衛生法で決められています

安全衛生責任者教育とは安全衛生責任者として必要な事を研修する事であって 全体に職場の安全衛生環境を向上させる為に責任者としてどのような確認をしてどのように必要なときは処置を行うのか?

職長教育というのは社内でやる事ですから業務としての教育だと思うので法定のものではないと思います。(さまざまな法定事項の確認もあるでしょうが)

Q発光ダイオードを電池で点灯させる場合

発光ダイオードを5~10個直列接続させ、点灯させる場合は電源電圧は何ボルト必要でしょうか。電池を使って点灯させようと考えています。また、抵抗はどの程度のものを付けたらよいのでしょうか。
仮に5個のLEDを直列接続させる場合においてどのような回路構成にすればよいかなど回答いただけたら幸いです。インターネットで検索もしてみたのですが、私には少しレベルの高い検索結果が出て困っています。

Aベストアンサー

>発光ダイオードを5~10個直列接続させ、点灯させる場合は電源電圧は何・・・
5個直列で赤の場合・・・9V以上、青、白、緑、なら・・・17V以上
赤の場合電源10.5V(1.5V電池7個)電流20mAとして
R=(10.5-9)/0.02=75Ω(1/4WでOK)
赤5個直列なら電池7個直列で直列抵抗75ΩでOKです。

参考URL:http://akizukidenshi.com/catalog/led/?VF=3.4

Q【法律・電気用品安全法】 電気用品安全法の規制を受ける450品目の一覧を見たいです。 どこで見れます

【法律・電気用品安全法】


電気用品安全法の規制を受ける450品目の一覧を見たいです。

どこで見れますか?

Aベストアンサー

経済産業省 電気用品安全法

特定電気用品(116品目)一覧
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/specified_electrical.html

特定電気用品以外の電気用品(341品目)一覧
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/non_specified_electrical.html

Q単4電池(一次電池)の電池容量

ステッピングモータやLCD等を含むものを単4電池(一次電池)1本で駆動させる事を考えた時に、最も電池寿命が長くなる単4電池(一次電池)はどれなのか検討しています。回路内で昇圧は行います。

下記サイトでは、単4電池(アルカリ)の電池容量が900mAhとなっていますが、これが一般的な単4電池の容量と解釈して良いのでしょうか?http://www.interq.or.jp/www-user/ecw/batt.htm

色々検索してみて、オキシライドやEVOLTAの方が「長持ちする」とありました。「長持ち」ということは、こちらの方が電池容量が多く有ると言う事なんでしょうか?もし、あるとしたら、どの位なんでしょうか?
これは、内部抵抗の違いだけ??

容量が大きければ、その分寿命も伸ばせると思いますので、電池について詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

>これが一般的な単4電池の容量と解釈して良いのでしょうか??http://www.interq.or.jp/www-user/ecw/batt.htm?

Pana公式サイトから資料を拾ってきました。
「オキシライド乾電池」をクリックして、ZR03XJ(単4)のPDF画面を開いてください。
http://industrial.panasonic.com/www-ctlg/ctlgj/qAAC4000_JP.html

右上に「定電流連続放電」のデータがありますね?
(この画像は拡大できるので、どんどん拡大して見やすい画面にして観察してください)

この画像から電流値と時間の関係を読み取ります。
なお、終止電圧は一応0.9Vとします。
 放電電流 持続時間  容量
  (mA)   (h)    (Ah)
   10   120    1.2
   100   9.5    0.95
   300   1.8    0.54
  1000   0.37    0.37
300mAでは、0.54Ahとなり、0.9Ahなんてとてもとても・・・という感じです。

「放電電流が大きくなるほど、どんどん容量(Ah)が小さくなる」のが”乾電池の特徴”なのです。

話の途中ですが・・・
アルカリ電池をクリックして、LR03GWを開き、上記と同様に放電データを読み取ってみてください。
 放電電流 持続時間  容量
  (mA)   (h)    (Ah)
   10   120    1.2
   100   8.5    0.85
   300   1.8    0.54
  1000   0.33    0.33

両者比較すると1割程度の差しかないことがわかります。
EVOLTAのデータが見つからないので、はっきりしたことは言えないのですが、同じアルカリ系の乾電池である以上、大した違いはなく、アルカリの2割アップくらいに考えておけばよいのではないかと思います。
(オキシライドも発売されたときは、ものすごい宣伝文句でした。(^_^;))


この質問は、投稿された日からずっと見ています。
質問の意図がはっきりしないので、「パス・・・」と思ったのですが、こまめに書き込みを入れておられること、何回も見ているうちに、回答の仕方も煮詰まってきたことから、書き込みを入れることにしました。

この問題は、
 (1)何V、何Aの出力が欲しいのか?
 (2)どのような性能の昇圧器(DCコン)が用意できるのか?
この二つが決まらないことには、電池の選択はできません。

書き込みで「200mA」と書いておられますが、「ステッピングモーターを回す」というのだから、まさか入力側で200mAではないでしょう?
(もし入力で200mAならわたしの思い違いを謝ります。(-_-;) ただし、そのことをはっきり書いて欲しかったです)

仮に、6Vで0.2Aを取りたいと仮定します。
 6Vx0.2A=1.2W
電池は1.6~0.9Vの範囲で使用し、DCコンの効率は70%あるものとすると、
  1.2W/0.7=1.71W
故に1.6Vのとき 1.07A
  0.9Vのとき 1.9A
となり、上記放電データからみて、到底単4乾電池には耐えられない容量であることがおわかりいただけるのではないでしょうか?
(提示資料を使って単3乾電池の場合をチェックしてみてください。これでも苦しいことがおわかりいただけるかと思います)

こういう大電流放電では充電池(ニッケル水素・ニッカド)の使用がおすすめです。
充電池は電流が増えても容量はあまり下がりません。
例えば公称容量[2.5Ah]というのは、5時間かけて放電したときの容量(5時間率という)なのですが、これを2.5Aで放電しても、0.9hくらいもつ(すなわち2.25Ah)という性質を持っている点が乾電池と大きく異なります。
(図8参照)
http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/ACG4000/ACG4000PJ2.pdf#search='ニッケル水素充電式電池 data'

公称電圧は乾電池より低いですが、放電データをご覧になればおわかりのように、乾電池でも重負荷では、1.1V以下で使用する期間が長く、むしろ充電池の方が高い電圧期間で過ごすことになります。

DCコンが何Vまで動作するか、というのも大きな問題です。
1.0Vあたりまでしか使えないようなら、電池は余力を残したまま捨てることになります。
しかし、わたしの知るかぎりでは、Aオーダーの消費で0.9Vで起動するDCコンはないと思います。

また一つ忘れていましたが、モーターを回すのであれば
 (3)起動時の「突入電流」
も考慮しなくてはなりません。
DCコンがこれに対応できる余裕がなければ起動しません。

話があちこち飛び、最後に大変悲観的な結論になって申し訳ないですが、とにかく上記条件がわからないことには電池の選択は決まりません。

上記条件を詰めて再度質問されるよう希望します。

参考URL:http://industrial.panasonic.com/www-ctlg/ctlgj/qAAC4000_JP.html

>これが一般的な単4電池の容量と解釈して良いのでしょうか??http://www.interq.or.jp/www-user/ecw/batt.htm?

Pana公式サイトから資料を拾ってきました。
「オキシライド乾電池」をクリックして、ZR03XJ(単4)のPDF画面を開いてください。
http://industrial.panasonic.com/www-ctlg/ctlgj/qAAC4000_JP.html

右上に「定電流連続放電」のデータがありますね?
(この画像は拡大できるので、どんどん拡大して見やすい画面にして観察してください)

この画像から電流値と時間の関係を読み取ります。
...続きを読む

Q安全衛生責任者教育講師資格について

安全衛生責任者教育講師の資格を持っていますが、安全衛生責任者の資格とは同等なのでしょうか?再度、安全衛生責任者教育を受けなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

講師資格をお持ちでしたら、自分で教育したと記録を残せばよろしいのでは?

冗談はさておき、安全衛生責任者になる要件はけっこうあいまいな部分がありますので、講師資格でなっても文句を言うところはないと思います。

RSTをお持ちなのでしょうか?

職長、リスクアセスメントのからみはどうなのでしょうか?

Q「磁場」と「磁気」の違いを教えていただけますか?

「磁場」と「磁気」の違いを教えていただけますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ある場所に磁荷(NやS)の強さが1のものをぽんと置いたとき、その磁荷に力がかかるとすれば、その力の大きさが「磁場」です。
もう少し言えば、その力の大きさだけでなく方向も含めてベクトルで表したものが「磁場」です。

磁気は「磁」がつくものの総称です。「電」がつくものの総称が「電気」であるのと同様です。
しかし、上述の「磁荷」の意味で「磁気」が用いられることもあります。

http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%A3%81%E5%A0%B4/

http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%A3%81%E6%B0%97/

なお、説明の都合上、「磁荷(NやS)が1のもの」という表現を使いましたが、NかSは必ずペアになっているので、単独のN、単独のSは存在しません。
イメージとしては、片方の端がNで、もう片方の端がNでもSでもないという棒磁石は作れないという感じです。
電荷の場合は、プラスだけ単独、マイナスだけ単独というものがあるので、そこが磁荷とは違います。
(最新の宇宙論だと、また話が違ってきますが)

こんにちは。

ある場所に磁荷(NやS)の強さが1のものをぽんと置いたとき、その磁荷に力がかかるとすれば、その力の大きさが「磁場」です。
もう少し言えば、その力の大きさだけでなく方向も含めてベクトルで表したものが「磁場」です。

磁気は「磁」がつくものの総称です。「電」がつくものの総称が「電気」であるのと同様です。
しかし、上述の「磁荷」の意味で「磁気」が用いられることもあります。

http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%A3%81%E5%A0%B4/

http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%A3%81%E6%B0%...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報