よくブラックホールが蒸発して消えてしまうことがあると聞きますが、一度物質を飲み込み始めたものがどうして飲み込みをやめてしまうのでしょうか
それではブラックホールとは言えないような気がするのですが
強大なブラックホールに小さなブラックホールが飲み込まれるというなら、私の知識で理解できるのですが

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 


  ブラックホールの蒸発は、ホーキングではなかったと思うのですが、はっきり違うという記憶もないので、それは置いておきます。
 
  皆さんは、ブラックホールというものを、「点」と考えていませんか。実は、ブラックホールは点ではないはずです。無論、「特異点」というものはあります。ブラックホールには大きさがあるということが蒸発の理由でしょう。このブラックホールの大きさとは、確か、シュヴァルツシルト距離か境界と呼んだと思うのですが、中心の特異点の周りに、真球形で境界があり、その半径は、ブラックホールの質量に応じて決まって来ます。
 
  この境界球面は何かというと、これが、光でも逃れなくなるというブラックホールの事象の境界です。つまり、この面に達した光は、もはやブラックホールから逃れなくなるのです。ブラックホールは何でも呑み込む訳ではなく、うまく軌道設定すれば、シュヴァルツシルト境界近くまで接近した後、ブラックホールから遠ざかる軌道で宇宙船の飛行ができるはずです。ただし、シュヴァルツシルト境界に触れたり、その内側に入ったりすれば、それで終わりです。
 
  この境界の内側はどうなっているのか、まったく分かりません。永遠の彼方の世界とも言えます。あるいは理論的には、光速で運動している状態だとも言え、宇宙の永遠の時間が、この境界内では、一瞬だとも言えます。
 
  それはとまれ、量子力学的な空間の仮想過程で考えれば、この境界の内側でも仮想過程による粒子の対創生や対消滅が絶え間なく起こっているとも言えます。つまり、潜在的な仮想光・ガンマー線が、この領域の内側にはあると考えられます。
 
  チェレンコフ放射の例を考えればよいのですが、仮想光は、何かの理由で、仮想ガンマー線に状態を維持する機構が消えた時、仮想でなく、実在の光になります。チェレンコフ放射とは、仮想ガンマー線が、仮想状態から解放されて、放射となって出てくるものです。
 
  それと似たような話で、シュヴァルツシルト境界近くで仮想ガンマー線がある時、仮想過程のゆらぎで、わずかにガンマー線が、境界の外側に出ると、このはみ出た部分は、光ですから、僅かな距離分だけで、境界から脱出して、外の宇宙へと拡散します。こうしてブラックホールは、仮想過程のガンマー線が、境界を僅かに出た処に仮想的に出ることで、そのまま抜け出すことを許容しており、恐るべき長い時間の経過の後では、ブラックホールの質量は、脱出した仮想ガンマー線の形で外部にごくごく微少づつ放射され、最終的にブラックホールは、蒸発して消えるのです。
 
  このことを、ブラックホールは僅かに白いと言います。
 
  なお、一般相対性理論は、重力を説明する理論ではなく、特殊相対性理論の前提原理が、「光速度不変の原理」であったのと似て、「重力と加速度の等価原理」を原理前提として築かれている理論で、重力は、加速度と等価なもの、重力の実体は加速度という理論前提で造られているので、最初に前提されていること以上のことは、重力の実体については、理論では出てきませんし、説明もされません。
 
  この等価原理を元に理論を造ると、理論はリーマン幾何学で表現され、リーマン幾何学の数式の意味に比喩的にイメージを当てはめると、空間にもう一つ次元があり、そのもう一つの空間次元で、空間が「曲がっている」ということを意味しているとも表現でき、ここから、「重力は、空間の歪み」という表現が出てくるのですが、これは、重力と加速度の等価原理を立てた時、すでに含まれていた結論なのです。重力とは何か分からないので、現在なお、「重力理論」が試みられているのです。一般相対性理論では、重力を加速度と等価な何かと考えているので、重力の実体、その成立機構については、何も理論は語っていないのです。
 
  なお、以上に、もっともらしいことを書きましたが、嘘を書いているような気がしますので、どなたか、分かる方は、はっきりと、間違っていると答えてください(間違っている場合はです)。また、誰も出てこない場合、以上の話あるいは説明は、ブラックホールの蒸発について、昔読んだ記憶を元に、わたしが今、作文したもので、ブラックホールの蒸発という科学仮説あるいは理論があるのは間違いありませんが、それが、上に述べたようなことなのか否か、とりあえず、分からないということと了解してください。
 
    • good
    • 0

No6のstarfloraさんのアドバイスを拝見いたしました。



>ブラックホールからは「質量ある粒子」は逃れることができないはずです。

私の書き方が足りなかったみたいでご迷惑をおかけしたみたいです。
私のNo5の回答本文中「真空から粒子・反粒子のペアが生成された際・・・」は「事象の地平線上で」という説明が足りなかったです。事象の地平線上で、量子力学的な過程により粒子・反粒子が生成された場合は、片方がブラックホールに飲み込まれもう片方は反作用で外に投げ出されることもあると思いますがいかがでしょうか(もちろん話を簡単にするためにシュバルツシルト解のブラックホールを前提にしています)?

>ブラックホールから飛び出る

これも私が書き忘れたのが原因ですが、私はブラックホールの内部から粒子が飛び出ると言うことを意図して回答していないんです。「事象の地平線上で粒子・反粒子が生成された場合」と言う意味で、そのエネルギーはブラックホールの重力場から提供されると言うところが核心です。

>ブラックホールが「爆発する」とは、何のことでしょうか?

これはXxxaさんがお書きになっている通りです。Xxxaさんどうもありがとうございました。

>質問をということなので、あえてさせて戴きます。

私は本来議論が苦手なので、質問が返ってこないように意図して回答したつもりなのですが、No5内でどの部分で「質問して欲しいんだ」と思われたのでしょうか?今後の回答する際の参考にさせていただきます。敷衍なさっているからには、私の回答本文中に不適切な表現があったと思われますので。よろしくお願いいたします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさんのご親切なお答えありがとうございました
失礼ながら、ここにまとめてお礼申し上げます
ど素人の私としては、むずかしいことばかりで「そんなものかな」ぐらいにしか理解できませんでしたが、真剣な意見を拝見させていただき感謝いたします
また宇宙の始まりに関する科学はおもしろいなと改めて感じました
なにしろだれがどんな意見を言おうと、無視できない世界の話だから面白いのです
こんごもなにか質問したときには、よろしくお願いいたします

お礼日時:2001/12/05 20:29

ドイツから帰国しまして、久しぶりに「教えてgoo!」を拝見しました。

このようなワクワクする質問を見たりしますと、非常に楽しくなります。議論は大いに結構な事です (^^;
「経験者」とチェックしたのは相対論プロパーではないと言う事と、自信なしにしましたのは、まだ理論として確定的ではないからです。
ホーキングの論文を読む限り、No.5のAstoriaさんの回答は極標準的な解説です。
「爆発」と言っているのは、単に、ブラックホールが小さく(!?)なると、ホーキングの計算では、輻射が増大して行くためでしょう。
No.4のstarfloraさんの回答に関してですが、シュヴァルツシルト距離と言っているのはシュヴァルツシルト半径と呼ばれるものでしょう。水を差すようですが、宇宙船ではシュヴァルツシルト境界近くには行けません(無事ではと言う意味です)。潮汐力をお忘れなく。
コメントですが、確かに一般相対性理論は等価原理をその基礎にしていますが、あくまで局所的な事です。加速度と重力は違います、間違いなきように!重力は物質がその源です。
これでstarfloraさんへの最後のコメントにしますが、「ブラックホールは僅かに白い」と言うのは、恐らくホーキングの言った"Black hole is not black"(最初に冠詞があったかは?です)の誤訳?の可能性がありますよ。
-----------------------------------
皆さん回答を読んで、ホワイトホールと言う言葉が出ないのがちょっと不思議でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答をいただいたみなさまには失礼とは存じますが、まとめてお礼を申し上げます
私は数学や素粒子をはじめとする物理学にはちんぷんかんぷんなので、正直にいって難しすぎて分かりませんでした
でもいろいろのご意見を知って、興味深く読ませていただきました
科学はどこまで進歩していくのか、科学の限界はどこにあるのか、科学を意義あらしめているものはなになのか、そんなことも是非知りたいと思います
これはいつか哲学のコーナーで質問したいと思います
でもとにかく面白かったです
ありがとうございました
もう少し、ご意見を伺いたいと思います

お礼日時:2001/11/29 19:52

 


  Astroia 様
 
  貴方の述べられたことは、ブラックホールの概念の提唱者と、ブラックホールに角運動量があるという説明を除けば、すべてわたしが述べたことだと思えます。そして、わたしが矛盾を来たさないよう表現に留意した点についての配慮はないように思えます、従って、述べていることが、それだけでは整合性がありません。
 
  1)ホーキングの理論では「ブラックホールから熱力学的な何らかの放射現象を観測することが前提」と貴方は述べておられます。これは簡単に言えば、ブラックホールから「熱放射」があるということで、この物理的意味は、電磁波(ガンマー線放射)が、ブラックホールから出ているということです。
 
  2)ところで、貴方は、「真空から粒子・反粒子のペアが生成された際、片方がブラックホールに吸い込まれて、もう片方は力の作用反作用によって外に投げ出されることはあり得ることかもしれません。そしてそのことは必然的にブラックホールから放射されたと考えることができるかも……」と述べています。ブラックホールからは「質量ある粒子」は逃れることができないはずです。また逃れることができるのは、最低条件で、「光速運動粒子」でなければなりません。仮想過程における対創生は、普通、質量粒子の対創生を意味するはずです。しかし、質量粒子は、当然ながら、ブラックホールから逃れることはできません。これはおかしいことです。作用・反作用など、この場合は意味はないでしょう。
 
  3)ホーキングのモデルは、「熱輻射」従って光子の放出で、それは2)で述べた条件に合います。しかし、粒子の対創生の一方の粒子が、ブラックホールから逃れるということはありえないことです。仮に、ブラックホールの境界で、対創生が仮想過程で起こり、一方の粒子が、ブラックホールに落下し、他方が残された結果、まさに、他方の粒子が、仮想性から現実粒子となったというのは考えられます。しかしその場合でも、粒子はすぐにブラックホールに呑み込まれるでしょう。粒子がブラックホールから逃れ出るのではないのです。粒子は対創生されたのなら、荷電粒子のはずですから、それがブラックホールから逃れようとして再度ブラックホールに吸収される過程で、加速度運動を行う結果、電磁場ができ、ガンマー線つまり光子が放出され、それがブラックホールから逃れるという話なら合理性があります。
 
  しかし、わたし自身は、そういうことを考えた上で、結局、再度呑み込まれる粒子は、仮想過程のなかにあったのだという見解にし、観測される、ガンマー線の脱出だけが、ブラックホールからの脱出だと述べたのです。
 
  「つまり、粒子・反粒子が生成され片方が飛び出すごとに、ブラックホールはやせ細っていき、ついには爆発するだろうと言う考え方」……「片方が飛び出す」という表現からは、ブラックホールから仮想過程の対創生粒子の一方が現実粒子となり、「ブラックホールから飛び出る」という風にしか読めません。しかし、それはおかしいと上で述べました。ホーキングの熱的過程・熱放射とも矛盾します。
 
  これらについて、いかがお考えでしょうか? 質問をということなので、あえてさせて戴きます。また、ブラックホールが「爆発する」とは、何のことでしょうか?
 
  もう一つ、わたしは、ブラックホールの特異点以外に、ブラックホールの「大きさ」ということを述べました。大きさがあるからこそ、ブラックホールの蒸発と言うのは可能だと思えます。これは、どうなのでしょうか?(この大きさを、「シュヴァルツシルト距離」と本当に呼んだのかどうかは、わたしは自信がないと述べています。(「シュヴァルツシルトの式」というものがあり、一般相対性理論における線素の表現式ですが、この式からは、こういう「距離」はわたしには導くことができないですから、わたしの間違いである可能性が高いですが、しかし、「大きさがある」というのは、どういうことになるのか、です)。
 
    • good
    • 0

やや長文です。



話を簡単にするために、ブラックホールについて若干述べます。詳しい話はとてもここでできるものではありませんので(もちろん私もわからないと言うこともあってですが)。

ブラックホールという名称は、ロジャー・ペンローズやジョン・ホイーラーらが1970年代に以前から考えられていた「光さえもその強い重力場から逃れられなくなる表面」と言う概念に因みます。
当時はブラックホールから得られる情報としては、その角運動量、質量、電荷しかありえないと考えられてきました。
ブラックホールから得られると言っても全てを飲み込んでしまうブラックホールから何らかの情報が送られてきているわけではありません。これら3つの情報は周囲の時空から間接的に測定されるものです。例えば、もし太陽が全く見えなかったとしても、太陽系の惑星の運動から質量を求めることができる様にです。
実際にブラックホール質量を導き出すためには、重力レンズによるものと連星系によるものとがあります。同様に、角運動量を導き出すためにはエルゴ球(ブラックホールが自転する場合に発生する静止限界を超えてブラックホールに引き寄せられる空間)から知ることができます。電荷については電場の連続性から予測することはできますが、すぐに反対の電荷を帯びた星間物質を吸い寄せて中性になってしまうと考えられています(つまり現実的にはブラックホールは吝嗇なことに、質量と角運動量しか教えてくれないみたいです)。

このような古典的なイメージを打ち破ったのがスティーヴン・ホーキングが1974年に提唱した、一般にいわゆる「蒸発するブラックホール」と呼ばれるものです。

ホーキングが着想したアイデアを理解することは困難ですが、そのエッセンスはブラックホールの持つ特徴に熱力学の考え方を導入したことと思います。
ホーキングはブラックホールの物理系にエントロピー(熱力学の手法で)を導入すれば記述できるということを考えたのです。しかしブラックホールを熱力学的な系としてみるためには、ブラックホールから熱力学的な何らかの放射現象を観測することが前提となります。そこの観測に彼が考えついたのが、「真空から量子力学的な過程で発生する素粒子の粒子・反粒子ペア」ということです。難しい話になりますが、現代物理学では真空とは何も存在しない空間とは考えられておらず、何らかの物理的実体を有していると考えられています。
そこで、真空から粒子・反粒子のペアが生成された際、片方がブラックホールに吸い込まれて、もう片方は力の作用反作用によって外に投げ出されることはあり得ることかもしれません。そしてそのことは必然的にブラックホールから放射されたと考えることができるかもしれません。さらに、このとき真空から粒子・反粒子生成されるエネルギーは、ブラックホールの重力場から供給されるものです。

つまり、粒子・反粒子が生成され片方が飛び出すごとに、ブラックホールはやせ細っていき、ついには爆発するだろうと言う考え方がブラックホールの蒸発と言うことと思います。

私は専門家ではないので間違っている場合等ありましたらどなたか補足、訂正してください。
    • good
    • 1

 ブラックホールの周りの量子的揺らぎから正と負の対になるエネルギー粒子が生成されていて、普通はすぐにその二つがペアになって消滅してしまうところを、そのうち片方、負のエネルギーの方だけがブラックホールに落ち込むとブラックホールの持つエネルギーが減少し、やがては消滅する。

というような話だったと思いますが、あまり自信はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました
実感できないことを知ろうとするのは、大変なことだと分かりました

お礼日時:2001/11/26 19:43

素人ですが少しばかり・・・


ブラックホールの蒸発についての理論は前の方の書かれている通り、ステーィブン・ホーキングが提唱したものです。これは一般のブラックホールにあてはまる理論ではなく、直径が素粒子(陽子、電子などのこと)ほどしかないようなミニ・ブラックホールについての理論です。一般的なブラックホールは少なくとも太陽の3倍、普通はそれ以上の質量があるものですが、それについてはこのホーキングの理論は当てはまりません。ホーキングが考えているのは、ビッグバン(宇宙の誕生)の際は宇宙は非常に高密度で、その頃に非常に小さなミニ・ブラックホールが多数生成されただろうということです。そのような極小のブラックホールが存在するとすれば、その小ささから重力による効果よりも、量子力学的な効果が圧倒的に強力になります。そこで、量子力学を使って数学的な分析をしていくと、ミニ・ブラックホールは蒸発するという結論になるそうです。
極小の世界は数学を使用せずに理解するのは非常に難しく、私も理解はできていません。そもそも光が粒子と波の二面性を持つということも、言葉ではわかっていても、理解はしていないですね、私は。ということで、そういうことになる、というようにしか一般人では理解できないんだと私は思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
私はある程度大きなブラックホールも蒸発してなくなってしまうのだと思っていたものですから
そんな小さなブラックホールについてのことだったのですか
知らないことは聞いてみるのが一番ですね
こんごとも、なにか質問したときはよろしくお願いいたします

お礼日時:2001/11/26 19:40

一般相対性理論(重力を説明する理論)だけを考えるとそうなのですが、量子力学(とても小さい現象を説明する理論)の効果を考えると、蒸発する可能性が出てくるらしいです。




これは、イギリスの有名な物理学者のホーキングたちのグループが提唱している仮説です。
でも、今の物理学では、一般相対性理論と量子論の統合(2つの理論を同時に考える事)に完全に成功していません。ですので、ここらへんの議論は、物理学者にとっても難しいところです。

これ以上の説明は、私(専門違いの物理の大学院生)にはできないので、他の人のフォローを待ちましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速教えていただきまして、ありがとうございます
私は単に天文に興味のある素人なので、ごく単純にしか考えられません
分からないなりに、いまの宇宙のはじまりと終わりに関しては好き勝手なことを想像できるので、楽しいです
素人にも直感的に分かるような説明をいただけるとありがたいです
いまNHKの番組(11/25午後9時の特集「宇宙の終わり」)を見終えたばかりですが、とてもわくわくさせられました
ありがとうございました

お礼日時:2001/11/25 22:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックホールは光ってるんでしょうか?

自分は素人です。

銀河の中心には大質量ブラックホールがあると言われていますよね。

いろんな銀河の画像を見ていたのですが、銀河の中心あたりって光っていませんか?

大質量ブラックホール(元恒星?)自体は光ってるわけじゃないですよね?

ブラックホールは活発に活動していると光るんでしょうか?
何か別のものが光っていて、ブラックホールはその中心にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 ブラックホール自体からとしては、ホーキング輻射という電磁波(可視光を含む)が発せられていますが、これはブラックホールの質量が大きいほど弱く、恒星から出来るブラックホールですと、あまりに弱すぎては観測できません。

 現実にブラックホール探しが行われ、その候補とされるものが幾つも見つかっていますが、これは主に目には見えないX線観測によります(私たちがよく見るブラックホール画像は、X線を可視化した画像補正があるでしょうね)。

 このX線は、ブラックホールが持つ降着円盤と宇宙ジェットから発せられています。どちらも非常に高温です。高温なほど出す電磁波の波長は短くなります。あまりにも高温だと、可視光を超えてしまい、目には見えなくなります。

 ブラックホールは強い重力があり、高速で回転しています。

 もしたとえば、ブラックホールが普通の恒星との連星で、ブラックホールの伴星(連星のもう一方の星)が赤色巨星であったりすると、赤色巨星からどんどん物質がブラックホールに流れ込んで行きます。

 その流れ込む物質は、ブラックホールの重力に引かれながら、さらにブラックホールの回転に合わせて、渦を作りながらブラックホールに落ち込んで行きます。

 それは、高密度・高圧になります。落ち込んでいく物質同士の衝突もあります。このため非常に高温になり、X線を発するようになります。

 また、渦巻きながら落ち込む物質が大量になると、あまりにも高圧になるため、ブラックホールに落ち込まずに、ブラックホールの自転軸の方向に激しく噴き出します。これが宇宙ジェットで、これも高温のため、X線を発しています。

 この二つのX線が観測され、そのもとになるものがブラックホールだと考えられているわけです。もちろん連星だけが、降着円盤や宇宙ジェットの条件ではありません。何であれ、ブラックホールに落ち込んでいく物質が大量にあればいいわけです。

 発せられるのが主にX線とはいえ、降着円盤も外側ほど、宇宙ジェットも離れて行くほど、低温になって行きます。そうすると、発する電磁波も、紫外線、可視光、赤外線、マイクロ波等の電波と、波長が長くなって行きます。

 こうしたものも、補助的に降着円盤や宇宙ジェットの観測に用いているでしょうね。

 ブラックホール自体からとしては、ホーキング輻射という電磁波(可視光を含む)が発せられていますが、これはブラックホールの質量が大きいほど弱く、恒星から出来るブラックホールですと、あまりに弱すぎては観測できません。

 現実にブラックホール探しが行われ、その候補とされるものが幾つも見つかっていますが、これは主に目には見えないX線観測によります(私たちがよく見るブラックホール画像は、X線を可視化した画像補正があるでしょうね)。

 このX線は、ブラックホールが持つ降着円盤と宇宙ジェッ...続きを読む

Qもし地球がブラックホールに飲み込まれたら…

もし地球がブラックホールに飲み込まれたら飲み込まれた地球はどうなるのでしょうか?永遠にブラックホールから出られないのですか?ていうか出られる前に地球は粉々ですか?。

Aベストアンサー

大きな潮汐力でパチンコ球でさえ針金のように引き伸ばされるそうだから地球くらいの大きさだったら吸い込まれる前に粉々になるでしょうね
月から受ける潮汐力でさえ直径は毎日大きく変化しているのですから

Qブラックホールが誕生してから

最近ブラックホールについていろいろ調べています。
ブラックホールが誕生する仕組みについては何となく理解できたのですが、ブラックホールが誕生してその後、ブラックホールの質量は増え続けるのかそれとも収縮するのかがよくわかりません。
そして、最終的にブラックホールはどのようにして終わりを迎えるのでしょうか。爆発とか自然消滅とかを目にするのですが、まだよくわかっていないのですか?

Aベストアンサー

> ブラックホールが誕生してその後、ブラックホールの質量は増え続けるのかそれとも収縮するのかがよくわかりません。

ブラックホールにある質量の物質が吸い込まれると、ブラックホールの質量はその物質の分だけ増加します。また、ブラックホールに何も吸い込まれないと、ブラックホール輻射の分だけ質量は増加します。

> 最終的にブラックホールはどのようにして終わりを迎えるのでしょうか。

ホーキング博士のブラックホール理論によれば、最終的には全てのブラックホールはブラックホール輻射によってエネルギーを失い、蒸発することになっています。要するに、吸い込むことが出来る物質が周りにあるうちは、大きなブラックホールはどんどんと肥えていきますが、いずれ吸い込むものを全て吸い込んでしまうと、輻射によってエネルギーを失い始め、最終的には全てのエネルギーを絞り尽くして蒸発する、という訳です。

もっとも、巨大ブラックホールが蒸発するのは遙か先のこと(周りに吸い込むものがある限りブラックホールは成長していく)ですので、マイクロサイズのブラックホールを除けば、蒸発するというのは理論上のことと思っていても良さそうです。

> ブラックホールが誕生してその後、ブラックホールの質量は増え続けるのかそれとも収縮するのかがよくわかりません。

ブラックホールにある質量の物質が吸い込まれると、ブラックホールの質量はその物質の分だけ増加します。また、ブラックホールに何も吸い込まれないと、ブラックホール輻射の分だけ質量は増加します。

> 最終的にブラックホールはどのようにして終わりを迎えるのでしょうか。

ホーキング博士のブラックホール理論によれば、最終的には全てのブラックホールはブラックホール輻射によっ...続きを読む

Qブラックホールの蒸発について

開いた宇宙での最終段階に訪れると思われるブラックホールの蒸発について質問です。

ブラックホール近辺で発生(?)した物質と反物質の内、反物質が落ちて対消滅がおこりエネルギーとして蒸発するってことだとおもいましが、なぜ反物質の方が多くブラックホールに落ちるのですか?
無から発生した(ほんとはエネルギーから?)物質と反物質は同数だと思うんですけど・・・

Aベストアンサー

 まだちゃんと勉強してないくせに、何ともいい加減な話をしてしまいます。凄く難しい話で、そう簡単には納得いかない。kyoto2001先生がいらっしゃるから、敢えてレポート出す積もりで書いちゃいます。

 物質・反物質の話ではないことは、これまでの回答で既に結論が出ていると思います。ブラックホールが蒸発するというのは、まさしくkatuyaさんの仰るような過程。ブラックホールの事象の地平線の微妙に上空で生じるであろう現象です。小さいブラックホールほど質量あたりの表面積が大きいので早く蒸発する。
 真空から電子陽電子対が発生するには1MeVのエネルギーが必要である。でもこのエネルギーはどこからも来ていない。(来てる場合は光子が粒子対に化ける訳で、この話とは違います。そうじゃなくて)不確定性原理ΔEΔt ~hの御蔭で、ごく短時間ならエネルギーが大きい状態が生じても宜しいという仕組みで発生するので、平均すれば真空のエネルギーは変化がありません。こういう、真空から勝手に湧いている電子・陽電子対(あるいは他の粒子・反粒子対)てのは、仮想粒子です。普通だったら観測には掛からない。Δt の間に対消滅しなきゃダメで、これでチャラです。ところが片っ方がブラックホールに喰われてしまうと、つまり、すぐに辻褄合わせる積もりで一瞬ズルしたら相棒が居なくなっちゃった、という状況が生じる訳です。残った方はしょうがなくて実粒子として飛び出す。これで初めて粒子が飛び出したことになり、その運動量と質量の分だけ真空より高いエネルギーを持っている。だからエネルギーを汲み出したことになります。
 ここまでの話だと、ブラックホールの微妙に外側の真空のエネルギーが1MeV分失われただけ。落ちた粒子も相棒を失って実粒子化してると思えば、ブラックホールの方が若干大きくなってあむ。とこれを喰うはずで、ブラックホールは大きくなっちゃう。(大きくならないと粒子を喰えないことについては既に別の質問で議論がありました。http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=30614)これでブラックホールの作ってる重力場の真空のエネルギーが平均としてちょっと低くなる。その分、ブラックホールの事象の地平線が後退してエネルギーの不足を埋め合わせます。これはあむ、と喰い付きにくる過程を時間反転したもので、失われた1MeVを埋めるには電子あるいは陽電子2個分ブラックホールが縮まなくちゃいけない。これでエネルギーレベルとしては仮想粒子対ひとつが真空中に放出されたのと同じことになる。喰った粒子と差し引きすると、実質、真空のエネルギーはもとのままで、粒子が1個飛び出してブラックホールが縮んだことになる。やっと勘定が合います。
 さて、片割れが実際に実粒子になってブラックホールに落ちるのかどうか。むしろこの過程は仮想的だと見るのが本来であろうと思います。ファインマン図形で言えば、粒子が時間を一瞬遡行してブラックホールから飛び出したと見る。(遡行中の粒子とは、実は反粒子の事です。)で、対発生した時点に到達してここで順行に変わる。すると普通の粒子になります。この図形を逆向きに辿ると、(真空のエネルギーが一定だとすれば)遡行中の粒子のエネルギーは真空に対してマイナスになっていなくちゃいけない。つまり、マイナスの質量を持つ粒子がブラックホールに落ちた、と見なすこともできる。これは現象の発生経過の順番にとらわれずに、むしろ時空で生じた相互作用全体として辻褄合わせをする解釈の仕方ですね。
 さらに別の言い方として、単にブラックホールから仮想粒子が飛び出すのはアリです。これは事象の地平線の微妙に上空で生じた仮想粒子の対が両方とも落ち込むのとバランスして、実質的にエネルギーを持ち出さないからです。(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=25268) ところがブラックホールから出てきた仮想粒子対の片割れが再結合する前にうっかり再度ブラックホールに落ち込めば、残った方が実粒子になって飛んでいく。これでブラックホールは差し引き粒子1個を失って縮みます。
 一方、半古典的(?)なディラックの真空の描像を持って来るのは、なんだかあんまり旨く行きません。それによれば、真空は実はマイナスのエネルギーの電子で埋め尽くされていると考える。たまたま1個の電子が励起されてプラスエネルギーになると、その電子が抜けた穴が陽電子で、この二つの粒子が仮想粒子対です。真空のエネルギーが0ならこの陽電子はエネルギーがマイナスの騾馬粒子でなくてはいけない。(騾馬粒子は掛けた力の方向と加速度の方向が逆向きになる想像上の粒子で、従って水中の泡のように重力があると上昇していく。)でもこの説明だと、なんで浮かんじゃう騾馬粒子の方ばっかり落ちるのか?ホントに電子ばっかり飛び出すのか?って既に出ていた質問(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=21841)に帰着してしまいます。この説明は失敗のようです。

 言葉にするといろんな説明の仕方があるけど、計算するとどれも同じ。そういうことじゃないのかなと、今のところ想像してます。

 まだちゃんと勉強してないくせに、何ともいい加減な話をしてしまいます。凄く難しい話で、そう簡単には納得いかない。kyoto2001先生がいらっしゃるから、敢えてレポート出す積もりで書いちゃいます。

 物質・反物質の話ではないことは、これまでの回答で既に結論が出ていると思います。ブラックホールが蒸発するというのは、まさしくkatuyaさんの仰るような過程。ブラックホールの事象の地平線の微妙に上空で生じるであろう現象です。小さいブラックホールほど質量あたりの表面積が大きいので早く蒸発する。...続きを読む

Qホーキング放射でなぜブラックホールはエネルギーを失うのか?

物理素人です。

ホーキング放射は、ブラックホール事象の平面近くで対生成が生じた際、片方の粒子がブラックホールに落ち、もう片方が放射される(熱放射)、という理解をしています。この放射により、ブラックホールはエネルギーを失っていくと。

ここで生じる疑問が、なぜブラックホールの外に放射された熱が、ブラックホールのエネルギーとして放射されるのでしょうか?対生成はブラックホールのエネルギーで生じるのでしょうか?それとも、ブラックホールに落ちた粒子が負のエネルギー(あり得る?)として働くのでしょうか?

どなたかお詳しい方、どうかご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

通常、エネルギーは正の値しか取れません。不確定性原理に反しない短い時間、真空からいわばエネルギーを借りて対生成が起き、対消滅によってエネルギーを返すわけです。それが、真空の安定性を保証し、勝手に物質が作られたり、消滅したりしないこの世の安定性を担保しています。

ブラックホールでは、事象の地平線で時間が止まり、時間方向の保存量であるエネルギーが、ブラックホール内でマイナスの値を取れるようになる。エネルギーがマイナスの値を取れれば、もはや対生成を起こすために真空から借りたエネルギーを返すために、地平線の外の物質と対消滅しなくても、エネルギー保存の法則が保たれる。結果、負のエネルギーにより、ブラックホール内部のエネルギーは減り、地平線外に残された粒子は正のエネルギーを得て、飛び出していく・・・。

Qブラックホールホワイトホール

ブラックホールは時間が遅く進み(365日が1日)、ホワイトホールは時間の流れが早い(1日が365日)って聞いたんですけど、調べたらブラックホールとホワイトホールは時間の流れが違うということばかり書かれていて分からなかったのでみなさんに聞きたいと思いました。ブラックホールは存在してもホワイトホールは存在しないとも書かれていて、でもブラックホールの果てがホワイトホールとも言われていますよね?この問題は正解はないんでしょーか?

Aベストアンサー

現在の物理体系の理論式では、時間の向きに関する概念がありません。
エントロピーといった概念もありますが、基本的には時間の流れる向きはどちらでもいいのが現状です。
しかし、私たちの世界では、割れたコップは元には戻りません。時間の向き(時間の矢)があるからです。

現在の理論は不完全です。その不完全な理論では、

重力によって物体が引き寄せられ、光すら脱出できない高重力天体(ブラックホール)

の逆である

反重力によって物体(エネルギー)が放出され、何物も侵入できない天体(ホワイトホール)

というのも、式の時間の向きを逆にすると導き出されるわけです。

ホワイトホールは時間の逆向きにすると導き出される天体、ですので、ホワイトホールの時間の向きは逆向きに流れているわけです。

時間の流れが早い:これは違います

ブラックホールの果てがホワイトホール:これは、正反対の性質をもつのだからつながっているのではという考えのもと生まれました。こう考えると、カッコイイですよね。物理的な理由から考えられたわけではありません。

ホワイトホールは不完全な理論の式から考え出されたもので、ほとんどの研究者は存在しないと思っています

ブラックホールは数々の観測からまず存在すると思われています

現在の物理体系の理論式では、時間の向きに関する概念がありません。
エントロピーといった概念もありますが、基本的には時間の流れる向きはどちらでもいいのが現状です。
しかし、私たちの世界では、割れたコップは元には戻りません。時間の向き(時間の矢)があるからです。

現在の理論は不完全です。その不完全な理論では、

重力によって物体が引き寄せられ、光すら脱出できない高重力天体(ブラックホール)

の逆である

反重力によって物体(エネルギー)が放出され、何物も侵入できない天体(ホワ...続きを読む

Qブラックホールの温度を上げることができるか?

ブラックホールについて質問です。
ブラックホールはホーキング放射により質量に応じたエネルギーを発散しながら次第にエネルギーを失っていき、最後には消滅するとホーキングの本より読みました。

問い1:それでは何らかの外的要因でブラックホールの温度を上げることは可能でしょうか? 例えばブラックホール太陽クラスの星を取り込ませた場合、ブラックホール質量を上げてしまうため逆に放出される温度は下がると考えられます。
問い2:また、ブラックホールの消滅を早めることは可能でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ブラックホールはホーキング放射により質量に応じたエネルギーを
> 発散しながら次第にエネルギーを失っていき、最後には消滅すると
> ホーキングの本より読みました。
ミニブラックホールの蒸発のことですよね。
確かその後の研究により、間違っているとの指摘があり、取り消されたとの記事を読んだ記憶もあるんですが・・・最近読んだ科学雑誌newtonにはブラックホールの消滅が載っていたから、一部変更だったのかな~。

それは置いといて、ホーキングが唱えたブラックホールの蒸発には、事象の地平線近くでの素粒子「対生成」が必要です。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/1808/jouhatu.html
http://www.lares.dti.ne.jp/~s-miyabi/science/tales5.html

ですので、
問い1の方法は適用できないと考えます。
問い2は事象の地平線近くで素粒子の対生成が頻繁に発生するよう、粒子加速器(サイクロトロンやシンクロトロン)を設置する事できれば可能なのかもしれません。

> ブラックホールはホーキング放射により質量に応じたエネルギーを
> 発散しながら次第にエネルギーを失っていき、最後には消滅すると
> ホーキングの本より読みました。
ミニブラックホールの蒸発のことですよね。
確かその後の研究により、間違っているとの指摘があり、取り消されたとの記事を読んだ記憶もあるんですが・・・最近読んだ科学雑誌newtonにはブラックホールの消滅が載っていたから、一部変更だったのかな~。

それは置いといて、ホーキングが唱えたブラックホールの蒸発には、事象の...続きを読む

Qブラックホールとホワイトホールの違い

ブラックホールとホワイトホールは何が違うんですか?誰か知ってる人教えてください!

Aベストアンサー

ブラックホールは何でも吸い込んでしまう(光でさえ)星、穴ではないが穴のように見えると想像されているのでそう呼ばれて居ます。
存在は確認されています


ホワイトホールはその逆で何でも出てくるとされていますが、想像上の産物で、確認されていません。

Qブラックホールの弱点はないのでしょうか?

ブラックホールの弱点はないのでしょうか?

全てを飲み込むとされているブラックホールについてなのですが、
ブラックホールで吸い込めないものはあるのでしょうか?またブラックホールに吸い込まれたものが
再び戻ってくるといったことは今までに1度もないのでしょうか?
また実際にブラックホールにはどのくらいの距離から吸い込まれてしまうのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>ブラックホールで吸い込めないものはあるのでしょうか?

 ブラックホールも離れた所から見ると、同じ質量(重さ)の普通の星と、重力の強さは同じです。
 ですから、ブラックホールに近づく軌道を採らない物体は吸い込まれる事はありません。


>ブラックホールに吸い込まれたものが
再び戻ってくるといったことは今までに1度もないのでしょうか?

 理論的には、ブラックホールに吸い込まれたものを吐き出す、ホワイトホールという時空の穴が存在すると言われる事もありますが、現実にはブラックホールと考えられる天体が多数見つかっているのに対して、ホワイトホールらしきものが発見された事はありませんし、ホワイトホールは実在しないとする説もあります。
 尚、もし、ホワイトホールが実在したとしても、ブラックホールに吸い込まれた宇宙船等がそのままの形で、ホワイトホールから出て来る訳では無く、宇宙船等を構成していた素粒子が、バラバラとなって出て来る可能性が高いと思います。

【参考URL】
 ホワイトホール - Wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

 回転するブラックホールの周囲にある、エルゴ領域と呼ばれる領域であれば、入った後に出て来る事も可能と考えられています。
 尤も、厳密にはブラックホールに吸い込まれたとは言えませんし、普通サイズのブラックホールの場合は、エルゴ領域まで近づいた物体は、素粒子レベルまでバラバラにされてしまうと考えられています。

【参考URL】
 エルゴ球 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B4%E7%90%83

 ブラックホールから素粒子が出て来る様に見えるホーキング放射と呼ばれる現象が存在すると理論的には考えられています。
 これは厳密には、吸い込まれたものが出て来る訳では無く、ブラックホールのすぐ外で、ブラックホールの超強力な重力によって生み出された素粒子(の一部)が、ブラックホールから離れる方向に飛び出したものです。
 しかし、その素粒子を生み出すためのエネルギー源はブラックホールの質量であり、素粒子を生み出すために消費されたエネルギーの分、ブラックホールの質量は軽くなります。
 ブラックホールの質量は、ブラックホールに吸い込まれたものの質量が元になっていますから、エネルギー的に見ますと、ブラックホールに吸い込まれたものが出て来たと見做す事も出来るかも知れません。

【参考URL】
 ホーキング放射 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%BC%BB%E5%B0%84

>ブラックホールで吸い込めないものはあるのでしょうか?

 ブラックホールも離れた所から見ると、同じ質量(重さ)の普通の星と、重力の強さは同じです。
 ですから、ブラックホールに近づく軌道を採らない物体は吸い込まれる事はありません。


>ブラックホールに吸い込まれたものが
再び戻ってくるといったことは今までに1度もないのでしょうか?

 理論的には、ブラックホールに吸い込まれたものを吐き出す、ホワイトホールという時空の穴が存在すると言われる事もありますが、現実にはブラック...続きを読む

Qブラックホール、ホワイトホールとは。

ブラックホール、ホワイトホールとは何でしょうか?どういったものなんでしょう?

Aベストアンサー

質量の大きいものは、引力が強い(万有引力の法則)。質量が大きすぎて、なんでも飲み込んでしまうものがブラックホール。数式上、その反対のものがあらねばならなくなる。これがホワイトホール。
詳しくは以下。ブルーバックス(講談社)は自然科学、数学などを扱うシリーズだが、宇宙に関する本も多いので、おすすめ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB


人気Q&Aランキング

おすすめ情報