「♪石焼きいも~♭」、昔はもっとおいしかった記憶があるんですが・・・。
なんか、だいぶ味が落ちたような気がしています。
みなさん、どうですか??。昔の味と、変わりないですか?。
それと、「石焼き」っいうぐらいだから、やっぱり石で焼いてるんでしょうか??。
ガスで焼いてるようにも見えますが、いったいどうやって焼いてるんでしょうか??。
これらについて、いろいろ回答もらえたら嬉しいです!m(._.)m。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No4の回答に関して、水の専門家として補足します。


水の分子構造はH2Oと教えられますが、厳密に言うと間違いです。
水分子は特殊な分子でして、エネルギーレベルによって分子の集合状態が変わります。
よって、見かけ上同じ量のエネルギーを加えても、加えたエネルギーの質により分子構造が変化します。
似たような身近な例でいうと、1KWのファンヒーターと、同じく1KWの遠赤外線ヒーターでは体の温まり方が違います。
同じ温度と同じエネルギーでも与える影響が異なることがあります。
もちろんエネルギーの総量としての変化はありませんが、エネルギーの変換効率の差が暖かさの差となって現れるのです。
このことが芋にも影響を与えて、同じエネルギーを加えるにしても、薪とプロパンでは加熱効果に変化が出るのです。
単なる熱伝導ではなく、電子レンジが芯から食材を暖めるのと同じような効果があります
しかし、変化があることはわかってもその変化の仕組みが解明されているわけではありません。
加熱に関するメカニズムは、教科書どおりではなく神秘のベールに包まれた奥の深い世界です。
学会でもかまびすしい論議が交わされている、ホットな分野です。
一般の方がご存じなくても仕方がないと思います。
そうやって見ると焼き芋も、教科書的な熱力学の理屈で論じるのではなく、経験に基づいた加熱の仕方により美味さを引き出しているといえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>同じ温度と同じエネルギーでも与える影響が異なることがあります。
>エネルギーの変換効率の差が暖かさの差となって現れるのです。
芯から温めるには、ただ単に温めれば、おいしくできるものじゃないんですね。。

>学会でもかまびすしい論議が交わされている、ホットな分野です。
学会で議論されてる分野だったなんて、これまた想像もしてませんでした!。(@_@)/

>そうやって見ると焼き芋も、教科書的な熱力学の理屈で論じるのではなく、経験に基づいた加熱の仕方により美味さを引き出しているといえます。
こんなに奥が深いものだとは・・・!!。
焼き芋一つだけでも、職人の世界になるんですね~~(^^)。。。

rakkiさん、いろいろ教えて頂きまして、大変勉強になりました!。
本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/12/02 17:00

どうも気になって、またまた登場。


水については「クラスター」とか、いろいろ聞くのですが、五右衛門風呂とガス風呂の違いぐらいで、体の温まり方が違うほどの差はないのではないでしょうか。
石焼についても、芋を焼く温度が同じであるなら、ガスと薪で、石の遠赤外線に味の違いが出るほどの差はないと思います。(そんな微妙なものなら、同じ釜の中での芋の位置のほうが大きいでしょう)

ファンヒーターと赤外線ヒーターは、最初から目的が違いますからねえ。(前者は部屋の温度をあたためるもので、後者は体を直接温めるもの。五右衛門風呂の場合、水分子の問題より釜の輻射熱だと思います。)

「経験」というのは、やはり大きいでしょうね。
薪みたいに、火加減の難しい燃料で芋を焼くには相当の経験が必要でしょうね。電子レンジなどの調理なら、マ○ド○ルドのアルバイトでも、マニュアルどうりで同じようにできますからね。

gingakeiさんの近所の焼き芋屋さんは、リストラ転職の新米組だったのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「経験」というのは、やはり大きいでしょうね。
そういえば思い出したのですが、当時の石焼き芋は、今と違って、こげて食べられなかった部分があったような気がします!。
たしかそういうこともあったので、ホカホカの部分やこげた部分とか味の違いがあって、それがまた、楽しくて、美味しく感じたのかもしれませんね。(^o^)

>gingakeiさんの近所の焼き芋屋さんは、リストラ転職の新米組だったのでしょうか。
!!、数年前までは、会社員だったみたいですヨ。(^.^)

nozomi500さん、いろいろ回答して頂きまして、本当にありがとうございました!!。
いろいろ、大変勉強になりました!!(^o^)。

お礼日時:2001/12/03 21:58

>ガスで沸かしたお風呂と、薪で沸かしたお風呂とでは、湯の柔らかさや体の温まり>方が違います。



先の回答に補足すると、沸かしてしまったお湯(水)自体は、同じ温度であれば同じエネルギーをもっているはずで、水分子も同じ動きをしているはずです。
たが、薪で沸かす「五右衛門風呂」の場合浴槽自体がボイラー壁ですので、浴槽から直接輻射熱で体を温めます。ガスの場合は、給湯器や外釜の熱交換器をとおして温まったお湯だけが供給されるので、五右衛門風呂の効果が期待できない、ということですね。

石焼芋でも、芋を焼くのに最適な温度というのがあるはずで、プロパンガスでも火加減でそこに設定できます(むしろ、薪より調整が自由)。

「遠赤外線」というのは、よくコタツのCMでも使われますが、実際に芋の仲間で遠赤外線が届くわけではありません。表面ちょっとだけです。内部を暖めているのは熱伝導です。
デンプンなどの糖質が、化学変化で甘さをつくっているのですが、急激な加熱ではまにあわないので、じっくり加熱するほど、おいしいのができます。そのために石のような加熱媒体を使います。
私の田舎では、わらに籾殻で焚き火して芋を焼いてましたね。(商品でなく、家で)

「2000円」の京都の高級焼き芋たべたいな・・。

品種はいろいろありますが、芋のばあい、種(たね)でないので、「クローン」で増やせます、たまたま、突然変異でおいしい芋(品種改良は種で)ができたら、いくらでも増やせますから、京都の「タ○イ」あたりにはきっとすごいのがあるにちがいない・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>輻射熱
五右衛門風呂に入ったとき、子供ながら、こんなにも身体の芯から温まるもんだと、つくづく思った記憶があります!。
その理由が、同じ温度同じエネルギーでも、輻射熱があるかないかで、温まり方が違うものなんですね。
余談ですが、
五右衛門風呂って、五右衛門が殺された窯ということですし、それに下駄を穿いて身体も寄りかかれない、下からはどんどんどん沸騰される感じで、なんかすごい怖かったです~(^_^;)。。。

>遠赤外線、熱伝導
焼き芋の話で、まさか科学用語まで出てくるとは!!。これまた予想をはるかに越えました~!!笑(^^)。
でも、遠赤外線で、中まで温まるもんだとばかり思ってました。。。熱伝導で、中まで温めてるんですね~。

nozomi500さん、回答して頂きまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/12/01 20:16

芋を加熱している物質は石ですが燃料が違います。


現在の焼き芋屋さんはプロパンガスです。
昔とういのは、薪を燃料としていることの頃をいってはいませんか?
プロパンと薪では「燃焼温度」の違いにより発生する遠赤外線の「波長」が異なります。
ガスで沸かしたお風呂と、薪で沸かしたお風呂とでは、湯の柔らかさや体の温まり方が違います。
理屈としてはこれと同じ違いが焼き芋にも影響しています。
同じ理屈で、石の違いも考えられます。

次に違いがあるとすれば、芋の品種です。
私は「干し芋」が好きなので、苗が手に入った時は育てて作ることにしています。
しかし、最近では栽培する人が減ったために、苗そのものの出荷がなくなってしまいました。
このように芋の入手は、その時代の流行に左右されます。
甘味の強い湿った芋のほうが一般に好まれるようになると、昔のホクホクとした芋を食べたいと思っても、手に入らなくなります。
焼いもに向く芋と、一般の調理に向く芋は違いますから・・・。
結局は大衆の好みが焼き芋の味を変えています。
焼いも用の芋を専門に作っているところから仕入れればよいのでしょうが、市販されている芋を使っていれば焼いもにしたときに味が落ちることは避けられません。
焼いも屋さんの気合いの入れようも影響しているでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>昔とういのは、薪を燃料としていることの頃をいってはいませんか?
そうです!。この質問をしてから思い出したんですが、25年ぐらい前は、薪で焼いてた記憶があります!。

>ガスで沸かしたお風呂と、薪で沸かしたお風呂とでは、湯の柔らかさや体の温まり方が違います。
なるほどです!。小さいころ、五右衛門風呂に入った経験があるんですが、身体の温まり具合は、全然違いました!。
あの感覚は、今でも覚えてます!。

>昔のホクホクとした芋を食べたいと思っても、手に入らなくなります。
そうです!。当時おいしかった焼き芋は、今のようにベタベタしてなく、ホクホクしてました!。
あの当時は、すごく美味しかったんですよね~。。。

>焼いもに向く芋と、一般の調理に向く芋は違いますから・・・。
・・・全部同じだと思ってました(^^ゞ!。

そうすると、芋そのものが、焼き芋に適しているものかどうかわからないし、燃料も、昔のように薪ではなく、ガスということで、
当時の焼き芋とは全然違ったものになってるんですね。。。

rakkiさん、いろいろ教えて頂きまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/11/28 19:02

gingakeiさん、こんにちは。



日本昔話【竜の子太郎】以来ですね♪

昔の石焼きいも、美味しかった記憶があります。
と、言っても、20年くらい前迄の記憶がせいぜいです♪
第一、安かったですよね♪

今は、京都だけがそうなのかな?おいも1つ2000円位したりして、食べたくても、ちょっと気軽にって感じがしません。

昔は、綺麗な平たい丸い石が敷き詰めてある上に、おいもが乗っているのを見ましたが、今はどうなんでしょうね。

ではでは♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tenten7さん、お久しぶりです!。こんばんは!。

>日本昔話【竜の子太郎】以来ですね♪
なつかしいです~!(^o^)。あのとき、すぐにビデオ借りてきて見ましたヨ!。
ビデオと、「♪坊や~」の時の太郎は、ちがうんですね~!。
正直言って、tenten7さんの回答の方が感動しました~!!(^^ゞ。

話を戻して・・・
>20年くらい前迄の記憶がせいぜいです♪
そうです!、そうです!。20年前ぐらいです!!。

>第一、安かったですよね♪
あの当時と、あまり変わらないのかな~~??。
つい最近は、大きいサイズを2本買って(合計1kg?)、おじさんが「ん~~、600円だ・け・ど~、500円にまけとくヨ!(^^)」、なんて言ってますね!。

>今は、京都だけがそうなのかな?おいも1つ2000円位したりして、食べたくても、ちょっと気軽にって感じがしません。
!!(@_@)/!!芋1つ2千円!!。
これじゃ一生食べれないですヨ!!笑(@_@)//。ステーキより高いです!!。

>昔は、綺麗な平たい丸い石が敷き詰めてある上に、おいもが乗っているのを見ましたが、今はどうなんでしょうね。
そういえば・、焼き芋の下に、たくさん石がありましたよね。なつかしいです~。
でも、今は、石敷いてなかったですよ。見間違いかな~??。

それと、竜の子太郎は、芋食べてたような気がしますが。。。
お金もち!?、なんて!(^^ゞ。すみません。。。

tenten7さん、回答して頂きまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/11/27 19:10

「昔」の程度によると思います。


1:他に甘いものが少なかった時代なら、石焼きいもはとにかく甘くておいしい・・・。

2:子供の味覚と大人の味覚の違い。「ビールが欠かせない」中年には、石焼き芋は、あわないです。

昔も(といっても30年ほど)プロパンガス積んでいたと思います。薪だと、火の管理がいるので、商売に集中できないし、灰も出るし・・。

芋自体は、まずくないと思います。品種改良で、品種の巾が広がって、おいしいんじゃないでしょうか?
ただ、おじさんの、味に対するこだわりなんかが、今と昔で違うかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕の「昔」は、25年前ぐらいになります。

1、そうですね、この時は他にお菓子とかありましたヨ。
でも、何故か特に美味しかったんですよね~(^o^)。

2、これは、いえますね!!(笑)f(^^;) ポリポリ

当時、親戚の家に行った時、石焼き芋が来てたので、僕のおじさんにいろいろ聞いてみたんですよ。
そして思い出しました!。当時は、薪を焼いてたはずです!。石焼き芋のおじさんが、薪を窯に入れてたのを思い出しました!!。

>ただ、おじさんの、味に対するこだわりなんかが、今と昔で違うかもしれませんね。
これが一番大事ですよね(^^)。
薪も大事でしょうけど、やっぱり作る人によって違ってしまいますよね。

nozomi500さん、いろいろ教えて頂きまして、大変ありがとうございました!!。

お礼日時:2001/11/26 21:35

味については各人それぞれ意見もあるでしょうし、芋自体の違い(種類、産地、等)あると思いますので、控えさせていただきます。



「石焼き」は、焼いた石から出る遠赤外線で芋を焼く事からきています。ですから、石を焼く方法(ガスで焼くか、薪で焼くか、等)はあまり関係ないと思います。但し、そのときに発生するガスや煙等が、芋の味に影響しているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「石焼き」は、焼いた石から出る遠赤外線で芋を焼く事からきています。
今まで、どうやって焼いてるのか、それさえもよくわからなかったんですヨ(^^ゞ。
遠赤外線だったとは!!。初めて知りました~!。

>そのときに発生するガスや煙等が、芋の味に影響しているかもしれません。
とすると、調整はかなり難しいですね。

zer0さん、回答して頂きまして、大変ありがとうございました!!。

お礼日時:2001/11/26 21:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q焼き芋が上手く焼けるオーブンレンジ

秋ですね!焼き芋が食べたくなる季節です。
おいしい焼き芋を家庭で焼きたいと思って、それに適した調理器具を探しているのですが、キッチンスペースが狭いため、新しい調理器具を導入するのは難しいです。
一応、ナショ○ルのマイコン内蔵オーブン&レンジを候補に上げています。
この機種は、遠赤外線と近赤外線を同時に発生させてさつまいもを内部からじっくり焼くことができるそうで、非常に評判がいいみたいです。
ですが、これを買うとなるとまたキッチンが狭くなるので、できれば電子レンジにオーブン機能がついてるやつで、焼き芋をおいしく焼けるようなのが欲しいです。
多機能レンジで、そのような物はありますか?
皆さんのおすすめを教えてください。

PS.土鍋に石を詰めて・・・っていうのはナシでお願いします^^;

Aベストアンサー

実は私も焼き芋が大好きです!焼き芋やさんの焼き芋に勝るものは無いですが、工夫次第でかなり近づけることは出来ますよ。いつも手作りしていたんですが、私は普通のオーブントースターかオーブンレンジで作っていました。特にオススメの機種というのは分からないです、ごめんなさい。でも、赤外線のついたオーブンは確かに美味しく料理が出来ると思いますが、焼き芋に限って言えば、市販の高価なオーブンより原始的な方法の焼き芋屋さんの方がうんまく仕上げていますよね。
ポイントは「高温かつ長時間ゆっくりじっくり加熱」です。

家庭でもレンジでチンしたさつま芋と、じっくり火を通したさつま芋では明らかに甘みが後者の方が強いですよね。これは、たしか含まれる糖質が長時間熱を受けることでやっと最大限の甘みに変化するから、ということでした。
さらに焼き芋屋さんのように、石で焼くと赤外線効果と直火焼きの相乗効果&適度に水分も抜けるので、ほっくりホクホクになるというわけです。
家庭のオーブンで作ると、赤外線と水分蒸発の点で劣っちゃうのですが、ちょっとした工夫で補えますし、随分味が違ってきますよ。
★まずは水洗いしたさつま芋と「木炭」を一緒に新聞紙で二重に包み、アルミホイルでしっかり包みます。※木炭は100円均一などで売ってます。遠赤外線効果が期待できます。
アルミの表面に爪楊枝などで細かい穴を開けます。
あとは、オーブン(回転タイプなら円状)に並べて高温でじっくり2時間前後加熱。トースターなら15分単位でタイマーが切れると思うので、何度もそのまま繰り返し加熱します。
これでなかなかの甘みがある焼き芋が出来上がりますよ。
いいオーブンも揃えばいいですね!

実は私も焼き芋が大好きです!焼き芋やさんの焼き芋に勝るものは無いですが、工夫次第でかなり近づけることは出来ますよ。いつも手作りしていたんですが、私は普通のオーブントースターかオーブンレンジで作っていました。特にオススメの機種というのは分からないです、ごめんなさい。でも、赤外線のついたオーブンは確かに美味しく料理が出来ると思いますが、焼き芋に限って言えば、市販の高価なオーブンより原始的な方法の焼き芋屋さんの方がうんまく仕上げていますよね。
ポイントは「高温かつ長時間ゆっくり...続きを読む

Q昔食べた味での青臭い様な味のトマトは食べられないでしょうか。

昔食べた味での青臭い様な味のトマトは食べられないでしょうか。

20年ほど前に沖縄・西表島のお庭のトマトをご馳走になってから
消えています。

食べたいなー。

Aベストアンサー

毎日JPより
http://mainichi.jp/life/food/again/archive/news/2008/20080728ddm013100008000c.html

「昔のトマトですか。大玉のデコボコした青臭いトマトですね。恐らく『ポンデローザ』だと思います」と、昭和40年代までの品種で、見た目が悪く形も不ぞろいなため、市場から嫌われ、姿を消したという。いまは中玉の赤くて甘い「ファースト」「レッドオーレ」「桃太郎」が全盛で、ポンデローザを栽培、出荷する農家は「多分ゼロ。いないはず」と話したという。

伝統野菜の種の販売で知られる種苗研究所に聞いても、答えは同じだった。所長は「ポンデローザの種子を求める人は家庭菜園派。いまのトマトに満足できない人たちです」と語り、どうやら自分で栽培するほかないらしい。

Qオーブンで焼き芋。でも破裂して。。

焼き芋が好きで、家のオーブンでよく作ります。ところが、加熱中に時々破裂するものがあり、庫内を汚してしまいます。これは何が原因なんでしょうか?水分多過ぎ?少な過ぎ?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

サツマイモは中身がぎゅっと締まっているので、一気に加熱されて膨張した内部の水分の逃げ場がない場合には破裂するしかなくなってしまうのでしょう。

オーブンで焼きいもを作る場合は、サツマイモを洗って、表面の水分を拭き取り、フォークで数ヵ所穴をあけてからプレートに並べます。
そして、予熱なしで200℃で約45分加熱します。

Q家でケーキを焼いたり するのが 好きで 時間が あると 焼いたりします。(主に焼きっぱなし) クリス

家でケーキを焼いたり
するのが 好きで 時間が あると
焼いたりします。(主に焼きっぱなし)
クリスマスなので
デコレーションケーキを作ってみたのですが どうも私の手は、何時も 温かく
クリームを 持ってると手の温度で
クリームがダレてしまいます(T_T)
何か良い方法は、ないでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

クリーム持つときだけ手袋すれば良いです。
軍手みたいなのでゴム張ってあって指先が滑らないやつ。
https://www.monotaro.com/g/00011500/

Q焼き芋をオーブントースターで作ったんですがピザの上部のみ加熱の500Wで14分ずつ片目計2回28分焼

焼き芋をオーブントースターで作ったんですがピザの上部のみ加熱の500Wで14分ずつ片目計2回28分焼いたんですが中がジャリジャリ(固い)でした。

アルミホイルを使えば中までホクホクになると思うのですが、あいにくアルミホイルがありません。

アルミホイルがないオーブントースターのみで焼き芋を美味しく焼く方法(中までホクホク)を教えてください。

Aベストアンサー

10分焼いて30分放置(余熱で中に火が通ります)1/3回転させて、10分焼いて30分放置、1/3回転させて、10分焼いて30分放置ですね。

Q昔のザルそばのダシの味

小さな頃(30~40年前)に食堂やデパートのレストランなどで食べたザルそばダシの味が、今時のものとは全然違うような気がしてなりません。
具体的にどうとは説明がつかないのですが、子供の頃の感覚では、どこの店に行ってもザルそばのダシの味は同じなんだな(あえて言えば、辛くはないけど濃い味ってところでしょうか)と思った記憶があります。
そばと言えばこだわりのある店が多い食べ物ですから、昔の味を簡単に変えるとも思えませんが、どこの店に行っても、昔のあの味に近い店さえありません。
この感覚は単なる私の思い込みなのでしょうか。

Aベストアンサー

老舗の蕎麦専門店は別として、デパートの食堂やふつうの食堂、立ち食い蕎麦屋などは、100%出来合いの業務用濃縮つゆを使っていると考えてよいでしょう。調味料メーカーに自前のレシピで特注したり、自社工場で調合しているところもあると思います。
http://www.higeta.co.jp/products/gt/index.html
http://www.yamasa.com/item/business/k.html

そのあたりは、30~40年前も今もあまり変らないと思いますが、味が違うとすれば業務用つゆの品質が違うということではないでしょうか。

出汁は、調味料の製造技術がいろんな意味で進歩して、いわゆる化学調味料だけでなく、タンパク質分解物や風味原料エキスなど様々な材料が登場しています。良し悪しは別として、モノは昔と全く違うような気がします。

醤油は、昔はアミノ酸液を使用したり混合したもの(戦後のアミノ酸醤油の名残り)がけっこうあったのですが、今は本醸造が多数派のはずです。特に本物志向が強くなった昨今、防腐材や調味料や着色料の入った醤油などはスーパーでもまず見当たりません(醤油加工品は別として)。

何がどのように違うと感じるのか、感覚は人それぞれなので一概にはいえませんが、30~40年前に比べて、技術の進歩で改善された部分と、巧妙なごまかし(改悪)が増えた部分と、両面があるはずです。

老舗の蕎麦専門店は別として、デパートの食堂やふつうの食堂、立ち食い蕎麦屋などは、100%出来合いの業務用濃縮つゆを使っていると考えてよいでしょう。調味料メーカーに自前のレシピで特注したり、自社工場で調合しているところもあると思います。
http://www.higeta.co.jp/products/gt/index.html
http://www.yamasa.com/item/business/k.html

そのあたりは、30~40年前も今もあまり変らないと思いますが、味が違うとすれば業務用つゆの品質が違うということではないでしょうか。

出汁は、調味...続きを読む

Qオーブンでおいしい焼き芋の作り方が知りたい

ほくほくの焼き芋。
自宅のオーブンでできますか?

ぬらしたさつまいもを新聞紙でくるんで、焼いてみようと思っていますが、アルミの方がいいんでしょうか?

また、何分くらいで、焼きあがりますか?
余熱でもずっと熱いですし、20分くらい200度でやれば、あとは30分くらい放置していいのかなぁ・・・。

Aベストアンサー

2です。
そうですね時間入れてなかったですね。
レンジのワット数にもよると思いますが私は強で7分位で竹串を刺して加減をみます。(火傷しないようにして手で押してみても良い)芋によって時間は多少変わりますが10分を目安にチンします。ネットリしたのが好みなら長めがいいです。

Q青りんご味とりんご味?

青林檎を食べていてふと素朴な疑問がわいてきたので質問です。
お菓子などで「青りんご味」というのがありますが、みなさんはりんご味とどういうところが違うと思いますか?
違いはわかるけどどこが違うのか、と聞かれるとよく判らない気がして・・・。
個人的には青りんご味のほうがなんとなくすきなんですが・・。

Aベストアンサー

 お菓子の方はメーカーによりけりなのでよー分からんのですが、本物であれば、青りんごの方が酸味が強く甘味が弱いです。
 ただし本当に美味しい青りんごは、渋味があまりなくサッパリしていて食べやすいです。

Qオーブンレンジで焼きいも

子供に焼きいもを作ってあげようと思うのですが、石焼いもは大変だと思うので、オーブンレンジで手軽に作りたいです。
いものサイズは2Lです。
何℃で何分焼けばおいしくできますか?
その他アドバイスあれば、お願いします。

Aベストアンサー

私もオーブンでサツマイモを焼いています。

芋を洗い、水気をふき、そのまま鉄板に並べて、余熱なし250度40分ほど焼いています。

竹串をさしてみて、すんなり刺さるようなら焼き上がりです。

オーブンで焼くのは石焼に負けず劣らず美味しいですよ♪
家事の合間、オーブンまかせでできちゃうので、楽ですし、後片付けも鉄板を洗うのみ。


オーブンはけっこうなんでも出来ますよ。
友人が「ハンバーグを焼くのはオーブンに限る!」とうので、試してみると、肉汁たっぷり美味しいハンバーグが焼きあがりました。
話は少しずれましたが、オーブンで焼き芋、お試しください!

Q味覇と味玉

タイトルのこの2つ、どちらが美味しいですか?
好みがあると思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的には
http://www.koukishoko.co.jp/taste/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報