色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

アメリカの要人が来日するとき,「次官補代理」という役職や「次官補代理代行」という役職をよく見かけます。直訳したもので,局(長)や部(長)がいないのは理解できるのですが,何故こんな「変な」名称なんでしょうか。
また,日本の官庁と対比させた場合,「次官補」=局長,「次官補代理」=部長,「次官補代理代行」=課長,という感じで捉えればいいのでしょうか。

gooドクター

A 回答 (2件)

参考程度に


国務省(外務省)
Secretary of state (大臣)1人
Deputy secretary (副大臣)1人
Counselor (アドバイザー)1人
Under secretary (次官) 複数人
Assistant Secretary =次官補 (局長)
Acting Assistant Secretary =次官補代行 (局長)
Deputy Assistant Secretary =次官補代理(副局長)
Acting Deputy Assistant Secretary =次官補代理代行(副局長)
「Acting」は名前の通り、例えば職位の部長が職制の局長の仕事をしているということ、だから権限は局長と同じ。代理、代行はややこしすぎるね。訳が良くないかもね。
日本の省庁と違い担当別に次官にあたる人がいるので局長も沢山いるということですね。国務省のホームページを参考にしてみてください。
http://www.state.gov/r/pa/ei/rls/dos/1718.htm
http://www.state.gov/documents/organization/4308 …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
また,HPもお教えいただきお手数をおかけいたしました。
何故か日本のHPを見ても,次官補とか次官補代理についての説明がなく困惑していたところです。
しかし,ご指摘のように多少の誤解があっても,日本のマスコミは「局長」とか「副局長」と訳したほうがわかりやすいと思うのですが。

お礼日時:2005/10/19 09:09

 国務省の日本関係のラインは、上から以下の様です。



ライス長官
ゼーリック副長官
バーンズ次官(政治担当)
ヒル次官補(東アジア・太平洋担当)
リビア筆頭次官補代理(同)
シュライバー次官補代理(同)
ストラゥブ日本部長

 次官補の任命は大統領が行い、議会開会中は議会承認が必要です。したがって、日本の局長より少し上の格と見ることもできそうです。

(参考)
 Secretary Defense  国防長官
 Assistant Secretary of Defense 国防次官補
 Deputy Assistant Secretary of Defense
 国防次官補代理
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
日本でも同じですが,同様な役職が複数あると,責任権限が紛らわしいですね。

お礼日時:2005/10/19 09:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング