最新閲覧日:

デスクトップパソコンの背面に、シリアル(RS-232C)インターフェースがついていますが、未使用のままです。パソコンとパソコンをつないでファイルを転送する時に、シリアルケーブルでつなぐためらしいですが、私の場合、LANカードとLANケーブルで他のパソコンとつないでしまいました。
パソコンにはほかに、USB、i-link、プリンタインターフェース、FAXモデム、TV出力、があります。
このシリアル(RS-232C)インターフェースは、今後、何に有効利用できるのでしょうか?
将来、ADSLというインターネット接続にするときに、使用するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

RS-232Cはレガシー(遺物)デバイスと呼ばれるものの1つだったと思います。

昔はプリンタ(今でもあるけど)はたいていコレでつないでいました。
昔からの外部装置を使う身にはありがたいのですが、最新機種ならいらないと思うのも当たり前かもしれませんね。
ISDNのTAでもまだ現役で使うのがありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
以前からパソコンや周辺機器を持っている人が困らないように、
とりあえずついているのですね。

お礼日時:2001/11/24 18:39

RS-232Cは構造が簡単でほとんどの種類のマイコンとコミュニュケーションが取れるため、コンピュータや周辺機器間との通信インタフェースとしてパソコンが登場した直後から使われていました。

最近ではUSBやLANなどの高速なインタフェースが普及したために通信速度の遅いRS-232Cは利用されなくなってきています。今後これを利用した周辺機器は無くなってしまか、ずっと少なくなるでしょうね。

パソコン同士を接続するにはRS-232Cを使ったインターリンクと呼ばれる通信方式が用いられましたが、やはりLANの普及で役目は少なくなるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
LANやUSBがその役目にとって変わってしまったのですね。

お礼日時:2001/11/24 18:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報