充当金取崩しによる納付とは、前期に払っていない前期の法人税を今期に支払う時に該当。
(前期が終わらないと決算が出来ないので、前期に前期の確定した法人税は払えない)

損金経理による納付とは、預金利息の源泉徴収税の様に今期の利益に今期税を支払った場合に該当。

この認識で合っていますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>「預金利息に対する源泉徴収された税」には源泉所得税の他に、都道府県民税の利子割もあります。

これも「法人税等」で勘定した場合、「充当金取崩しによる納付」③に記載、ただし38の金額には含めないという事で良いでしょうか。

ご認識のとおりです。ご質問のケースの場合、都道府県民税の利子割は、その他の損金不算入欄でなく利子割欄で処理します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/15 11:06

ご質問の認識は、合っていると思います。



>私が参考にしている本の別表5(2)の記載例では、29 源泉所得税で「当期発生税額②」=「充当金取崩しによる納付③」=72,900となっており、さらに「納税充当金の計算」の「取崩額」の「その他」の「損金不算入のもの」38が72,900となっています。この「損金不算入のもの」38の72,900は預金利息に対する源泉徴収された税ではない、ということでしょうか?

ご質問のケースでの38の金額は「預金利息に対する源泉徴収された税」です。下記サイトに明記されているとおり、「充当金取崩しによる納付③」の金額は「損金不算入のもの38」に転記されます。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「預金利息に対する源泉徴収された税」には源泉所得税の他に、都道府県民税の利子割もあります。これも「法人税等」で勘定した場合、「充当金取崩しによる納付」③に記載、ただし38の金額には含めないという事で良いでしょうか。

お礼日時:2016/03/13 16:53

「その他」は、私は本を見てないので分かりません。

    • good
    • 0

No.2です。



まず、一般論を書きます。その方が話をし易いので。

法人の所得に賦課される税金群を一括して「法人税等」の科目で処理します。
※法人税等:法人税、法人事業税、法人都道府県民税など・・

預金利息は所得の一部ですから、預金利息から天引きされる源泉所得税は、法人税等の「仮払い」です。

ですから、例えば定期預金の利息が普通預金に振り込まれた場合の仕訳は、例えば、

①一番良いのは、
〔借方〕普通預金 800/〔貸方〕受取利息 1,000
〔借方〕仮払税金 200/

まず仮払税金にしておいて、決算の時に、

〔借方〕法人税等 ☆☆☆☆/〔貸方〕納税充当金 ◇◇◇◇
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕仮払税金 200

として、納税充当金☆☆☆☆ から、仮払いした200円を差し引きます。納税充当金の残額が ◇◇◇◇ です。

②次に良いのは、源泉所得税は法人税等の「前払い」だと考えて、
〔借方〕普通預金 800/〔貸方〕受取利息 1,000
〔借方〕法人税等 200/

と仕訳します。決算の時には、

〔借方〕法人税等 ◇◇◇◇/〔貸方〕納税充当金 ◇◇◇◇

つまり、前払いした200円を差し引いた残りの法人税等と納税充当金◇◇◇◇を計上します。

③余り、お勧めできないが、
〔借方〕普通預金 800/〔貸方〕受取利息 1,000
〔借方〕租税公課 200/
と仕訳する方法もあります(損金経理)。

損金経理した場合は、確定申告で所得の申告調整をしなければなりません。


さて、

>預金利息に対する源泉徴収された税を「法人税等」勘定にしていますが、これは別表5(2)で「損金経理による納付」⑤になるのでしょうか。

いいえ。
②源泉所得税を法人税等の「前払い」として処理する方法は「損金経理」ではありません。


>別表5(2)の下「納税充当金の計算」欄では、預金利息に対する源泉徴収された税は含めないでしょうか。

含めません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

②の場合ですと、源泉所得税は別表5(2)では「充当金取崩しによる納付③」になるのでしょうか?

私が参考にしている本の別表5(2)の記載例では、29 源泉所得税で「当期発生税額②」=「充当金取崩しによる納付③」=72,900となっており、さらに「納税充当金の計算」の「取崩額」の「その他」の「損金不算入のもの」38が72,900となっています。この「損金不算入のもの」38の72,900は預金利息に対する源泉徴収された税ではない、ということでしょうか?

お礼日時:2016/03/09 22:50

NO.3ですが、お聞きになってる質問に端的にお答えするのを忘れてました。


「この認識で合ってるかどうか」
はい、あってます。正です。

前期に租税公課として計上した分は納税充当金からの支払です。
「その支払いのために取っておいたお金」からの支払いなので、「取っておいた」ということは別の封筒に入れてるわけでして、その封筒に入れて保管してることが「充当金」というジャンルになるわけです。

「なんだかわからんけど、税金払えっていうから払ったんだよ、これが領収書」ってのは、母ちゃんも「じゃ、取っておいた封筒の中からあげるね」とは言ってくれないのです。シビアです。

「しょうがねぇな。じゃ、俺が払っておくよ」となるのですが、封筒にいれて取っておいた「母ちゃん管理のお金」からは出ませんので、自腹です。損金算入~~~となるわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

預金利息に対する源泉徴収された税は当期に発生して当期に支払い済みの為、別表5(2)では自動的に「損金経理による納付」⑤になるのでしょうか。

また、預金利息に対する源泉徴収された税は前期に「取っておいた」お金ではないので、別表5(2)の「納税充当金の計算」以下には含めないのでしょうか。

お礼日時:2016/03/09 17:28

正解が出てますが、違う言い方で説明しておきます。



前期に「租税公課 999  / 未払金  999」
と仕分けを切ってる未払金の支払いは「納税充当金から支払った」。

前期に上記の仕分けを切ってない租税を支払った場合には「租税公課 888 / 現預金  888」
となります。
租税公課が左にきてるということは「今期の損金に計上してる」という意味ですので、これは「損金経理した租税公課」となります。

納税充当金というのは、法人税法別表で使われる特有な表現です。
というのは、上記の仕分けで貸方を未払金にするか他の勘定科目にするかは「企業が選択する」ので、一つの勘定科目を別表で示さずに抽象的な概念を指してるからです。

前期に「納税用のお金だからね。それ以外に使ったらあかんよ」と封筒にいれておいたお金で支払ったら「納税充当金からの支払」です。
そうでない封筒からお金を出して納税したら、とりあえずは損金処理経理となりますので、法人税別表で調整するわけです。
 どうして調整する必要があるのか?という質問があると二度手間ですので、失礼ながら述べておきます。
法人事業税などは損金になりますので、損金経理で支払った租税として「これはダメだよ」と損金不算入にしていまう必要がないからです。
    • good
    • 0

No.1です。



回答文のうち、

「法人税等充当金(負債勘定)」を「納税充当金(負債勘定)」と読み替えて下さい。

また、

「法人税等の損金経理による納付とは、今期において前期の法人税を納付する時に、とりあえず、今期の租税公課の支払いとして会計処理することを言います」を、

「法人税等の損金経理による納付とは、前期に納税充当金(負債勘定)を計上しなかったので、今期において前期の法人税を納付する時に、とりあえず、今期の租税公課の支払いとして会計処理することを言います」と書き変えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

預金利息に対する源泉徴収された税を「法人税等」勘定にしていますが、これは別表5(2)で「損金経理による納付」⑤になるのでしょうか。

また、別表5(2)の下「納税充当金の計算」欄では、預金利息に対する源泉徴収された税は含めないでしょうか。

お礼日時:2016/03/09 17:23

法人税等の充当金取崩しによる納付とは、今期において前期の法人税を納付する時に、前期に計上した法人税等充当金(負債勘定)の支払いとして会計処理することを言います。




>(前期が終わらないと決算が出来ないので、前期に前期の確定した法人税は払えない)

その通りです。


法人税等の損金経理による納付とは、今期において前期の法人税を納付する時に、とりあえず、今期の租税公課の支払いとして会計処理することを言います。

この場合は、今期の法人税確定申告において、別表四で加算をして所得の申告調整しなくてはなりません(自己否認という)。そうしないと、今期の課税所得が不当に少なくなってしまいます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QQE3が終わると、金相場はどういう傾向になりますか

 今晩のFOMCではQE3(量的緩和)について
具体的な言及は無いだろうというのが大方の見方ですが
いずれは縮小、打ち切りになるのは間違い有りません。

 現在、金相場は下げ基調に有りますが
金はドルとの連動性が高いと言われています。
(間違っていたら御指摘を御願いします)
QE3終了後はドル円相場、金相場共に
どういった動きになるのでしょうか?

・米が量的緩和を止める→日本の異次元緩和は継続→円安
 ココまでは見えているのですが、ここから先がわかりません。

今、下がった金を買うべきか?
量的緩和終焉後、さらに一段と下げるのか?

過去事例も踏まえて教えて頂ければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

QE3終了後、ドル円相場がどうなるか、終了する時期も
関係してくると思われるので、現時点では分かりません。
為替は政治も絡んでくるので、予想が難しいです。

金相場については上昇すると予想しています。
その理由はQE1とQE2が終了した時、NYダウが下落したからです。
QE3終了後もNYダウは下落すると思われ、株価と相反関係にある
金価格は上昇しそうです。

質問者さんが現在、金の所有が無いのであれば、少しは
買われても良いのではないでしょうか。
私自身も金を保有してますが、まだまだ売る予定はありません。

Q別表4の損金経理した納税充当金と法人税から控除される所得税について

別表4についての質問です。

私が参考にしている本には、『損金経理した納税充当金』には損益計算書の法人税等を記入するよう指示があります。またさらに、『法人税額から控除される所得税額及び復興特別 法人税額から控除される復興特別所得税額』には別表6(1)の金額を記入するよう指示があります。

預金利息に対する税を法人税等で処理しているため、損益計算書の法人税などには預金利息に対する所得税が含まれています。

また、別表6(1)の所得税額には預金利息に対する所得税が含まれています。

別表4の総額では預金利息に対する所得税が2回足されるのですが、上記の処理では帳簿の付け方か別表4の記載どちらかが間違っているのでしょうか。それとも2回足される処理で合っているのでしょうか。

Aベストアンサー

再度のご質問に対して回答したいのですが、勘違いがあるといけないので・・・出来ましたら御社の行っている仕訳を開示頂けませんでしょうか??

> 下記のサイト等には預金利息を法人税等に勘定しています。
> http://www.mezase-bokizeirishi.jp/keiri/keiri2.h …
当社で行っている仕訳

1 預金利息を計上する仕訳
 当社もそのサイトに書かれているのと同じ仕訳です。
 そのため当社では、『法人税等』に計上している金額が全て「納税充当金」とはなりません。

2 「預金利息に対する所得税等」に対する納税充当金の計上
 当社は預金利息に対する所得税(復興税なども含む)相当額を「納税充当金」に計上しておりません。
 なお、計上することに問題はないと考えます。

3 「預金利息に対する所得税等」に対する納税充当金の取り崩し
 2に書きましたように当社では計上していないので、取り崩しも発生いたしません。


◆因みに当社の「法人税等」勘定を分解すると次のようになっており、其々の内容に応じて別表4~別表6を作成しております
 ・当期に損金処理した「納税充当金」(利息に対する税は含まない)
 ・当期に取り崩した「納税充当金」(利息に対する税は含まない)
 ・預金利息に対する所得税など
 ・配当金に対する所得税など

再度のご質問に対して回答したいのですが、勘違いがあるといけないので・・・出来ましたら御社の行っている仕訳を開示頂けませんでしょうか??

> 下記のサイト等には預金利息を法人税等に勘定しています。
> http://www.mezase-bokizeirishi.jp/keiri/keiri2.h …
当社で行っている仕訳

1 預金利息を計上する仕訳
 当社もそのサイトに書かれているのと同じ仕訳です。
 そのため当社では、『法人税等』に計上している金額が全て「納税充当金」とはなりません。

2 「預金利息に対する所得税等」に対する納税充...続きを読む

Q金の個人輸入に掛かる消費税は海外で購入した価格の8%、それとも金相場の8%のどちらでしょうか?

金の個人輸入に掛かる消費税は海外で購入した価格の8%、それとも金相場の8%のどちらでしょうか?

Aベストアンサー

CIF価格、すなわち貿易取引上の価格が基準ですから、地金相場ではなく海外での購入価格が基本です。
これに関税なども加わえて消費税の課税標準額が算定されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6563.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入?

損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入?

損金計上○○(損金として計上している○○?)という名称にもかかわらず、どうして損金不算入なのでしょうか?

どこか勘違いしているのだと思いますが、理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.税務申告書の別表4(所得計算)のスタートは、当期利益ですよね従って会計上損金算入した法人税等は既に控除されている金額からのスターとなります。
2.損金経理した諸税金は、会社決算上の見積により計上した金額ですので別表4で一旦税引前当期利益に戻して、加減算を行い正しい所得を計算し税率を掛算し申告納付するのです。
3.言葉の意味や参考法令はNo.1さんの通りです。

Q先物取引「原油」「金」の相場

株式投資をしていて 最近先物取引にも興味を持ちました。

そこで、1989年からのチャートを見ていると 現在「原油」「金」の相場が異様に高いことに気が付きました。「原油」は油田が発見されてないから・・・・「金」は金が高いからアメリカがインフレになるとか・・・・

なぜ 相場が高いのでしょうか?今後はどのようになるのでしょうか?日経平均先物にどのような影響があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ相場が高いのでしょうか?
最近の原油高は、新興国の原油需要が旺盛ということも理由のひとつですが、最大の原因は、産油国の供給不安です。
ある産油国最大の油田から、原油が出なくなってしまったそうです。だからOPECが「増産」の報道をしても、市場が反応しません。

>今後はどのようになるのでしょうか?
ゴールドマンサックスは「WTIは100ドルを超えるだろう」の強気見通しを立てています。
トレンドが崩れていないので、原油価格はおそらく、行き着くところまで行くと思います。

>日経平均先物にどのような影響があるのでしょうか?
原油価格や金価格は、直接、日経平均先物には影響を及ぼさないと思います。
世界の中心である米国の景気動向がすべてです。

Q別表4の損金の額に算入した納税充当金について

別表4の損金の額に算入した納税充当金について教えてください。
ここの欄にはB/Sの未払法人税等の額を記入するのでしょうか?

修正申告による納付をした場合や、前期に計上した未払法人税等の見積もり差異は
考慮に入れなくてもよいのでしょうか?
具体的には次のようになります。

ここでいう当期とは2010年4月~2011年3月のことです。

【単位:円】
前期B/S   未払法人税等 12,025,600
5月支払額            11,675,400
差異                  350,200
11月中間納付          20,833,400
当期確定法人税         95,486,800
当期B/S   未払法人税等 75,003,600

この他に3月に過年度の修正申告納付5,767,400がありました。

別表4の損金の額に算入した納税充当金はB/Sの未払法人税等の75,003,600になるのか
それとも、前期に計上した未払法人税等の見積もり差異350,200と修正申告を加味した
額75,003,600-350,200+5,767,400=80,420,800になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

別表4の損金の額に算入した納税充当金について教えてください。
ここの欄にはB/Sの未払法人税等の額を記入するのでしょうか?

修正申告による納付をした場合や、前期に計上した未払法人税等の見積もり差異は
考慮に入れなくてもよいのでしょうか?
具体的には次のようになります。

ここでいう当期とは2010年4月~2011年3月のことです。

【単位:円】
前期B/S   未払法人税等 12,025,600
5月支払額            11,675,400
差異                  350,200
11月中間納付   ...続きを読む

Aベストアンサー

一番簡単なのは、損金算入した納税充当金95,486,800とし、
中間納付は納税充当金取り崩し納付とすることです。
これで、
期首残高+12,025,600
損金算入+95,486,800
5月納付-11,675,400
中間納付-20,833,400
期末残高 75,003,600
となります。
税額控除になる源泉税や利子割も、「法人税・住民税及び事業税」で処理しているのなら、損益計算書の「法人税・住民税及び事業税」=損金算入した納税充当金とし、源泉税、利子割も納税充当金取り崩し納付とします。
こうすると未払法人税等残高=納税充当金残高となり、決算書と財務諸表のチェックが簡単になります。
修正申告納付分を、過年度法人税等として別科目で処理しているのなら、この分だけ損金経理納付とすれば良いでしょう。

Q金の相場について

株をはじめたばかりの者です

金(ゴールド)の関連の株を運用しようと思うのですが
金の相場はどこでみればいいのでしょうか?

金 相場
などで検索するといくつか出てきますが
取引中の株価ボードのようにリアルタイムででるサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

>取引中の株価ボードのようにリアルタイムででるサイトはないでしょうか?

わたしが知る限り無料ではないですね。

ドル建て価格(スポット=現物)の「チャートなら」ここが有名でしょうか?
http://www.kitco.com/charts/livegold.html

また、円建て金価格はそもそもリアルタイムの情報を発信しているところは先物市場くらいしかないと思います。
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/gold/

30分遅れでよければこういうソフトもあります。
http://www.commodity.co.jp/cx/chartsoftwarea/

Q別表4 5 損金の額に算入した納税充当金について

いつもお世話になっております。どうぞ宜しくお願い致します。

別表4の損金不算入 加算項目の5 損金の額に算入した納税充当金について宜しくお願い致します。

欠損金の繰越金があるため、弊社では法人税、法人事業税の納付がなく、毎年同じ金額の均等割分(¥180,000)を納付するだけで済んでおりました。

今期の期中に、事務所を異動したため、確定させた未払法人税の額がいつもと異なりました。(¥169,100)そこで次の疑問が生じてしまいました。

別表(4)の5の損金の額に算入した納税充当金は、P/Lの特別損失 法人税等とリンクしているものと思っておりましたが、法人税ソフトの説明書によると、別表5(2) 32 から転記との事です。
この金額は、当期の法人税額でなく前期の確定法人税を期中の5月末日に納付分した金額なのですが、別表4 5への記入は、¥180,000で合っているのでしょうか?それとも、今期計上した未払法人税等の ¥169,100なのでしょうか?

ご回答・考え方等ご教授頂きたくお願い致します。

Aベストアンサー

>当期の法人税額でなく前期の確定法人税を期中の5月末日に納付分した金額
これは、別表5(2) 32 ではなく
別表5(2) 35 に記載するものです。
別表5(2) 32 は、P/L末尾の法人税等の金額になります。
ですので、今回の場合
別表5(2) 31 に180,000
別表5(2) 32 に169,100
別表5(2) 35 に180,000
別表5(2) 42 に169,100
となります。

Q金相場について

世界経済が悪い割には 金相場が高騰しないのはなぜですか

Aベストアンサー

質問者様が言われているのは、最近の金相場についてということかと思います。
何年も前から見れば上昇してますが、ここ一年間は持ち合い相場。特にここ二ヶ月は狭いレンジ相場にハマっていますよね。

わたしが思うに、金は為替相場の銘柄と見てもいいと思います。
最近は南欧諸国の問題でユーロ安が進んでいますよね?相対的にドルは高くなり、ドル建ての金価格は安くなります。
ユーロは円に対しても安値を更新していますので、円建ての金も安くなります。

また、季節的な要因として夏場は「夏枯れ相場」という言葉があるように、大きな材料がない限り動きません。
投資ファンドが夏休みに入ることもあり、積極的な買いが入らないのです。買い手がいないと、いくら経済が悪くても相場は上がりません。

また、先月あたりから穀物相場が上昇しているのはご存知でしょうか。
異常気象の影響で産地で雨が降らず、穀物の状況は絶望的と言われています。
投資ファンドはこういった相場に仕掛けて利益を追求しているため、金相場はお留守になっているのではないでしょうか。


わたしの相場観ですが、金は秋まで横ばいが続くか、一回3800円割れ辺りまで下がるのではと思います。
今からすぐにどんどん上昇する材料は、ないと思います。
スパイダーゴールドシェアのETF残高の推移を見ると、これまでにもう充分買われたことがよくわかります。残高の推移は横ばいから少し減っており、利益確定が入っていることもわかります。
そのため、新たな買い手が出てこない限り、相場は上がらないのではないでしょうか?

いずれにしても金融緩和の期待も出てくるでしょうし年末にかけては上昇すると思いますが…
2000ドルが限界でしょうか…?5000円をつけるか…?
わたしは余裕を持って既に買っていますが…
こればかりはわかりませんね。

質問者様が言われているのは、最近の金相場についてということかと思います。
何年も前から見れば上昇してますが、ここ一年間は持ち合い相場。特にここ二ヶ月は狭いレンジ相場にハマっていますよね。

わたしが思うに、金は為替相場の銘柄と見てもいいと思います。
最近は南欧諸国の問題でユーロ安が進んでいますよね?相対的にドルは高くなり、ドル建ての金価格は安くなります。
ユーロは円に対しても安値を更新していますので、円建ての金も安くなります。

また、季節的な要因として夏場は「夏枯れ相場」という...続きを読む

Q法人税申告書 別表五(二)の仮払経理、損金経理はどういう場合に使用するのでしょうか

法人税申告経験0の初心者です。
「法人税、地方法人税及び復興特別法人税」に限る場合、前期で確定した金額を今期支払う事になるので、別表五(二)では常に③「充当金取崩による納付」欄を使用する事になりそうですが、④「仮払経理に寄る納付」、⑤「損金経理による納付」欄を使用するのはどのような場合でしょうか?
教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

③「充当金取崩による納付」は前期末に確定した税金を未払法人税等にしておいて、納付時に使用することはお分かりですね?④「仮払経理に寄る納付」は期中に中間申告などで税金を(とりあえず)納付したときに使用します。⑤「損金経理による納付」は前期末に確定した税金を未払計上せずに、納付した際に借方を「法人税等」などのように損金経理した際に使用します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング