保証料の戻りがあった場合の処理の仕方なのですが・・・

銀行からの借入を繰上げ返済した際、県の保証協会の保証料の戻りが発生しました。
ただ、この借入の保証料なのですが借入をしていた際、毎年保証料が口座より引き落としされており、経費として処理されておりました。
私が関与前からわざと経費として処理してあるようなので何らかの意図があるのかと思うのですが・・・(本来であれば保証料全額を一旦前払費用として計上して毎年按分した分を経費として処理するのでは?)

まず、今期は保証料(経費)の発生が全くない為、単に保証料(経費)の戻しとしてしまうと保証料の科目がマイナスとなってしまいます。
ですのでこの場合、科目は雑収入にするのが良いでしょうか?
もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが、こちらも合わせて教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

信用保証料の支払においては、質問者が言われるように、前払費用で会計処理するのが正しいです。


〔借方〕長期前払費用☆☆☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆☆☆

そして毎期末に、当期分の保証料を費用化します。

また、繰上返済を行って保証料の戻りがあった場合は、長期前払費用を戻す仕訳を行います。
〔借方〕普通預金◇◇◇◇/〔貸方〕長期前払費用◇◇◇◇

ですから、信用保証料の全額を費用化してしまったのであれば、保証料の戻りがあった場合は、
(1)戻り額が多額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○○/〔貸方〕前期損益修正益○○○○○
(2)戻り額が少額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○/〔貸方〕雑収入○○○○


>もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが・・

勘定科目が何であれ、信用の保証料は消費税は非課税です。消費税法基本通達6-3-1の(2)において、信用の保証料は消費税非課税と定めています。↓

消費税法基本通達6-3-1
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/ts …

従って信用保証料の戻りも消費税は非課税です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
保証料を費用にしていたのが謎?なのですが、単なる間違いという感じではなく、過去の分を見るとあえて費用に変更していたようなので・・・やはり謎です。
保証料の戻りはおおよそ3万円ほどなのでそれであれば雑収入で良いのかと思いました。
参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/11 23:40

勘定科目は、保証料の戻りでも雑収入でもどちらでもかまわないと思います。



消費税はどちらにしてもかかりません。消費税は勘定科目によって課税、不課税が決まるようなものではなく、取引が課税取引であるかどうかで決まるものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
消費税に関しても助かりました。
保証料に関してはやはり保証料項目がマイナスになりそうなので雑収入で処理しようと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/11 23:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q払い戻し手数料と振替手数料の意味が知りたいです

海外ネットオークションをたまに利用しているのですが、お金のやり取りはペイパルと言って外貨流通機関を通してやり取りしております。
簡単に言うと相手方が外国からペイパルに払うと私(日本側)が登録している日本の金融機関の口座にその代金が振り込まれるというものです。
そこで一つ問題があるんですが、日本の金融機関でそのお金を引き出す際に一律500円が手数料として差し引かれてしまいます。
その手数料の内訳は払い戻し手数料と振替手数料を足した額のようです。
金融知識に乏しい私なんでよくわからないんですが、振替手数料と払い戻し手数料の意味を簡単で構いませんので教えていただけないでしょうか。
意味もわからずに500円も持って行かれるのは納得出来ません^^;
ぜひアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>振替手数料と払い戻し手数料

振替手数料は海外から日本への送金手数料
払い戻し手数料は、(多分)自行でなく他行のための銀行口座利用払い出し手数料(例えば、ATMで銀行の預金をコンビニなど他の金融機関で払い出すとき、手数料が必要な場合がある。自行以外の仕事をただでしない)

Q銀行から借入した際の借入保証料の処理について

こんにちは。会社の経理処理について教えて下さい。
銀行から2年前に借入をして5年償却として繰延保証料という科目を計上して毎年決算時に償却していたのですが、先月借入金を期日前に全額返済したので保証料の一部が戻って来ました。
この際の処理としまして
1.戻ってきた保証料は雑収入処理をして計上してある繰延保証料は5年償却のまま毎年均等に償却していく。
2.計上している繰延保証料と相殺して差額を繰延保証料償却として計上する。
3.その他
と、考えているのですが間違っていたらと心配です。
正しい会計処理を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なんか繰延資産と混同しているように感じますが・・・
借入の保証料は借入金利息に準じたものとして扱うので
理論上、保証期間(通常借入期間となる)に渡って期間配分して
1年内に属する部分は「前払費用」、1年を超える機関に対応する部分は「長期前払費用」にすべきなんですが。
期日前返済による戻りは前払いしていた物の返金、
当然「前払費用」「長期前払費用」の戻り
しいて言えば2.の方でしょうか・・・・・・・・

Q慰謝料と損害賠償は同じ意味ですか?

不倫の慰謝料は「損害賠償」と同じ意味ですか?
奥さんが旦那さんに不倫されて、不倫相手の女性に慰謝料を請求することを
「損害賠償を請求する」という事になりますか?

Aベストアンサー

慰謝料は損害賠償の一種で、精神的な損害に対して使われるものです。
要するに損害倍所の方が範囲が広いのです。

ご質問のケースでは、どちらも正解ですが一般には「慰謝料」と表現するでしょうね。

Q銀行借入で保証協会への保証料は経費になるのですか

銀行での仕事上の借入金で保証協会に払っている保証料は、経費になるのでしょうか?

当方、
4200万円を15年借入で保証料は270万円。
この270万円を8年に分割して支払います。
(1・2年目は総額の20%、3・4年目15%、5・6年目10%
 7・8年目5%)

この場合、保証料は毎年どの様に計上していくのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

毎年、年初に支払うものと仮定します。

1年目支払:
〔借方〕長期前払費用540,000/〔貸方〕当座預金540,000

1年目決算:
〔借方〕信用保証料36,000/〔貸方〕長期前払費用36,000

2年目支払:
〔借方〕長期前払費用540,000/〔貸方〕当座預金540,000

2年目決算:
〔借方〕信用保証料36,000/〔貸方〕長期前払費用36,000
〔借方〕信用保証料38,572/〔貸方〕長期前払費用38,572

3年目支払:
〔借方〕長期前払費用405,000/〔貸方〕当座預金405,000

3年目決算:
〔借方〕信用保証料36,000/〔貸方〕長期前払費用36,000
〔借方〕信用保証料38,572/〔貸方〕長期前払費用38,572
〔借方〕信用保証料31,154/〔貸方〕長期前払費用31,154

以下、同じ

なお信用保証料は営業外費用の区分に計上します。

Q【地震保険料控除】用語の意味を教えて下さい

【地震保険料控除が創設され、所得税については平成19年以降地震保険に支払った保険料について、最高5万円の控除を受けることができるようになります】

税金の計算方法が全くわかっていないのですが、この場合例えば地震保険料として10万円支払い、5万円の控除が受けられるとすれば極々単純に考えて支払った所得税から5万円が返ってくると思えばいいのでしょうか?それとも年収(所得金額)から5万円を差し引いた金額を所得税の課税対象とするという意味なのでしょうか?
前者ならすごくお金が戻ってくるので地震保険に入ろうかなとも思いますが後者ならほとんど税金が戻ってくることはありませんのでガッカリですね。それとも控除とは他の意味があるのでしょうか
素人の質問ですがよろしくお願い致します

Aベストアンサー

所得税の控除には、所得金額から差し引かれる「所得控除」と税金から差し引かれる「税額控除」の2通りあります。扶養控除や社会保険料・生命保険料・損害保険料・医療費控除など、控除の多くが「所得控除」です。「税額控除」の代表的なものは住宅ローン控除でしょうか。

ご質問の地震保険料控除は、今までの損害保険料控除を発展させたもので「所得控除」にあたり、ご質問では後者に該当します。損害保険料控除は15000円が控除額の上限だったのが、地震保険料では50000円まで控除できるということになるようです。

Q銀行借入金の保証料を経費にする場合の記載

こんにちは。自営業での借入金の保証料を経費にできるとの事で教えて下さい。
検索すると「前払経費・長期前払経費」にするとありますが、
恥ずかしながら全くわかりません…
分かりやすく教えて頂けたらありがたいです。

借入金額 ¥8500000
保証料 ¥677040
H20・初回(25%)¥169260
H21・1年後(20%)¥135408
H22・2年後(20%)¥135408
H23・3年後(15%)¥101556
・・・・と1年に1回、7年で支払います。

20年12月19日に銀行より¥8302593入金されました。
(初回の保証料は引かれてます。)

H21に支払った¥135408を保証料として支払利息に記帳する
のは間違いですか?

お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

支払った額には前払部分が含まれているので、そのままを必要経費にはできません。

保証料の総額を、返済期間で按分します。例えば返済期間7年とした場合

677,040×12÷(12×7)=96,720・・・H21年は96,720円を必要経費とすることができます。

なお、按分方法は、他に借入残高にスライドさせる方法もありますが、計算がややこしいので上記の計算の方が手っ取り早いと思います。

Q「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。次の文章の中にわからない文があります。「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか。特に、「其方で」の意味がよくわかりません。教えてください。

「そこで、Aさんにお願いがあります。私は、あの土地(1ム)を5万元で手放したいと思っています。(この5万元には税金、売買手数料、Aさんのマージン等を抜かした金額となります。)ですのでAさんには、その金額以上で売っていただければ、(税金、売買手数料等を其方で支払っていただき)残りのお金はAさんの方で自由にしてもらってけっこうです。)」

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに良回答が出ていますので解決済みだとは思いますが、私なりに回答してみます。

この方の希望は、
1、A さんに自分の土地を売ってほしい。
2、土地をいくらで売るかは A さんに任せるが、
販売代金=「5万元」+「5万元にかかる税金、売買手数料」+「Aさんのマージン」
となるように売ってほしい。
3、その販売代金から、
「5万元」を私が貰います。
残りは、
『5万元にかかる税金、売買手数料」』+『Aさんのマージン』
です。
『5万元にかかる税金、売買手数料」』は、【其方[そちら]=A さん】が支払ってください。
残ったお金は『Aさんのマージン』ですから自由にしてもらって結構です。

ということですね。
つまり、
「高く売れば売るほど A さんのマージンは大きくなります。私は【正味で】5万元だけ手に入ればよいのです」
と言っているわけです。
 

Q借入金の保証料の経費計上について

どなたか、実際事務処理をした方がいらしたら教えてください。
金融機関からの借入金に対して代表者が連帯保証人になっているときは会社から借入金の1%を目安に代表者に支払いすることができるようです。この場合代表者個人は雑所得になるので確定申告が必要だということと、契約書を作成しておくことまではわかりました。
そこで質問です。
この借入金は何年か前からの借入金で現在残高のあるものでもいいのでしょうか?
また借入金の1%とはいつの時点の金額を指すのでしょうか?
期末残高?期首残高?借入当初額?
そして毎年保証料は支払いはできるのですか?
契約書とはいったいどんな内容なら良いのでしょうか?
詳細な知識のある方、是非お教えください。

Aベストアンサー

>この借入金は何年か前からの借入金で現在残高のあるものでもいいのでしょうか?

基本的には、会社と代表者個人との話し合いで決めます。しかし、数年前の借入金について、遡って信用保証料を払うとなると、過年度の決算の修正損を計上するのかどうか、税務当局がそれを認めるかどうか、というやっかいな問題が生じますので、会社が代表者にお願いして、過年度の信用保証料は免除してもらいましょう。今期の期首に残高があった借入金と、今期に新たに取り組んだ借入金に限定しましょう。

>借入金の1%とはいつの時点の金額を指すのでしょうか?

信用保証協会の場合は、借入当初額の基礎として信用保証料を計算します。そして、融資実行時点で保証料を徴収します(保証料先取り)。信用保証料の性格を考えると、この手続きは正しいと思います。

しかし、会社と代表者という特殊な関係を考えると、保証料後取りで良いのではないでしょうか。ですから、当期の期末の時点で、期中の平均残高に1%を掛け算して、年間保証料を算出し、支払います。

>毎年保証料は支払いはできるのですか?

できます。信用保証料は毎月支払う性質のものではなく、信用保証協会においても、融資実行時点で全期間分の保証料を徴収する場合もあります場、数年に一度、分割徴収するケースもあるようです。

>契約書とはいったいどんな内容なら良いのでしょうか?

借入を取り組むごとに契約するのではなく、包括契約が良いのではないでしょうか。

(1)会社(A)が金融機関から受ける融資金について代表者(B)が連帯保証をした場合、AはBに信用保証料を支払う。
(2)信用保証料の料率は年1パーセントとする。
(3)信用保証料の計算対象期間は、Aの会計期間とする。
(4)信用保証料は、年に一回、計算対象期間の末日(金融機関またはAの休日である場合は、前日)に支払う。
(5)信用保証料の額は、次の算式に拠って算出する。
〔信用保証料の額〕=〔計算対象期間における融資金平均残高〕×1%

>この借入金は何年か前からの借入金で現在残高のあるものでもいいのでしょうか?

基本的には、会社と代表者個人との話し合いで決めます。しかし、数年前の借入金について、遡って信用保証料を払うとなると、過年度の決算の修正損を計上するのかどうか、税務当局がそれを認めるかどうか、というやっかいな問題が生じますので、会社が代表者にお願いして、過年度の信用保証料は免除してもらいましょう。今期の期首に残高があった借入金と、今期に新たに取り組んだ借入金に限定しましょう。

>借入金の1%とは...続きを読む

Q源泉票の個人年金保険料支払額の意味は?

源泉票や保険料控除申告書に支払保険料を記入しますが、上限額があります。ですが、個人年金保険料支払額を記入する欄もありますが、控除額に関係のない金額をわざわざ記入する必要があるのでしょうか? この欄の意味は何かあるのでしょうか? ご存知の方、教えてください。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

源泉徴収票の記載欄の事でしたね、失礼しました。

推測にはなってしまいますが、個人年金の控除に関しては、後からできた制度で、それ以前は一般分のみしか控除できなかったのですが、別枠で控除できるようになったため、生命保険料控除額が5万円より多い場合も、個人年金をこれだけ支払っているから、そういう訳ですよ、というのを示すために、わざわざ欄を設けたのでは、と思います。
で、なぜか、それが導入当初だけではなく、現在まで続いている、という感じと思います。
(ひょっとしたら損害保険料もそういう趣旨かもしれません)

Q借入金 保証料返金の処理

青色申告、個人自営業です。

融資500万を受けました。
そこから保証料と1年前に借りている200万の残高を差し引かれています。
その200万の残高に対する保証料が返金されるのですが、その保証料の処理を教えてください。
200万借り入れの際は、保証料は雑費で処理しているのですが・・・
それが戻ると雑収入になるのですか?
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

雑費で処理しているのなら
戻ったときは雑収入としてください。

なお、信用保証料は発生時点で一括経費にはできません。
これについてわかりやすいURLがありました。
ご参照ください。
http://www.maps-keiri.gr.jp/siwake/3.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング