私のサークルで飲み会がありました。その席でA君は酔った
勢いで女の子に無理矢理抱き付きました。その後サークルの
掲示板でA君はみんなから非難の集中砲火を浴びました。
僕は前々からA君が好きではなかったのでつい調子にのって
「A(本名)はセクハラ男」と書いてしまいました。いろいろ
調べると具体的な事実を書いてないので侮辱罪にあたると
思うのですがどうなんでしょう。

その後A君はサークルに疎遠になってしまいました。飲み会が
ゴールデンウィーク前で書いたのが5月の終わりなので本人も
忘れてるかなと思います。A君自身も掲示板で反論してます。
他の人も「Aは(本名)は破廉恥」など書いてたのでつい
やってしまいました。すぐに大半は削除されましたが。やっぱり
悪いですよね。どうしたらいいんでしょう。それとも半年も
経って本人もサークルとは関わりたくないと思うので
放っておいていいんでしょうか。ちなみにその後A君は
ナンパに勤しんでるそうです。だから本人も忘れたいとは
思いますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

侮辱罪」に関するQ&A: 内部通報制度と侮辱罪

A 回答 (3件)

このように壊れてしまっては人間関係を容易に修復することは不可能でしょう。

そのような困難を抱え込む人は希ですので、放置するということを選択なされると思います。

ちなみにこの人がそうだとは言い切れませんが、謝罪しなかったことなどを考慮すると根に持つ可能性もあります。プライド高い人には多いですからね。後々、この人が仕事相手として目の前に現われる可能性もゼロではないですから。

私ならば自分だけこっそり軽く謝っておき、後顧の憂いを絶っておこうなどと考えてしまいます(小市民なもので)。

この回答への補足

その後彼とは連絡をとってませんがどうやら自分が
彼を嫌っている事に気付いてないみたいです。それなのに
こっちから切り出す必要もないので放置してます。
ほとぼりが冷めるのを願うばかりです。いざとなったら
謝って許しを乞います。

補足日時:2001/11/28 02:07
    • good
    • 0

上記のような状況では「侮辱罪(刑法第231条)」「名誉毀損罪(刑法第230条)」の適用がまず考えられます。


質問では「侮辱罪」に当たるかどうかという質問ですが、「侮辱罪」は事実を摘示しなくとも公然と人を侮辱する事によって成立する罪です。事実を摘示せず、主として被害者の名誉感情を害する行為だという点が「名誉毀損罪」と異なります。(「名誉毀損罪」では事実の有無(真否)は問わないが、具体的にある事実を挙示することを要する。)
簡単に説明すると、「侮辱罪」が具体的な行為や背景を示さずに公衆の面前等で「このセクハラ野郎!」と罵るような行為となります。(言論・文書・挙動等いかなる手段によっても成立。)また「名誉毀損罪」がある具体的事実を指摘して「○○さんは~(不名誉な事)をしていた。」というような事を不特定又は多数人が認識し得るべき状態を作る行為です。(これも「侮辱罪」と同様で手段は問いません。)
質問の場合、具体的状況を指して「A(本名)はセクハラ男」と指摘したのか、ただ単に「A(本名)はセクハラ男」と罵ったのかがわからないため、どちらであるかが判断できません。ただどちらの場合も「親告罪」であるため、本人が訴えない限りは犯罪としては扱われません。また公訴時効に関しては「侮辱罪」が1年、「名誉毀損罪」が3年となっています。
なお、「名誉毀損」については刑法第230条の2で特例が規定されているため、第1項第2項に該当するなら処罰対象外となります。
いずれにせよ、法律的な解釈は全ての状況がわからない限り正確な判断は出来ません。100個の事実をもって判断してもただ1つの事実で判断が正反対になる可能性も多いのです。
具体的な状況がわからない限りは今回の事に対して結論は出せませんが、(ある意味で無責任に回答するなら)放っておけばいいのではないかと思います。万が一Aが訴えるような時があれば、その時に改めて対応すればいいのではないでしょうか?
ただし、今回のAの行為のように気にくわないことがあっても、agv6cavoさんや他のサークルのメンバーには直接の関係がないため(被害を受けていないため)、掲示板等の不特定又は多数人が認識しうるような状況での非難(悪口)は避けたほうが賢明でしょう。被害を受けた人やサークルメンバーが直接本人に言えば済む事ですから。
>サークルとしては当然の事で罪の意識は無いみたいです。
とのことですが、Aが女の子に無理矢理抱きついた事と(直接被害を受けていない)周囲の人が「侮辱」や「名誉毀損」(になるかもしれない事)をすることとは全く別問題ですから、罪の意識まではともかく、反省して今後同様の事は繰り返さないようにした方がいいのではないかと思います。
感情としてはagv6cavoさんやサークルメンバーの行動は理解できますが、法律的にはかなり自分たちのほうが不利な事をしているという事だけは認識しておいたほうがいいのでは、と思います。

この回答への補足

ありがとうございます。不幸中の幸いというか紙一重
なんですけど具体的な状況は書いてなかったと思います。
ただ単に具体的な説明をせずに「Aはセクハラ男」
と書いたと思います。拘留もしくは科料といえでも
立派な罪ですよね。掲示板で非難する事は感覚的に
普通に話すのと同じだと思ってましたが法に
触れるんですよね。これからは自分の行動が
刑事的に民事的に責任を問われる事を認識したいです。
とりあえず放っておいて本人が訴えたら謝って
訴えを取り下げてもらおうと思ってます。

本人もやましい事をしてるし、昔の仲間を
訴える事はないと思いますが。もう半年前の
話なので忘れてくれてるといいのですが。

補足日時:2001/11/25 16:33
    • good
    • 0

>具体的な事実を書いてないので侮辱罪にあたると思うのですがどうなんでしょう。



具体的な事実であったとしても、公の場で他人の名誉を傷つけると名誉毀損となります。名誉を傷つけられた当人は損害賠償を請求することができます。
当該掲示板を公の場とするかどうかの判断は分かれる可能性がありますが、サークルと疎遠になっていることを考慮すると、損害賠償の請求は可能だと思います。

但し、当該A君も女性に対するセクシャルハラスメントを行っており、このことも逆に損害賠償の請求が可能です。
A君の名誉毀損と女性に対するセクシャルハラスメントを比較すると、A君が貰うことのできる賠償金よりも支払う賠償金の方が多い(ほとんど、同等)と思います。従って、この損害賠償請求は、実行されないと考えられます。

また、損害賠償請求の消滅時効は3年(だったと思います)ですので、当該事実より3年経過することをお待ちになれば法律上は解決ということでよろしいのではないでしょうか。

A君自身も悪いのですが、サークルの方々も悪ふざけが過ぎましたね。犯罪者にも弁護士が付くわけですし、大勢で1人を攻撃することはいじめ行為ですから。サークルの方々の同意が必要でしょうが、中傷に対する謝罪をすることが人としての道だと思います。既にご質問者もそのようにお考えのことと推察いたします。

この回答への補足

ありがとうございます。確かに悪い事をしたとは思います。
しかし本人は前から他人のちょっとしたミスにも厳しいタイプで
自分とは合わないと思ってました。しかもその一件後
謝罪一つ無いです。そういう感じなので周囲の反感を買って
居辛くなったみたいです。サークルとしては当然の事で罪
の意識は無いみたいです。「そんな奴放っておけ」
という意見が大半です。これ以上干渉し合わない方が
いいのでしょうか。

補足日時:2001/11/25 12:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税金の催告書が届いたのですが、時効に影響がありますか。

 先日、市役所から住民税の催告書というものが届きました。(督促状ではありません)
 たしか、住民税は5年で時効が成立し、払わないですむと思うのですが、催告書が送られたことにより、時効は中断してしまうのでしょうか。
 催告書は市長名もありました。

Aベストアンサー

督促とは違い時効の中断とはなりません。
税金が課せられていることを知っていてなぜそれなりのアクションを起こさないのですか?例えば払えない理由をお役所に届けて分納させてもらうとか...。
まあ後半は余計なお世話ですがきちんと税金を払っている私から見れば少々納得がいかない行為なので。

では。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/book/2001/11-01.htm

Q少し有名な人の破廉恥行為をしりました

週刊誌に暴露すると犯罪になりますか?
また、その人間の所属と名前をイニシャルのみで暴露した場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

>週刊誌に暴露すると犯罪になりますか?

ネタを提供する。というレベルなら
犯罪にはならないと思いますが、

実際に事実関係を調べて、発表するのは
週刊誌側の責任ですし。

ただ、職業がら知ることができた事実を
外に漏らすと守秘義務違反というような
ことでは罪を問われることがあるかもしれませんね。
(例えば弁護士とか、警官とか)

その場合は,イニシャルでもダメでしょう。

Q時効の中断、催告について

教えて下さい。
裁判外で時効を中断させる方法として “催告”というのがありますが、不法行為(時効三年)に対してもこの催告ってできるのですか? 教えて下さい。
現在、病気療養中で裁判を始める気力がありません。

Aベストアンサー

催告は出来ますが、誤解があるかもしれませんので。

時効の中断
請求
「催告」による6ヶ月の時効の伸長について。
ただ請求書を出すという、裁判外での請求をいくら重ねても時効の中断はしません。
 しかし、完成前の「催告」(裁判外の請求、請求書などによる請求が該当しますが相手に届いていることが必要であり、その有無が争われたときは、その点を立証できなければ意味がありません。そのため催告は配達証明付きの内容証明郵便にしておくべき。)については、その催告が到達した日から6ヶ月以内に裁判上の請求等の手続きを取ることを条件に、「その到達後」6ヶ月の期間だけ時効の完成を引き伸ばすという効果が認められています。
たとえば、ある年の4月末日に時効が完成する場合、3月末日到達の催告がなされていれば、その6ヶ月後である翌年の9月末日までに訴えを提起すれば時効は中断します。(本来の時効完成時である4月末日からの6ヵ月後である翌年の10月末日ではありませんので注意してください。)
 催告による時効期間の延長は「時効完成直前の催告について1回限りのもの」で、6ヶ月ごとに繰り返せば時効の完成を引き伸ばせるものではありません。
 不測の事態もありますので、早めに対処するに越したことはないと思います。 

催告は出来ますが、誤解があるかもしれませんので。

時効の中断
請求
「催告」による6ヶ月の時効の伸長について。
ただ請求書を出すという、裁判外での請求をいくら重ねても時効の中断はしません。
 しかし、完成前の「催告」(裁判外の請求、請求書などによる請求が該当しますが相手に届いていることが必要であり、その有無が争われたときは、その点を立証できなければ意味がありません。そのため催告は配達証明付きの内容証明郵便にしておくべき。)については、その催告が到達した日から6ヶ月以内に...続きを読む

Q売ります買います掲示板で.

売ります買います掲示板で、自分の持ってるテレビ録画したものを相手に譲る場合、金品を受け取るのは犯罪になってしまう可能性はあると思うのですが、無償で譲るだけでも犯罪なってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

著作権法上で違法です。

テレビ番組の著作権者には『複製権』(第21条)が認められています。
番組録画は「複製」ですので、複製権を犯す行為です。
しかし、第五款 著作権の制限(私的使用のための複製)において、
(第30条)個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することは認められています。

ご質問のケースは「売ります買います掲示板」で公衆に公開されていますので、「家庭内その他これに準ずる範囲内」とは認められなくなります。
この際、金銭の授受は問題にはなりません。『私的使用のための複製』の範囲から逸脱した行為になるからです。

※現在地上デジタル放送機器で番組をデジタル録画するばあいに「コピーワンス制限」がかかり、
録画物を複製不可能な状態にするような信号が加わっているのは、他動的に第30条を遵守させるためのものです。
この条項には、録画物を複製しようとコピーガードを外す行為さえ禁止とうたってあります。

参考URL:http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

Q公示催告中に時効

受取手形を紛失してしまった場合、手形を無効にする為に簡易裁判所に公示催告の申立をし除権判決を得るという手続きが必要になるそうですが、もし手形紛失後、何の対策も講じず1年半以上経過してしまっている場合、公示催告(6ヶ月以上)の間に売掛金の時効(2年)をむかえることになりますが、この場合時効の中断も出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金として,訴訟を起こすことができるということです。

 手形と引換に支払えという判決がされた場合に,手形が除権判決で失権すれば,手形と引換ということもなくなって,売掛金の支払いを受けることができます。

 しかし,売掛金の支払いに代えて手形が出ている場合には,売掛金の債権は残らないとされていますので,この場合には,売掛金の時効自体が問題になりません。手形の時効が問題になるだけです。

 普通,売掛金の支払いに代えて手形を振り出すということはありませんので,基本的には,前者の取扱い(すぐ訴訟を起こす)ができるわけです。

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金とし...続きを読む

Q掲示板への公務員の個人情報の書き込み

 不特定多数の掲示板に公務員の官職・氏名等を書き込んだ場合、一般的にどの程度までならば、許容範囲なのでしょうか?(民事裁判や刑事裁判にもちこまれることはない範囲はどこまででしょうか?)
次の(1)から(6)の書き込み(文章ではなく、単に官職・氏名等の書き込みのみ)のうち、許容範囲内にあるものはどれでしょうか?

【前提】A省のB課に係長である佐藤太郎さんが在籍しているものします。
また、掲示板での当該書き込みの前後の文脈やこれまでの書き込み内容の経緯から考慮して、名字を見ただけで、個人を特定することがほぼ可能であるとします。

所属官庁・所属・官職・氏名を掲示板に書き込むケース
(1)A省B課係長佐藤太郎
(2)A省B課係長佐藤

所属・官職・氏名を掲示板に書き込むケース
(3)B課係長佐藤太郎
(4)B課係長佐藤

官職・氏名を掲示板に書き込むケース
(5)係長佐藤太郎
(6)係長佐藤

所属官庁ごとに所属・官職・氏名を掲載した職員録を作成し、販売しているところもありますので、職員録の内容を書き込むことは問題ないという理解でおりますので(1)から(6)まで全て許容範囲であるという認識でおります。

さらに質問がありますのでお願いいたします。次の(7)から(12)のうち、許容範囲内にあるものはどれでしょうか。
(7)A省B課係長佐藤太郎はXY宗教の信者であり、活動をしている。
(8)A省B課係長佐藤はXY宗教の信者であり、活動をしている。

所属・官職・氏名を掲示板に書き込むケース
(9)B課係長佐藤太郎はXY宗教の信者であり、活動をしている。
(10)B課係長佐藤はXY宗教の信者であり、活動をしている。

官職・氏名を掲示板に書き込むケース
(11)係長佐藤太郎はXY宗教の信者であり、活動をしている。
(12)係長佐藤はXY宗教の信者であり、活動をしている。

 不特定多数の掲示板に公務員の官職・氏名等を書き込んだ場合、一般的にどの程度までならば、許容範囲なのでしょうか?(民事裁判や刑事裁判にもちこまれることはない範囲はどこまででしょうか?)
次の(1)から(6)の書き込み(文章ではなく、単に官職・氏名等の書き込みのみ)のうち、許容範囲内にあるものはどれでしょうか?

【前提】A省のB課に係長である佐藤太郎さんが在籍しているものします。
また、掲示板での当該書き込みの前後の文脈やこれまでの書き込み内容の経緯から考慮して、名字を見ただけで...続きを読む

Aベストアンサー

個人を特定できる書き込みの場合、公務員といえども
掲示板に私生活の事や、名誉に関わる情報等は、それが事実であっても、民事(プライバシー権侵害)・刑事(名誉毀損)となります。
勤務先や地位には関係しません。

ただし、政治家の場合は異なります。
選挙で選ばれているので、選挙公約や政治活動だけでなく、私的な情報も、投票する上での判断材料になります。私的な情報が公開されても、事実である限り(基本的に)プライバシー権の侵害にはならないとされます。

したがって、
名簿として、あるいは公務(職務)等に関して記載するのであれば、
(1)から(6)までは保護されるべき個人情報ではないので、書き込み(公表)に問題はありません。

しかし、(7)から(12)は、公務・職務に関わる物でなく私生活に関するものなので、基本的に許容範囲内のものはありません。
公表に公益性があれば違法とはなりませんが、勤務時間中の宗教活動や公務員の地位を利用した宗教活動でない限り、公表することと公益を結びつけるのは困難です。
プライバシー権の侵害として民事裁判の可能性があります。
 

個人を特定できる書き込みの場合、公務員といえども
掲示板に私生活の事や、名誉に関わる情報等は、それが事実であっても、民事(プライバシー権侵害)・刑事(名誉毀損)となります。
勤務先や地位には関係しません。

ただし、政治家の場合は異なります。
選挙で選ばれているので、選挙公約や政治活動だけでなく、私的な情報も、投票する上での判断材料になります。私的な情報が公開されても、事実である限り(基本的に)プライバシー権の侵害にはならないとされます。

したがって、
名簿として、ある...続きを読む

Q消滅時効の中断のための催告の方法

消滅時効の中断(6か月間の延長)のための催告ですが、「・・・・の件での100万円を直ちに支払ってください。」と内容証明郵便で書いて出すだけでよいでしょうか?
それとも、「・・・・の件での100万円を直ちに支払ってください。」に続けて、「・・・銀行の普通預金 口座番号・・・に振り込んでください。」という支払方法まで書かなくてはダメですか?

Aベストアンサー

「・・・に振り込んでください。」と言うようなことは、記載してもしなくても時効中断に影響しないです。
しないですが、催告の趣旨が相手に届かないと効力は発生しないので、内用証明郵便で配達証明付きにします。
なお、「6か月間の延長のため」と言いますが、催告書が相手に届いた日から6ヶ月以内に裁判などしないと中断しないと言うことで、例えば、平成26年4月30日に時効の成立日だとすれば、6ヶ月先の10月30日になるのではなく、明日催告が届けば7月30日までに裁判などしないと、4月30日に時効は成立します。
7月30日までに裁判などすれば、4月30日が7月30日に伸びたことになります。
要は、6ヶ月ごとに何回でも催告すれば限りなく延期になることではないです。

Q掲示板の発言責任は管理者にはない?

私の出身学校のサイトがあります。
そこに様々な意見が管理人や外部から載せられるのですが間違った情報も多いです。
例えば最近の話題では現役生から
「うちは○○しか履修していないのに公表していない」とか書き込みがありましたが
書き込んだ人が知識不足なだけで実際は○○を受講していれば卒業条件は満たしています。
しかし、私のようにそれを調べて本当におかしいのかチェックする人は少なく
ほとんどの人がその書き込みを見てこの学校は履修不足と判断すると思います。

それで管理人さんに他の人が「投稿を反映させる前に事実確認を行うべき」と意見を言ったのですが
「投稿の事実確認は管理人はしていない。
承認制にしているのは誹謗中傷やプライバシーの侵害対策のため。
書き込み内容を信じるか信じないかは読者が判断すること。」
といった感じでいっこうに応じようとしません。
また、本当かは分かりませんが弁護士に指導の下でサイトは運営しているので問題ないとも言っています。

サイトの内容が間違いだらけの情報でも管理人には責任はないのでしょうか?

Aベストアンサー

掲示板の管理者の責任は「プロバイダ責任制限法」という法律に定めがあります。
(”プロバイダ”とありますが、掲示板の管理者のような個人も対象としている法律です)
そこでは、名誉棄損など他人の権利を侵害するような投稿があった場合には管理者にも責任があるとされています。
しかし投稿内容が正しいのか間違っているのかをチェックしたり修正したりする義務はありません。

ただこれはあくまで義務はない、責任は負わないということであって、修正する権利がないわけではありません。
掲示板の管理者が独自のルールや基準に基づいて投稿を制限したり、記事を削除することは別に違法でもなんでもないです。

したがって、間違った情報をどうするかは、掲示板の管理者の方針如何です。違法な投稿でないかぎりは、放置していたからといって罪に問えないというのが現状です。

参考URL:http://www.isplaw.jp/

Q消滅時効の中断としての催告のイメージ

消滅時効の中断としての催告のイメージがよく湧かないので質問します。

例えば、2011年1月15日に暴行を受けて傷害を負ったことによる不法行為の損害賠償請求の訴訟をしようとする場合、2011年1月15日の暴行の日から3年以内の2014年(今年)の1月13日に、「2011年1月15日の暴行による傷害の損害賠償として金200万円を請求します。」という手紙を内容証明郵便で出して、2014年(今年)1月14日までに相手方に到達させたら、こちら(当方)は、上記の内容証明の到達日から6か月以内の2014年(今年)7月13日までに、相手方に金200万円の損害賠償の訴訟を提起できる、という考え方でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者の考え方であっています。

催促による時効中断はあくまで一時的な措置と考えていいです。
消滅時効まじかにとりあえず催促しておけば、そこから6か月以内に訴訟起こさないと時効消滅します。
6か月後にまた催促して延長…ってことはできません(民法153条)。

ただ催促して相手から「支払まってくれ」等の返事がもらえたなら、それは債務の承認ということになり
時効は中断、もしくは時効期間完成後の債務承認となり、相手はその後に時効を援用できなくなります。

Q掲示板を運営しています。個人情報漏洩がありました。

ネット上で掲示板(携帯サイト)を運営しているのですが
嫌がらせ目的か何かで第三者の電話番号・メールアドレスが記載されていました。
被害者から管理者である私宛に『犯人の携帯電話の機種を教えて頂けないでしょうか?』との通報がありました。
この場合、警察などの公的機関の介入をいれず
直接、被害者へ犯人の機種などを教えても構わないのでしょうか?
どなたかご存知の方は教えて頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

犯人のしたことが、倫理的に問題があるとしても、法律を犯しているのかどうか、判断できませんよね。
個人情報保護法とは、5000件以上の個人情報をデータベース化したものを管理している場合にしか適用されませんから。個人であれば、個人情報をインターネットにさらすことだけでは、刑事事件に発展することではありません。

警察が動いてからでないと出来ないとした方がいいでしょうね。どちらにせよ、それが刑事事件に発展した場合に巻き込まれますかし、たとえ民事での裁判が起こった場合でも、何らかの形で巻き込まれる可能性があります。

言う、言わない、というのは結局teikyo_77さんの判断になりますが、私なら「そこまでの情報開示は出来ません。あなたが被害者である確認を取るすべがありません」と言っておきます。メールが来ただけでは、本物でなかった場合、自分が加害者になるということを考えると、被害者には申し訳ないですが、容易に判断したくないからです。


人気Q&Aランキング