どなたか教えてください。
医療機関で働くようになりました。
受付で、診療費を頂いて、一言そえるとき
”お大事に~”といいます。
しかし、もっと丁寧にいうように!!という指示がきて
”お大事になさってください”と言うようにしました。
正しくはどうなのでしょうか??
するの尊敬語は”なさる”ですよね??
”なさって~”というより
”おだいじになされてください”と言った方がいいのでしょうか?
それとも他に正しい言葉があるのでしょうか??
正しい尊敬語を教えてください。
1日も早く正しい対応がしたいので、どなたか至急教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (9件)

「どうぞお大事になさって下さい。

」で構わないと思いますよ。
「どうぞお大事になさって下さいませ。」の方が良いのかな?

うちの近所の病院は普通に「お大事になさって下さい。」と言われます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
普通に病院では使われているんですね。
参考になりました。
明日から使います。

お礼日時:2005/10/13 22:29

 わたしは、以前、良く病院に通いました。

やはり治療が終わって帰る時、或いは治療費の精算の折りに『お大事に』と声を掛けられチョットばかり『ほっ!』として帰ります。(待ち時間に様子を見ていると年齢に関係なく、『お大事に』のようです。)
 
 丁寧語とか尊敬語を使うと言う問題でなく、発する言葉に込められる『気持ち』では無いでしょうか。
 一度看護師さんに、いっそ『毎度有難う御座います。』でも良いんじゃない?と冗談で云った処、かなしい表情で『わたし達は、患者さんに早く元気になって、出来るだけコナイデ欲しいのよ。』との事でした。
 気持ちがこもっていれば、あまり気になさらないで、『お大事に』と云ってあげて下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
気持ちをこめて、本当に治ってほしいという思いもこめて
”お大事になさってください”を使いたいと思います。

お礼日時:2005/10/14 20:46

お大事に~、より丁寧なのは


お大事に。これより丁寧なのは
どうぞお大事に~。これより丁寧なのは
どうぞお大事に。これより丁寧なのは
どうぞお大事になさってください。これより丁寧なのは
どうぞお大事になされてください。これより丁寧なのは
どうぞお大事になさってくださいまし。これより丁寧なのは
どうぞお大事になされてくださいまし。同じくらい丁寧なのが
どうぞご自愛くだされますよう。一層倍ばか丁寧なのが
どうぞご自愛くだされますようお願い申しあげます。ここから桂馬跳びに現実離れするのが
お大事になさってたもっ! 即座にクビでしょう。

問題はたぶん語気、ものの言い方じゃないかと想像します。たんなる挨拶、空っぽな決まり文句じゃなくて、大事にしてよね頼むから、と身内に言うときの気持ちを籠もらせ滲ませよ、という要請でしょう。つまり真剣に演技しなさいってことだと思いました。例えば相手の目を真っ直ぐに見る、とか。

科白は、どうぞお大事に。でたくさんでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
相手の方の目を見るっていうのは大切ですよね。
忙しい時ほど相手の目を見る余裕が必要ですよね。
きもちをこめて
”お大事になさってください”を使いたいと思います。

お礼日時:2005/10/14 20:44

あー、うっかり


専門科でも自身満タンでもないんで付加情報については
無視してください。
    • good
    • 1

”お大事になさってください”でも”どうぞ、お大事に”でも言葉としては十分だと思いますよ。


どういう状況で、丁寧でないと判断されたのかはわかりませんが、言葉としての要
素よりもイントネーションや表情など、言葉以外の要素で判断されたのかもしれません。
「対人コミュニケーションにおいて言語メッセージが占める割合は 35 %程度、残
りの 65 %は非言語メッセージによるそうだ。また、別の研究では、 7 %が言語、
38 %が音声の特徴、 55 %が顔の表情によるということである」
というような話もありますし、一度気を付けてみると良いかもしれません。

まー個人的には、多少崩れた敬語を使っていても、気持ちがこもっていれば良い印
象を受けますし、逆に慇懃無礼な態度は非常に癇に障ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですか、言葉以外の要素がコミュニケーションでは重要なのですね。
表情にも気をつけて
”お大事になさってください”を使いたいと思います。

お礼日時:2005/10/14 20:43

他の方々も回答しておられるように、「お大事になさってください」で良いと思います。


もしくは、「お大事にしてください」 ではどうですか?
分かりやすいし、舌もかまなくて 言いやすいと思います(^^;
なされて下さいなどと あまり 丁寧すぎても 言うことだけに集中して 心がこもらなくなってしまいますよね。
大事なのは 本当に 早く治って欲しい、大事にして欲しいという気持ちが こもっているかだと 思うので‥
言葉には 言い方に 感情が見えることもありますし
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですよね、気持ちがこもっているかどうかが大切ですよね。
確かに”お大事になさってください”は舌がもつれます。。

お礼日時:2005/10/14 20:41

「もっと丁寧にいうように」と指示を出した人に、どういう風に言えばいいのか訊くわけにはいかないのでしょうか。



“お大事になさってください”で十分丁寧だと思いますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
”お大事に”では尻切れトンボのようだとのこと。
私のイントネーションが気にいらないのかもしれないんですが。。。
”お大事になさってください”を使いたいと思います。

お礼日時:2005/10/14 20:40

正しい尊敬語かと言われると自信は全くありませんが、


昔「お大事なさいませ」と使っていました。

まぁ、無難に「お大事になさってください」が言う方も
言われる方もいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
”お大事になさってください”を使いたいと思います。

お礼日時:2005/10/13 22:31

どうぞお大事に★とかはどうですか??


お大事になされてください。は間違ってると思います!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
説明が不足しておりました。
現在”どうぞ、お大事に”と添えていたのに対して、
もっと丁寧に!!という指示がでました。
他にありませんでしょうか??

お礼日時:2005/10/13 20:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「なされれば」と「なされば」どっちが正しいのでしょうか?

「なされれば」と「なされば」どっちが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
どちらも正しいですが、意味が違います。

・「なされれば」は、「なす」の受動である「なされる」の仮定形に「ば」をつけたもの、

・「なされば」は、「する」の尊敬語「なさる」の仮定形に「ば」をつけたもの、

です。


「なされれば」の用例
・家庭において子供に対するしつけが十分なされれば、学校における生徒指導の手間が軽減されるはずである。

「なされば」の用例
・毎日適度な運動をなされば、健康な状態が維持されるかと存じます。


以上、ご参考になりましたら。

Q「大事」・・・「だいじ」と「おおごと」では、どうして意味が反対になるの?

漢字で書けば同じ「大事」なのに、「だいじ」と読めばいい意味で、「おおごと」と読めば悪い意味になりますけど、何故でしょうか? 言葉の成立ちとか、何か理由があるのでしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

#3です。
なんだか釈然とされてないようなので。

漢字ってそもそも中国語ですよね。
日本語として訓読みが発達する課程で
音読みした場合と意味が違うものは結構あります。

例えば、

人気(にんき)・・・(ひとけ)
見物(見物)・・・(みもの)
一味(いちみ)・・・(ひとあじ)
人事(じんじ)・・・(ひとごと)
大業(たいぎょう)・・・(おおわざ)

なので、理由があると言うより、
固定化された読みが常用漢字として認められたと言うことですね。

ちなみに私も若くないのですが、
大事を「おおごと」と読めるのは分かっていても
大事は「だいじ」の方がしっくりきます。
従って、一大事はひとつの「だいじ」であると。
なるほど、一大の「こと」ですか。
これは知りたいところです。

Q影響を与える の尊敬語というか丁寧語?

履歴書を書いていたんですが、

御社は工業の発展に大きな影響を与えると思われます。

という文章で:影響:じゃなくてなんと書いたら
いい文章になりますかね?
発展に~思われます の、~の部分をすべて変えても
結構ですので御鞭撻の程よろしくお願いします。
(御鞭撻って使い方違うかな?)

Aベストアンサー

「寄与(きよ)する」「貢献する」などがよいのでは。どちらも、その影響が、プラスに働く(役立つ)という意味です。
あなたの考えておられる文でいうと、「御社は工業の発展に大きく寄与(貢献)しておられると思います。」となります。

ご鞭撻は「戒め励ますこと」なので、「今後ともよろしくご鞭撻下さい」のように使って、「これからも私を叱ったり励ましたりしながらおつきあい下さい。」というような内容になり、自分で自分のことを言うときに使うのが一般的です。

Q【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか? 来るの尊敬語だと思う

【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか?

来るの尊敬語だと思うが行くの尊敬語がお店のいらっしゃいませだと言っている人がいて驚いた。

Aベストアンサー

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎりでござります」
(3)「居る」の尊敬語。
*浮雲〔1887〜89〕〈二葉亭四迷〉一・一「何時(いつう)かもお客様のいらっしゃる前で」

〔二〕補助動詞として用いられる。動作、作用、状態の継続・進行の意で、その動作の主に当たる人に対する尊敬を表わす。江戸期では主として女性用語。
(イ)動詞の連用形に、助詞「て(で)」を添えた形に付く。「ている」の尊敬語。
*当世書生気質〔1885〜86〕〈坪内逍遙〉二「妾(わたい)が時計を取あげたもんだから、屹度(きっと)腹をたって居(ヰ)らっしゃるんだヨ」
(ロ)形容詞の連用形、またはそれに助詞「て」を添えた形に付く。
*多情多恨〔1896〕〈尾崎紅葉〉前・三・二「然(さ)ぞお寂(さみし)くてゐらっしゃいませう」
(ハ)動作性、状態性の名詞、または形容動詞語幹(いずれも主として敬意の接頭語の付いたもの)に、「で」または「に」を添えた形に付く。「である」の尊敬語。
*人情本・英対暖語〔1838〕二・一一章「アレもう貴君(あなた)は平気でいらっしゃるヨ。お憎らしい」

語誌
(1)上方からでなく、江戸で生じたとされるが、江戸期では江戸でも例は少なく「おいでなさる」「…なさる」の方が有力である。ただ「滑稽本・浮世風呂‐二・上」に言語使用者の品格のよさを印象づける例があり、敬意の高いことばであったことがうかがえる。
(2)明治期には二〇年代以降小説に多用されるようになり、明治末期から大正期にかけて、数量的にも用法的にも、ほぼ現在と同じような情況が出来上がっていたとみられる。
(3)命令形が「いらっしゃい」となること、助動詞「ます」に続くとき「いらっしゃい」の形が現われること、「ます」の命令形「まし」「ませ」が直接付くことなどから、同様の形式をもつ「なさる」「おっしゃる」「くださる」とともに、特別ラ行四段活用とか、ラ行変格活用と呼ぶ意見もある。→いらっしゃい。
(4)「た」「て」に続くとき、「いらっしっ」「いらしっ」「いらっし」「いらし」などの形をとる場合がある。「今日はどっちへいらっしったへ」〔洒落本‐猫謝羅子〕、「仮名家(かなや)さまへ入(イ)らしって」〔人情本・清談若緑‐三・一六回〕、「何処へいらしたか存んじません」〔花間鶯〈末広鉄腸〉中・八〕、「実家(さと)の方から絶交されて入らっしたのであった」〔桑の実〈鈴木三重吉〉二〕など。
(5)誤って「居る」に類推して、「ゐらっしゃる」と表記されたものも見られる。
(6)「ていらっしゃる」が「てらっしゃる」となる場合もある。「待ってらっしゃいましよ」〔桑の実〈鈴木三重吉〉〕など。
「いらっしゃい」という形ですと、母親が子供に「遅れるといけないから早くいらっしゃい」のように、「お行きなさい」の意味で使うこともあり得る。 
[注意]「くださる」「おっしゃる」「なさる」との類似性がある。

次に「いらっしゃいませ(まし)」は「いらっしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の命令形(まし・ませ)がついたもので、

いらっしゃい‐ませ 〔連語〕
(動詞「いらっしゃる」の連用形のイ音便に、丁寧の助動詞「ます」の命令形の付いたもの)
(1)「いらっしゃい(1)」の丁寧な表現。
(2)あいさつのことば。「いらっしゃい(2)」の丁寧な表現。

 「いらっしゃいませ(まし)」はお客などを迎えるための言葉としても用いられることが多いようです。

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎ...続きを読む

Q尊敬語?謙譲語?丁寧語?

先日会社で外からかかってきたお客様からの電話に出た時の
応対についての質問です。

お客様が山田部長に「4時に家に来て欲しい」と伝えて欲しい、という内容でした。

私は「かしこまりました。山田に4時にお伺いするようお伝えいたします」と答えました。

するとそれを聞いていた課長が「お伝えします」というのは
山田部長に対する謙譲語だから、山田部長を上に上げてることに
なるのでおかしい、と言うのです。

「お伝えします」は謙譲語じゃないでしょ~?と
思いましたが・・・

「山田に伝えます」が正しいと言われました。

伝えるのは「お客様の言葉」なので、私は「お伝えいたします」
でもいいと思うのですが、間違ってますか?

Aベストアンサー

まずは「お~します」はその通り、謙譲語でなく尊敬語ですね。

まずは、敬語の基本を簡単に。
敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語があるのはご存知ですね。
尊敬語は、相手の動作に対して表現するものです。
謙譲語は、自分の動作に対してです。(身内もここに入れます)
丁寧語は、です。ます。ございます。

問題の「お伝えいたします」は、動作主が誰かを考えればわかりますね。
伝えるのは、あなた。つまり謙譲語を使わなくてはなりませんから、ここでは間違い。No.1の方が書いている通り「申し伝えます」が正解ですね。課長の言う「山田に伝えます」も正しいですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報