不動産に譲渡担保権を設定するという方法は今も使われているのでしょうか?抵当権と比べるとどんな違いがあるのでしょう?またメリットや問題点についても教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

不動産 譲渡」に関するQ&A: 不動産譲渡益

A 回答 (3件)

不動産の譲渡担保は今でも実務で幅広く使われています。



抵当権との大きな違いは
●「譲渡担保」そのものは法律上の規定が無いこと。
 (慣行・判例によって担保として認められています)
●抵当権設定では所有権が移転しませんが
 譲渡担保があると所有権は債権者に移転します。

メリットについて
●一番大きなメリットは、担保設定の債権が弁済されない時の
 優先弁済のあり方についてです。
 抵当権では、通常民事執行法に基づき競売の手続きが発生しますが
 譲渡担保ではそのような手続きは不要です。迅速な優先弁済を受けることができます。

問題点について
●譲渡担保では所有権が移転しますので、
 設定された不動産を債務者が引き続き占有したい場合などには
 さらに細かく譲渡担保契約の内容を定める必要があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

抵当権だと競売手続等で面倒であるに対して、譲渡担保においてはそれは不要なんですね。不動産の譲渡担保は判例においては数多くとりあげられているが、今はあまり利用されていないみたいなことを聞いたことがあったので気になっていました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/24 12:18

 譲渡担保は抵当権と違い、動産・不動産両方を目的物として取ることができます(不動産に関しては類似の制度に仮登記担保があります)。

譲渡担保のメリットのひとつは、動産を目的物として取ることが出来るということですが、当然不動産についても利用されます。抵当権との主な違いは、目的物が債権者に移転しまうことで、このため債権者は担保回収の際に目的物を競売手続を経ることなく、即座に取得できます。

 譲渡担保の最大のメリットは、目的物を自己の占有下に置いておけるということで、これは目的物が動産の場合に最も効力を発揮します。例えば、同じ動産を担保の目的物とするものに質権がありますが、これは目的物が債権者の所有下に置かれるため、債務者は目的物を使用・収益することができません。担保物権は目的物を自己の占有下に置くことができるため、その目的物を使用・収益することができます。これが担保物権の最大の旨味でしょう。

 問題点についてですが、担保物権においては目的物の所有権を債権者に移転させてしまうため、被担保債権額(債務額)に比べて過大な経済的価値が債権者に帰属してしまう場合がままあります。債権者にとっては、非常に使い勝手が良いシステムですが、債務者にとっては旨味とともに多くのリスクをはらんでいると言えます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

譲渡担保って債権者にとっては非常に使い勝手が良い方法なんですね。抵当権だと競売手続き等が面倒だし時間がかかる一方で、譲渡担保はどうなんだろう?と気になっていました。まだ立法には至ってはいないんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/24 12:22

譲渡担保とは、簡単云いうと、担保にしようとする物件の所有権を債権者に移して、約束の期限までに債務を弁済したら、その物件の所有権を再び債務者に戻すという担保制度です。


一旦、所有権を移すことから、譲渡担保と云います。

その物件の占有権(使用する権利)まで、移す方法と占有権は移さないで、債務者が引き続き使用できる方法とが有りますが、後者の方法がよく利用されます。

抵当権との違いは、抵当権の場合は所有権までは移しませんが、譲渡担保の場合は所有権まで移しますから、債権者にとっては、債権が返済されなかった場合に、改めて所有権の移転の手続が必要ないので処理が楽です、

参考URL:http://www.tokyo-cci.or.jp/soudan/kin/ki8.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
サイトの方も参考にします。

お礼日時:2001/11/24 12:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q譲渡担保について

不動産の譲渡担保契約についてですが、
債務者が譲渡担保設定された不動産を別の債務の担保(抹消前に)に、
出来ないというのは分かるのですが、
債権者(譲渡担保設定者)は、譲渡担保で暫定的に得た債務者の不動産を
担保にして契約をするのは可能なのでしょうか?

又、可能であればいかにして行うべきなのか?
不可能であれば何故不可能なのか?
理由も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

可能です。
例えば、AがBから借金し、譲渡担保を登記原因としてAからBに所有権移転しており、BはCから借金し、Cは、B所有の不動産に抵当権を設定したとします。(これは、BとCの間ですから可能です。)
Bの不履行で、Cが抵当権実行し、Dが買い受けたとすれば、AはBから取り戻せなく、Dの所有権は確定的です。(民事執行法184条)

Q抵当物件の譲渡と抵当権の譲渡について

債務者と債権者、それぞれの立場から考えなければならず、抵当権を学んでいて混乱気味です。しかも似通った言葉が出てきて、さらに第3者弁済とか……


そこで確認したいのですが……


・抵当物件(抵当権の付いた土地や建物)を抵当権設定者が他者に譲渡する場合、抵当権者の同意は不要

・抵当権者が抵当権自体の譲渡を他人にする場合、抵当権設定者の同意は不要


この解釈で合っているでしょうか?


それから「抵当権付き債権」という場合、何を指しているのでしょうか? 土地や建物のことなのでしょうか? 抵当権者の所有する抵当権自体のことなのでしょうか?

Aベストアンサー

抵当権設定者が抵当物件(の所有権や地上権)を第三者に譲渡するに際し,
抵当権者の同意は要りません。
抵当物件(の所有権や地上権)は,抵当権が付いたままの状態で譲渡されるので,
抵当権者に不利益はないからです。

「抵当権自体の譲渡」の質問が,
被担保債権の譲渡による「抵当権の移転」を指しているのか,
それとも抵当権の優先弁済権を他の無担保債権者の利益のために譲渡する
「抵当権の譲渡」を指しているのかはっきりしないように思われますが,
前者でも後者でも,抵当権の優先弁済権の大きさに変化はないため,
抵当権設定者に不利益はありませんので,その同意は要りません。
ただし,被担保債権の譲渡(抵当権の移転)の場合には,
指名債権譲渡の対抗要件として,
債務者への通知または債務者の承諾が必要になってきます。

なお,この抵当権の扱いとは異なり,
根抵当権の譲渡は根抵当権設定者の承諾がないと効力を生じません。
抵当権の場合は被担保債権が固定されているので,
抵当権者が変わっても被担保債権額に影響はないのに対し,
根抵当権の場合は極度額という限界はあるものの,
根抵当権者が変わると被担保債権も変わるので,
根抵当権者が誰かということは非常に重要な要素だからでしょう。

「抵当権付き債権」というのは,その名のとおり抵当権が付いた債権,
つまりは抵当権の被担保債権ということです。
そして抵当権が設定されている物件,つまり担保に供されている物件は「担保物件」。
この辺りはあまり難しく考えないほうが良いように思います。

抵当権設定者が抵当物件(の所有権や地上権)を第三者に譲渡するに際し,
抵当権者の同意は要りません。
抵当物件(の所有権や地上権)は,抵当権が付いたままの状態で譲渡されるので,
抵当権者に不利益はないからです。

「抵当権自体の譲渡」の質問が,
被担保債権の譲渡による「抵当権の移転」を指しているのか,
それとも抵当権の優先弁済権を他の無担保債権者の利益のために譲渡する
「抵当権の譲渡」を指しているのかはっきりしないように思われますが,
前者でも後者でも,抵当権の優先弁済権の大きさに変...続きを読む

Q不動産譲渡担保って…

譲渡担保の設定者にとって、不動産譲渡担保のメリットって何がありますか?

Aベストアンサー

不動産質権と抵当権は、民法で認められています。

質権や抵当権を実行する際は、民事執行法の規定に
基づいて行う事になります。
ところが、実行には時間がかかるうえに目的物の
価値が低評価になる場合もあります。

対照的に、譲渡担保の実行は時間がかからず
目的物の価値が評価も良くなる任意の方法で可能となります。

また、担保物件を取得しようとする第三者が現れる
事を防ぐ意味でも利用されています。

Q根抵当権譲渡登記可能?(被根抵当権者承諾なし)

自宅の横に根抵当権設定の土地あり。被根抵当権者は残債はあるが、先祖お土地なので売らない。いかなる書類にも署名、押印しないとのこと。

根抵当権者は、もう関わりたくない。競売しない。でも私とは、金銭授受、手配した書類への署名、押印はしても良いとのこと。必要なら、今後、一切、支払請求はしないという元本確定請求書を作成しても良いとのこと。

被根抵当権者の協力は得られませんが、根抵当権者とのやりとりで、根抵当権の譲渡登記又は、所有権の仮登記、その他の手続きなどは可能でしょうか? 教えて下さい

Aベストアンサー

 御相談者がなされたいことが良く分からないのすが、下記のようなことならば可能です。詳しい手続に関しては、専門的な知識が必要なので、司法書士に相談して下さい。

 A(根抵当権設定者)は、B(根抵当権者)のためにA所有の甲土地に根抵当権を設定した。(債務者はA。元本確定期日は定めていない。)
 今般、Cは、当該根抵当権の債権の範囲に属する全ての債権をBから買い受けることになったが、当該根抵当権は元本確定前なので、そのままでは、Cは当該債権とともに当該根抵当権を取得することはできない。
 そこで、BはAに対して元本確定請求の意思表示を内容証明郵便(配達証明書付)によって行い、Aに通知が到達した。これにより当該根抵当権の元本は確定したので、BはCに被担保債権の全部を譲渡し、その旨をBはAに通知(内容証明郵便+配達証明)した。
 そして、Bの単独申請による根抵当権の元本確定登記及びB及びCの共同申請による債権譲渡を原因とする根抵当権の移転の登記をした。
 なお、AはCに対して被担保債権を返済期日までに弁済しなかったので、Cは管轄地方裁判所に担保不動産競売の申立を行った。

 御相談者がなされたいことが良く分からないのすが、下記のようなことならば可能です。詳しい手続に関しては、専門的な知識が必要なので、司法書士に相談して下さい。

 A(根抵当権設定者)は、B(根抵当権者)のためにA所有の甲土地に根抵当権を設定した。(債務者はA。元本確定期日は定めていない。)
 今般、Cは、当該根抵当権の債権の範囲に属する全ての債権をBから買い受けることになったが、当該根抵当権は元本確定前なので、そのままでは、Cは当該債権とともに当該根抵当権を取得することはでき...続きを読む

Q譲渡担保権と売買先取特権の優劣

債務者Aは債権者Bに対する債務を担保するために、自己所有の倉庫内の特定動産に譲渡担保権を設定し、Cから買い入れた(代金未払)特定動産を倉庫内に保管した。Bには譲渡担保権があり、Cには動産売買の先取特権がある。
この場合、譲渡担保権と売買の先取特権は、どちらが優先するのか?といった問題で、
民法333条により先取特権は消滅する、という解答は正しいのでしょうか。
それとも、譲渡担保は動産質権と同順位(?)で売買先取特権に優先する、という解答が正しいのでしょうか。
あるいは、売買先取特権の方が優先するのでしょうか。

Aベストアンサー

質問の譲渡担保権の性質がよくわかりませんが、おそらく集合物譲渡担保だと思われるので、これを前提にお答えします。

判例では、集合物譲渡担保権者は特段の事情のないかぎり、333条の第三取得者にあたるとされているので、質問の事例では先取特権は消滅し、譲渡担保権者が優先します。
参考判例・最判S62.11.10

Q抵当権と譲渡担保の違い

抵当権と譲渡担保の違いを教えてください。

Aベストアンサー

相違点

抵当権
法律の根拠:あり
対象:不動産のみ
所有者:抵当権設定者
担保権者の所有権処分:無効

担保物権
法律の根拠:ない。判例法(ただしほとんど扱いは抵当権と同じ。)
対象:動産・不動産・債権などすべてが対象
所有者:担保権者
担保権者の所有権処分:有効


共通点
・両方とも、約定担保権であり、かつ、非占有型の担保物権である。
・物上代位、追及効ともにあり。というか、あとはほぼ抵当権=担保物権とおもっていいじゃろう。細かい相違点はいくらでもあるがややこしくなる。。。

Q譲渡担保権者は抵当権消滅請求できる?

抵当不動産に譲渡担保権を設定した譲渡担保権者は抵当権消滅請求できるのでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

抵当権消滅請求への法改正前のテキジョに関して
「譲渡担保権を実行して確定的に目的不動産の所有権を取得しない限りテキジョ権を有しない」という判例(最判平7.11.10)があります。

Q不動産担保の抵当権抹消について

不動産担保の抵当権抹消について

抵当権抹消について質問です。
私の勉強不足もあると思いますが、ご回答いただけますでしょうか。

10年以上前、父が、父の名義で所有していた家屋と土地を不動産担保ローンとして抵当に入れました。
ほどなく父がなくなり、相続の面で親族と調整しましたが、親族(先妻の子)と折り合いが会わず、現在まで相続していません。
このほど、担保ローンを完済しました。
法務局に担保解消の手続きをしようと思いますが、相談です。

父が死亡している、相続をしていない、という状態で担保を抹消したとき(できるとすればですが)、
土地と家屋は父に戻ってくるのでしょうか。
また土地・建物の名義を私(現状の妻の子)に容易に変更したりできるのでしょうか。

※親族と折り合いが会わない理由ですが、金銭面ではなく、父に捨てられたという憎しみがあり、
後の妻である私の母や私の顔も見たくない、話もしたくないという理由です。(そのうち私どもを手にかけるそうで、ちょっと参っています。。)
父の死亡から10年たった現在、遺産を私が相続できるように親族に支払う金銭の用意は可能ですが、
会話の機会を持ってくれないので、どうにもなりません。
先妻とは40年前に正式に離婚しており、金銭面でもそのときに折り合いをつけたようです。

不動産担保の抵当権抹消について

抵当権抹消について質問です。
私の勉強不足もあると思いますが、ご回答いただけますでしょうか。

10年以上前、父が、父の名義で所有していた家屋と土地を不動産担保ローンとして抵当に入れました。
ほどなく父がなくなり、相続の面で親族と調整しましたが、親族(先妻の子)と折り合いが会わず、現在まで相続していません。
このほど、担保ローンを完済しました。
法務局に担保解消の手続きをしようと思いますが、相談です。

父が死亡している、相続をしていない、という状態...続きを読む

Aベストアンサー

抵当権の登記を抹消するための手続は、相続登記を行っていない現状では、お父様を登記権利者とする手続を行わなければならないこととなります。
しかし、故人を登記権利者とする手続はできませんので、まずは相続登記を行う必要があります。

ところで、相続登記は、「とりあえず、法定相続人の共有としておく」という手続を行うこともできます。
この手続は、法定相続人の一人が任意に行うことができますので、まずはこの手続を行うと良いかと思います。

なお、あなた一人を不動産所有者とするには、遺産分割協議を経なければなりませんので、現状ではちょっと難しそうですね・・・

Q電話加入権を譲渡担保にすることのメリット

譲渡担保について本を読んでいたら、「譲渡担保の目的物は不動産であると動産であるとを問わず、電話加入権のような無体財産権でも差し支えない」と書いてありました。
譲渡担保に供することは、「担保物を債務者に占有させたままで債権者に所有権を移すこと」だと理解していますが、電話加入権を譲渡担保にする(名義を債権者に変更する手続をする?)と、債権者が通話料金を支払うこととなり、メリットはないと考えるのですが、実際のところはどうなんでしょうか。
また、電話加入権の売買については、資格か何かが必要なのでしょうか。

Aベストアンサー

 昔は、電話加入権自体が相対的に高価で、通話料は原則的には、基本料金に含まれていました(40年以上前)。
そのような時代でしたら、譲渡担保もそれなりの意味がありました。だから、判例にもしばしば顔を出しています。判例がありますので、書籍には載ります。しかし、加入権の価値が相対的に下がり、通話料制度の変遷は、譲渡担保の成立を難しくしています。現在は、#1のように、質権の設定が中心です。
 加入権の売買については資格は要りません。しかし、それに伴なう文書の作成をして、手数料を取るのでしたら行政書士の仕事(官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること)ですので、行政書士の資格が要ります。客に単に書類を渡し書いてもらうだけでしたら資格は要りません。

参考URL:http://roppou.aichi-u.ac.jp/scripts/cgi-bin/hanrei/hanrei.exe?687

Q抵当権と譲渡担保を比較して

講義で、抵当権と譲渡担保について学んだのですが、イマイチよくわかりません。
この二つがなんとなく違うのは分かるんですが、詳しくはわかりません。
どなたかこの二つを比較して、権利間にある相違点を詳しく教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

〔抵当権〕
債務者又は第三者が担保を質権のように取り上げないで、そのまま引き続き使用させます。万一、弁済されなかった場合に競売にかけその代金から優先的に弁済を受けることができる権利です。
事例:ローンを組んで家を買ったときに設定する担保です。この抵当権のおかげで借金の担保の家に住むことができますが、返済が滞り競売にかけられないよう必死になってローンを返し続けるという図式になります。

〔譲渡担保〕
債権者(貸主)に担保の所有権を移してしまいます。当初決めた期間内に弁済できれば担保物を債務者(借主)に返すが、弁済できなかった場合は債権者=貸主が担保物を自由に処分できるという担保制度です。
ただし、実際の売却代金もしくは債権者が自己所有としたときの評価額が、借主の残債額を越えるときは差額を債務者に払わなければならないのは当然です。

譲渡担保は法律で定められたものではないのでその契約について当事者間で自由に決められる部分が多く、たとえば、担保物を債務者に使用させるかどうか自由に決められます。原則競売にかけなければ処分できない抵当権と違い処分方法も自分たちで決めることが可能です。

いかがでしょうか・・・

〔抵当権〕
債務者又は第三者が担保を質権のように取り上げないで、そのまま引き続き使用させます。万一、弁済されなかった場合に競売にかけその代金から優先的に弁済を受けることができる権利です。
事例:ローンを組んで家を買ったときに設定する担保です。この抵当権のおかげで借金の担保の家に住むことができますが、返済が滞り競売にかけられないよう必死になってローンを返し続けるという図式になります。

〔譲渡担保〕
債権者(貸主)に担保の所有権を移してしまいます。当初決めた期間内に弁済でき...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング