自営業で青色申告ですが、営業用の車を売却しました。
任意保険が売却に際し年払にしていたため、少し戻ってきましたが、
現金で払い戻ししてもらいました。
支払いのときは、科目は、損害保険として、経費にあてたのですが、
戻ってきた場合どのような、科目で、記帳するのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の2つの方法があり、どちらでもかまいません。



1.損害保険の戻りとして処理する。
2.雑収入で処理かる。

仕訳は、 借方 貸方
1. 現金 **** 損害保険 ****
2. 現金 **** 雑収入 ****

と、なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前回に続きどうも、ありがとうございます。
どちらでもいいんですね。

お礼日時:2001/11/21 23:53

>どちらでもいいんですね。



金額的に大きくないので、どちらの処理方法でもかまいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
ちょっと、変わったことになると、戸惑ってしまうので、
もう少し勉強しないといけないんですが、なかなか・・・。

お礼日時:2001/11/22 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経費精算されて戻ってきた現金の科目は?

はじめまして。
今までお金についての管理が出来ていなくて計画性ゼロだったのを反省し、
新年を迎えキリが良いこともあり、出納帳をつけ始めた者です。
そこで、まずぶち当たってしまったのが立替えていた経費が精算され、
戻ってきた「その現金の科目について」です。

科目が何になるのか知識をお持ちの方、ご教授ください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 家計簿の知恵をお求めであるならば、「立替金」でしょう。

 会社内の経理上での現金出納帳であるあらば、すでに#NO1の回答者がご説明下さっている通りです。

 個人として会社の経費を立替えていたならば、出金時・入金時ともに立替金となります。
(先にご自分が、経費の立て替えをする場合です。)
 一度立替えたつもりの経費が、請求時に認められず自己負担になったならば、その時点で科目を考えてはどうでしょうか?
 例えば、得意先まわりでのコーヒー代を会議費として請求したけれど認められなかった場合は、交際費にするとか、お得意先の社長が監修したり執筆した本を得意先の店舗にておつきあいで購入したが経費で認められなかった場合は、図書費にするとか考えられるのでは?
 これは家計簿内の経費科目の振り分けですので、普通の会社の簿記のように厳密な科目設定をする必要はないでしょう。

 ご参考に。

Q必要経費は現金で戻ってくるのですか?それとも控除されるのですか?

個人でWEB製作の業務請け負いをしています。交通費がかかるのでほしいのですが、必要経費は現金で戻ってくるのですか?それとも所得などから控除されるのですか?又、PCを経費で買いたいのですが、来年になって経費として認められない・・などとなったら心配です。確実に経費になるならほしいのですが、それ以外ならすこし余裕を持ってから買おうかなと思っています。購入するときに確実に経費とするかわかる制度?申請?などはないのですか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自営の場合の利益は事業所得として課税されます。

事業所得は、収入から始業に必要な経費を引いた額が利益(事業所得)となります。
このように経費については、他から支払っても貰うのではなく、利益から控除されて税金が少なくなるのです。

事業所得から、基礎控除38万円・配偶者控除・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合に確定申告が必要になります。

経費については、光熱費など生活と共通するものについては、使用面積比など合理的な基準で按分して、事業分は経費として処理できます。
又、パソコンなどの備品は、10万円以下なら購入時の経費に、10万円以上20万円以下なら3年間で均等償却となります。
但し、今年購入したもので、青色申告をしていれば、30万円以下の場合は、一括して購入時の経費に出来ます。

又、賃貸の場合の家賃・自己所有の場合の建物の減価償却費も使用面積比で按分して経費に出来ます。

その他、事業所得の経費については、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2210.htm

又、青色申告にすると、記帳方法によって最大55万円の青色申告特別控除など、税制上の特典があります。
青色申告の特典と申請方法は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/aosin.html

なお、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へいくと、記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.htm

自営の場合の利益は事業所得として課税されます。

事業所得は、収入から始業に必要な経費を引いた額が利益(事業所得)となります。
このように経費については、他から支払っても貰うのではなく、利益から控除されて税金が少なくなるのです。

事業所得から、基礎控除38万円・配偶者控除・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合に確定申告が必要になります。

経費については、光熱費...続きを読む

Q経費帳>資格証明書発行手数料>現金での経費入力

個人事業者(青申・複式簿記)です。

(事業に必要な)資格証明書の発行手数料を現金で振り込みをした

振り込み明細書は、あり

勘定科目は「事務用品費?」「消耗品費?」

科目は何になりますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

事務用品でも消耗品でもなく、
【支払手数料/資格証明書/現金】
でしょう。

「支払手数料」に代えて『研修費』などでも良いです。

Q「現金及び現金同等物」にはどのような勘定科目が含まれるのでしょうか?

「現金及び現金同等物」にはどのような勘定科目が含まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

「現金及び現金同等物」にどのような勘定科目を含めるかは、原則として各企業に任されています。しかし、一般的には次のように取り扱っているようです。


【現金】:
現金(外貨含む)、小口現金、普通預金、当座預金


【現金同等物】:
通知預金、三月以内に満期が到来する定期預金及び定期積金

Q損益計算書の勘定科目「損害保険料」について

(青色申告決算書)損益計算書の勘定科目「損害保険料」についてですが
19年申告分から損害保険料控除が地震保険料のみの控除となりましたが、
経費としての「損害保険料」については経費対象のままなのでしょうか?

事務所兼住居の賃貸マンションで損害保険(地震保険含む)に入っているのですが
今年から地震保険料分の「地震保険料控除証明書」しか送付されておらず
事業所部分の損害保険を経費にしてよいものか悩んでいます。
もし可能な場合は何を領収書とすればよいのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら、ご教授願います。

Aベストアンサー

>ちなみにそのときの領収書はなにをもって証明したらよいのでしょうか?
●保険料の支払いが銀行振込ならその振込明細書、口座引き落としなら領収書は不要です。つまり、なんらかの証明ができればいいです。

>青色申告の事業の経費に事業分按分した損害保険料、地震保険料。
確定申告の控除に住居分按分した地震保険料。
とすればよいのですね?
●それでいいです。
地震保険料の全てを控除側に計上する方法もあります。この場合は決算経費には地震保険料を除外しなければなりませんので、所得額ならびに控除額上限(5万円)に問題がないのなら可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報