はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

一般的な安い電卓で二乗の計算は出来るのでしょうか

例えば  5の12乗 の計算は!!

出来るのであれば、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.3ですが、No.4と動きが違うものがあります。

ご参考まで。

SHARP
「5」「×」「×」「=」 →25(2乗)
「5」「×」「=」    →25(2乗)
「5」「+」「+」「=」 →5
「5」「+」「=」「=」 →5

Canon
「5」「×」「×」「=」 →25(2乗)
「5」「×」「=」    →25(2乗)
「5」「+」「+」「=」 →10
「5」「+」「=」「=」 →10
    • good
    • 29

電卓のメーカーによって操作方法が2種に分かれます。


(世の中の全ての電卓に通用するかはわかりませんが・・・)

CASIO系は
「5」「×」「×」「=」 ->25(2乗)
「=」 ->125(3乗)
「=」 ->625(4乗)
「=」 ->3125(5乗)
「=」 ->15625(6乗)
「=」 ->78125(7乗)
「=」 ->390625(8乗)
「=」 ->1953125(9乗)
「=」 ->9765625(10乗)
「=」 ->48828125(11乗)
「=」 ->244140625(12乗)

SHARP系は
「5」「×」「=」 ->25(2乗)
「=」 ->125(3乗)
「=」 ->625(4乗)
  ・・・後の操作は同じ



2乗、4乗、8乗、16乗・・・・ならこんなやり方もあります。

CASIO系
「5」「×」「×」「=」(2乗)
「×」「=」 ->625(4乗)
「×」「=」 ->390625(8乗)
「×」「=」 ->152587890625390625(16乗)

SHARP系
「5」「×」「=」 ->25(2乗)
「×」「=」 ->625(4乗)
  ・・・後の操作は同じ



お持ちの電卓がどちらのメーカーの操作系統かは以下の方法でチェックできます。

「5」「+」「+」「=」 と押してKの表示と10が表示されればCASIO系
「5」「+」「=」「=」 と押して10が表示されればSHARP系


たかが電卓、されど電卓。
電卓は結構奥深いですよ。
    • good
    • 18

シャープとキヤノンのふつうの電卓、


Windowsのアクセサリの「電卓」では、
以下の方法で出来ました。

■二乗(自乗):
 例えば5の自乗 → 5×=

■累乗(べき):
 例えば5の12乗 → 5×===========
 (ただし8桁電卓では途中でオーバーフローします)
    • good
    • 11

関数電卓では可能です。


普通の電卓が手元にありませんので、××機能があるかどうか判りません。
関数電卓ではOKでした。
5××入力した後で、「=」を11回押すと5の12乗が計算できると思います。
    • good
    • 4

確実な方法は、5×5×5×5・・・・と繰り返すことです。


その他の方法としては、
5××入力した後で、「=」を11回押すと5の12乗が計算できると思います。
電卓の桁数によって限界はあるようですが…
試してみて下さい。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電卓の使い方 乗数はどうしたらよい?

長い数字を何乗もするとき、簡単にできる電卓のボタンはあるのでしょうか?電卓にもよるとおもいますが、一般的にどうしたらいいの?

Aベストアンサー

例えば15の2乗は、
15××=

15の3乗は、
15××==

となります。=を繰り返し(連続して)押すことがポイントです。

電卓のメーカーによっては、
2乗は、
15×=

3乗は、
15×==

と、×を二つ連続して押す必要はありません。

お持ちの電卓で試してください。

Q1.5乗を電卓で計算できるの?

たとえば電卓を用いて「10の1.5乗」ってできるんでしょうか?

Aベストアンサー

関数電卓なら簡単です。10^1.5= と打てば答えが出ます。「^」の代わりに,「xのy乗」の記号がキーに書かれていることもありますが,使い方は同じです。累乗キーといいます。

関数電卓によっては,「10のx乗」キーがあることもあります(その場合はたいてい,「inv」(インバース)キーを押してから「log」キーを押すことになる)。これを使えばもっと簡単です。ただし,「17の1.5乗」などはできませんが,「10のx乗」キーがあれば普通は累乗キーもあるので,そちらを使えばいいわけです。

累乗キーがない時は,3乗してルート,とすればよいわけです。理由は既に出ている通りです。ただ,No.2の回答はイコールが1回多いですね。10××= = √です(×キーは1回でいい機種もある)。

√キーもないばあいは,かなり難しくなります。多項式展開すれば不可能ではないですが,それよりも√のある電卓を探したほうが早いでしょう。銀行のキャッシュコーナーに最近はよく電卓が貼り付けてありますが,これまで√のない機種に出会ったことはありません。

また,もっと複雑な場合(たとえば10の1.8乗)も,関数電卓を使ったほうがいいでしょう。

関数電卓なら簡単です。10^1.5= と打てば答えが出ます。「^」の代わりに,「xのy乗」の記号がキーに書かれていることもありますが,使い方は同じです。累乗キーといいます。

関数電卓によっては,「10のx乗」キーがあることもあります(その場合はたいてい,「inv」(インバース)キーを押してから「log」キーを押すことになる)。これを使えばもっと簡単です。ただし,「17の1.5乗」などはできませんが,「10のx乗」キーがあれば普通は累乗キーもあるので,そちらを使えばいいわけです。

累乗キーがない時...続きを読む

Q√の電卓での計算について

電卓でのルートの計算方法がわかりません。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2530529.html

こちらの質問で√の左上の小さな数字が4の場合は√マークを二回押せばいいという事が何となく理解出来たのですが、
例えばこれが他の数字の場合はどうやって計算すればいいのでしょうか。
この小さな数字のボタンを押した後√を押した数字分√ボタンを押せばいいのでしょうか?
(例えば4なら√4=2で√ボタンを2回、9なら√9=3で√ボタンを3回、という具合に)

Aベストアンサー

4乗根ならば 2回
8乗根ならば 3回ですが
5乗根などは通常の電卓ではできません。

関数電卓では aのb乗が求める機能があるので
1/5乗を求めると5乗根になります。

aの1/5乗 x aの1/5乗 x aの1/5乗 x aの1/5乗 x aの1/5乗
=aの(1/5+1/5+1/5+1/5+1/5)乗
=aの1乗=a

Q2の12乗、32乗・・・という計算の計算方法

2の3乗は2*2*2=8と計算できるのですが、
2の32乗など大きな数字の場合、どのように計算すればよいのでしょうか?
またこの計算の名前はなんと言うのでしょうか?

Aベストアンサー

 このような計算はべき乗といいます。
 Excelなどでは、^で表します。

例 2の3乗:2^3

 問題の32乗ですが、このように計算してみてはどうでしょう。

 2^32=((((2^2)^2)^2)^2)^2

 つまり、32=2^5=2×2×2×2×2 ですから、上のような式が成立します。
 べき乗の計算においては、たとえばn=m×pという場合、

 x^n=x^(m×p)
    =(x^m)^p

が成立します。このようにすれば、乗数が大きくなっても分解していくことで、段階的に計算していくことができます。

Q-2の二乗と(-2)の二乗の違いについて

中学生を相手に数学を教えています。
その中で、-2^2+(-2)^2という問題がありそれについての説明に困りました。

-2の二乗は-4で(-2)の二乗は+4・・・という事がわからないようで

-2の二乗は、"-1" × "2の二乗" という事だから-4
(-2)の二乗は "(-1×2)の二乗" という事だから4と
とりあえず説明しましたが、まだ納得いかないようです。

なんとか上手い説明を教えて/考えて貰えませんか?

Aベストアンサー

二乗はけちで目の前の物しか二乗してくれません。

-2^2だと目の前は、2なので2が二個かけられている
-2*2=-4

(-2)^2だと目の前は、)←これ
()は二つで一つなので()が二個かけられている
よって(-2)*(-2)=4

中三で因数分解を学ぶまでは
数字の変形が上手く出来ない場合が多いので
あえて、本質からそれた方法を使ってみました。

-2=-1*2であることを理解し
使いこなせているならば、ここで戸惑わないと私は判断しました。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q電卓で、○の(小数点)乗を計算したい

電卓で、
例えば 60の0.425乗
といった感じの計算を電卓ですることは出来ますか?
因みに√のボタン位しかついていない普通の電卓です。
検索した感じだとどうもPCのアクセサリ機能の電卓か、もしくは
関数計算機能(?)のついた電卓でしか出来ないような感じだったのですが
やはり、普通の電卓では不可能でしょうか?

宜しければ詳しい方ご回答お願いします。

Aベストアンサー

よく似た質問が以前ありました。参考URLをご覧ください。

テーラー展開でもいいし、今回は√のボタンがあるから、もっと簡単にできそうです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2910140.html

Q生保講座の合格点。

生保講座の合格点。

こんにちは。生保講座の合格点は何点でしょうか?
ほかにもいろいろ試験があるので効率の良い勉強をしたいので教えてください。

あと、本試験のレベルは本の内容を隅々まで丸暗記して理解しているレベルでしょうか??
章末の練習問題をとけるレベルで大丈夫でしょうか_?

Aベストアンサー

こんにちは。
確か合格点は、会社によって異なります。60点の会社が多いですが、70点の会社もあるようです。
効率の良い勉強法は、過去問を解くこと。質問者様の会社の合格点を伺うのも含めて、会社の先輩から過去問をもらうのがいいと思います。
過去問5年分の答えを全て暗記すれば、本は全く使わなくても80点は取れると思います。3年分だと、運が悪いと60点分同じ問題が出ないかも。

簡単とは言いながらも意外と面倒な生保講座、落とすことはないように頑張って下さいね。

Q電卓でカッコ計算ができない…

例えば165000÷(1-488000÷695000)=という計算を
電卓ではどうやってするか教えてください。

Aベストアンサー

No.1のメモリーを使わない方法は

CASIO方式なら,
488000[÷]695000[=][+/-][+]1[÷][÷]165000[=]
他社の多くの方式なら,
488000[÷]695000[=][+/-][+]1[÷]165000[=][÷][=]

に訂正します。すみません。(下の方法は誤差が大きいです)

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング