時間の計算の仕方で、簡単にできる方法が知りたいのです。

例えば、7時間18分と、8時間37分、8時間11分を足して
時間の合計を出すとき。

現在やっているのは、

7(時間)+8(時間)+8(時間)=23(時間)

というように、まず時間の合計を出してから、
分の合計を

18(分)+37(分)+11(分)=66(分)で、
66(分)÷60(分)=1(時間)と6分、と出す。

最後に23(時間)+1(時間)+6(分)=24(時間)6(分)
このように、時間の合計を出しています。

もっと効率よく計算できる方法はありませんか?
インターネットで調べたのですが、足し算の方法は
残念ながらみつかりませんでした。

できれば、ソフト(パソコン)を使わずに
計算機で効率よく計算できればなぁ、と思っています。

ややこしい書き方ですみません。
わかる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>できれば、ソフト(パソコン)を使わずに


>計算機で効率よく計算できればなぁ、と思っています。

関数電卓が使える場合は、角度の計算機能がそのまま使えます。
機種によって違うとは思いますが、[°’”] というようなキーがあれば、
[7] [°’”] [1] [8] [°’”] [+] [8] [°’”] [3] [7]・・・
四則計算だけの電卓だと、
70018+80037+80011=230066
とかやったら、少し楽に「23時間66分」までは進めますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
四則演算だけの電卓を使っているので、今度から
この方法で計算してみようと思います。
電卓も、関数電卓とか、いろいろなものがあるのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 12:45

計算機って、電卓ですか。

。。

私はソロバン使って、単純に足し算します。分を単位とした60進法で。←何て言ったらいいのかわからないので、こう言ってます

時間給で働く人の月締めするとき、1か月分(実際には休みがあるから24日くらい)の、毎日の労働時間をひたすら足し算していきます。

4時間15分+5時間30分+3時間25分……を24回、ひたすら…。

ははっ、くだらなかった?ごめんなさい _(._.)_
でも、慣れると電卓より早いですよー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
計算機とは、電卓のことです・・・。
私も月締めの時に、数人の人の24日分の時間をひたすら
足し算しないといけないので、たいへんです。

そろばんは小学校以来使っていないので、使い方を忘れてしまいました。
でも、とても楽そうで、うらやましいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 13:00

はい!やってみました。

普通の電卓で出来ます。暗算も併用すると結構簡単です。コツは「分単位で計算」です。電卓の操作は≪≫で囲ってある部分です。

「7:18」は、7*60=420を暗算して≪420≫
分の部分をそのまま足して≪+18≫

「8:37」は、8*60=480を暗算して≪+480≫
分の部分をそのまま足して≪+37≫

「8:11」は、8*60=480を暗算して≪+480≫
分の部分をそのまま足して≪+11≫

ここで≪=≫
すると表示は合計分で『1446』

分を時に変換するために≪/60=≫
表示は『24.1』。
これで「何時間」の部分が「24時間」に確定。

小数点以下の部分を再入力する。≪.1≫
時を分に変換≪*60=≫
すると、表示は『6』
これで「何分」の部分が「6分」に確定。

「時」が大きくて暗算が面倒なら、メモリー機能を使うという手もあります。
試しに、15時間37分+28時間59分+44時間21分では…

クリア・メモリクリア≪C・MC≫
15時間≪15*60=M+≫『900』
37分≪37M+≫『37』
28時間≪28*60=M+≫『1680』
59分≪59M+≫『59』
44時間≪44*60=M+≫『2640』
21分≪21M+≫『21』
メモリー呼び出し(合計)≪RM≫『5337』
分→時間変換≪/60=≫『88.95』
ここで整数部分が「何時間」に相当、つまり「88時間」
小数点以下を再入力≪.95≫
時→分変換≪*60=≫『57』
ここで答えが「何分」に相当、つまり「57分」

(メモリクリアは「MC」が「CM」と書いてある場合もあります。)

上記はキータッチが多いので、やはり「時」を先に合計して分に変換後、分を足してからやった方が良いかも知れません。下に入力を書くと…

≪15+28+44 *60 +37+59+21 /60=≫『88.95』で「88時間」
≪.95*60=≫『57』で「57分」

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
なるほど、こういう計算もあるのですね。
はじめ「暗算」って書いてあったのを見て、計算が苦手なので
「ギクッ」としたんですが、大丈夫そうです(笑)

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 12:51

>7時間18分と、8時間37分、8時間11分


{(7+8+8)×60+(18+37+11)}÷60
=24.1時間
=24時間6分

※それぞれ時間をX、Y、Z。分をxyzとして
{(X+Y+Z)×60+(x+y+z)}÷60

面倒臭いですよね~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
うぅ~ん、もともと計算は苦手なので、ちょっと難しいです・・・。

でも、考えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 12:42

まず最初に、「時間」を全て足します。


 7(時間)+8(時間)+8(時間)=23(時間)
次に「分」を1/10にして計算します。
 1.8+3.7+1.1=6.6
ここで出た答えを、小数点以上のみ6進法に換算、
 6=1(時間)とします。
つまり、
 6.0=1(時間)
 7.0=1(時間)10(分)
 8.0=1(時間)20(分)
となります。したがって「6.6」は、
 6.6=1(時間)6(分)
になります。ちなみに「10.6」の場合は、
 10.6=1(時間)46(分)
となります。
最後に、全てを計算し、
 23(時間)+1(時間)6(分)
  =24(時間)6(分)
となります。

と、こんなところですが・・・どうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
6進法が私にはちょっとむずかしいみたいです・・・。
6進法がわかれば、計算も楽になりそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 12:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代数的整数とは何ですか?

本などで代数的整数というものを見かけるのですが、
これはどういうものなのでしょうか?
検索したり本などを見てみましたが、どういうものか分かりませんでした。
どなたか定義と例を教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

因数分解の話は、どこから湧いてきたのでしょうか?

有理係数であれば、最高次の係数が1か否かは
全く問題になりません。
方程式の両辺を、最高次の係数で割ってしまえば、
どの式でも「最高次の係数が1」になるからです。
monic であるか否かは、多項式の係数環が体でない
ときのみ意味を持つ概念です。


> 係数が1より小さくなることがあるのでしょうか?

1より小さい整数というのは、零または負のことですか?

Q8月10日に亡くなり、7月分8月分の病院代がまだ請求されません。病院に

8月10日に亡くなり、7月分8月分の病院代がまだ請求されません。病院に問い合わせるべきですか?
癌でオキシコンチンをうち続ける1ヶ月でした。いくらくらいだと思っていればいいですか?

Aベストアンサー

問い合わせするべきでしょうね。

月末締めだとしてら
7月分は8月半ば
8月分は9月半ばには請求があってもおかしくないと思います。

請求額が0円であっても請求書は出すはずですから。

請求金額については申し訳ありませんが
治療内容、検査、食事等々あり
ここではわかりかねると思いますので
病院に確認してください。

Q整数除算の意味とは?

とあるコンピューターシステムのアルゴリズムにおいて整数除算という
項目が出てきました。

(L+M)/2=M という式です。”/は整数除算を表す”

(LとMはカウンターで1LOOP毎にあがっていくものです。)

仮にL=1、M=10の場合は”11割る2”で応え5余り1と考えていいのでしょうか?
仮にL=2、L=3の場合の考え方も教えてください。

Aベストアンサー

例えば、123000を10で割る時、真面目に計算しませんよね。誰でも
「右端の0を取る」つまり、桁を右にシフトしますね。
コンピュータの内部形式は2進法です。だから、「2で割る」とは
桁を右に1桁シフトすることと同じです。
今はCPUが速いので、問題になりませんが、ずっと以前は割り算は
シフトの200倍近い時間を必要とする遅い命令でした。
つまり、「2で割る」を実際の割り算を使ってやるヤツは「間抜け」
ということを意味したのです。また、機械語の除算命令は剰余も
同時に求まります。これを別々に求めるコーディングを見ると
逆上したものです。例:int a = m / 2; int b = m % 2;
閑話休題
「2で割る」は右へ1回シフトするので、余りは切り捨てられる右端の
1桁の値です。つまり、0x01との論理積で求められるのです。
掲題の件は2進法における割り算の考え方を示唆しているのでは
ないでしょうか。
尚、更に昔は乗算、除算という命令もありませんでした。

Q37歳が本厄なのですが、今は35歳で8月で36歳になります。

37歳が本厄なのですが、今は35歳で8月で36歳になります。
36歳になる年、つまり今年が前厄となるのでしょうか?

よく節分までにと聞きますが、今からでも遅くないのでしょうか?
また、厄払いというのは宗教など関係なく出来るものなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

思い立ったが吉日です。期限などありません。
別に厄になる前年後半や誕生日前後でも十分です

他宗教を排除している宗教では困りますね。
でなければ、宗派を問わず受け付けてくれます。

ただ、信じていない人がやっても無意味です。

厄除けの祈願は特定の宗教の行事ではなく、民間「信仰」の行事ですから宗派を問わないのです。
信仰は神や仏、その他森羅万象の中心的存在を信じ敬う事であり、その方法や教えを説くのが宗教です。

つまり、宗教に属さずとも、神仏を信じ、敬い、人や自然の中にも神仏を感じて感謝する心があれば、それが信仰です。

信仰がない人がその力を得て難を乗り越えようという厄除けをやっても、元を信じないのだから意味がないでしょう。

宗教とは、どのような考えで、どのようにして信仰を表すかという「手法」なので、厄除けに宗派は問わないのです。

Q①整数とは ②(整数)+(整数)=(整数) ~数学・算数が苦手な生徒に説明する場合~

①整数とは何か。

②(整数)+(整数)=(整数)、(整数)-(整数)=(整数)

→①と②を「数学・算数が苦手な生徒に」わかりやすく説明するにはどうしたらいいのでしょうか?

☆宜しくお願い致します☆

Aベストアンサー

整数とは、0に1ずつ足したり引いたりしてできる数の集まり。0を含む。
整数+整数が整数になるのは、
例えば、0に3をたすということは、
0+1+1+1になるから、必ず整数になる。
整数-整数も0に3を引くとなると
0-1-1-1になるから必ず整数になる。

Q今年、結婚式を挙げました。 ですが、残念ながら主人の祖母の不幸もありま

今年、結婚式を挙げました。 ですが、残念ながら主人の祖母の不幸もありました。 この場合、新年の年賀状はどうすればいいですか?
そして、7月には第一子も産まれます。

Aベストアンサー

祖父母の場合、喪に服する期間は3か月~6か月としている事が多いと思います。

新年がその期間に該当しなければ年賀状を出しても良いとは思います。その辺は個人の問題なのでこれ以上の回答は出来ません。

Qアクセスのデータ形式で「長整数型」とはどんなものですか

ACCESS 2003 です。
アクセスのデータ形式で「長整数型」というのがありますが、他の[整数型]
とはどこがどのように違うのでしょうか、また、どのような場合に使うのでしょうか。

以上宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こちらがまとまっていますね。
http://www.geocities.co.jp/Foodpia/2035/study/access/kihon/exp02_02.htm

フィールドの値を越えない範囲で最小のサイズを選択するようにします。

Q0.5時間などの時間計算の方法

30分を0.5時間と言うときがあります。1時間を1と考えてその半分なので0.5というのは理解できます。では0.12時間とか0.74時間は何分になるんでしょうか?計算方法がわかりません。どのように計算すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

30分が0.5時間と分かっているのであれば、それを式に直してみましょう

 30分÷60分=0.5時間

これは分かりますよね
では、0.12時間は?という前にこの式を少し変えてみます

 30÷60 = 0.5
 30÷60×60 = 0.5×60 (=の両側に60分を掛けます)
 30×1 = 0.5×60 (左の÷60が×60と打ち消しあって1になります)
 30 = 0.5×60

では、0.12時間は何分になりますか?
上の式に当てはめると、

 □=0.12×60

あっさり答えられますよね
同様に 0.74時間も計算できますよ


まだ分からないというのであれば、分数にすると分かりやすいかもしれません
  30
 ── = 0.5
  60
(自分はこの表現の方が好きですね)
あとはいろいろと考えてみてください

Q「整数aと整数bが互いに素」とは?

「整数aと整数bが互いに素」とは、いったいどういうことを意味するのでしょうか?

Aベストアンサー

【結論】
最大公約数が1であるとき、二つの整数は互いに素であるという。
【補足】
最大公約数(GCD:Greatest Common Divisor)とは、0ではない二つの整数に共通する約数のうち最大値をとるものを指します。
数学上では、二つの整数 a, b に対して、その最大公約数を『gcd(a, b)』と表記することが多い。
但し、一方が0である場合、gcd(a, 0)=a として、最大公約数を決めるものとします。
【性質】
ユークリッドの互除法などにより、互いに素な二つの整数 x, y に対して、ax+by=1 を満たす整数 a, b が存在することは保証される。
------
まあ、要は「整数aと整数bが互いに素」とは『整数aと整数bの最大公約数が1である』ということを意味しています。
それ以上でもそれ以下でもありません。

こんな回答で良かったのでしょうか?元予備校講師的には、通常これ以上は説明不要である、と考えているのですが、一方、環やイデアルと言った論点の参考にするには、あまりにも足りません。
その辺は何卒ご了承下さい。m(_ _)m

参考URLは百科事典ウィキペディア(Wikipedia)の整数のページです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B4%E6%95%B0

【結論】
最大公約数が1であるとき、二つの整数は互いに素であるという。
【補足】
最大公約数(GCD:Greatest Common Divisor)とは、0ではない二つの整数に共通する約数のうち最大値をとるものを指します。
数学上では、二つの整数 a, b に対して、その最大公約数を『gcd(a, b)』と表記することが多い。
但し、一方が0である場合、gcd(a, 0)=a として、最大公約数を決めるものとします。
【性質】
ユークリッドの互除法などにより、互いに素な二つの整数 x, y に対して、ax+by=1 を満たす整数 a, b が存...続きを読む

Q写真+切手=葉書?

写真を撮って、その裏に切手を貼れば、絵葉書として、送ってしまうことはできますか?

Aベストアンサー

結論から言うと、出来ますよ。
写真以外にも、手作り和紙を葉書がわりにしたり、
牛乳パックを開いたものや
葉っぱなどなど
いろんなものを使う方がいるようですよ。


ただし、普通にポストに投函すると
汚損・破損の可能性は否めません。
その点を理解された上で、ご利用くださいませ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報