はじめまして、初めてこの質問コーナーを利用させていただきます。今後とも宜しくお願いします。
質問ですけど、電力の自由化に伴い、この業界では、頻繁にアンシラーリーサービスのことが言われます。
そこで、アンシラーリーの語源と内容について教えて下さい。お願いします!以上

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

語源については私も不勉強で解りませんので、内容につい


てのみお話しします。

アンシラリーサービスとは、難しく云えば「送電・配電
系統側の周波数制御や電圧制御、また各種系統や発電所
故障時に対処するための予備電力確保といったサービス
と、そのコストの総称」です。

で、少し詳しく(わかりやすく)書きます。
電力は、瞬時瞬時の需要量の併せて発電(送電)する必要
がありまして、これが出来ないと周波数や電圧の増減、
最悪の場合は停電という事態になります。
そして、最近では電力自由化の流れで、独立発電事業者
IPP(Independent Power Producer)が生まれました。
ところが、彼ら発電者が需要家に送る場合、既存の電力
会社設備網(送電線等)を使うと同時に、彼らの発電
設備がトラブル等により発電不能となった場合、彼らに
代わって既存電力会社が供給しなければならない「義務」
が存在します。

で、ここで問題が発生します。
 1.需要量追従能力
    実は、需要というのは激しく・細かく変動しま
    すが、現在の技術では、発電事業者が用いる程
    の大規模施設を、これに完璧に(系統へ影響を
    及ぼさないよう)追従させるのは不可能です。
    (可能であっても、単独設備でそれを成し遂
    げるには、経済的優位さを崩すほどの設備
    コストが必要です。)
 2.予備力の待機コスト
    IPPがダウンした場合に、彼らに代わって送電
    する義務が電力会社にあるなら、電力者は常に
    一定量の供給予備力を、追従性の良い火力や
    水力で抱えておく必要がありますが、これらを
    待機させるにはコスト(設備自体を用意して
    置くコストや、効率の悪い中間負荷で設備を
    待機させておくためのロス)がかかります。

誤解を恐れずに見れば、IPPが安く電力を売れる要因の
一部は、安定供給(周波数・電圧等)の保持に必須の
これらの機能を持たないからとも機能を持たないから..
と見ることも可能でして、既存電力会社にしてみれば
「安定供給するために必要だし、その義務は我々にある
から、そのために周波数調整や電圧調整、予備力の確保
といったアンシラリーサービスを行いますが、それは
本来我々が負うべきコストでないので、IPPの方々から
徴収させていただきます」となります。

蛇足ですが、これには結構非難が有るようです。
すなわち、「電力会社はIPPが入ろうと入るまいと周波数
調整や電圧調整、予備力確保はしているはずだし、その
コストは既に一般需要家から電気料金として徴収している
はずなのに、IPPからも徴収するとは悪質な二重取り!」
と云うものです。

ところが、総量で見ると確かにこの非難も真っ当には
見えるのですが、IPPが出来たことでの送電系統の過負荷
(100しか流せない系統に、新たに100のIPPが参入すると
送電系統の増強等が必要)や、発電所建設計画への影響
(電力会社としてはIPPに併せて予備力を確保していく
必要がありますから、既存発電所の建て替え・高効率化
が阻害されますし、時によっては無理に新発電所の建設
も必要になるでしょう)も出てくることを考えると、現実
的にはこの料金は「やむを得ず」という観点が、経済的
技術的には成立します。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

大変、解りやすくご説明いただき有り難うございました。

語源の方は、私なりに文献、辞書などで調べた結果、
解らなかったのですが、以下のような結論を出してみました。

アンシラリーの綴りは、「ANCILLARY」 意味:補助的な

以上

お礼日時:2001/11/26 09:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガス業界について(vs電力業界)

私は今就職活動中の大学院1回生理系学生です。
インフラの中でもガス業界、電力業界に興味があります。
特にガス業界に興味があるのですが、電力との勝負が激化しているようで正直なところ少し不安です。

大手ガス会社でも電力会社におされてピンチなんですか?将来電力会社に吸収合併されるなんてことはありえますかね?

噂、持論、体験談などなどどんな書き込みでもいいのでみなさんの意見をお聞かせください。電力・ガスに関することならなんでもおっけいです!
他にも社内の雰囲気や働きやすさなど、何でもいいので情報がある方は書き込みをおねがいいたしますm(__)m

ちなみに私は私生活も充実させたいですが、仕事にメインで打ち込みたいと思っていますので、できるだけ上から押さえつけられるのではなく、下の意見も適度に受け入れてもらえる風通しのよい企業がいいと考えております。

関西の大阪ガス、関西電力を希望していますが、関東の情報でも結構です。
よろしくおねがいいたしますm(__)m

Aベストアンサー

某ガス会社に勤めている者です。
家庭用においては、電化攻勢の激化により競合が厳しくなっていますが、ガス販売全体を見れば、環境性が重視される昨今、産業用を中心に手堅い天然ガス需要があり、しばらくは伸びが期待できるかと思います。
また、家庭用においても、市場環境が厳しいのは事実ですが、対前年の電化率の伸びも一時期よりは下がってきている傾向にありますし、家庭用燃料電池の市場投入も相まって、やられっ放しというわけではありません。
数十年先のことまではわかりませんが、電気とガスの健全な競争はお客さまの利益につながることから、電力会社に吸収されることはないと思います。
ただし、ガス会社は電力会社に比較して、事業規模の小さい会社が多く(ガス料金の内々価格差も課題として挙げられている)、また今後LNGを安定的かつ安価に確保していくにあたっては、事業規模の大きさがメリットになるため、一部大手を除いては、ガス業界の再編に巻き込まれることになる可能性があります。
大阪ガスであれば、若手の時期から活躍が求められる、市場に敏感に反応していく会社との印象を持っています。エネルギー業界の中でも、いわゆるお役所的な会社ではないと思います。(その分忙しいとも言えそうですが。)ただ、大手ガス会社であれば、生産、供給、営業、一般管理と部門が違えば、会社が違うほど部門間の雰囲気に差があります。
これから就職活動に入られるかと思いますが、いろいろな業界をご覧になって、ガス会社のよさを感じてもらえればと思います。(少なくとも私はこの業界に入ったことを後悔していません。)
就職活動がんばってください。

某ガス会社に勤めている者です。
家庭用においては、電化攻勢の激化により競合が厳しくなっていますが、ガス販売全体を見れば、環境性が重視される昨今、産業用を中心に手堅い天然ガス需要があり、しばらくは伸びが期待できるかと思います。
また、家庭用においても、市場環境が厳しいのは事実ですが、対前年の電化率の伸びも一時期よりは下がってきている傾向にありますし、家庭用燃料電池の市場投入も相まって、やられっ放しというわけではありません。
数十年先のことまではわかりませんが、電気とガスの健...続きを読む

Q【電力自由化で得をしたのは一体誰だったのか?】 新しい電力販売会社が乱立したが、結局、顧客は既存の大

【電力自由化で得をしたのは一体誰だったのか?】


新しい電力販売会社が乱立したが、結局、顧客は既存の大手電力会社を解約して新しい電力販売会社と契約して、新しい電力販売会社は既存の大手電力会社と契約する。

ただ単に仲介会社が一社分増えただけではないのか?

さらに今はインフラ老朽化で日本のインフラは全て入れ替えないといけない時期に来ている。

既存の大手電力会社はそろそろ老朽化して交換しないといけなくなる大規模な負担をせずに切り離すことに成功した気がする。

では誰が老朽化したインフラを総交換するのだろうか?

電力会社は上手く逃げれた気がしてならない。

ガス会社ももうインフラから手が離れたので老朽化したインフラ交換費用を出さなくて良いってことですよね。

インフラの交換費用が莫大になって倒産するくらいの時間とお金が掛かる時期に分社化って日本政府は何を考えているのでしょう?

Aベストアンサー

今のところ、大口消費者がちょっぴり電気料金が安くなった程度。
一般消費者は、どこで契約しても同じようなもの。
自分に見合うセットプランの選択肢が増えた程度。

電力の自由化の目指すところは、発電、送電、売電の完全分離。
その効果が表れるには10年いや20年掛かるでしょう。

例えば、電電公社の民営化、通信の自由化により、通信分野は飛躍的に進歩を遂げました。
電力もまた、高く買ってくれるところに電力を売る。安く小売りしてくれるところで買う。そこには、色々な形態の付加価値を付ける事も可能になります。
発電業者も増えるでしょう。自然エネルギーの活用は基より、今まで無駄に捨てていた工場の排熱利用も進むでしょう。
ゴミ焼却場の排熱利用による発電の売電は既に始まっています。
さように、産業全体に及べば、すべての人に利益をもたらすのです。

Q【電力会社の火力発電の電力使用量が100%を超えても国民に電気を供給出来た本当の理由とは】 電力会社

【電力会社の火力発電の電力使用量が100%を超えても国民に電気を供給出来た本当の理由とは】

電力会社が原子力発電を全て停止して火力発電で全て賄えたのは火力発電のピーク時に火力発電の排熱を利用して動作する予備発電機としてガスタービン発電機の設備があったから使用電力量が100%になっても実は排熱を利用したサブ発電設備が裏で稼働していたのでインターネット上から国民が見れた電力使用量標準サイトのパーセンテージは100%を超えても供給量は実際には100%以上の発電量能力があったというオチだった。


で実際のところ、サブシステムのガスタービン発電の稼働率はどれくらいだったのでしょうか?

全国の原子力発電が全て停止されていたときのサブシステムのガスタービン発電稼働率を教えてください。

Aベストアンサー

・・・って言うか、サブシステムに限らず、そもそも定検中とか休眠中の発電装置まで含めたら、大手電力会社だけの生産能力(原発含む)でも、ピーク需要に対し200%くらいはあるんですよ。

原発抜きにしても、150~160%くらいかと。
その内、50~60%くらいが、定検などで止まっている結果、100%となるワケですが。
現在は売電事業者なども増加してるから、もうちょっと余裕があるでしょう。

ただ・・90%台とか100%前後の操業状態ってのは、いつ停電が発生してもおかしくない状態です。
たとえば定格10アンペアの電気器具でも、始動時はその数倍~十倍以上の電流(突入電流)が流れるので、数百アンペアも使用する大きな装置が一斉に始動したりすれば、高確率で停電します。

一方、我が国の電力供給は世界でも屈指に安定してて、産業界も民間も、ほとんど突発停電は想定していません。
すなわち、突然、大規模停電などが発生したら、どの様な事態が生じるか、想像できないのです。
大規模な突発停電により、死人が出ても、全く不思議ではありませんが、我が国はそれだけ電力に依存していると言うことです。

従い、電力会社が公表している100%とは、まず停電が起らない安定供給能力であって、「100%以上、供給できたじゃないか!」なんて言うのは、ちょっとお門違いではあります。

ある大手売電事業者の方から話を伺う機会がありましたが、「原発停止の直後、電力会社からの要請で、夏場に最大供給を行った際、90%台後半の発電を行ったが、薄氷を踏む様な思いだった」とのことでしたし。
電力会社も、定期点検の時期を遅らせるなどして、供給に必死だったことなども報道されていますが、定期点検を遅らせるのも、出力(発電量)が落ちる原因にもなるし・・。
安定供給量の100%を超えると言う事態は、かなりリスクがあります。

・・・って言うか、サブシステムに限らず、そもそも定検中とか休眠中の発電装置まで含めたら、大手電力会社だけの生産能力(原発含む)でも、ピーク需要に対し200%くらいはあるんですよ。

原発抜きにしても、150~160%くらいかと。
その内、50~60%くらいが、定検などで止まっている結果、100%となるワケですが。
現在は売電事業者なども増加してるから、もうちょっと余裕があるでしょう。

ただ・・90%台とか100%前後の操業状態ってのは、いつ停電が発生してもおかしくない状態です...続きを読む

Q電力業界(会社)が知りたい!

タイトルの通りなんですが、電力業界もしくは電力会社のことを広く知りたいと思っています。
そこで、そのようなことが詳しく記してある本、及びサイトはないでしょうか?特に、最近のニュースでもすぐに取り上げてよく更新が行われているサイトなんかがあれば教えていただきたいです。では、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電力業界の関連ニュースは「電気新聞」網羅されています。
ご覧ください。

電源開発は民営化に伴い「Jpower」に変更されています。
http://www.jpower.co.jp/

参考URL:http://www.shimbun.denki.or.jp/backnum/news/20060123.html

Q電力消費量の変動に伴う周波数の不安定化について

風力や太陽光エネルギーなどの再生可能エネルギーの利用について勉強をしておりました。
その中で、電力システムの勉強をしていたところ、需要側での電力消費量の変動により、
周波数が不安定化するとの記述がでてきました。

そこで、インターネットで調べていたところ、以下の内容を見つけました。
需要側での電力消費量が減ると発電所のタービンが速く回りやすくなり、
周波数が上がる方向にいき、
逆に、需要側での電力消費量が増えると、発電所のタービンが回りにくくなり、周波数が下がる方向にいくとのことでした。
実際には、ガバナが働き、タービンが一定の速度で回り、一定の周波数の電気が供給できるようになっているとのことでした。

そこで質問なのですが、
なぜ(どのような因果関係で)、需要側での電力消費量が減ると発電所のタービンが速く回りやすくなり、
逆に、需要側での電力消費量が増えると、発電所のタービンが回りにくくなるのか教えてください。

発電、電気システムの詳しい知識はありませんが、高校物理程度の知識は持っております。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろな考え方ができるのですが、まず、普通の交流発電機は、コイルのなかで磁石を回すことで発電をします。
そして、交流の周波数は、磁石の(1秒あたりの)回転数そのものです。

この特徴は、実は電力調整にもうまく使われているわけですが。

さて、実は、発電機というのはモーターでもあります。
発電機が発電して、自分自身のなかに電流が流れるほど、モーターとして、(発電機としての)回転とは、逆方向に回そうとする力が発生します(こちらは、モーターとしての働き)
このために、消費電力が増える→発電機のなかに大きな電流が流れる→発電機を逆方向に回そうとする→回転数が落ちる→周波数が落ちるというわけです。

一定の電力を発電している状態で、消費電力が落ちると、逆の作用で、発電機を逆方向に回す力が小さくなり、周波数が上がることになります。

さて、そのままでは周波数が変化してしまいますので、発電所では周波数を一定にするような制御を行います。
つまり、
消費電力が下がる→回転数が増えようとする→回転数を減らさないといけない→タービンへの力を小さくする→発電量も下がる
消費電力が上がる→回転数が減ろうとする→回転数を増やさないといけない→タービンへの力を大きくする→発電量も上がる

ということで、おおざっぱに言えば、一定の回転数を確保するように制御するだけで、消費電力と同じ量の発電量を提供できるという、電力調整にも使える性質なのです。

いろいろな考え方ができるのですが、まず、普通の交流発電機は、コイルのなかで磁石を回すことで発電をします。
そして、交流の周波数は、磁石の(1秒あたりの)回転数そのものです。

この特徴は、実は電力調整にもうまく使われているわけですが。

さて、実は、発電機というのはモーターでもあります。
発電機が発電して、自分自身のなかに電流が流れるほど、モーターとして、(発電機としての)回転とは、逆方向に回そうとする力が発生します(こちらは、モーターとしての働き)
このために、消費電力が増える...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報