小さいころ好きだった英語の絵本を探しています。
題名も作者も出版社もわからないのですが、絵の様子から
推測したあらすじだけはなんとなく覚えています。

「のばらのむらものがたり」っぽい絵で、登場するのは
すべて動物のキャラクターです。
ねずみとハリネズミの男の子と、彼らの周りの動物たちが
自分たちで船を作り、それに乗って川下りの競技会に参加
する、というお話です。

けっこうはっきり覚えているシーンは、細長いカヌーの
ような船に乗った黒ねずみたちが、ほかの船を壊しながら
川を下っていくところです。主人公たちは途中まで結構
いい順位だったのに、黒ねずみに船を壊されて川に落ちた
動物たちを助けていて、結局賞を取り損ねていました。

いつか英語が分かるようになったらちゃんと読みたい、と
大事にしていたのに引越しのどさくさに紛れてなくして
しまい、何とかして探したいと思っています。
記憶が不鮮明で正確な情報ではないかもしれませんが、
どなたかご存知の方がいらしたらぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Fox Wood Tales(原題)-フォックスウッドものがたり-という絵本だと思います。

今でも原書が売られているかはわかりませんが、翻訳でよければ金の星社から全6巻で出版されています。
作者はCynthia&Brian Paterson(シンシア&ブライアン・パターソン)です。
蛇足ですが、日本コロムビアからアニメビデオもでていました。こちらも現在入手できるかまではわかりません。ごめんなさい。
ビデオではmisuzuさんの記憶にあるとおり川下りがメインになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLの方で確認してみたのですが、まさしく私が探していたものです!
まだ原書が出ているか自分で調べてみたいと思います。
ずいぶん前の質問なのにご回答ありがとうございます。本当に嬉しいです!(^o^)丿

お礼日時:2001/01/30 17:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の昔話に出てくる動物たちには、何故名前が付いていないんですか?

「ウサギとカメ」の、兎と亀
「サルカニ合戦」の、猿と蟹
「桃太郎」の、犬と猿と雉
「金太郎」の、熊

日本の有名な昔話に出てくる動物には、名前や愛称がついていないんですけど、何故なんでしょうか?

動物に名前がついている昔話は、あるんでしょうか?

又、海外の昔話の方が、愛称をつけているように思うんですけど、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

それは、その時代動物はペットではなかったからです。
それらの動物は日常的に存在していましたが、家族のような存在ではなく、亀は亀、ウサギはウサギとしての存在ではなかったからと思います。

しかし、「花咲かじいさん」の犬「シロ」のように家族同然の存在として位置づけられているものには名前があります。

また、桃太郎のおじいさん、おばあさんを始め、人間の名前も、時代を超えて語り継がれる話しとして普遍性を持たせるために名前が付けられていない場合が多いのです。

名前とは「個」を主張するものです。名前を付けた方がよい場合とそうでない場合が使い分けされていると思います。

Q「ものがたり」以外の読み聞かせおすすめ本

みなさん、こんにちは。

小学生の中学年、高学年の2人の息子がおります。
小さいころから寝る前の読み聞かせをしています。
ものがたり、特に昔話系を多く読み聞かせてきました。

ものがたり系の読書は本人でもするため、少し指向
を変えたものを読んであげようかと思っています。
例えば、理科、社会系で読み聞かせに向いた本は
ありますでしょうか。
図やグラフなどが無くても理解できる、読むきっかけに
なるような本があると良いと思っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

福音館書店から出ている「たくさんのふしぎ」はいかがでしょうか?
月刊誌なので毎月買うというのもありですが、図書館にもありますのでお好みのもをチェックされると良いと思います。
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%8E%E3%80%80%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E9%A4%A8&tag=googhydr-22&index=stripbooks&field-adult-product=0&hvadid=3072796535&ref=pd_sl_7nun8ceihq_b

以前とっていて、折に触れてみますが、大人でも「そうなんだ!」ということや科学の体裁ながら、物語のような形式をとっているものもあるので読み応えがあると思います。

Q多分イギリスのネックレスをしたねずみの児童書

岩波の本だと思いますが、お金持ちに飼われている銀色のメスねずみと野良のオスドブねずみの冒険ものの本の名前を思いだせずに困っています。

誘拐された子供を救い出しに行くような話など、シリーズで何冊かあったと思います。
30年くらい前に図書館で「ライオンと魔女」などの本と同時期に借りて読んだ記憶があります。
箱に入った2~3センチの厚みのある、小学高の高学年用くらいだと思います。

どなたかご存知でしたら、本とメスねずみの名前を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

岩波・メスネズミ・シリーズものというと、「ミス・ビアンカ」でしょうか?
内容についてはうろ覚えなので違ったらすみません・・
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/7/115251=.html

Qねずみの絵本のタイトル教えて下さい!

25年くらい前に幼稚園で貰った(買った)本です。
恐らく海外の絵本です。(此処の幼稚園で貰った本の9割がそうなので)
装丁やページ内もグレイや茶がメインだった為、
当時他の絵本と比べて、なんだか重い感じがした記憶があります。
が、黒目のネズミがとても可愛く、又海外の絵っぽく毛の一本一本がとても丁寧に描かれていた気がします。
二本足で立っていた気もしないでもないですが、本物に似せた感じで
「絵」ぽくなかったです。
子ねずみだたった気もしますが、大人のねずみだった気もします。
A4縦サイズくらいで、つるつるした安っぽい表紙でなく、
今考えると1700円位はしただろうな、という立派な本でした。
確か、左開きだった気がします。

装丁しか覚えていないのですが、「これかな?」というのがあれば教えて下さい!

Aベストアンサー

もしかして、Richard Scarryではありませんか?黒目のねずみがかわいい、ということで、、、http://www.powells.com/cgi-bin/biblio?inkey=62-0375827781-0
ねずみの画像は見つけられませんでしたが、
また、同じ作者の、最近のものはアニメっぽくなっていますが、
昔のものは、もっと写実的です。
LittleGoldenBooksなどのシリーズの昔のものではないでしょうか。

Q児童書、ねずみの一家がでてくるものを探しています。

こんにちは。いろいろネットを探しましたが見つからなかったので、どなたかご存知の方いらっしゃったら教えてください。

ねずみの一家がでてきて、人間の家の屋根裏か地下のどちらかに住んでおり、人間のスキをみてパン屑やチーズのかけらなどをゲットしたりする様子をエキサイティングに書いてある児童書です。あらすじとしては、そういった一家のバタバタした日常を書いてあるだけだったと思うのですが、もしかしたらもっと大きな筋があったのかもしれません。

翻訳物で、ペン画のリアル?だけどかわいらしい挿絵があり、小学校中学年~大人まで読めるような感じのある程度分厚い本でした。年代としては、1970年代から80年代前半にかけて出版されたものだと思います。(少なくとも1980年代前半 以前のものです)

ここ5年くらい悩んでいます。以前借りたはずの図書館の蔵書も探したのですが見つからず。。。どなたかお知恵を!!!涙

Aベストアンサー

こんにちは。絵本ではなく、児童書なんですよね。

私が思いつくのは、翻訳ものだと
『ねずみの家』 ルーマー・ゴッデン作
『灰色やしきのネズミたち』 ヴィリー・フェアマン作
くらいかな~。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報