アメリカでは、1億2700万人が標準体重を超え、6000万人が肥満、900万人が極度の肥満であると推定されているそうです。
この数字は、富裕層のグルメによる肥満とはまったく違うはずです。
何が、彼らを、際限なく食べることに走らせるのでしょう?
そこまでの割合で肥満が増えるということは、文化的、歴史的、宗教的背景があるとしか思えません。
どなたか解説してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんにちは。



わたしは短い期間ですが、アメリカにいました。
そのとき、良く ご質問のようなことを思いました。
ここまで太れるのはなぜ、、、と。
太ってるのを恥ずかしく思っていないようなことにも。

わたしなりに考えたのは、日常レベルのことばかりですけど、また、地域によって違うと思いますがこんな感じです。

「スーパーなどで売ってる、たとえば牛乳、日本は一リットル売りだが、あちらは一ガロン(3,6リットルくらい)でうってる。
バターも肉もパウンド(450gくらい)表示。マーガリンもアイスクリームも、バケツに入ってうってる(小さいものがない!)。ジャガイモも5キロくらい入ってうってる。
カートも、荷物のせに子供2-3人乗れるくらい大きい。これにめいいっぱい買い物する。ただでさえ一個が大きいのに、3個買うと一個タダ、五個で一ドル、などの、クーポンがある。
食べなきゃ損、買わなきゃ損みたいな広告。また 収納も冷蔵庫も馬鹿でかいので、買ったのが入る。」
「食べ放題レストランとかが 普通に食べるより安い、
マクドナルドでも飲み物おかわり自由」
「劇あま、劇カロリー」
「食べることが、楽しみである、ご褒美であるという感じで
子供にもそう教えてる。」
「何かをしながら食べることが本当に多い」会議っぽいときにも、仕事中にも、何かのんだり、食べてる人が結構いました。
「独自の理論展開、たとえば ものすごいカロリーのものを目の前にしたとき、牛乳が入ってるからヘルシーとか、チーズが入ってるからヘルシーとか言うことを、真顔で言う」
「味音痴?歯が解けそうなクッキーと劇あま飲み物を同時に飲む」
「どこまで太ってても ある程度おしゃれな服がある」
「逆に、日本人での普通女性サイズが 子供サイズにしか見つからなかったり。」
自分で料理しない!火が通ったものは夕食だけだそうです。
「一日の」平均料理時間が、「15分」とききました。
一食、じゃないそうです。

歩く機会が とことん少ない。
太ってることでの不便が すくないです。

ところが、いちいち驚いていたのに、
2年目くらいから、自分も、日本の高級クッキーが、味がしなく感じたり、飲み物を一ガロンふたつとか、コーラを毎週、24個パックで買うようになりました。オレンジもジャガイモも、砂糖も 5キロ単位くらいで買っていたと思います。劇あまクッキーも、おいしく食べてました。慣れと言うか麻痺というか。いったん甘いもの、巨大なものになれると、小さいもの、味が薄いものが ものたりないです。
最初は驚いた、相当に太った人も、見慣れると普通サイズに見える(日本人が貧弱すぎなのかと眼の錯覚)から不思議です。

でも、一部の、やや高級グロサリーでは、小さくて味のいいもの(ヨーロッパ産などのもの)が売っており、そこに来る人は 不思議と、あまり太っていません。牛乳も、一リットルか半ガロンがありました。

味のいい半ガロン入りよりも 一ガロン入りが安いと、やっぱり一ガロンを買ってしまうものでは。
日本でも、Costcoなどの倉庫店がありますが、そこに行くと やすいし、錯覚し、業務用みたいな肉を買ってしまいます。買ってしまうと食べれるもので、、、の繰り返し、で太っていくのではないか、という。

あえて文化的な要素を探せば、あちらはいろんな言語、文化が入り乱れてるので、人が集まったとき、「無難にできる話題や、楽しみが、食べ物がらみ」「一緒に飲食することで くつろげる」
「こどもが安心して駆け回れる、あそべるところが少ない」
というのもあるのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深い事例を、いろいろとありがとうございました。
そういった環境で小さいころから育てば、当然太りますよね。
このような環境は、少しずつ作られてきたのでしょうね。

お礼日時:2005/11/11 13:26

いま回答をアップしようとして、まちがって中止ボタンを押してしまったみたい。


脱力したので、紹介だけ、、、、。
この映画を見たらあなたの疑問は氷解すると思いますので、よかったらご覧下さい。とても考えさせられる映画です。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/special/supersizeme/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私もこの映画は見ましたが、理解力不足なのか、
供給する側の論理はわかりましたが、食べ続ける側の論理はわかりませんでした。

お礼日時:2005/11/07 14:33

いわゆる一般的に言われているアメリカの肥満は、


(1)肉食中心
(2)ストレス
です。
日本人の肥満もまさにそれ。ということは、日本もアメリカも同じと考えられるわけですが・・・
そこら辺については、下のサイトで詳しく書かれています。
http://www.taishitsu.or.jp/aging/aging25.html

http://www.sakai.zaq.ne.jp/selen/nseizin1.htm

さて、ここからは持論ですが、
「太っていて何が悪いのか?」
日本の場合、歴史的に「太る」という生活習慣は無く、お相撲さんを太らせて観戦する程度でした。だからデブは恥ずかしい事で、子供のイジメの対象にもなります。
一方で、相撲は古来からの神儀であり、五穀豊穣を願うものでもあったのです。
さて、アメリカのお相撲さんと言えば小錦です。サモアの血を引く彼らは、太る事は豊かの象徴です。また、オスマン・サンコンのギニアなどアフリカ諸国では、太っている女性が美人の象徴なのです。ちなみに、ソ連(古い?)では、歳をとると「当然太るもの」という認識がありました。
アメリカは、こうした「太るのが文化」の人々を多く受け入れてきた(黒人は強制連行)移民の国です。
「なぜ太るのが悪いのか?」
アメリカは肥満に関連したと考えられる医療費の増大で、健康保健の破綻が叫ばれています。それで、太っている人間を非難し、ダイエットに奨励金を出したりするわけですが、私は、
「太る文化への弾圧だ!」「アメリカの覇権主義だ!」と感じるわけです。
確かに、肥満は健康に悪い、お相撲さんも長生きできないと言われている。だからと言って、お相撲さんに「痩せろ」と言うのか?太る事は固有の文化であり、歴史であるのです。
医療費をケチるのではなく、太っている人も健康に過ごせる、医療を、開発する事が本来必要な事なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も、同様に太っていることを「悪い」とは思いません。
ただ、アメリカで、日本の力士のように職業的に太ることを志向して結果太っている人ではない人で、極度の肥満の人を多数見かけると、「なぜそこまで」と違和感を覚え、その背景を知りたくなったのです。
お相撲さんに痩せろとは毛頭思いませんし、アメリカ人に痩せろとも思いません。

ご指定のURLでは、社会の歪みに放り出されたひとが、家族、学校の教育を受けられず、食事に走っているということでしょうか。
そこでは、酒、タバコ、ドラッグのように、社会の歪みの渦中にいる人が高カロリーの食事に依存してしまうということでしょうか。
もし、この論が正しいとすれば、太っていることはアメリカ社会の歪みの象徴的存在なのかもしれませんね。

お礼日時:2005/11/02 00:42

再度#4です。



あくまでも私の個人的な意見ですが、世界には食べ物に対する考え方が大きく二通りあるのだと思っています。

A どうせ食べるものなら様々な物を工夫して少しでも美味しくして食べたい~質重視派

B どうせお腹の中に入ってしまえば同じだからいつも同じ物で良いからたくさん食べたい~量重視派

日本はAタイプの人間であり何でもチャレンジして食材を美味しくして食べようとする。
中国人やイタリア人やフランス人などはこういうタイプかと思います。

一方、アメリカ人は典型的なBタイプなのかと思います。

食べ物に対して美味しさを追求しないBタイプは毎日同じものを食べていても平気のようですし、アメリカの一般家庭では料理といっても冷凍食品をストックしておいてレンジでチンするだけの家庭が多いようですので、子供の頃からそういう食生活で育っているために、大人になっても何も疑問に思わずに子供時代と同じ食生活になってしまうのではないでしょうか。

アメリカ人は世の中に肉以外の食材がいっぱいあるということを知らないのか、又はどうやって料理すると美味しく食べれるかを知らないのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
食材の種類や多様な調理方法について、小さいころから知る機会が少ない、ということですね。
私もそれはそうだと思いますが、一応「先進国」と呼ばれているのに、不思議ですね。

お礼日時:2005/11/01 13:52

#4です。



>なぜ、それを際限なく続けて、極度の肥満になるのでしょうか?

日本では、
痩せている=健康的、美しい、正しい、良い
太っている=健康的でない、美しくない、正しく無い、ダメ
というイメージが行き渡っているのではないでしょうか。

基本的にアメリカ人は上記のようなイメージを持ち合わせていないので、太っている=ダメ、というマイナスイメージにはならないのではないのでしょうか。

日本では太っている体型は何かと病気になり易いと云われて、標準体重の範囲内が健康である、という認識が行き渡っています。
また、食事に関しては偏った食べ方はダメであって、多くの品目を満遍なく食べることが正しい、とされて浸透しています。

こうした食生活に関する教育的な部分がアメリカには無いのではないでしょうか。

また、肉、魚介類、野菜、麺類等々様々な食材を用いて様々な料理法で食事を楽しむ日本人に比べて、肉類ばかりほとんど同じ料理法で毎日食べているアメリカ人は基本的に食生活が貧しいのだと思います。

アメリカ人でも都会の裕福なインテリ層は毎日様々な料理を楽しむことができるので、肥満にならずにスマートな体型を維持できているのではないでしょうか。

結局はアメリカ人でも、ファストフードとソーダ類ばかりを飲食している層が肥満に陥っている、ということかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
痩身=健康=善という教育の不足ということですね。
アメリカでは、日本における家庭科の授業のような、栄養の教育がないということでしょうか。

またなぜ、食生活が肉に偏り、貧しいのでしょうか?
野菜類より安いからという理由だけなのでしょうか?

お礼日時:2005/11/01 09:30

高カロリーなものを安く売っているということではなく、安物が高カロリーだと書いています。

ダメなんで、これ以上、説明はしません。「考えられる」教育よ!あぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。食品の値段とカロリーの関係について、説明はこれ以上結構です。

お礼日時:2005/11/01 09:21

アメリカ人を見ていると肥満になることがよく解ります。



食生活の問題が一番大きいのかと感じます。
彼らの食生活は日本人のようにバラエティーではありません。
日本では偏った食事をしないように、1日の中で肉類、魚類、野菜類などたくさんの品目を食べなさい、と指摘されていますね。

(1)アメリカ人は肉類を中心にした食生活であり、ステーキ・ハンバーガー・チキン・ピザなどを毎食のように食べ、その際に付け合せとしてポテトとコーラなどの炭酸類をがぶ飲みしています。
野菜類といえば生野菜のサラダを多少食べる程度です。

日本でも子供は肉類が好きなものですが、大人になるにつれて煮物や魚類、豆腐などが好まれ、若い世代と大人世代では若干の食生活の違いがあると思います。

(2)アメリカ人は子供もお年寄りも皆同じようにハンバーガーとコーラを食しています。

成長期の子供にとってある程度の肉類は必要と思いますが、大人になってもいつまでもハンバーガーとステーキでは、当然ながら余分な栄養を蓄積しすぎと思います。

(3)しかも食べる量が半端ではありません。
日本人の倍くらいの量を食べていれば当然ながら肥満になります。

(4)それでいてアメリカ人は健康志向の考えが浸透しており、テレビショッピングでは毎日、健康器具の新製品が紹介されている状態です。

よく食べ、よく運動する、というと非常に健康的な感じがしますが、実際には運動は続かないものです。
健康を考えるのであれば、自分達の食生活の改善が最も有効ではないのか?と感じます。

ただし、同じアメリカ人でも都市部のインテリ層は食事にも注意していると思われますから、実際に肥満になる人達はファストフードばかり食べている食生活の貧しい連中だと思われます。

食べ物に対して日本人は“様々なより美味しい物を食べたい”と望む人達であり、アメリカ人は“同じ物で良いからたくさん腹いっぱい食べたい”と望む人達なのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
(1)~(3)にあるように、太る直接の原因が、高カロリーの肉料理を長期間・大量に食べている、ということはわかります。
なぜ、それを際限なく続けて、極度な肥満になるのでしょうか?

お礼日時:2005/10/31 17:23

>何が、彼らを、際限なく食べることに走らせるのでしょう?



 アメリカの労働構造はオフィスで頭脳労働を行う一部の「ホワイトカラー」と、現場で製造や肉体労働を行う大多数の「ブルーカラー」によって成り立っています。両者は学歴や収入、社会的な地位が大きく異なっていて、一般にホワイトカラーは学歴が高くて高収入の人が多く、ブルーカラーは学歴が低くて定収入の人が多いと言われています。実際には大企業で働くブルーカラーと零細企業で働くホワイトカラーも数多く存在し、学歴や収入で逆転していることも珍しくないですが、やはり社会全体では「ホワイトカラー=高学歴高収入」「ブルーカラー=低学歴定収入」の図式で成り立っています。

 これらを踏まえた上でお答えすると、質問に書かれている「1億2700万人が標準体重を超え、6000万人が肥満、900万人が極度の肥満であると推定されている」というのは、アメリカ社会において大多数であるブルーカラーや失業者を中心に肥満が蔓延していることを意味します。

 アメリカで起きている肥満は過食や日常食品の高カロリー化、運動不足などが原因ですが、実際の肥満はそれらが複合的に絡み合っていることが多いので単純に「これが原因だ」と断言できません。しかしブルーカラーや失業者における肥満の大きな原因として彼らの置かれている環境や社会、職業に関係があると考えられています。

 よく「アメリカでは太った人は自己管理ができないと見なされて就職や出世ができない」と言われていますが、それはホワイトカラーの世界であり、ブルーカラーや失業者には太っていることがハンディキャップとしてあまり認識されていません。もちろん社会全体として「太っていると健康に悪い」というコンセンサスはありますが、それほど強くないのが実情です。個人的な感想では日本のほうが「太っている=健康に悪い」という認識が強いと思います。

 つまりブルーカラーや失業者が生活する社会では「肥満はいけない」という認識が薄く、食べ過ぎることやそれによって太ることを外部から抑止する力が弱いと考えられます。ブルーカラーや失業者を「際限なく食べることに走らせる」のは自己管理の欠如やストレスだけではなく、社会からの抑止力不足が大きな原因の1つではないかと思います。

 なお、質問に書かれている「文化的、歴史的、宗教的背景」についてですが、アメリカは多民族国家なので大多数が肥満になってしまう「文化的、歴史的、宗教的背景」は考えにくいと思います。ただし文化的には「身体の大きな人間が尊敬される」「よく食べる人間が尊敬される」といった点が該当するかもしれませんが、これは男性に限ったことなので男女の肥満に関しては関係ないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「ブルーカラーや失業者を中心に肥満が蔓延」、私もそういう印象を持ちます。そこが他の国とは違うのではないでしょうか?普通金持ちのほうが太る。
ブルーカラーや失業者の間では、「肥満はいけない」と抑止する力が働いていないということですね。
なぜ、その抑止が働かないのでしょうか?明らかに、ブルーカラーにとって、肥満は、社会的・経済的に得ではないはずです。どういう社会的背景で、肥満への抑止力がなくなるのでしょうか?

お礼日時:2005/10/31 17:19

肉の食べ過ぎですね。


野菜などとバランスよく食べればいいのでしょうが、チープな食べ物ばかり食べているので太るわけです。
社会的なストレスや希望のなさも、過食に走らせる原因かもしれません。
銃による死者の多さを見ても、普通の国ではありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なぜ、野菜などをバランスよく食べようとしないのでしょうか?
人間は、極度な肥満になるまで、肉を食べ続けるようには、できていないと思ったのです。
自然とバランスをとるように食欲が働くとおもったのですが。
「社会的なストレスや希望のなさ」、ということは、普通の人にとって希望のない社会なのでしょうかね。

お礼日時:2005/10/31 17:15

米国は肉類が安いこと。

その他、安い食料品は総じてカロリーが多いこと。しかも、ビックサイズで売っていること。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
高カロリーなものを安く売っているということですか。
際限なく食べ続けるには、コスト以外の理由があるとおもうのですが。
普通、極度の肥満になる前に、精神的、肉体的に抑制しようとする働きがあると思ったのです。

お礼日時:2005/10/31 17:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彼らは何?作業着姿

家で食器を洗っていると作業着姿の男性が尋ねて来て
「この近辺今から工事するので音がして迷惑おかけするかもしれないのでご挨拶にまいりました」というのでその言葉を鵜呑みにして、工事に必要だとも言ったので、キッチンの流しの水道の蓋を開けさせました。
人の家にいきなり来て点検して極悪品を売りつけた話を聴いていたので「セールスじゃないんですよね」と聴くと、セールスではないといいます。結局「うちは工事してくれる業者は決まってます」といったので退散させたのですが、あれはやっぱりダマシセールスだったのでしょうか?それとも歩合制で必死になってる営業の人なのでしょうか?当方福岡です。

Aベストアンサー

以前、我が家にやってきたセールスの手口と似ています。
作業服姿の若者がやってきて、
「近所で工事をするので挨拶に来た」と言うのです。水の話から給湯器の話になり水質の話になって、しまいには「コップに水をついできてください。」と言い出したのでピンときて「身内に同業者がいるのよ、浄水器でしょう?磁石のやつ?フィルターのやつ?」と聞くと「あっ」というような顔をして、ウチのは安いです、身内の方のは幾らですか?などと言い始めました。
本当は身内にそのような人はいないのですが、さらりと断れました。
他には、また同様な様子でやってくる
「パイプ洗浄」の業者さんもいらっしゃいます。
こちらはたいてい実際に近所で作業をされていて、せっかく道具を持ってきているのだから近所でも仕事を取ろうとするみたいですね。「今なら近所で作業しているから、安くてすみますよ。」みたいに言います。

自分が必要だと思ったらこちらから頼むのだから、
家にやってくるセールスには本来用事は無いですよね。

うちの近所では今、安価で粗悪な塗装をする業者のセールスが徘徊しています。くわばらくわばら。

以前、我が家にやってきたセールスの手口と似ています。
作業服姿の若者がやってきて、
「近所で工事をするので挨拶に来た」と言うのです。水の話から給湯器の話になり水質の話になって、しまいには「コップに水をついできてください。」と言い出したのでピンときて「身内に同業者がいるのよ、浄水器でしょう?磁石のやつ?フィルターのやつ?」と聞くと「あっ」というような顔をして、ウチのは安いです、身内の方のは幾らですか?などと言い始めました。
本当は身内にそのような人はいないのですが、さらりと...続きを読む

Q国人労働者の解雇が急増中ですが彼らは国へ帰られないんですか

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081203-00000000-diamond-bus_all
外国人労働者が急増中です。日本人ですら職がないのに、日本語が不自由な外人ならなおさらだと思います。彼らは職がなくなったのだから法的に日本に滞在することが可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

>外国人労働者が急増中です。

1988年頃から少しずつ増えて現在に至っておりますが、今回の不況でかなりの人が帰国しつつあります。

>日本人ですら職がないのに、日本語が不自由な外人ならなおさらだと思います。

そう思うでしょう。そうじゃないんです。外国人を雇う会社はまとめて雇いますからブラジル語ができる担当者を準備していてあまり問題ないです。労働も単純ですから言葉をしゃべる必要もあまりないし。
日本人単純労働者→
年配の人やひきこもりの人とか訳ありの人が多く、ハードな仕事に耐えられず不平も多い。
ブラジル人労働者→
お金を稼ごうという意欲がある。若い人が多く体力がある。不平を言わず頑張る。貴方ならどちらを雇いますか?

>彼らは職がなくなったのだから法的に日本に滞在することが可能なんでしょうか?

彼らは日本人の子孫としてまたその配偶者としてビザを簡単に取得できますが、多くは三年ビザです。ビザがあれば無職でも滞在OKです。

>彼らは国へ帰られないんですか

今回の不況でかなりの人が本国に帰りつつあります。でも帰る人はすでにお金を貯めることができた人か、ブラジルでもなんとか生活していける人たちです。今回の不況は世界的不況ですからブラジルに帰ればもっと厳しい生活が待っています。そう簡単に帰れません。外国人を受け入れるということは同時に問題を抱え込むことでもあります。まあしかし、ブラジルの場合は過去において日本人移住者がお世話になった国です。立場が逆転したからといって冷たくするのもどうかと思います。それよりも近き将来、浜松や群馬県あたりですごく優秀なサッカー選手が出てきたり、ミス日本代表にブラジル人と日本人の混血美女が出てくると思います。ブラジル人は愛すべき楽しい人たちです。付き合ってみることをおすすめします。

>外国人労働者が急増中です。

1988年頃から少しずつ増えて現在に至っておりますが、今回の不況でかなりの人が帰国しつつあります。

>日本人ですら職がないのに、日本語が不自由な外人ならなおさらだと思います。

そう思うでしょう。そうじゃないんです。外国人を雇う会社はまとめて雇いますからブラジル語ができる担当者を準備していてあまり問題ないです。労働も単純ですから言葉をしゃべる必要もあまりないし。
日本人単純労働者→
年配の人やひきこもりの人とか訳ありの人が多く、ハードな仕事...続きを読む

Q彼らは似てませんか?

彼らは似てませんか?

渡部昭一、金美麗と張景子って似てませんか?

自国をやたらに擁護し、自国にとって都合の悪いことには目を向けようとしない。

問2
両方嫌いという肩は居ませんか?

僕は、両方とも嫌いです。

どこの国だろうが、ナショナリズムむき出しの人間というのは周りが見えていない気がします。

両者にはこの言葉をプレゼントしたいです。

「愛国心とは悪人どもの最後の避難場所である」

Aベストアンサー

愛国心=悪人という図式は短絡でしょう。
それじゃあ、愛国心のない人、自分の国がどうなってもいいという人は善人なんですか?
それこそ国賊だと思います。

Qアベノミクスと富裕層の心理

アベノミクスが成功しているという人で「富裕層が富んだから成功なんだ」「庶民が貧困になっても関係ない」という類の理由を述べる人が少数ではなく相当数いますが・・・

本当に富裕層であれば、「お金持ちが反感を食らうようなこと」は、心の中で思っても、こういう大衆に見られる場所では書かないと思うのですが・・・

おそらく貧困層か、或いは中間層の書き込みだと思われるのですが・・・
なぜ富裕層のフリをしてエラそうに書き込みをするのでしょう?
中間層、貧困層という仮定で正しければ、なぜ自分が経済的に良いわけではないのにもかかわらず、自分を苦しめる政策や政治家を頑なに支持するのでしょうか?

まるで奴隷が鞭を持って自分を叩く人を、一生懸命支持しているようにも見えます。
マゾ・・・ではないと思うのですが・・・
私もいくつかは仮説が立つのですが、さらに広く意見を聞いてみたいです。


※本当の富裕層がこういう書き込みをしているなら、その人物は相当ヤバい精神的な疾患がありそうで逆に違う意味で恐ろしいです・・・

Aベストアンサー

ご質問はアベノミクスそのものではなく、これを支持する非富裕層の心理についてですよね?

こちらのサイトをのぞくようになったのはつい最近なのですが、お尋ねの該当者とおぼしき皆さんには、質問と回答が対応していなかったり、反対論者をはげしく攻撃しながら自身の論理は破綻していたり、といったケースが目につきます。知識量の多寡が問題なのではなく、最初から結論を決めこむ思いこみの強さが原因なのだろうと推測しています。
「意見を聞いてみたい」とのことなのであくまでも私見で回答させていただきますが、このタイプの人たちがアベノミクスを支持しているのはこれが正しい経済政策だと判断したからではなく、それ以前から安倍晋三氏ならびに安倍的政治が正しいと信じているからであり、たとえ富裕層の富裕化しか招かない結果になったとしても、彼らにとってはささいなことだと思っているからなのではないでしょうか。
都合の悪い現実があるなら現実のほうがまちがっていると結論づけるか、無視していればよいのです。

保守系評論家の古谷経衡氏は昨今ネットで目立つ「保守派」について「嫌韓反中、アンチマスメディアではあってもナショナリストではない」と言い、社会学者の小熊英二氏は「保守派のレトリックを駆使しているが伝統的な保守派の心情は共有していない」と分析しています。好んで「愛国心」「国益」「伝統」などと口にするものの、彼らの真の愛情はここにはないのです。
私個人は彼らの根源的な欲求は社会的弱者、少数派、異質なものへの敵意(はっきり言えば差別したいという欲求)であり、これにやたらと肥大化した被害者意識が加味されているものと判断しています。この欲求を彼らに代わって解消してくれるなら、別に保守派でなくてもよかったのだと思います。
戦後日本でタテマエとされてきた倫理観(自由とか平等、平和など)や斯界の専門家たちの知的な営み(歴史学者や憲法学者のそれ)を、彼らは「偽善」だと指弾します。私もこれには一理あると思っているのですが、彼らがこれらを蛇蝎のごとく嫌うのは、これらが否定しようとしているものこそ自分たちの目標だと知っているからでしょう。
だれだって自分はアホだとは認めたくありませんし、自分は「正義」の側にいるのだと信じたいものです。

彼らが伝統的な保守派ではなく安倍的指向性に引かれるのはその現れだと思います。中庸とか良識からほど遠く、情緒に訴える論法に頼り、敵か味方かという二元論につらぬかれた安倍氏の政治スタイルは、彼らの内面ととても親近性があるようです。政治家は嘘をつくのが仕事みたいなところがありますが、私には彼ほど安易に嘘をつく政治家というのは記憶にありません。
しかし、彼らにとってその安倍氏以外に有力な選択肢がない状況では彼に付いて行くしかありません。結果、嘘のほうを無視することになります。

問題は、安倍晋三個人と彼の政治の最大の受益者は、彼を熱狂的に支持する「保守派」とは同じ社会階層に属していないことですが、これも無視すればよいのです。
アメリカのトランプ現象を支えている人たちも同じ心理状態にあるのではないでしょうか。トランプ氏自身はその支持者たちとはまったく別の社会階層に生きる人ですが、自分の憤懣を代弁してくれるかぎり、自分に代わって世界を単純化してみせ、自分に代わって弱者を攻撃してくれるなら、それ以外のすべてが「ささいなこと」だと受け止められるようです。

アベノミクスは富裕層の富裕化しか招かない。それがどうしたというのでしょう。安倍晋三は自分たちの代弁者なのです。それで十分ではないでしょうか。つまり、彼らは自分を富裕層に見せかけたいのではなく、本気で安倍氏とその政治が目指すところに心理的に同化しているのだと思います。自分はアベノミクスで利益を享受する側にいないと気づいてしまったら、自己否定にしかなりません。
ディドロは200年以上も前にこう言っています「奴隷はよりいっそう隷属することで自由になる」と。別にMだから従っているのではなく、精神的に自由になりたいがために疑問を持たない道を選んだのだと思います。

ご質問はアベノミクスそのものではなく、これを支持する非富裕層の心理についてですよね?

こちらのサイトをのぞくようになったのはつい最近なのですが、お尋ねの該当者とおぼしき皆さんには、質問と回答が対応していなかったり、反対論者をはげしく攻撃しながら自身の論理は破綻していたり、といったケースが目につきます。知識量の多寡が問題なのではなく、最初から結論を決めこむ思いこみの強さが原因なのだろうと推測しています。
「意見を聞いてみたい」とのことなのであくまでも私見で回答させていただきま...続きを読む

Q富裕層増税とモバゲーやグリーへの課税強化について

富裕層増税が議論されています。

しかし、私の知っている限り、富裕層の多くはコツコツ働いて貯金してきた人も多いです。(特に高齢者)

ところが、モバゲーやグリーやNHN(ラインの会社)やDeNA等のゲーム会社は若者(特に貧困層)を対象に、日本人を愚民化し、戦後の豊かさを築いた美しい精神性を破壊しようとしています。

そこで、富裕層増税に優先してこれらの企業(及び業界)に課税強化し(特別に99%まで法人税等の税率を上げ)、農業・教育等それらのお金を回すべきだと思いますが、どう思われますか。

ソープランドやパチンコ等も風俗営業法の中でやっていますが、それ以上に悪質なので、国民愚民化悪徳業界規制法(仮称)のなか指定業者としてモバゲーやグリーやNHNを位置づけます。(警察による指定広域暴力団のようなものです。)

未成年がモバゲーやグリーやNHN利用した場合には、18歳段階で学力テストを実施します。

その学力テストで一定の点数に達しなければ、かれらを農業・自衛隊・建設現場で20年ほどの期間、無償労働させながら、彼らを再教育し、その費用をモバゲーやグリーやNHNに支払わせるべきではないでしょうか。



彼らを無償労働させたことによる収益と、モバゲーやグリーへの課税強化により、消費税増税も富裕層増税もさけられると思います。


増税回避と国民愚民化悪徳業界の撲滅が両立できる、妙案だと思います。

学生は勉学とスポーツをすべきであって、ネットゲームをする人間はなくす方向で動くべきです。

富裕層増税が議論されています。

しかし、私の知っている限り、富裕層の多くはコツコツ働いて貯金してきた人も多いです。(特に高齢者)

ところが、モバゲーやグリーやNHN(ラインの会社)やDeNA等のゲーム会社は若者(特に貧困層)を対象に、日本人を愚民化し、戦後の豊かさを築いた美しい精神性を破壊しようとしています。

そこで、富裕層増税に優先してこれらの企業(及び業界)に課税強化し(特別に99%まで法人税等の税率を上げ)、農業・教育等それらのお金を回すべきだと思いますが、どう思われま...続きを読む

Aベストアンサー

”富裕層増税に優先してこれらの企業(及び業界)に課税強化し
 農業・教育等それらのお金を回すべきだと思いますが”
      ↑
富裕層に増税するのは疑問ですね。
それこそ努力した者が報われない社会になってしまいます。

ゲーム業界の課税強化にも賛成です。
ゲームなどというのは、所詮はばくちです。
パチンコや競馬と同じ類のものです。
バンバン課税しましょう。
ちなみに、パチンコなどは家電や車を上回る経済規模を誇って
いますが、納めている税金はそれらの1/10です。
ただ、農業に税金をつぎ込むのは反対です。
農業は自由化により国際競争力をつけさせるべきです。
これ以上補助金をつぎ込むのは、農業を弱体化させるだけです。
ウルグアイランド関係だけで40兆円もつぎ込んでいるのに
効果はさっぱりですから。

”未成年がモバゲーやグリーやNHN利用した場合には、18歳段階で学力テストを実施します。
その学力テストで一定の点数に達しなければ、かれらを農業・自衛隊・建設現場で20年ほどの期間
、無償労働させながら、彼らを再教育し、
その費用をモバゲーやグリーやNHNに支払わせるべきではないでしょうか。”
      ↑
こういうことはあまり言わない方がよいと思います。
せっかく好いことをいっているのに、バカっぽくなってしまいます。

”学生は勉学とスポーツをすべきであって、ネットゲームをする人間はなくす方向で動くべきです。 ”
      ↑
これもその通りだと思います。
若いうちに鍛えておくべきです。
年を取ってからいくら鍛えても効果はでないのです。
ネットゲームは、引退した老人にやらせておけば
よいのです。

”富裕層増税に優先してこれらの企業(及び業界)に課税強化し
 農業・教育等それらのお金を回すべきだと思いますが”
      ↑
富裕層に増税するのは疑問ですね。
それこそ努力した者が報われない社会になってしまいます。

ゲーム業界の課税強化にも賛成です。
ゲームなどというのは、所詮はばくちです。
パチンコや競馬と同じ類のものです。
バンバン課税しましょう。
ちなみに、パチンコなどは家電や車を上回る経済規模を誇って
いますが、納めている税金はそれらの1/10です。
ただ、農業に税金をつぎ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報