はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

 得意先より、誤入金がありました。
とりあえず、仮受金に計上しています。
後日、返金する予定なのですが、先方より手数料は
差し引いて送金してもよいと連絡がありました。

例えば、誤入金額5,000 振込み手数料 500とすると

この場合の仕訳って・・・

誤入金時 当座預金5,000/仮受金5,000

送金時  仮受金 4,500/当座預金4,500
      仮受金 500/ ???? 500


???の科目ってどうすれば
いいのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

基本的に#2の方と同様で、次の仕訳で良いと思います。



仮受金 5,000/当座預金 5,000

もし、振込手数料だけ、別途でまとめて支払うのであれば、その時に、その分だけ手数料等の科目でなく仮受金で処理されたら良いと思います。

手数料を差し引いて送金しても良い、という事は、こちらも現に手数料を支払う訳ですので、#1の方が書かれているように収益に計上する必要はありません。
(ただ、差し引いた金額より、実際に払った振込料の方が少なければ、その差額は雑収入等で計上すべきとは思いますが)
    • good
    • 0

下記のようになります。



返金の手数料も銀行から引き落とす場合。
仮受金  5.000/ 当座預金  5.000

返金手数料を、銀行に現金で支払う場合。
仮受金  5.000/ 当座預金  4.500
          現金     500
    • good
    • 0

#2です。

補足です。
もし、振り込み手数料だけ一括処理される場合、

仮受金4500円/現金4500円
雑費  500円/現金 500円

仮受金 500円/雑費(▲)500円

こんなんでいかがでしょう?
    • good
    • 0

誤入金時はそれでよしとして、


送金時は、

仮受金(戻し)5000円/現金5000円

普通はこれでいいと思います。
現金が減ることに違いはないのですから。

気を配ってやると、
仮受金(戻し)5000円/現金4500円
            /雑費 500円

となるのでしょうか?
    • good
    • 0

通常の営業業務で得た利益ではないので、


雑収入や雑益だと思いますよ。

 最終的には、
 当座預金500/雑収入(雑益)500 

 になると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金額を間違って振込してときの仕分け

請求額 500,000できてましたが、間違って550,000振り込みました。
その後相手方より50.000返金がありました。
この場合の仕分けを教えてください。

Aベストアンサー

普段なら僕は#2様と同じ処理をします。
もし、振り込んだ日に気付いて、しかもまだ伝票を記入していなかった場合に限って#1様と同じ処理をします。

教科書どおりなら
1.振り込んだ日(過入金と気付いていない)
買掛金 550,000/現預金 550,000
2.過入金と気付いた日(過入金分を仮払金にする修正伝票)
仮払金 50,000/買掛金 50,000 過入金分の修正伝票
3.過入金分が返金された日
現預金 50,000/仮払金 50,000 過入金分返金

(おそらく相手から返金された場合、振込手数料くらいは引かれているかもしれないので、それは『雑費』や手数料関係の科目で処理すればいいでしょう。)


ただ、実際は面倒なので
1をして、2は飛ばして、入金された日に3の代わりに
現預金 50,000/買掛金 50,000 過入金分返金
として処理しています。
(#2様と同じスタイル)
ただし、月をまたぐ場合は買掛金がマイナスになってはいけないので、仮払金として振り替えて計上しておきましょう。

Q過入金の返金処理について

皆様お世話になります。
リフォーム業をしております。
マンションの修繕工事を行い、その代金を
(1)管理会社から入金があり
(2)大家さんから入金あり
で、ダブってしまい大家さんへ現金にて返金し
「過入金の返金分」として領収書をもらいました。
※大家さんからしたら過入金ではないのですが・・・(^^;
弥生会計で記帳しているのですが良い科目が見当たらず
どうしたものかと考えております。
処理の仕方をご教授頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

過入金があった場合は、通常仮受金勘定を使用します

過入金時
  現金/仮受金

返金時
  仮受金/現金

過入金時に、すでに売上または売掛金として処理してしまっている場合は
  売上(売掛金)/現金
として、売上(売掛金)のマイナス処理をすればいいと思います。

 

Q誤入金の処理の仕方を教えてください

お世話になります。個人事業主です。
先日ある取引先から「A」という誤入金がありました。

 ・現在その取引先に対して「B」という売掛金があります。  (A>B、⊿C=A-B)
 ・その取引先とは継続して取引がありほぼ毎月売掛が発生します。

取引先からAとBを相殺して⊿Cを今後の請求から差し引くように依頼されました。

その場合、今後売掛「D」が発生するときに請求書を作成する段階で⊿Cを差し引くのでしょうか?
請求書は正味の金額で作成し、入金の段階で⊿Cを差し引いてもらうのでしょうか?

仕訳としては、
(現  状)普通預金 A / 売掛金 B
             / 仮受金 ⊿C

(次請求時)売掛金  D / 売上  D
      仮受金 ⊿C / 売掛金 ⊿C

(次入金時)普通預金 D-⊿C / 売掛金 D-⊿C

で合っているでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仮受金とかややこしいことを考える必要はありません。誤入金であろうと単に売掛金の入金としておけばいいです。売掛金残高がそれだけ減る(又はマイナスになる)だけのことであり、損益には影響ありません。今後の入金が減ることで、調整が済めば残高は最終的に正しくなります。

請求書には
1.前月残高
2.今月入金額
3.今月発生額
4.今回残高(1-2+3)
5.今月請求額
などの項目があるはずなので、2には誤入金も含めて記入すればいいです。売上になるのは請求額5ではなく発生額3であり、これは取引実績通りに記入します。
仮に全額翌月払いであれば、通常月は5=3になるはずですが、今回は誤入金分を差し引いた金額を請求金額にするということになります。

Q誤入金時の仕分け

経理初心者のため、教えていただけますと幸いです。
宜しくお願い致します。

先日、お客様より請求の金額より多く入金になりました。
返金はせずに次月の分にして欲しいとの内容でした。
ただ、入金額が2ヶ月分と端数になりました。
こちらのお客様は毎月、定額の売上があります。
その際の仕分けがわからなくなってしまいました。

毎月の売上が10,000円
誤入金額が23,000円です。

  (今月)  普通預金 23,000   / 10,000 売上
                           13,000 仮受金


  (来月)  仮受金   13,000  / 10,000 売上
                           3,000 仮受金

 (再来月)  普通預金  7,000   / 10,000 売上
         仮受金   3,000  

 
 このような仕分けで良いのでしょうか。
 ご指導お願い致します。

Aベストアンサー

月末に締めて翌月20日に入金がある場合,今月を5月とすると、オーソドックスな仕訳例は以下のようになります

・4月(先月)30日
  売掛金 10,000 売上 10,000
・5月(今月)20日
  普通預金 23,000 売掛金 10,000
            前受金 13,000
・6月(来月)30日
  前受金 10,000 売上 10,000
・7月(再来月)31日
  前受金 3,000 売上 10,000
  売掛金  7,000
・8月20日
  普通預金 7,000 売掛金 7,000
・8月31日
  売掛金 10,000 売上 10,000
・9月20日
  普通預金 10,000 売掛金 10,000
・9月30日
  売掛金 10,000 売上 10,000
・・・・・・・(以下同様)・・・・・

しかしなんらかの事情は分かりませんが、毎月定額で10,000円の売上がある(変動しない)のであれば、質問に書かれた方法でも大きな問題はないでしょう。

Q振り込まれたお金を返金する場合の仕訳

ネットショップを行っています。
あるお客様より、間違えて振込をしてしまったので返金してほしい、との連絡がありました。
どうやら、別の店に振り込むところをうっかり以前購入したことのあったわたしのショップ宛に振り込んでしまった、ということらしいです。

銀行振込で返金することになりました。(振込手数料はお客様負担)

今回、4,500円の振込があったのですが、
振込手数料が210円かかります。
返金額は210円を差し引いた4,290円ということになるのですが、、
これって仕訳ではどうなりますか?

「預かり金」でいいという意見もネット上では多いのですが、今回は振込手数料があるので単純に全額返金というわけではありません。

(入金時)
普通預金 4500 / 預かり金 4500

(返金時)
預り金 4500 / 普通預金 4280
支払手数料 210

でしょうか?
でもこれだと振込手数料(支払手数料)の仕訳がおかしくないでしょうか?

Aベストアンサー

>(返金時)…
>預り金 4500 / 普通預金 4280…
>支払手数料 210 …

環境によって表示が異なるのでしょうが、「支払手数料 210」が左側というのはおかしいです。
というより、むしろ

【預り金 4,500円/普通預金 4,500円】

だけで良いです。
誤入金を返金する際の振込料は、あなたの売上に呼応する経費ではありませんから、支払手数料に計上してはいけません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
手数料を意識せず、とにかく 4,500円を返金したという仕訳だけ残しておけば良いです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q支払金額間違い、返金の際の会計処理について

いつもお世話になります。下記の場合の仕訳の方法を教えて下さい。

(1)講師の先生2名へ銀行振込にて講師料支払い。
A先生…20000円
B先生…14000円
のはずが、B先生のみ当方の計算ミスで誤って20000円振り込んでしまった。

(2)B先生へ差額返金の旨連絡し、銀行振込にて返金してもらったが、先生も金額を間違え最初に5000円のみを返金。さらに連絡し後日1000円返金。

ということで一応金額はあったのですがこの場合借方・貸方の科目どのように処理したらよいのでしょう?検索したのですが逆のパターンはよくあるみたいで(相手方が多く振り込んできた、というもの)そのトピでは仮受金、という科目で処理なさっているみたいなのですが、いまいちよくわかりません。振込手数料はひとまずお考えなしでお願いします。

当方NPO法人団体です。会計ソフトはソリマチ会計王NPOLimitedを使用しています。私自身は会計初心者、必死で簿記を勉強しながらやっているところです…。初歩的な質問かと思いますが、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

もし、B先生の口座に振り込んだ時、「報酬」という科目を使ったとしたら、
〔借方〕報酬20,000/〔貸方〕普通預金20,000

B先生から当社の口座へ振り込まれた時、「報酬」を減額します。
〔借方〕普通預金5,000/〔貸方〕報酬5,000

さらに、二回目も、
〔借方〕普通預金1,000/〔貸方〕報酬1,000

です。

「報酬」でなく「支払手数料」という科目を使ったとしたら、「支払手数料」を減額します。つまり、同じ科目の減額処理をして下さい。

Q過入金の処理について

メーカーの営業マンです。
この度、担当する事になりました得意先において
過去に何らかの事情により過入金となったままの
先がいくつかある事が判明しました。
期間は半年から一年以上前のものもあります。
こちらからは請求時に過入金分を相殺して請求している
のですがこちらの請求書通りに支払われない得意先に
ついてはそのままとなっております。

過入金の金額は得意先により5,000~50,000円程度ですがこの様な
場合どの様に処理すればよろしいでしょうか?
得意先によっては「決算を過ぎており今更返金されても
困る」と言われたところもあります。

以上乱文となってしまいましたがお知恵頂けると幸いに存じます。

Aベストアンサー

第一義的には、得意先に返還する努力をすべきでしょう。

得意先が返還に同意しないことが確認されれば、会社の利益とするしか方法はないと思います。

この場合、過入金の性格を、売上の追加と見るか、偶発的な利益と見るかですが、これは、偶発的利益と見る方が自然ではないでしょうか。

そうすれば、雑収入(消費税は不課税)として処理することになります。

他にご回答がないようなので、特に明確な根拠がある訳ではないのですが、思いつくままに書いてみました。

Q売上げの全額を返金したときの仕訳について

個人事業主で、青色申告します。

複式簿記での、仕訳についてお教えください。


(仮に下記のような場合)
売上げの入金が、5月12日に、事業用口座へ、15000円あったのですが、

諸事情により返金することになり、2日後の14日、事業用口座から全額15000円返金として支払いました。


当方にはめったにない事例で、この場合の仕訳はどのようになるのかわからず、困っています。
どなたかお詳しい方、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

個人事業ということですので、売掛金勘定を使用せず経理をしているとすると

5/12  普通預金 / 売上 15,000円
5/14  売上 / 普通預金 15,000円

ということになります。
売掛金勘定を使用しているとすると

5/12 普通預金 / 売掛金 15,000円
5/14 売上  / 普通預金 15,000円

こんなところでどうでしょうか?

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q保守契約の勘定科目

個人事業主です。

仕事で使用しているPCの保守サービス契約が期限切れになりました。
延長する場合、勘定科目は何で切ればいいでしょうか。

検索したところ「消耗品費」「修繕費」「支払保険料」など諸説入り乱れ、どれも「これが正しい!」とばかりの記述だったので、かえってわからなくなりました。

購入時は本体込みで「消耗品費」としていました。

Aベストアンサー

>青色申告用紙(手書き)に転記する時にどうしようかと悩んでいるのですが

損益計算書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/33.pdf

のことであれば、経費の項目に「保守料」と記入すればいいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング