最新閲覧日:

初めてご相談します。買ってから7年のエスティマです。7月下旬に、これまで通り購入したディーラーで車検を受けました。「悪いところはない。請求書が届いたら振り込むように」と言う話で9月には高速を利用して東京へ墓参にいきましたが何の不具合もありませんでした。10月に父と妹で温泉へ一泊の為に高速を利用したところ、急に車が動かなくなりました。移動してくれたJAFの話ではタイミングベルトが切れたのではないかという話。みんなを巻き込んだ惨事にならなくて不幸中の幸いでした。車検の時にどうして直しておかなかったのか?一言言ってくれれば直すようにお願いしたのに、と残念です。ディーラー側は届に来た時言わなかったでしょうか?と盛んに謝っていましたが、全く聞かされないどころか『どこも悪いところはありませんでした』と言って帰ったのです。以来1ヶ月経ちましたが、60万近くかかると言われたので「中古からでも外して取り付ければ安く上がらないか」とお願いしています。寒くなり自転車で50分かけて通うのも辛く、何とかしてほしいと思うのですが、このような場合は何とか方法がないものでしょうか。以上宜しくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんにちは。



 私も、初めての車で同じ様な経験をしました。
家族が乗っていた車を引き継ぐ形で乗っていたのですが、
14万キロになった頃、走行中にタイミングベルトが切れて
止まってしまいました。幸い、大事には至りませんでしたが。
点検には、マメに出していたのですが、「タイミングベルト」の事は
何も教えてもらえませんでした。
「これ位、知っているだろう」とか
「他の人間が説明しただろう」とか、思っていたのでしょう。
誰かが言ってくれたら、あらかじめ交換しておいたのに。
「もし、大事故にでもなったら」とか考えないのでしょうか?

因みに、私もトヨタの車でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このたびは早速にご回答をお寄せいただき、誠にありがとうございます。こんなにも早くお話をうかがえるとは思っても居りませんでした。感激しております。
世の中には女性からお年寄りまで、とても自動車のことを詳しく知っているとは想えない方々が沢山マイカーを保有していらっしゃいます。その方たちも全て等しく自分の責任に於いて、安全に係る点に関して、車の隅々まで知っていなくてはならないとは到底思えません。私はそれらについて全くの素人です。法的整備点検に対して高い代価を支払っているわけですから、不具合があれば直す或は指摘するということがあってしかるべきだと思ったものですから、ご相談してみようという経緯には相成りました。確かに大事に至らなかったことは何よりの幸いでしたから、或はそれだけでも善しとしなくてはいけないのかもしれません。今回の件につきましては大変ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 20:15

 今回はお気の毒さまでした。



 車検をいつも自分で受けている者です。

 自分でやりますから全て自分の責任になります。
 ですから、消耗品は自分で気にしておかなければなりません。

 では、いつも車屋が点検整備していれば、全て車屋の責任になるかというと決してそんなことはありません。

 車の整備はユーザーが行うのが大原則なのです。車検証の裏にも書いてありませんか?

 そして、車検は正式には「継続検査」といい、ある期間の区切りの時の、ある項目の単なる検査なのです。
 これは、車の各部品が次の車検まで完全で、しかも安全に使えることを保証するものでも何でもありません。

 もちろん目に見えるところで劣化する部品は交換することになりますが、タイミングベルトのようにいつ交換するかが目安程度でしか決まっていないものは、ご自分である程度の知識を付けておいて、ある意味「防衛」していかなければいけません。

 もし、車の知識の乏しくても、命に関わる「機械」なのですから、知らなかったでは後の祭りになることもあります。

 今回の件は、車屋に対応を求めるのはムリでしょう。車検時の点検整備に直接関わる部分でもありませんし…。その時点で「悪いところがない」というのは仕方ないことでしょう。

 ただ、車屋と実際にどういう言葉のやりとりがあったかは分かりかねますが、p-21さんのおっしゃるとおり、そろそろひとことあってもいい時期ではなかったかなとも思います。

 タイミングベルトはエンジンの中にあるのでボンネットを開けたからと行って見られる物ではありません。
 昔はベルトではなく金属製のチェーンを使っていましたので、切れる心配はありませんでした。私の車もチェーンです。
 それが、軽量化を進めるために、切れる可能性のあるベルトに変わってきたのです。

 それにしても60万もかかるのでは、単にベルトが切れただけではありませんね。タイミングベルトは超高速で回っていますから、切れたときの衝撃で、エンジン内の細かい部品をぐしゃぐしゃにしてしまうことがあります。

 まだ同じお車に乗り続けるのであれば、そのエンジンを修理するのではなく、別なエンジンに載せることをお勧めします。
 一般の中古エンジンもありますし、愛知県には中古エンジンを新品のようにきちんと整備して売っている会社もあります(ディーラー経由で連絡が付くはずです。)。私の車の今のエンジンもその会社で調整された物ですが、とても快調です。

 どちらにしても、いくら何でも60万はしないでしょう。私の車は交換費用などを全部入れて25万ぐらいだったと記憶しています。

 なお、ディーラーのいうことは担当者によっても違いますし、私は基本的にアテにもしませんし、信用もしません。

 キツいことを申し上げたようでお詫びしますが、1つの経験になりましたね。
 失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このたびは早速にご回答をお寄せいただき、誠にありがとうございます。こんなにも早くお話をうかがえるとは思っても居りませんでした。感激しております。
世の中には女性からお年寄りまで、とても自動車のことを詳しく知っているとは想えない方々が沢山マイカーを保有していらっしゃいます。その方たちも全て等しく自分の責任に於いて、安全に係る点に関して、車の隅々まで知っていなくてはならないとは到底思えません。勿論タイヤがパンクした、ブレーキの効きが悪い、ワイパーが不具合になって前が見難い…等々の、日常の点検は自分の責任に於いてやるべきだとは思います。但し法的に課せられたチェックや奥深い箇所の点検などは我々素人には判るべくもなく、資格を持った方からその責任に於いてやっていただくしかありません。法的整備点検に対して高い代価を支払うのもこのゆえであると思っていました。少なくとも、不具合があれば直す、或は指摘するということがあってしかるべきだと思います。モラルハザードという観点からも。
兎に角、皆様から御教示いただきまして認識を新たにしたことは、もっと自分の責任ということを自覚しなくてはいけないということでした。斯くなる上は少しでも安く上げていただけますようにディーラーにお願いするほかありません。確かに大事に至らなかったことは何よりの幸いでしたから、或はそれだけでも善しとしなくてはいけないのかもしれません。今回の件につきましては大変ありがとうございました。価格の点で明瞭に御教示いただけましたことに厚く感謝いたします。ありがとうございました!

お礼日時:2001/11/16 20:31

言いにくいのですが、車検というのは検査であって、整備ではないんです。


検査するのも、ライト・ブレーキ・スピードメーターの表示など(他項目は略)検査時に法律(保安基準)に適合していれば受かるものなのです。

ですから、車検終了時の「悪いところは・・・」と言うのは検査項目についての事と思います。

私はデーラーを擁護する気持ちは全くありませんが、車検依頼の時どのようになされたのかも分からない状態ですので・・・。
例えば、「いくら費用がかかっても良いから、全て点検整備を・・・」なんて普通では言いませんよね。

購入してから7年というと走行距離数はかなりでているのではないでしょうか?
特にトラブルのあった場合被害の大きいタイミングベルトなど、メーカーで交換時期(キロ数)を指定されていると思います。

デーラーのユーザー管理にも問題(走行距離による交換部品の指摘など)が有るでしょうが、陸運のパンプレットにも「車の保守管理はユーザー自身の責任です」とあります。

車を使う以上、自己管理は必要だと私は思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このたびは早速にご回答をお寄せいただき、誠にありがとうございます。こんなにも早くお話をうかがえるとは思っても居りませんでした。感激しております。
世の中には女性からお年寄りまで、とても自動車のことを詳しく知っているとは想えない方々が沢山マイカーを保有していらっしゃいます。その方たちも全て等しく自分の責任に於いて、安全に係る点に関して、車の隅々まで知っていなくてはならないとは到底思えません。もちろん「タイヤの空気圧はいいか・ブレーキの効き具合に異常はないか・ワイパーが不具合で前が見えないということはないか」等々の日々の始業点検などは自分の責任です。併し見えない奥深いところの点検や異常の有無などは我々素人には望むべくもありません。資格をもった方にお願いするしかないわけです。法的整備点検に高い代価を支払っているのもそれゆえのことだと思っていました。少なくても、不具合があれば直す或は指摘するということがあってしかるべきだと思われます。併し「車検は検査であって整備ではない」と言われますと認識を新たにせざるを得ません。そうなってまいりますと少しでも安く上がるようにディーラーのほうにお願いするしかありません。確かに大事に至らなかったことは何よりの幸いでしたから、或はそれだけでも善しとしなくてはいけないのかもしれません。色々と貴重なアドバイスをいただきましたこと、大変ありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

お礼日時:2001/11/16 20:48

走行距離はどのくらいでしょうか?



車検においては 全ての部品をバラバラにするわけではありません。
また消耗部品についても一般的な年数を元に交換をするようしていますが
本来車検という概念では 今の車の状態が法定基準に適合しているかどうか
ということが問題なわけです。

さて本ケースに関してですが、
走行距離が10万キロ近くであるのに
交換を勧めないのであれば
ディーラーに”責任”はありませんが”不親切”ということになります。
60万かかるということは エンジンをOHするという事でしょう。
(シリンダーヘッドをおそらく交換)
道義的責任の観点から
対応を求めるとしたら
安くあげてくださいと求める事はできると思います。

車検でこのあたりでもめるケースって結構
多いんですね お客の立場(観点・認識)と修理業者の認識の違い
でしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このたびは早速にご回答をお寄せいただき、誠にありがとうございます。こんなにも早くお話をうかがえるとは思っても居りませんでした。感激しております。
「車検というのは法定基準に適合しているかどうかが問題である」という仰せに対して、あらためて認識を深く致しました。さらにディーラーに“責任”はないということですが、されば後述されたごとく“出来るだけ安くあげてください”と求めることは出来るのですね。
考えてみれば高速道路のこととて、慌てふためいて大事に至るなどということがなかったことを善しとしなければならないのかもしれません。自己責任ということをもう一度肝に銘じて、今後は之に類似することが皆無であるように注意します。今般は大変に判りやすく適切なご回答を賜り、まことにありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 20:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報