色素を産生する菌はどのような菌があるのでしょうか。
菌名・色素名・色調を御教授下さい。

A 回答 (3件)

MiJunです。


「ハンドブック」類には記載がないでしょうか(内容未確認!)?
====================================
食品危害微生物ハンドブック/清水潮∥〔ほか〕編/サイエンスフォーラム…/1998.9 
食品の腐敗変敗防止対策ハンドブック/食品産業戦略研究所/サイエンスフォーラム…/1996.1 
極限環境微生物ハンドブック/今中忠行,松沢洋/サイエンスフォーラム…/1991.5 
図解微生物学ハンドブック/石川辰夫∥〔ほか〕編…/丸善/1990.9 
=====================================
http://www.jssp.co.jp/f_microbiol/biseibutu_dote …
(微生物の分類と同定)

放線菌類を調べては如何でしょうか・・・?
「抗癌性抗生物質産生菌」では多いと思いますが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 1

例えば食品業界ならば、クロロフィルやカロテン、あるいはキサンチンなんかを「(天然)色素」と呼んでいると思います。

上記の類でしたら微細藻類がそのソースになっている場合が多いようです。
工業系で使われる色素はほとんど合成モノだと思いますが。。。

大体、コロニーに色がついていれば「色素生産菌」と呼べなくもないわけでして、そういう意味で言うと世の中の数多くの菌が色素生産菌になります。ので、求めておられる色素のカテゴリーをもう少しナローダウンしていただければ的確な回答ができるかも。。。

この回答への補足

たとえば緑膿菌では「ピオシアニン」という緑色の色素や「ピオベルジン」という蛍光性黄緑色の色素を産生します。
このように他の細菌でも色素を産生する物があれば菌名・色素名・色調を教えていただきたいのですが・・・

補足日時:2001/11/12 20:49
    • good
    • 0

どのような意図からの質問でしょうか・・・?


ネット検索でもいくつかはHitするようですが・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

仕事で使うのです。
Yahooで検索しましたが良い物が見つかりませんでした。
いいHPがあれば教えてください。

補足日時:2001/11/11 17:15
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子のう菌類・カビ\\\担子菌類・きのこの語呂を考えて!

語呂でも由来でもいいので、このふたつを混同しない何かアイデアあれば教えてください。

Aベストアンサー

Ascomycetes(子のう菌)を「あそこみせて」と覚えるとは聞いたことがありますが...。ご質問の内容自体が事実と反しています。子のう菌のキノコもありますし、カビにも不完全菌類や粘菌もありますし。そもそもカビとキノコの違いは子実体のサイズだけです。
受験勉強でしょうか?大変ですね。でも、学校で教えることにもたくさん間違いが含まれているのです。

Q【腸内フローラ・整腸菌を増やすと】オナラが臭くなくなるのはなぜですか? 納豆の納豆菌を毎日食べてい

【腸内フローラ・整腸菌を増やすと】オナラが臭くなくなるのはなぜですか?

納豆の納豆菌を毎日食べている人のオナラは臭くないですか?

ヨーグルトの乳酸菌を毎日食べている人のオナラは臭くないですか?

毎日食べている人に質問です。

あとなぜ整腸菌を増やすとオナラが臭くなくなるのか科学的な仕組みを教えてください。

Aベストアンサー

>【腸内フローラ・整腸菌を増やすと】オナラが臭くなくなるのはなぜですか?

それはありません。仮に臭うのであれば腸内が浄化されていないのでしょう。
便秘が解消されていないだと思います。


>納豆の納豆菌を毎日食べている人のオナラは臭くないですか?
>ヨーグルトの乳酸菌を毎日食べている人のオナラは臭くないですか?

先程の回答と同じです。腸内環境が改善されていない人は何を食べても同じです。
納豆やヨーグルトで簡単に腸内環境が改善されるのであれば薬品会社は潰れますし、消化器科の医師も半減されますよ。

QP spp3とはどのような菌なのでしょうか?

先日大学の実験で、未知菌のAPI20Eによる菌種の同定を行いました。

その結果私が採取した菌はP spp 3という菌でした。
(Pantoea spp 3という菌です)

サイトや図書館で調べてみたのですが、sppは見つけられてもP spp 3と言うものが見つかりませんでした。


この菌についてご存じの方、この菌がどのような物なのか教えてください。

・グラム陽性or陰性菌?
・生息環境
・病原性の有無
など教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは 再び#2です。

Pantoeaについては、おそらくエンテロバクターの情報をみればいいんだと思います。
エンテロバクターの一種ならばグラム陰性桿菌で自然界や人間動物の体内に広く分布してます。

>サイトがNotFoundになってしまって見れませんでした。

こちらのリンクはどうですか?
日本ビオメリューのページなのですが、うまく飛べないようでしたら
アドレスを短くして試してください。

「ID32アピ/アピマニュアルキット同定可能菌種一覧」があります。
取扱説明書があれば、それにも同じリストが載ってるかもしれません。

参考URL:http://www.biomerieux.com/servlet/srt/bio/japan/dynPage?doc=JPN_CLN_PRD_G_PRD_13

Q青い色素と黒い色素の優劣。

青い眼の人と、黒い眼の人が子をなした場合、一般的に子供の眼は黒くなりますよね。
例外的に、どう云った場合に子供の眼は青くなるでしょうか。
突然変異などのケースも含めて、教えて戴ければ幸いです。

また、「青みががった黒い瞳」と云うのは存在するでしょうか。
子供の頃は青い瞳でも、大人になるに連れて黒く変色していくと云う話も聞きましたが、実際ありえるのでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

中学校の理科で習った『メンデルの法則』ってヤツじゃないですか?
1つの生物体がもつ遺伝子は、両親から1つずつもらって2つある、って。

この法則では2つのエンドウ豆
A:丸い(ツルツルの)遺伝子(○)を2つ持つ。(○○)
B:シワの遺伝子(△)を2つ持つ。(△△)

このAとBのマメをかけ合わせてできるマメ(子ども)は
○△、○△、○△、○△
優性(表に出やすい)である○の遺伝子のせいで
すべてが丸いマメとなります。

では、この○と△の遺伝子を1つずつもったマメ
C:○△
D:●▲
(わかりやすく色を変えています。○と●、△と▲の性質は同じ)
をかけ合わせると
○●、○▲、△●、△▲
の四種類ができます。

で、△or▲よりも○or●の方が優性なため
○●、○▲、△●:丸いマメ
△▲:シワのあるマメ
となり、この割合は 丸:シワ=3:1
となります。


つまり
人の眼の色を決める遺伝子にも優性、劣性(表に出にくい)があり
yamiyuさんがいうところでいうと
青眼と黒眼の遺伝子をひとつずつもってうまれた場合に
黒眼となるのではないかと思われます。

でも、黒眼と黒眼のあいだにできた子どもでも
それぞれが青眼の遺伝子を持っていた場合には
青眼の子どもがうまれる可能性もあるわけです。

同様に、表面に現れていないだけで緑の眼の遺伝子を持っていたら
子どもの眼が緑だったりすることもあるわけです。

眼の色がだんだんと変色していくことに関してはわかりません。
#そういう私も、気がついたら黒→茶色になってましたが。。。


わかりにくい説明でスミマセン。
なんとなくわかっていただけたでしょうか。

中学校の理科で習った『メンデルの法則』ってヤツじゃないですか?
1つの生物体がもつ遺伝子は、両親から1つずつもらって2つある、って。

この法則では2つのエンドウ豆
A:丸い(ツルツルの)遺伝子(○)を2つ持つ。(○○)
B:シワの遺伝子(△)を2つ持つ。(△△)

このAとBのマメをかけ合わせてできるマメ(子ども)は
○△、○△、○△、○△
優性(表に出やすい)である○の遺伝子のせいで
すべてが丸いマメとなります。

では、この○と△の遺伝子を1つずつもったマメ
C:○△
D:●▲
(わかり...続きを読む

Q菌・カビ・ウィルス

菌・カビ・ウィルスは、違いに定義はあるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

同じ微生物でも全く違うんですね。
定義といえるかどうかは別にして・・・、

細菌の大きさは1~5μm(ミクロン:1000分の1mm)程度で、形状は球状・桿(かん)状・らせん状などのものがあります。
細菌は一つの細胞からなり、細胞分裂をして増えていきます。条件が揃えば、大腸菌は約20分で倍に増えます。
水で薄めた食器洗い洗剤を放置しておくと濁ったりするのは、細菌が増殖したためです。
また、水道水中のわずかな有機物を栄養にして増殖する細菌もいます

カビは細菌とは異なり、多細胞でできています。空中に舞っている胞子は水分を吸って発芽し、汚れを栄養源にして菌糸(長さ10~30μm、幅2~10μm)を伸ばして繁殖します。菌糸を伸ばし、枝分かれし、子孫を残すために胞子を形成して、増えていきます。
家の中でも、食品はもちろん押入や浴室などの湿気の多い所によく見られます。

ウイルスは必ず他の生物(細菌、カビ、植物、動物)に入り込んで宿主の力を借りて増殖を行いますので生物とは言えないかもしれません。
また、ウイルスは非常に小さく、細菌の何十分の1、何百分の1の大きさしかありません。

以上、下記サイトを引用・参考にしました。

http://www.toto.co.jp/tips/dirty/d02.htm

参考URL:http://biology.at.infoseek.co.jp/2iroiro.html

同じ微生物でも全く違うんですね。
定義といえるかどうかは別にして・・・、

細菌の大きさは1~5μm(ミクロン:1000分の1mm)程度で、形状は球状・桿(かん)状・らせん状などのものがあります。
細菌は一つの細胞からなり、細胞分裂をして増えていきます。条件が揃えば、大腸菌は約20分で倍に増えます。
水で薄めた食器洗い洗剤を放置しておくと濁ったりするのは、細菌が増殖したためです。
また、水道水中のわずかな有機物を栄養にして増殖する細菌もいます

カビは細菌とは異なり、多細胞でできています。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報