【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

現在ADSLを使用していますが、この度光ファイバーへの切り替えを考えている者です。

各社のサイトを情報収集してる中で判らないことがありこちらで質問させていただきます。

光ファイバの回線終端装置としてONUという装置が必要。。。とありますが、この「ONU」と「メディアコンバータ」とは同じ意味なのでしょうか?
機器としての製品カテゴリー名のようなものがメディアコンバータで、回線終端装置としての機器名称がONUとか?

例えば文章表現として「宅内まで引き込んだ光ファイバーを“ONU”に接続し、以降をイーサネットケーブルでブロードバンドルータに接続します」というような書き方が適切なのでしょうか。ONUをメディアコンバータと読み替えても同じ意味?

個人で調べる限りでは二つは同義語のようにも感じるのですが。
ご存知の方、アドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ONUか回線終端装置を使用するのが良いでしょう。


話の内容しだいでは、間違う事が・・・。

メディアコンバータには、
無線LANイーサネットコンバータや
無線LANアクセスポイントも
モデム(電話回線やADSL回線やVDSL回線など)
入ってくると思うのです。

回答者#2のかたも言われてる、
ONU:光ネットワークユニットも
光ファイバーとイーサネット(100BASE-Tなど)
をコンバートしていますね。

converterの意味を英和辞書で
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?id=exej00 …
ひくと、変換・転換の意味を持ち、
変換器や転換器となるようですね。

メディアコンバータの中に
・ONU
・無線LANイーサネットコンバータ
・モデム
と言うのが含まれるということではないかと思います。

もっと、広く解釈すればDVDドライブやFDドライブから
紙テープリーダなどが、
変換の意味に照らせば、多岐に及ぶでしょうが、

光ファイバーを使うFTTHに限定して使う場合には、
ONU(回線終端装置)ということに成るのでしょう。

そして、光ファイバーの利用者側に付ける装置は、
回線業者の光ファイバー回線の終端だから、
その装置の事を回線終端装置と呼んでいるのでは、
と思います。

光ファイバーの利用はインターネット回線だけではないです。
家庭内LANを光ファイバーで構築する事も出来ます。

パソコンに付ける光メディアコンバータ付きLANアダプタが
有れば、完全に光ファイバーのLANが構築出来ます
が、

BuffaloのWebに
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/n …
光メディアコンバータのページがあります。
これらは、LANを光ファイバーで構築する為の物です。

しかし、100BASE-TXや1000BASE-Tの
LANを構築できる今、1Gbps以上でLANを構築する時に
しか選択がないですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

大変判りやすく親切に解説頂きありがとうございました。

お礼日時:2005/10/24 17:02

>基本的には同義語と捉え、どちらを使用しても誤りではない。

。。ということでしょうか。

同義語と捉えるのはよろしいのですが

どちらを使用しても良い と言うわけには行きません

同じような機能を実現する機器であっても、規格が同一とは限りません

FMラジオもAMラジオもラジオ放送を聞くと言う機能は同じですが、どちらでも良いわけではありません
目的に合う規格のものを選択しなければなりません
    • good
    • 2

キャリアによっても違う場合がありますし、Bフレッツでもマンションタイプかファミリータイプかによっても違います。

    • good
    • 1

NTTの場合ですが・・・


メディアコンバータは、光芯線1に対してエンドユーザ1です。
ONUの場合は、光芯線1に対してエンドユーザ32です。

基本的にメディアコンバータは、電気と光を変換する装置ですが、方式によってメディコンとONUに分けられます。

BフレッツハイパーファミリーがONU、ベーシックがメディコンって感じです。
    • good
    • 1

ONUは光伝送方式がPONの場合です。


MC(メディアコンバータ)は伝送方式がADSもしくはSS
の場合です。
伝送方式によって端末設備は名称が変わります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ちょっと専門的過ぎて判りにくかったですが(^^ゞ

お礼日時:2005/10/21 12:04

こんばんわ。



ONUとはOptical Network Unitの略称で、光回線の信号をパソコンが受けれる信号に変換する装置です。

メディアコンバータとは、ONU,DNUなのど様な、信号の変換装置の総称です。

ONU http://e-words.jp/w/ONU.html
メディアコンバータ http://e-words.jp/w/E383A1E38387E382A3E382A2E382 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
基本的には同義語と捉え、どちらを使用しても誤りではない。。。ということでしょうか。

お礼日時:2005/10/21 12:05

質問者の考えで合っています。


ただ、ONU以外にもメディアコンバータはあります。それは契約タイプによって変わってきます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
契約タイプとは?
キャリアによってその呼称が変わるということもあるのでしょうか?

お礼日時:2005/10/21 11:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QONUとMCの違い?

端末終端装置であるONUとMC(メディアコンバータ)の違い(使用方法)について教えてください。どちらも光→メタルの変換装置だと思いますが何か違いはあるのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

広義のMCは媒体を変換する装置ですが、狭義のMCは銅線で流れてきたEthernetフレームを光ファイバーに変換する装置です。
(10M用、100M用、1G用などの種類の違いはあります)

ONUとは通信事業者が提供する光ファイバを使った加入者網の終端装置を意味します。
結果的にONUは広義のMCと同じような使われ方をしますが、狭義のMCとまったく違う機器を使うことも多々あります。
※提供する加入者網の種類によってONUの機能が違います。

例えばBフレッツファミリー等はPONという技術を使って1本の光ファイバを最大32人で共有します。
共有するにはONUから制御信号を送受信して混線しないようにする必要がありますが、狭義のMCではこのような制御信号は出されてません。

逆にBフレッツベーシックでは1本の光ファイバを1人で占有できるため狭義のMCと同じような物を使ってます。

またNTTの光ファイバ加入者網にはBフレッツ以外にもたくさんの種類があり、ATM専用線などの場合はEthernet技術自体を使ってないため狭義のMCは意味を成しません。

なおNTTの場合、光ファイバを2心使う加入者網の場合はONUではなくDSUと言うようです。
INS1500(大企業用のISDN回線)なんかはDSUだと思いました。

広義のMCは媒体を変換する装置ですが、狭義のMCは銅線で流れてきたEthernetフレームを光ファイバーに変換する装置です。
(10M用、100M用、1G用などの種類の違いはあります)

ONUとは通信事業者が提供する光ファイバを使った加入者網の終端装置を意味します。
結果的にONUは広義のMCと同じような使われ方をしますが、狭義のMCとまったく違う機器を使うことも多々あります。
※提供する加入者網の種類によってONUの機能が違います。

例えばBフレッツファミリー等はPONという技術を使...続きを読む

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

Qメディアコンバータの使用方法について

工場内でLANを新規で構築します。
メディアコンバータを使用するのが初めてなので、簡単に考えていたのですが、どうもうまくいきません。

1台だけルータから約500m離れたところにあるPCにつなぐために、そのPC用にGI光ケーブルを敷設し、buffalo製のLTR2-TX-MFC2Rを2台購入しました。それ以外は、cate5のLANケーブルでPCにつないでます。

GI光ケーブルは50/125μm、マルチモード光ケーブル100BASE-FX対応です(冨士電線 層型難燃光ファイバーエコケーブル EM-FCT-G5S/6L-04-LAP-FR)
メディコンでつないだところパケットは遅いながらも通信できているようですが、WEBにつながりません。(PCにつないでネットワークのプロパティを覗きました)
また、PINGをルータへ打っても帰ってきません。
ディップスイッチは、
訳わからなかったのですが、4番目のLFP/LFP DISをLFP DISにしたところ、TP LINK/ACT緑と100緑が点灯しました

今の状態は、
ディップスイッチを、
初期状態から4番だけを変更してLFP/LFP DISをLFP DISにしています
メディアコンバータのランプは、
FX-滅 FDX/COL滅 TP LINK/ACT緑点灯 100緑点灯 PWR緑点灯
という状態です

ディップスイッチの設定でしょうか?
基本的なことがわかってないのかもしれません。
どなたか教えていただけませんでしょうか?

環境は
通信回線・・・ISDN(ブロードバンド不可能エリア)
ルータ・・・NTT IP MATE 1600RD
通信ケーブル・・・GI光ケーブル+Cate5(ストレート)
です

工場内でLANを新規で構築します。
メディアコンバータを使用するのが初めてなので、簡単に考えていたのですが、どうもうまくいきません。

1台だけルータから約500m離れたところにあるPCにつなぐために、そのPC用にGI光ケーブルを敷設し、buffalo製のLTR2-TX-MFC2Rを2台購入しました。それ以外は、cate5のLANケーブルでPCにつないでます。

GI光ケーブルは50/125μm、マルチモード光ケーブル100BASE-FX対応です(冨士電線 層型難燃光ファイバーエコケーブル EM-FCT-G5S/6L-04-LAP-FR)
メディコンでつないだ...続きを読む

Aベストアンサー

LFP 無効でTX側がリンクするということは
ファイバ側の問題かと思います。
とりあえず疑うのは
・RX,TX の接続ミス
・ファイバの伝送損失(断線含む)
でしょうか。
まずは数メートルの短いファイバでテストされることをおすすめします。
LFPは有効にしておいた方がなにかと便利なことが多いです。
両端のスイッチでファイバの障害を検出できますし。

QDSUとONUの違いは何ですか???

DSUとONUって違いは何でしょうか?
ATMサービスの場合、DSUが2芯式、ONUが1芯式ってのはわかるんですが、
「高速デジタル専用線だとDSU、DA1500、DA6000だとONU」ですよね?
この違いがわからないですけど...。
ご存知の方いますか?
(1)機器構造上の違い
(2)ネーミング時の違い
(3)役割の違い
いろいろとあるかとは思いますが、いまいちよくわかりません。
ご存知の方は是非教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネットワークエンジニアとして法人ユーザのLAN、WAN構築をしています。
専用線をひくときのDSUとONUの違いって気にしたことがなかったですねぇ(^^;

さて、
DSU=メタルケーブル
ONU=光ファイバー
と思ってる方もいますが、それは違います。

たとえば「INS1500」は光ファイバーなんですが使用するのは「DSU」です。

やはり1芯と2芯の違いではないでしょうか?

ちなみにデジタルアクセス(DA)って、実はATMなんです。しかも1芯式を使ってます。高速デジタル専用線(HSD)は2芯式だと思いました。

DAが(HSDと比べて)安い理由として、1芯式を使っているからということを聞いたことがあります。(2芯の方が高いんです)

ちなみに芯数の違いによって伝送方法が違うのはご存知ですか?
1芯式は、Passive Double Star方式。(最大44Mbps)
2芯式は、Single Star方式。(最大135Mbit/s)

業務上専用線を取り扱うことが多いので、一応「専門家」とさせていただきました。

ネットワークエンジニアとして法人ユーザのLAN、WAN構築をしています。
専用線をひくときのDSUとONUの違いって気にしたことがなかったですねぇ(^^;

さて、
DSU=メタルケーブル
ONU=光ファイバー
と思ってる方もいますが、それは違います。

たとえば「INS1500」は光ファイバーなんですが使用するのは「DSU」です。

やはり1芯と2芯の違いではないでしょうか?

ちなみにデジタルアクセス(DA)って、実はATMなんです。しかも1芯式を使ってます。高速デジタル専用線(HSD)...続きを読む

QONUとONTの違いを教えてください

ONU(Optical Network Unit)とONT(Optical Network Terminal)の違いが分かりません。
ネットや技術書で調べるとONUに関する事は詳しく載っているのですが、ONTについての情報はほとんどありません。
両方とも光回線の終端装置というところまでは分かったのですが、機器の違いについてまではわかりませんでした。
また、用語集を調べたところONUはISDNにおけるDSUと同じ役割を果たすと書かれていましたが
ONTはISDN接続に使う機器に該当するものはありますでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

すみません、おっしゃるとおり、OLTの勘違いでした。


改めて、Web上の資料を見てみると、どうも下記の様な感じがしました。

ONU : 同期通信(STM)
ONT : 非同期通信(ATM,Ethernetなど)

ただ、ATM(BPON)の加入者側の端末をONUとしている場合などもあり、
ONT ⊂ ONU なのかも知れません。

Qメタル線とは何ですか?

メタル線という言葉を聞きました。
これって何ですか?
光ファイバーでは無いという事は色んなサイト
を見て何となく分かりました。
例えば、カテゴリー5のUTPケーブルはメタル
ですか?何がメタルなのですか?

この辺の基礎的な事を教えて頂けますで
しょうか。また参考になるサイトを紹介して
頂ければと存じます。
初歩的な事だと思うのですが、よろしくお願い
いたします。

Aベストアンサー

メタルというのは、まさに金属つまり、一般の電気配線と同じ銅線で電気信号を伝える方式です。これに対して、光ファイバーは、信号をいったんレーザ光にして、
その光をガラスや特殊なプラスチックでできた光ファイバーを使って信号を使える方法です。下記を参照ください。

参考URL:http://e-words.jp/w/E58589E38395E382A1E382A4E38390E383BC.html

Qスイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いについて

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッチ(ただし、異なるセグメントにも搬送波を流す方法はある)とのことで、
上記の機能がなく、MACアドレスで識別するだけのものをスイッチングハブ、という回答をもらいました。
 VLANとは別にそういった機能をもったものがレイヤ2スイッチとのことだったのですが、この認識で正解なのでしょうか?
 色々とサイトを見て回りましたが、スイッチとレイヤ3スイッチやルータの解説などは書いてあるところはありますが、レイヤ2スイッチとスイッチングハブの違いについて書かれたサイトが見当たりませんでした。

 違いについて皆様のお知恵を拝借お願いいたします。

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッ...続きを読む

Aベストアンサー

これは言葉の言い回しだけです。
スイッチングハブとは、解釈の通りでMACアドレスを管理し、必要なポート以外にはデータを流さない装置です。
レイヤ2スイッチはMACアドレスのみ。
レイヤ3スイッチはIPアドレスまで管理しています。
世の中にはレイヤ4スイッチという装置まであります。

要はみんなスイッチングハブです。
レイヤ2スイッチは、スイッチングハブに含まれます。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qスイッチングハブとハブ(バカハブ)の違い

ハブを購入しようとしましたら、店頭にはほとんどが「スイッチングハブ」という製品ばかりです。
そこで、ルータとPCを接続する場合、スイッチングハブとストレートLANケーブルを用意し接続しても問題ないのでしょうか?
スイッチングハブとハブの違いをいろいろな説明を読みまして、バカハブ(ダブハブ)というものが必要だと思っていたのですが...?

Aベストアンサー

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線電話のような方法で用事のある人の内線電話に直接電話を掛けて呼び出す方法です。
リピーターの場合データの行き先の制御を行う必要がないのでハブ自体を安く簡単に作れますが、全端末にデータを同時に流しますから、ネットワーク自体の負荷があがり大規模なネットワークでは通信が遅くなります。一方スイッチングハブはハブ自体が宛先を制御しますからハブ自体の構造が複雑になり高価になりますが、必要な端末にしかデータを流しませんので、ネットワークの負荷は軽減されます。
以前はスイッチングハブは数万円~数十万円もしましたが近頃は数千円で買えるぐらいまで落ちてきましたので、スイッチングハブしか売っていないのです。
わざわざ同じぐらいの値段で機能の劣る製品を買う人はいないですからね。
ただ、貴方が言うルーターとPCを接続するだけならスイッチングハブはいりませんが・・・
1台だけなら全くいりませんし、今時ならルーターにハブ機能が内蔵されていますから通常4台程度はルーターだけで良い接続できます。ただ、ADSLのレンタルモデムのルータータイプの場合LANポートが1つの場合がありますので、この場合はスイッチングハブが必要です。

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線...続きを読む

Q光スプリッタ

光スプリッタとは何でしょうか。
同じデータを二つ以上に分割するのですか?
下り専用ということでしょうか。

どなたかご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.ntt.co.jp/journal/0508/files/jn200508071.pdf

の図2に書かれているように、NTTの局からは1本の光ファイバでつながっていますが、途中で枝分かれして光ファイバが増えています
この光ファイバを分岐させるためのものが光スプリッタです
下りから見れば分割しますし、上り方向に見れば光をまとめるものになります

英語のsplit(分割する)、splitter(分割するもの)が語源ですね


人気Q&Aランキング