充当金取崩しによる納付とは、前期に払っていない前期の法人税を今期に支払う時に該当。
(前期が終わらないと決算が出来ないので、前期に前期の確定した法人税は払えない)

損金経理による納付とは、預金利息の源泉徴収税の様に今期の利益に今期税を支払った場合に該当。

この認識で合っていますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>「預金利息に対する源泉徴収された税」には源泉所得税の他に、都道府県民税の利子割もあります。

これも「法人税等」で勘定した場合、「充当金取崩しによる納付」③に記載、ただし38の金額には含めないという事で良いでしょうか。

ご認識のとおりです。ご質問のケースの場合、都道府県民税の利子割は、その他の損金不算入欄でなく利子割欄で処理します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/15 11:06

ご質問の認識は、合っていると思います。



>私が参考にしている本の別表5(2)の記載例では、29 源泉所得税で「当期発生税額②」=「充当金取崩しによる納付③」=72,900となっており、さらに「納税充当金の計算」の「取崩額」の「その他」の「損金不算入のもの」38が72,900となっています。この「損金不算入のもの」38の72,900は預金利息に対する源泉徴収された税ではない、ということでしょうか?

ご質問のケースでの38の金額は「預金利息に対する源泉徴収された税」です。下記サイトに明記されているとおり、「充当金取崩しによる納付③」の金額は「損金不算入のもの38」に転記されます。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「預金利息に対する源泉徴収された税」には源泉所得税の他に、都道府県民税の利子割もあります。これも「法人税等」で勘定した場合、「充当金取崩しによる納付」③に記載、ただし38の金額には含めないという事で良いでしょうか。

お礼日時:2016/03/13 16:53

「その他」は、私は本を見てないので分かりません。

    • good
    • 0

No.2です。



まず、一般論を書きます。その方が話をし易いので。

法人の所得に賦課される税金群を一括して「法人税等」の科目で処理します。
※法人税等:法人税、法人事業税、法人都道府県民税など・・

預金利息は所得の一部ですから、預金利息から天引きされる源泉所得税は、法人税等の「仮払い」です。

ですから、例えば定期預金の利息が普通預金に振り込まれた場合の仕訳は、例えば、

①一番良いのは、
〔借方〕普通預金 800/〔貸方〕受取利息 1,000
〔借方〕仮払税金 200/

まず仮払税金にしておいて、決算の時に、

〔借方〕法人税等 ☆☆☆☆/〔貸方〕納税充当金 ◇◇◇◇
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕仮払税金 200

として、納税充当金☆☆☆☆ から、仮払いした200円を差し引きます。納税充当金の残額が ◇◇◇◇ です。

②次に良いのは、源泉所得税は法人税等の「前払い」だと考えて、
〔借方〕普通預金 800/〔貸方〕受取利息 1,000
〔借方〕法人税等 200/

と仕訳します。決算の時には、

〔借方〕法人税等 ◇◇◇◇/〔貸方〕納税充当金 ◇◇◇◇

つまり、前払いした200円を差し引いた残りの法人税等と納税充当金◇◇◇◇を計上します。

③余り、お勧めできないが、
〔借方〕普通預金 800/〔貸方〕受取利息 1,000
〔借方〕租税公課 200/
と仕訳する方法もあります(損金経理)。

損金経理した場合は、確定申告で所得の申告調整をしなければなりません。


さて、

>預金利息に対する源泉徴収された税を「法人税等」勘定にしていますが、これは別表5(2)で「損金経理による納付」⑤になるのでしょうか。

いいえ。
②源泉所得税を法人税等の「前払い」として処理する方法は「損金経理」ではありません。


>別表5(2)の下「納税充当金の計算」欄では、預金利息に対する源泉徴収された税は含めないでしょうか。

含めません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

②の場合ですと、源泉所得税は別表5(2)では「充当金取崩しによる納付③」になるのでしょうか?

私が参考にしている本の別表5(2)の記載例では、29 源泉所得税で「当期発生税額②」=「充当金取崩しによる納付③」=72,900となっており、さらに「納税充当金の計算」の「取崩額」の「その他」の「損金不算入のもの」38が72,900となっています。この「損金不算入のもの」38の72,900は預金利息に対する源泉徴収された税ではない、ということでしょうか?

お礼日時:2016/03/09 22:50

NO.3ですが、お聞きになってる質問に端的にお答えするのを忘れてました。


「この認識で合ってるかどうか」
はい、あってます。正です。

前期に租税公課として計上した分は納税充当金からの支払です。
「その支払いのために取っておいたお金」からの支払いなので、「取っておいた」ということは別の封筒に入れてるわけでして、その封筒に入れて保管してることが「充当金」というジャンルになるわけです。

「なんだかわからんけど、税金払えっていうから払ったんだよ、これが領収書」ってのは、母ちゃんも「じゃ、取っておいた封筒の中からあげるね」とは言ってくれないのです。シビアです。

「しょうがねぇな。じゃ、俺が払っておくよ」となるのですが、封筒にいれて取っておいた「母ちゃん管理のお金」からは出ませんので、自腹です。損金算入~~~となるわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

預金利息に対する源泉徴収された税は当期に発生して当期に支払い済みの為、別表5(2)では自動的に「損金経理による納付」⑤になるのでしょうか。

また、預金利息に対する源泉徴収された税は前期に「取っておいた」お金ではないので、別表5(2)の「納税充当金の計算」以下には含めないのでしょうか。

お礼日時:2016/03/09 17:28

正解が出てますが、違う言い方で説明しておきます。



前期に「租税公課 999  / 未払金  999」
と仕分けを切ってる未払金の支払いは「納税充当金から支払った」。

前期に上記の仕分けを切ってない租税を支払った場合には「租税公課 888 / 現預金  888」
となります。
租税公課が左にきてるということは「今期の損金に計上してる」という意味ですので、これは「損金経理した租税公課」となります。

納税充当金というのは、法人税法別表で使われる特有な表現です。
というのは、上記の仕分けで貸方を未払金にするか他の勘定科目にするかは「企業が選択する」ので、一つの勘定科目を別表で示さずに抽象的な概念を指してるからです。

前期に「納税用のお金だからね。それ以外に使ったらあかんよ」と封筒にいれておいたお金で支払ったら「納税充当金からの支払」です。
そうでない封筒からお金を出して納税したら、とりあえずは損金処理経理となりますので、法人税別表で調整するわけです。
 どうして調整する必要があるのか?という質問があると二度手間ですので、失礼ながら述べておきます。
法人事業税などは損金になりますので、損金経理で支払った租税として「これはダメだよ」と損金不算入にしていまう必要がないからです。
    • good
    • 0

No.1です。



回答文のうち、

「法人税等充当金(負債勘定)」を「納税充当金(負債勘定)」と読み替えて下さい。

また、

「法人税等の損金経理による納付とは、今期において前期の法人税を納付する時に、とりあえず、今期の租税公課の支払いとして会計処理することを言います」を、

「法人税等の損金経理による納付とは、前期に納税充当金(負債勘定)を計上しなかったので、今期において前期の法人税を納付する時に、とりあえず、今期の租税公課の支払いとして会計処理することを言います」と書き変えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

預金利息に対する源泉徴収された税を「法人税等」勘定にしていますが、これは別表5(2)で「損金経理による納付」⑤になるのでしょうか。

また、別表5(2)の下「納税充当金の計算」欄では、預金利息に対する源泉徴収された税は含めないでしょうか。

お礼日時:2016/03/09 17:23

法人税等の充当金取崩しによる納付とは、今期において前期の法人税を納付する時に、前期に計上した法人税等充当金(負債勘定)の支払いとして会計処理することを言います。




>(前期が終わらないと決算が出来ないので、前期に前期の確定した法人税は払えない)

その通りです。


法人税等の損金経理による納付とは、今期において前期の法人税を納付する時に、とりあえず、今期の租税公課の支払いとして会計処理することを言います。

この場合は、今期の法人税確定申告において、別表四で加算をして所得の申告調整しなくてはなりません(自己否認という)。そうしないと、今期の課税所得が不当に少なくなってしまいます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入?

損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入?

損金計上○○(損金として計上している○○?)という名称にもかかわらず、どうして損金不算入なのでしょうか?

どこか勘違いしているのだと思いますが、理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.税務申告書の別表4(所得計算)のスタートは、当期利益ですよね従って会計上損金算入した法人税等は既に控除されている金額からのスターとなります。
2.損金経理した諸税金は、会社決算上の見積により計上した金額ですので別表4で一旦税引前当期利益に戻して、加減算を行い正しい所得を計算し税率を掛算し申告納付するのです。
3.言葉の意味や参考法令はNo.1さんの通りです。

Q別表4の損金経理した納税充当金と法人税から控除される所得税について

別表4についての質問です。

私が参考にしている本には、『損金経理した納税充当金』には損益計算書の法人税等を記入するよう指示があります。またさらに、『法人税額から控除される所得税額及び復興特別 法人税額から控除される復興特別所得税額』には別表6(1)の金額を記入するよう指示があります。

預金利息に対する税を法人税等で処理しているため、損益計算書の法人税などには預金利息に対する所得税が含まれています。

また、別表6(1)の所得税額には預金利息に対する所得税が含まれています。

別表4の総額では預金利息に対する所得税が2回足されるのですが、上記の処理では帳簿の付け方か別表4の記載どちらかが間違っているのでしょうか。それとも2回足される処理で合っているのでしょうか。

Aベストアンサー

再度のご質問に対して回答したいのですが、勘違いがあるといけないので・・・出来ましたら御社の行っている仕訳を開示頂けませんでしょうか??

> 下記のサイト等には預金利息を法人税等に勘定しています。
> http://www.mezase-bokizeirishi.jp/keiri/keiri2.h …
当社で行っている仕訳

1 預金利息を計上する仕訳
 当社もそのサイトに書かれているのと同じ仕訳です。
 そのため当社では、『法人税等』に計上している金額が全て「納税充当金」とはなりません。

2 「預金利息に対する所得税等」に対する納税充当金の計上
 当社は預金利息に対する所得税(復興税なども含む)相当額を「納税充当金」に計上しておりません。
 なお、計上することに問題はないと考えます。

3 「預金利息に対する所得税等」に対する納税充当金の取り崩し
 2に書きましたように当社では計上していないので、取り崩しも発生いたしません。


◆因みに当社の「法人税等」勘定を分解すると次のようになっており、其々の内容に応じて別表4~別表6を作成しております
 ・当期に損金処理した「納税充当金」(利息に対する税は含まない)
 ・当期に取り崩した「納税充当金」(利息に対する税は含まない)
 ・預金利息に対する所得税など
 ・配当金に対する所得税など

再度のご質問に対して回答したいのですが、勘違いがあるといけないので・・・出来ましたら御社の行っている仕訳を開示頂けませんでしょうか??

> 下記のサイト等には預金利息を法人税等に勘定しています。
> http://www.mezase-bokizeirishi.jp/keiri/keiri2.h …
当社で行っている仕訳

1 預金利息を計上する仕訳
 当社もそのサイトに書かれているのと同じ仕訳です。
 そのため当社では、『法人税等』に計上している金額が全て「納税充当金」とはなりません。

2 「預金利息に対する所得税等」に対する納税充...続きを読む

Q交際費該当するか否か(飲食代5000円法人税損金

お世話になっております。
交際費に該当するか否か(飲食代5000円法人税)について、

下記のような事例の場合、どうなるのかお教えいただきたく。

顧客 2名
子会社 2名
当社(親会社) 2名

全部で10万円かかったが、親会社である当社の費用負担割合は
5000円(一人当たり2500円)

上記場合、全体としてみた場合、一人当たり 10万÷(2+2+2)>5000円

ですが、
親会社の費用負担だけを見た場合、一人当たり5000÷2<5000円
になります。

上記場合に、親会社の費用負担分5000円は、交際費に該当するのでしょうか?
それとも損金算入で問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

全部でいくらかかったかはこの際無関係ですね。
何かの会議に出た際に、参加費、食事負担代金、会費等の名目はともあれ、一人2,500円負担したということです。
その金を、出席した個人に自腹で払わせないで、貴社が負担したわけですから、諸会費、会議費などのされたらどうでしょうか。
残りの95,000円を誰が出したかは関係ないわけです。

Q税務調整で損金不算入(損金計上した法人税)

税務調整について質問させていただきます。

税務調整では、
(1)当期純利益に「益金算入・損金不算入」を加算、「益金不算入・損金算入」を減算し、所得金額を求める。
(2)所得金額に税率を掛け、法人税額を求める。
、という作業を行うかと思います。

ここで、(1)において損金不算入となる”損金計上した法人税”がある場合、(2)で税率を掛けるのかが理解できません。
なぜ、法人税に(更に)税率を掛けるのでしょうか?(法人税に更に税率を掛けているようで、理解できません)

Aベストアンサー

>ここで、(1)において損金不算入となる”損金計上した法人税”がある場合、(2)で税率を掛けるのかが理解できません。
なぜ、法人税に(更に)税率を掛けるのでしょうか?(法人税に更に税率を掛けているようで、理解できません)

思い違いをしておられませんか。

「法人税」に税率を掛けているように見えるかも知れませんが、そうではありません。「法人税と同じ額の利益」に税率を掛けているのです。

Q法人税還付と法人府民税支払

前年度の法人税等の仕訳について教えて下さい。
前年度決算では、
法人税と利子割が還付、支払うのは法人府民税と法人市民税の均等割分のみとなりました。
結果、法人税関係の仕訳は全く行われていないのですが、
今年になって還付入金、均等割支払をした時、どういった仕訳になるのでしょうか?


●法人税・利子割の還付 
 預金/雑収入

 入金時に雑収入で処理するのが正しいと理解しているのですが
 合っていますか?



●法人府民税・市民税(均等割)支払い
 法人税等/預金 ?
  または
 租税公課/預金 ?

 前年度は私が経理を担当していなかったのですが、通常、決算時に
 法人税等/未払法人税等
 と計上するものだと思っていました。
 なので、今回なぜ未払いが計上されていないのか理解出来ません。
 たとえ法人税が還付になっても、均等割の金額だけ未払いを計上するのではないですか?
 もしくは、支払うのが均等割りのみの場合、決算時に未払いを計上しない理由があるので
 しょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>たとえ法人税が還付になっても、均等割の金額だけ未払いを計上するのではないですか?
 もしくは、支払うのが均等割りのみの場合、決算時に未払いを計上しない理由があるので
 しょうか?


単なる計上し忘れです。
法人税がかからなかったから、計算する手間が省ける、、、つまり均等割りのことはどこへやら。
失念です。

>●法人税・利子割の還付 
 預金/雑収入

上記の仕訳でよいと思います。そのうえで、別表で減算すればよい。

>●法人府民税・市民税(均等割)支払い
 法人税等/預金 ?

ですね。
つまり、今年は多めに計上することになります。
決算時でも計上するわけですし。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報