化学はあんまり得意ではないのですが、訳を頼まれて苦戦しています。どなたか、化学関係の用語の日英・英日のサイトで良いのをご存知でしょうか?
今、困ってるのが、”アミン類(化学関係では類は何と訳すのでしょう?)”、それから”水溶性塩”、”チタン塩”(塩というはsaltだけではなく、-rateという終わり方もありますよね。あんまり塩の意味分ってないのですが。)などですが、今後まだいろいろ出てくると思います。用語の訳しかたのルールも学べたら勉強になるのですが。なにとぞ、お詳しい方、お知恵をお貸しください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>化学関係の用語の日英・英日のサイトで良いのをご存知でしょうか?



 MiJun さんも勧めておられますが、「英辞郎」は結構使えます。
 でも、Yoshi-P さんが言われているように、オンラインはあまり充実していません。私が学生時代にお世話になったのは、岩波書店発行の「理化学辞典」と化学同人発行の「化学・英和用語集」です。後者は訳しか載ってませんが、語彙が豊富なのでかなり重宝しました。
 なお、Yoshi-P さんがお勧めしている「英和プラスチック工業辞典」は、「プラスチック」と言いながらその他の分野についても詳細な説明がありとても有用なのですが、残念ながら絶版のようです。

>用語の訳しかたのルールも学べたら勉強になるのですが。

 これは超難問です(笑)。
 簡単な例なら、無機化合物であれば、「酸化銅」とか「酸化鉄」等は「金属の名称+ oxide」、「窒化ホウ素」は「Boron Nitride」・・・のように、「後ろの物質の原型+~物」としたり、有機化合物なら、先頭から最後までカタカナ読みとしたり、というテもあります。
 ただ、これらは化合物の例なんですが、化学系の専門語は、一般的に使用されている用語からは想像がつかない言葉に訳すことが必要な場合がままあります。例えば、「complex→錯体」「control→対照」「steady state→定常状態」等々。私も最初は「rare-earth element(希土類元素)」を「地球上に滅多にない要素」なんて訳して教授から大笑いされたもんです。
 ですので、「ホントにこの訳が化学用語として正しいのかなあ?」という疑問が生じた場合に確認する意味でも、「理化学辞典」等、専門用語集を一冊手元に置かれることをお勧め致します。何回も確認しているうち、用語の意味や正しい訳がイヤでも頭に入ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実は今日本に住んでいないので、近くの日系書店にあるかどうか分りませんが、確かめて見たいと思います。
そう、必要だとは思っていたのですが、この種の本、何を買っていいか決める前に疲れて帰ってきた(日本から)私が悪いのです。

お礼日時:2001/11/19 14:33

cherryfishさん、こんばんは。



こういうご質問をお待ちしていました。私が最も得意とする分野です。関心カテゴリーに書いている専門分野よりもこちらの方が得意です。(笑)
化学の命名法というカテゴリーがあったら、是非登録したいのですが。

和英ですね?

私はいつも化学の英和の翻訳をしています。また、和英の翻訳も結構頻繁にやっています。(でもいわゆる翻訳者ではありません。)

“アミン類”は単純に複数形でいいです。アミン類にはメチルアミンを初めとしていろいろなものがありますが、アミン類"amines"と言った場合にはそれらを包括的に指します。

「塩」というのは酸と塩基とが化合してできたものということはご存知のことと思います。“水溶性塩”と言うのは、例えば物質Aの「水溶性塩」と「非水溶性塩」というのが存在する場合に使います。従って、"a water-soluble salt of A"と言えばわかります。

“チタン塩”と言うのはおそらく日本語が正しくないのでしょう。ある酸のチタン塩というのも考えられないわけではないですが、今の化学の産業界ではある酸の金属チタン塩よりもチタン酸塩の方が注目を集めているので、技術文献ではおそらくチタン酸塩の方が正しいと思います。チタン酸塩ならば"titanate"です。ちなみに、ある酸のチタン塩だったら、a titanium salt of ... になります。

さて、用語の訳し方のルールですが、難しいご質問ですね。化学物質の名称は固有名詞です。チタン酸塩は固有名詞だからtitanateになります。水溶性塩は一般名詞だからa water soluble salt of ~ になります。

化学の分野では電子辞書などもあまり普及していません。化学の専門家の方たちはどうもコンピューターが苦手なようです。

参考となる辞書類としては、工業調査会発行の「英和プラスチック工業辞典」がお勧めです。(まだあるのかな?)
電子辞書としては、岩波の理化学事典が結構詳しい解説付きですので、有用だと思います。
また、英和ならば
http://homepage1.nifty.com/nomenclator/
も重宝します。(結構単なる音訳が多いですが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういう分野って、お好きな方には簡単なんでしょうね。私、一応理系だったのですが、化学はまったくダメだったんです。英訳ではただ単に”規則”として覚えれば良いのでしょうが。早く電子辞書で化学英和、和英辞書(オンラインならもっといい!)を出してください。心から待ってます。^~^
ご丁寧な回答をありがとうございました。

お礼日時:2001/11/19 14:39

英語は専門ではありませんのであまり自信なしですが、「類」は複数形にすればいいと思います。

amines、とか carboxylatesとか。

塩は酢酸を例にとると、酢酸ナトリウムはsodium acetate で、エステルである酢酸エチルもethyl acetateなので acetates(carboxylates)ではエステルと
塩が区別できませんので、塩の場合はsaltsのほうがいいかもしれません。

水溶性はそのままwater soluble で良いんじゃないですか?

http://www.kotoba.ne.jp/
http://genome.server.ne.jp/dic/index.html

参考URL:http://www.kotoba.ne.jp/,http://genome.server.ne.jp/dic/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

翻訳の期限がせまっているのであまり長話できませんが、皆様に、ご回答いただいたお礼を申し上げます。
ありがとうございました。
今夜、頑張って仕上げます。

お礼日時:2001/11/19 14:41

>化学関係では類


group
>水溶性塩
aqueous salt
>チタン塩
チタン酸塩:titannate
チタンの何の塩でしょうか・・・?
>-rateという終わり方もありますよね
-ateです。

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「Online Dictionary:化学」

ご参考まで。

参考URL:http://www.alc.co.jp/ge/yougodb/kagakutop.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公立大学のランキング。

みなさんは、次の公立大学の中でランキングを作るとしたらどういうランキングにしますか?
※大学レベル、難易度等を除いて、お気に入りの大学や、「ここは良い、ここはよさそう」という感じで作ってください。是非参考にしたいです☆

17大学を挙げてみました。この17校でランキングにして下さい!(難易度・レベルは除く)
・岩手県立大学
・秋田県立大学
・埼玉県立大学
・富山県立大学
・福井県立大学
・静岡県立大学
・愛知県立大学
・滋賀県立大学
・兵庫県立大学
・奈良県立大学
・島根県立大学
・岡山県立大学
・広島県立大学
・山口県立大学
・福岡県立大学
・長崎県立大学
・熊本県立大学  (北海道~沖縄の順)

長くなりましたが、真剣にランキングを点けていただけたら幸いです。またこうした理由も教えていただけたら嬉しいです!宜しくお願いします!

Aベストアンサー

NO1の質問がもっともだと。
上の17校より少なくともメジャーな大学だと思います。
どんなランキングを期待しているのか分かりませんけど、17個の公立を同じように知っている人なんていませんからまともにランキング付けできませんよ。
17個、全部一直線上ですよ。

Q東北大学大学の理学部化学科と、工学部の化学・バイオ工学科の研究室の一覧が一向に見つかりません。どなた

東北大学大学の理学部化学科と、工学部の化学・バイオ工学科の研究室の一覧が一向に見つかりません。どなたか知っていればリンクを貼ってください、もしくは詳しい方がいらっしゃれば、有機化学をメインにどちらの学部か及びどんな研究をしているか詳しく教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

下記で見られると思いますが。

理学部 化学科
http://www.chem.tohoku.ac.jp/lab/

工学部 化学・バイオ系
http://www.che.tohoku.ac.jp/

詳細は、上記の紹介サイトを見るしかないと思いますが、一般的には理学部は基礎研究、工学部は実用的な応用研究ということかと思います。

Q無機化学の勉強法

高校範囲の無機化学の勉強法について質問です。

無機化学で覚えるべき事が多すぎて全然頭に入ってきません。
断片的に覚えることはできても、知識がバラバラなままです。

おすすめの勉強法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

できればですが、大学教養レベルになっちゃうかもしれませんが、元素、原子ごとの電子軌道を元に考えていくというのが、いいと思います。卜部吉庸先生の化学の新研究という三省堂から出ているものがあります。ただ、ちっちゃな電話帳ぐらいのサイズなので、本当に一番上の大学にいくとかじゃなければ、すべて覚えるとかする必要ないですし、まず核になる概念を頭に入れてもらうといいと思います。
 酸化数といいますか価数を覚えるなどから始めるといいと思います。特に複数あるものに注意ですね。基本的なものは、銅とか鉄とか。もうすこし、進めば、クロム(+2と+6)とか。そういうのを覚えておけば、クロム酸とか(H2CrO4)を書いたり、覚えたりの手掛かりになりますし。できれば、なぜそうなるのかまで説明できれば、立派な大学1,2年レベルです。

 さっきの本は、辞書みたいなものだと思って、大切なところ、キーとなる概念を書き出して、一番ベストなのが、覚えるというのが、いいでしょう。
 結構、複雑な錯体の範囲もより原子数の大きな原子になるほど、複雑になっていくのかわかると思います。
 
 記憶力がある人は、全部覚えればいいのかもしれませんが、そうでなければ、いろいろなことに、その分野、単元に共通する概念を頭にばっちり入れて、それを手ががりに考えていく、癖をつけるということですね。ある程度までは、情報の圧縮ができると思います。私も現役時代は、化学は全然でした。

無機化学もどこまでやられたのか分かりませんが、まだ終わってないところもあったら参考にしてください。また、何かありましたら、また、聞いてみてください。

できればですが、大学教養レベルになっちゃうかもしれませんが、元素、原子ごとの電子軌道を元に考えていくというのが、いいと思います。卜部吉庸先生の化学の新研究という三省堂から出ているものがあります。ただ、ちっちゃな電話帳ぐらいのサイズなので、本当に一番上の大学にいくとかじゃなければ、すべて覚えるとかする必要ないですし、まず核になる概念を頭に入れてもらうといいと思います。
 酸化数といいますか価数を覚えるなどから始めるといいと思います。特に複数あるものに注意ですね。基本的なものは...続きを読む

Q専門が化学でなく化学初心者に近いものですが、n軌道についてよく分からな

専門が化学でなく化学初心者に近いものですが、n軌道についてよく分からないので教えていただけないでしょうか?
調べてみるとn軌道とは、分子の、結合に関与していない孤立電子対の軌道とのことですが、それは、非共有電子のことでしょうか?分子に非共有電子対があるというのがよく分かりません。非共有電子対があるならそれはイオンではないのでしょうか?そのためn軌道にはイオンが含まれると考えたくなるのですが、根本的に間違えていますか?間違えているところを分かりやすく説明していただけるとうれしいのですが。
よろしくお願いしますm(_ _)m。

Aベストアンサー

n軌道というのは非結合性分子軌道のことでしょうかね。
概念としてはご指摘のとおり、結合に関与していない軌道ということであり、電子対が入っても入らなくてもエネルギー的には関係ない軌道と言う認識になるのだと思います。つまり、結合性軌道に電子が入れば安定化され、反結合性軌道に電子が入れば不安定化されるということと対比させれば理解しやすいと思います。
しかし、その理解ということになると私にはよくわかりません。非共有電子対ですかと言われれば多分そうなると思いますが、じゃあ非共有電子対は常にn軌道に入るかと言えばそういうわけではありません。
「非共有電子対があるならそれはイオンである」という認識は明らかに間違っています。アンモニアには非共有電子対はありますが、イオンではありません。また、その最外殻の非共有電子対はn軌道に入っているわけでもありません。

>そのためn軌道にはイオンが含まれると考えたくなるのですが、根本的に間違えていますか?
根本的に間違えていると思います。むしろn軌道は結合とか化学的性質とかにほとんど関係していない軌道と考えた方が正しいと思います。

ちなみに、上の回答には自信がありませんのであしからず。どなたかに補足していただければよかろうかと思います。

n軌道というのは非結合性分子軌道のことでしょうかね。
概念としてはご指摘のとおり、結合に関与していない軌道ということであり、電子対が入っても入らなくてもエネルギー的には関係ない軌道と言う認識になるのだと思います。つまり、結合性軌道に電子が入れば安定化され、反結合性軌道に電子が入れば不安定化されるということと対比させれば理解しやすいと思います。
しかし、その理解ということになると私にはよくわかりません。非共有電子対ですかと言われれば多分そうなると思いますが、じゃあ非共有電子対は...続きを読む

Q液晶テレビのヘコミ

ビクターの液晶テレビLT-26LC4を使用していますが、先日液晶の表面に家具の角で傷をつけてしまい、その部分だけ色が表示されない状況になってしまいました。(白く光るだけ)

傷は液晶の中央よりやや左下で幅2mm長さ4mm深さが1~2mmで表面のプラスチックの板(偏光板というんでしょうか)が少しだけ陥没していてそれが液晶の組織を圧迫して色が出ないような状況になってしまってます。

素人考えでは表面の板を平らに修復すれば直るような気がしますが分解するのは危険な予感がして躊躇しています。
やはりメーカーに修理依頼をしたほうがいいのでしょうか?
また、メーカーで修理するときはどんな修理をするんでしょうか?
分かる範囲でかまいませんので教えて下さい。

Aベストアンサー

その板だけを取り替えられるものかどうかわかりませんが、たぶん、パネル交換だと思います。
板がはずせるようであれば、ご自分で修理と言うことも考えられますが、プラスチックのへこみを修正するのは、まず無理かと思います。
どのみち修理を依頼されるのが良いと思いますが、パネル交換だと修理費用がかなり高額になると思われます。
一応、サービスに電話して、見積もってもらう方が良いと思います。

Q化学用語

水酸化ナトリウムを空気中に放置するとペレットが溶けてきたのですが
このような現象は化学的にはなんと言えばいいのですか?
また水酸化ナトリウム劇薬に指定されてますがどのように危険なのでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムが溶けるというのは潮解性のことだと思います。
水酸化ナトリウムは強アルカリ性であり、言うまでもなく危険なものです。
まぁ高校の時に習った程度の知識レベルなので、間違っていたらご指摘お願いいたします

Q理学部化学科と薬学部生命創薬科学科の違い

理学部化学科と薬学部生命創薬科学科の違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

理学部化学は化学自体を研究する学科です、ですから現在有機化学専攻でも量子論は必須、それも配位子場など以前は無機化学の分野だったものまで入って来ます、重元素の化学では相対論さえ入って来る。
薬学は飽くまで生体があっての存在、人間で無く農薬でも良い、だが特効薬や抗腫瘍剤は理学部の範囲外。
基本的に理学屋は元素しか見えず、薬学屋は生体しか見えない、もちろんその間に非常に多くの学問領域が挟まっていますが、極端に言えば上記の様。

Q化学の用語

化学の用語の意味

原子と分子と元素って何が違うんですか
単体と元素の違いって何ですか
純物質と混合物って一緒じゃないんですか?

溶質、溶媒、溶液って何なんですか?



誰か教えてください

Aベストアンサー

高校生向けの化学の教科書を見ればすぐにわかると思います。
 元素:物質を構成する最小単位の種類
 原子:物質を構成する最小単位の物質
 分子:原子によって構成される安定な物質の最小単位
言葉では難しいですね。
たとえば、水はよくH2Oといわれますが、これが分子。
この分子はH(=水素原子)が2個とO(=酸素分子)が1個で形成されています。
原子と元素は違いを認識するのが難しいですが、原子には重さの違いにより異なるものがあるので、これらをまとめて元素と呼ぶと思ってください。

単体とは、1種類の元素からなり、単一の性質を示す物質。グラファイトとダイヤモンドのように同じ元素からなる異なる単体があります。
元素は物質でなく概念です。

純物質が複数種類混ざっているのが混合物であり、純物質は単体と異なり複数の元素によっても出来ます(例:食塩)。

溶液は溶媒に溶質を溶かし込んで作るもので、たとえば食塩水(=溶液)は水(=溶媒)に食塩(=溶質)を溶かして作ります。

イメージできましたでしょうか。

Q不飽和結合についてですがこれは化学基礎の内容ですか?それとも化学ですか? 化学基礎と化学は年々ちょ

不飽和結合についてですがこれは化学基礎の内容ですか?それとも化学ですか?

化学基礎と化学は年々ちょっと変わってるらしく、何が基礎なのか分かりません

教えてください!!

Aベストアンサー

有機化合物は化学基礎では扱いません。
高等学校学習指導要領( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/kou/kou.pdf )
P53~P54

>化学基礎と化学は年々ちょっと変わってるらしく、
そんなことありません。
 教科書や教師が変われば、微妙に変わることはありますが、基本的に教える内容は変わらない。

Q化学用語の和訳

英語で書かれた化学工学の専門書を読んでいるのですが、辞書で調べてみてもイマイチ意味が理解できない用語(日本語訳が分からない用語)がいくつかあります。
・specific reaction rate
・stoichiometric coefficient
・elementary rate law
・molar flow rate
・homogenerous reaction
・heterogenerous reaction
・specific value
・volumetric flow
・kinetic rate kaw
以上の用語の日本語訳を教えて頂けますか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

specific reaction rate    比反応速度
stoichiometric coefficient  化学量論係数
elementary rate law     素反応速度法則ということでしょうが、日本語では、単に素反応速度式にしたほうがわかりやすいか。
molar flow rate        モル流量
homogeneous reaction    均一系反応 homogenerous 違ってないか。
heterogeneous reaction   不均一系反応 heterogenerous 違ってないか。
specific value         特性値、特定の値。特別な用語はないんじゃないか。
volumetric flow        体積流量
kinetic rate law        反応速度法則ということでしょうが、 日本語では単に反応速度式にしたほうがわかりやすいか。kaw 違ってないか。

たぶん、上のようなことです。間違っていたら、ごめんなさい。 


人気Q&Aランキング