宮本輝が好きでよく読んでいるのですが、他の作家さんでおすすめの本はありませんか?
宮本輝の作品は言葉が素敵だと思うのです。情景が浮かんでくるというか…特に「オレンジの壺」が好きです。
そのようなカンジで、おすすめの作品や作家など教えてください。

A 回答 (2件)

私も宮本輝は好きな作家の一人です。

最近読んだ本のなかで特に心に残った作品を紹介したいと思います。

●「恋文」・・・連城三紀彦

●「海峡」「春雷」「岬へ」(3部作)・・・伊集院静

●「星と祭」・・・井上靖

●「雨鱒の川」・・・川上健一

●「空夜」・・・帚木蓬生(ははきぎほうせい)

●「蝉しぐれ」 「海鳴り」・・・藤沢周平
    • good
    • 1
この回答へのお礼

藤沢周平の作品はこのところ映画化されてますよね!「雨鱒の川」私も読みました。方言があって独特でしたが、感動しました。
ありがとうございます、参考になりました。

お礼日時:2005/10/07 14:30

私も宮本輝は大好きでほとんど読んでます。


なかなか宮本輝のように情景がうまく想像できる本には巡り会えないです。いいですよね。
少しジャンルは違いますが“宮部みゆき”もおもしろいです。推理小説っぽいけど、それだけではないのがおすすめ!始めて読んだのは「火車」だったかな?
あと私が好きなのは、遠藤周作“王妃マリーアントワネット”です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮部みゆきの作品は私も少し読んでいます。「火車」はまだ読んだことないので早速読んでみたいと思います。遠藤周作の作品では「沈黙」を読んだことがあります。
ありがとうございました、参考になりました。

お礼日時:2005/10/07 14:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮本輝の全作品のあらすじを知りたい

友達から宮本輝の本が面白いと薦められました。
宮本輝の全作品のあらすじが分かるサイトを探しています。
ご存知の方、教えてください。
また、オススメの作品も教えてください。

Aベストアンサー

宮本輝の小説は、あらすじが凝っているというよりも、表現の機微が魅力的なのです。突拍子もない登場人物が現実を逸した体験をする、という小説ではなくて、ごく日常を綴りつつ人間としての内面・側面を圧倒的な筆力で書いています。
作品のあらすじが分かるサイトを希望されているのでしたら、Amazonで検索するとちょっとだけあらすじを知ることができます。

私のおすすめはもちろん『流転の海』、それから『彗星物語』です。

宮本輝の小説を読むと自分の軸がしっかりするような気がしますし、人と自分のありかたについて考えるようになります。

よい友人を持ちましたネ~

Q好きな作家とおすすめの作品

北村薫、石田衣良、江國香織、三浦しをん、山本文緒、あなたが好きな作家とおすすめの作品を教えてください。

Aベストアンサー

好きな作家は三浦しをん
おすすめは「風が強く吹いている」

Q宮本輝の作品好きが好むような小説

最近、読書にはまりはじめました。
今まで全くといっていいほど、小説に興味がなかったのですが、読み始めると本が大好きになってしまいました。
ほとんど宮本輝さんの作品は目を通したのですが、「約束の冬」「星宿海への道」「草原の椅子」「ここに地終わり 海始まる」が好きです。
また、吉本ばななさんの作品もほとんど読み「うたかた サンクチュアリ」「キッチン」が好きでした。

他には「ふたたびの虹」「ストロボ」などがおもしろく感じました。

どん底でどうしようもなく落ち込んだり、絶望感を感じている主人公が、何かのきっかけで再生していくみたいな小説が好きみたいです。

こんな私に何かオススメの小説をおしえてください。
お願いします。

Aベストアンサー

私も宮本輝好きです。たぶんほとんど読んでると思います。
一番好きなのは「ここに地終わり 海始まる」ですね。他のも好きですけど。

私が読んだものの中では、古いですが川端康成の作風はとても宮本輝と似ていると思います。情緒溢れているというか、穏やかな物語の中に、はっとさせられるような感動がある。そんな感じですね。

お奨めなのは、川端康成の「古都」と「山の音」です。
女性向きの小説であれば、村山由佳の「翼―cry for the moon」とかお奨めですね。

Q宮本輝

「春の夢」「葡萄と郷愁」「異国の窓から」「本をつんだ小船」・・・いずれの本も宮本輝さん本なのですが、読書もろくにしたことがない私が楽しめる内容ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

全部読みました。私の場合ですが、

・「春の夢」は相当いいです。宮本輝さんの青春ものは本当にひきこまれます。読みやすいと思います。
・「葡萄と郷愁」は…なぜかあまり思い出せません。
・エッセイはあまりすきではないので「異国の窓から」はあまり心に残っていません。
・「本をつんだんだ小舟」は好きです。エッセイなのに、ひとつひとつに物語があって、心にしみます。これも読みやすいと思います。

・加えて、「夢見通りの人々」はオムニバスで面白いです。読みやすいです。とはいっても、氏の作品はどれもこれも好きなのですが…あまり評判を聞かないこれをおすすめします。

Q宮本輝が好きなのですが

宮本輝が好きでよく読んでいるのですが、他の作家さんでおすすめの本はありませんか?
宮本輝の作品は言葉が素敵だと思うのです。情景が浮かんでくるというか…特に「オレンジの壺」が好きです。
そのようなカンジで、おすすめの作品や作家など教えてください。

Aベストアンサー

私も宮本輝は好きな作家の一人です。最近読んだ本のなかで特に心に残った作品を紹介したいと思います。

●「恋文」・・・連城三紀彦

●「海峡」「春雷」「岬へ」(3部作)・・・伊集院静

●「星と祭」・・・井上靖

●「雨鱒の川」・・・川上健一

●「空夜」・・・帚木蓬生(ははきぎほうせい)

●「蝉しぐれ」 「海鳴り」・・・藤沢周平

Qおすすめの作家&作品

来週から遅い夏休みに入ります。特別どこか出かける用事もないので、読書をしようと思っています。最近はめっきり本も読まなくなってしまったので、ぜひおすすめの作家&作品などありましたら、新たに開拓したいので教えて頂きたいです。

ちなみに好きな作家は、桐野夏生、宮部みゆき、野沢尚などが好きなので、ミステリー系のものか、心が温かくなるような感動物でもいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。

私からはお勧めの作家さんとして「瀬尾まいこ」さんを紹介したいと思います。瀬尾さんは、現役の国語の教員です。その作風は、読んでいると心が「ホッ」としてくるそんな人間模様を描いています。そのため、読んでいると元気が出てきて、読み終わった後は、すがすがしい気持ちになると思います。

作品は全7作ありますが、中でも『幸福な食卓』は第26回吉川栄治文学新人賞を受賞した作品です。内容は、様々な要因で何となくバラバラな家族。でも、その関係は切れているのでは、どことなく繋がっていて、主人公の佐和子を温かく包むその空気がとても好きです。中でも佐和子が失意の底にいるときに、兄の彼女が佐和子にかけた「家族はそんなに簡単に切れる関係じゃないでしょ。もっと家族に甘えたっていいじゃない。」という言葉は特に印象に残っています。2007年正月に映画上映が決定しています。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9978920862

その他の作品もいずれもすばらしい作品ぞろいですので、機会があればお読みになってみて下さい。

こちらのサイトも参考になさってみて下さい。

http://seotinami.hp.infoseek.co.jp/

参考URL:http://blog.livedoor.jp/toracyan3/

おはようございます。

私からはお勧めの作家さんとして「瀬尾まいこ」さんを紹介したいと思います。瀬尾さんは、現役の国語の教員です。その作風は、読んでいると心が「ホッ」としてくるそんな人間模様を描いています。そのため、読んでいると元気が出てきて、読み終わった後は、すがすがしい気持ちになると思います。

作品は全7作ありますが、中でも『幸福な食卓』は第26回吉川栄治文学新人賞を受賞した作品です。内容は、様々な要因で何となくバラバラな家族。でも、その関係は切れているのでは、どことな...続きを読む

Q宮本輝でおすすめは?

先日、宮本輝の「青が散る」を読みましたが、すごく面白かったです。で、他の宮本作品で、これ以上、又はこれと同じくらい面白い作品ってありますか?

Aベストアンサー

こんにちは。私も大ファンです。宮本輝の本は全部読んでます。
 一番のお勧めは「錦繍」です。しっとりと味わい深い、大人の小説です。
 青が散ると少し似た感じなのが、「春の夢」。これもお勧めです。
 ほかのも良いものがたくさんあるので、書いてるときりがないですが、もう一つ挙げるとすれば、「彗星物語」これも大好きです。
 ご存じかもしれませんが、サイトを紹介いたします↓。

参考URL:http://www.terumiyamoto.com/

Q宮本輝「避暑地の猫」の内容での質問

最近、宮本輝の避暑地の猫を読み終えました。
本文の内容に触れる質問ですので、10行ほど改行を入れます。
ネタバレが嫌な方はそのまま見ない方がいいです。

10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
(質問)主人公の父親はなぜ母親を殺してしまったのでしょうか?

最初は怨恨からだと思っていました
しかし、最後に絹巻刑事が母親は父親の子を身ごもっていたことを
主人公の修平に明かします
そうすると、父親が母親を殺す理由は「修平をかばうため」
・・・と考えましたがこれもやはり矛盾しています
地下室に修平がいなくても代わりに殺していたと推測されるからです
金次郎が約束のお金を母親に知られずに姉に渡すことは父親も
知っていたし修平に対して、理由も明日説明する、と言っていたので
母親を殺すことは既定路線だったんだと思います。
ただ、夫婦関係がないと思われていたのに実はあったとなると
どうしても疑問が残ります。

どなたか教えて頂けないでしょうか?
何度も読み直しているのですが謎なのです

Aベストアンサー

こんにちは。

難しいご質問ですね(^^;。本当の理由は、著者の宮本輝さんでないと分らないところですし、読み手側としては様々に想像してみることしかできないのですが。。。正しいかどうかは別として、私なりの考えを書かせていただきます。

なぜ修平の父親は母親を殺してしまったか。ご質問者様の挙げられた理由ももちろんあるかと思いますが、「怨恨」もしくは「修平をかばう」といった、一つの理由ではないように思います。以下、父親目線で書いてみます。

まず、「怨恨」。これは、もちろんあると思います。14年間、自分をさげすみ、裏切り続けた妻への恨み。妻のみでなく、娘とまで関係を続けていた金次郎への恨み。(最初から金次郎も一緒に殺すつもりだったのでしょう。)自分たち家族をさげすみ続けた金次郎一家への恨み。また、こんな屈辱的な状況にも、お金のために耐えなければならない自分へのふがいなさ。こういった複雑な心境がベースにあったのではないかと思います。

次に「子供をかばうため」。これも、もちろんあるでしょう。修平に人殺しの肩書を負わせたくない、ということに加え、美保も守りたかったのかもしれません。娘が金次郎と関係を持ち続けていることは、父親としては耐えがたいはずで、一刻も早く金次郎との関係をやめさせたかったが、美保の将来のためにはお金は必要だった。そこで、美保にお金が渡ったことを確認してから…と考えていたのではないかと思います。

そして、これは本文中にも書かれていることですが、「底無しの虚無」。妻のことはもちろん、地下室で「蛇」となる美保に対する思い。これだけで、父親としては救いようのない気持ちになったことでしょう。そこに、希望を残していた息子まで、金次郎の夫人を殺しておきながら、毎朝平然と恋人と(表現が古いですが)逢引きしているという、薄気味悪さと理解しがたさ。息子だけは「人間」だと信じていたのに、その息子までが「畜生」であったことが分って、唯一の希望の灯が消えてしまったことに対する虚無。これが加わって、家族がみな畜生と化してしまった元凶である3人(自分・妻・金次郎)をこの世から消してしまいたかったのではないかと思います。

最後に、これは穿った見方かもしれませんが。。。お腹の子供は司法解剖の結果で分かったことですので、父親は知らなかった可能性が高いのですが、もし知っていたとして。「これ以上、畜生を増やしてはいけない。」という思いも、心の片隅にあったのかなぁ、と。(すいません。これは、完全に勝手な想像です。)

以上、長々と書いてまいりましたが、こういった理由が複雑に絡み合って、想いがくすぶり続けていたところに、修平が母親と金次郎を殺そうとしたので、最後の手を下したのではないかと思います。と言いましても、あくまでも「私はこう思った」というだけの話でして、これが正しいかどうかは分りません。もし、これを読んで「それもちょっと違うんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、その場合はご容赦ください。

しかし「避暑地の猫」は、いろいろな読み方ができておもしろいですよね。私も10年くらい前に買って、何度か読み直して上のように思っているのですが、もしかしたらまだ理解できていないのかもしれません。また読み直してみようかな、と思いました。

ご参考になれば幸いです。

こんにちは。

難しいご質問ですね(^^;。本当の理由は、著者の宮本輝さんでないと分らないところですし、読み手側としては様々に想像してみることしかできないのですが。。。正しいかどうかは別として、私なりの考えを書かせていただきます。

なぜ修平の父親は母親を殺してしまったか。ご質問者様の挙げられた理由ももちろんあるかと思いますが、「怨恨」もしくは「修平をかばう」といった、一つの理由ではないように思います。以下、父親目線で書いてみます。

まず、「怨恨」。これは、もちろんあると思...続きを読む

Q宮本輝さんの小説を映像で

こんにちは。
宮本輝さんの、映像化(映画やドラマ)されてる作品(小説)で
ビデオもしくはDVDで、購入またはレンタル出来るものを教えて下さい。

Aベストアンサー

「TUTAYA ONLINE」のビデオ・DVDのページでアーティスト名「宮本輝」で検索すると6件ヒットしました。

参考URL:http://search.www.tsutaya.co.jp/search_q/movie/index.pl

Q宮本輝氏を好きな方教えてください

お世話になります。最近、ふとしたきっかけで、宮本輝氏の“錦繍”を読みました。悲しい部分も有りましたが、読み進むにつれて、前向きな気持ちになり、すごい余韻にひたりました。今までこんな感じは味わったことが無かったので、自分でも驚き、この本に出会えたことを感謝しています。
自分は、人間は過ちを犯すけど、いつでもやり直すことが出来るんだよ、みたいな、“再生”のお話がとても好きなんだと思いました。
そこで、錦繍以外の宮本輝氏の作品で、おすすめは有りますか?
出来れば、上記で書いた“再生”の話が有れば読んでみたいです。
それ以外でも前向きになれるような作品も有りましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

「にぎやかな天地」はお読みになりましたか?

実は宮本輝先生の本は数冊しか読んでおらず、この作品もたまたま読売新聞で連載していたので目にとまったものです。
しかし、すぐに毎朝が楽しみになりました。
実生活で悩みが山積していて、滅入っていた時期だったのですが、それをこの作品が救ってくれたと言っても過言ではありません。

主人公自体が過ちを犯す話ではないのですが、過去を昇華し、前向きに生きていく姿は今日の私にも影響を与えています。
読後、自分の内側の力を感じられるすばらしい作品だと思います。

恥ずかしながら「錦繍」は未読で、これから読もうと思いました。
その代わり、という訳ではありませんが、「にぎやかな天地」もぜひどうぞ!


人気Q&Aランキング