こんにちは。さっそくですが、JR九州の「GLAY EXPRESS」ってなんなんですか?EXPRESSというぐらいだから、電車(又は気動車)ですよね!?どなたか「GLAY EXPRESS」のホームページなどなど(画像があればうれしいかも!)知っていることがあれば教えてほしいのですが・・・。

もう1つ、JR西日本のもちものだった「リゾートサルーン・フェスタ」の写真や画像のあるHPなど知りませんか?

どちらでもいいので、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

フェスタを自作しようと思っているのですごく参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 18:30

> JR九州の「GLAY EXPRESS」



↓文字通りGLAYの電車ですね。。。
http://www.jrkyushu.co.jp/glay/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「GLAY EXPRESS」もっと派手なのかと思っていたけど、ちょっと期待ハズレ??かも。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/25 21:29

 とりあえず「GLAY EXPRESS」についてはこちらを。


 経緯などについてはプレスリリースがあります。
http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9 …

参考URL:http://www.jrkyushu.co.jp/glay/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそくアクセスしたいと思います。

お礼日時:2001/11/25 21:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJR西日本について

1:JR西日本は他のJRに比べて古い車両を多く残しているのはなぜですか。
例えば大阪環状線ではいまだに103系が使用されていますし、JR東海の東海道新幹線ではもう走っていない0系新幹線もJR西日本の山陽新幹線にはまだ残っています。

2:JR西日本は昔からある特急に新型車両をあまり
導入しないのはなぜですか。
昔からある特急のイメージが崩れてしまうことを恐れているのでしょうか?
例えばJR東日本では「あずさ」などの特急に新型車両を導入していますが、JR西日本では「雷鳥」「はまかぜ」などの特急には新型車両を導入していません。
それなのに「関空特急はるか」など最近、新しくできた特急には新型車両を使用しています。
「サンダーバード」を「雷鳥の新型車両」とせず別の特急にしたことと関係があるのでしょうか。

3:JR西日本ではなぜ路線名に愛称をつけるのに
積極的なのですか?(特に大阪周辺)
例えばJR神戸線・JR京都線・JR宝塚線・
大和路線・学園都市線などです。
愛称はJR東日本やJR九州もつけていないことは
ないのですが、JR西日本ほどではありません。
これはなぜでしょうか。

なお「私はこう思う」という推測でかまいませんし
全ての質問に答えられない場合、答えられるものだけで結構です。

1:JR西日本は他のJRに比べて古い車両を多く残しているのはなぜですか。
例えば大阪環状線ではいまだに103系が使用されていますし、JR東海の東海道新幹線ではもう走っていない0系新幹線もJR西日本の山陽新幹線にはまだ残っています。

2:JR西日本は昔からある特急に新型車両をあまり
導入しないのはなぜですか。
昔からある特急のイメージが崩れてしまうことを恐れているのでしょうか?
例えばJR東日本では「あずさ」などの特急に新型車両を導入していますが、JR西日本では「雷鳥」「はまかぜ...続きを読む

Aベストアンサー

3:
JR西日本が「大阪中心」に考えた場合、各路線名は「全国版」でつけられているのと実体があわない、ということでしょう。
「東海道本線」「山陽本線」は、神戸だし、「関西本線」は「天王寺」
本社のある「大阪」(梅田)が中心になっていない。

大阪を中心に、神戸方面を「神戸線」、京都方面を「京都線」、宝塚方面を「宝塚線」、奈良方面を「大和路線」・・・

ユニバーサル方面を「ゆめ咲き線」というのもあります。
なお「学園都市」でなく「学研都市」線です。これは、もともと「片町線」が「片町」始発だったのが、「東西線」のりいれで「片町駅」がなくなってしまったのもあるでしょうね。(もっとネーミングないのかと思うけど)

まあ、一番の理由は、「好きな人」がいるんでしょうね。

2:
「サンダーバード」はまえ「スーパー雷鳥サンダーバード」(いまでもボディには、SuperRaichouと書いてある)といってました。
まだ使える電車を捨てるのはもったいないけど、新しい電車を入れたら、せっかくだから新しい車名にしよう、ということじゃないでしょうか。

「ひかり」も、700系は「レールスター」だし。
新幹線の開業で、在来特急の車両って、基本的にあまっているんだと思います。
西日本には、「くろしお」と「雷鳥」をのぞけば、わざわざ在来特急にのらなきゃならんような場所がない。山陰は電化されていないし。
酷使しないから寿命も長い。

1:
「0系」は、なくなったんじゃなかったですか?
山陽新幹線の開業の方が遅かったから、更新の時期もずれているだろうし、ダイヤで本数の多い東海道のほうが1車両の走行距離も長いだろうから、傷みも早いとおもう。

3:
JR西日本が「大阪中心」に考えた場合、各路線名は「全国版」でつけられているのと実体があわない、ということでしょう。
「東海道本線」「山陽本線」は、神戸だし、「関西本線」は「天王寺」
本社のある「大阪」(梅田)が中心になっていない。

大阪を中心に、神戸方面を「神戸線」、京都方面を「京都線」、宝塚方面を「宝塚線」、奈良方面を「大和路線」・・・

ユニバーサル方面を「ゆめ咲き線」というのもあります。
なお「学園都市」でなく「学研都市」線です。これは、もともと「片町線」が「...続きを読む

Q特急はくたか、JR西日本ホワイトウイング編成について。

 特急はくたかの、
      JR西日本681系ホワイトウイング車両に乗ってみたいのですが。
 (ただ、乗ってみたいだけです、
   まあたしかに、どれに乗ろうが一緒だと思われるかもしれませんが・・・)
 特急はくたかの、どの列車で使用されているのかわかりません。
 特急はくたかには、
  JR西日本、JR東日本、北越急行の車両が運行されていて、
  全部で4~5種類ぐらいあるので、時刻表などを見ても、
                         いまいち解かりません。    
                   ご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

またまた登場。
JR西日本の広報に電話取材してきました。
結論としましては、金沢終点の新型車両はくたか号に関する運用はすべて
順不同のタライ廻し方式だそうです。
当日に金沢や越後湯沢に行ってみなけりゃわからないとまで云われました。
また、6号、13号につきましても原則としてJR車両を使っているのですが
荒天その他で運転打ち切りになり翌日に車両のやりくりが利かない場合は
北越681系でJR七尾線を走行でき、かつ3両目を切り離しできるタイプが
あるそうなのでそれを仕立てて越後湯沢始発和倉温泉行きはくたかとするそうです。

Q気動車特急

お勧めの気動車特急を教えてください。(速さよりも乗り心地の面で)JRの気動車特急であればなんでも結構です。ちなみに私は、特急シーボルトとキハ185系には乗ったことがあります。

Aベストアンサー

こんばんは(^_^)会社ごとに回答します。
(1)JR北海道「スーパー北斗」「スーパーおおぞら」
 スピードが速い割にはなかなか快適でした。乗車時間は長くなりますが、苦痛になりませんね。
(2)JR東海「南紀」(キハ85系)
 もう乗ったのは10年前ですが、それまで走っていたキハ80系とのギャップに驚きました。
(3)JR西日本「いそかぜ」(キハ181系)
 四国でもかつて乗りましたが、「国鉄」を感じさせますね。決して乗り心地はいいとはいえませんが、いつまでも残ってほしい車両です。
(4)JR四国「南風」「しまんと」「あしずり」「うずしお」(2000系)
 振り子式気動車の元祖ですね。乗り心地よりも、スピードを評価したいですね。ちょっとエンジン音がうるさいのが欠点ですが・・・
(5)JR九州「シーボルト」
 やっぱり、展望スペースがいいですね。快速「シーサイドライナー」がそんなに早くないので、「シーボルト」がすごく快適です。
(番外)JR北海道 特快「きたみ」(キハ54系)
 特急でないのに、旭川~北見間を3時間で結ぶ速さがすごいです。北海道のキハ54は速いのに、四国のキハ54は遅すぎ! 

こんばんは(^_^)会社ごとに回答します。
(1)JR北海道「スーパー北斗」「スーパーおおぞら」
 スピードが速い割にはなかなか快適でした。乗車時間は長くなりますが、苦痛になりませんね。
(2)JR東海「南紀」(キハ85系)
 もう乗ったのは10年前ですが、それまで走っていたキハ80系とのギャップに驚きました。
(3)JR西日本「いそかぜ」(キハ181系)
 四国でもかつて乗りましたが、「国鉄」を感じさせますね。決して乗り心地はいいとはいえませんが、いつまでも残ってほしい車両です...続きを読む

QJR西日本の電車料金について

JR三ノ宮~岡山まで(山陽本線)新幹線を使わずに行く場合、
三ノ宮~岡山間の運賃が2520円なのに対し
途中の姫路でいったん下車して、新しく切符を買いなおして岡山まで行くと
2400円しかかからないのは何故ですか?
私としては一気に行く方が料金が安くなるのでは?と思うのですが…

Aベストアンサー

料金は十数キロごとに区切ってあり、利用するキロ数によって算定する仕組みです。

三ノ宮から岡山まで利用した場合、直前でキロ数が1ランク上のものになってしまうのでしょう。たとえ0.1kmでも切り上げ算定のために、そうなってしまうと割高になります。

これを三ノ宮~姫路、姫路~岡山と切っていくと、このその料金分を効率よく使えるため結果として安くなります。

三ノ宮~岡山まで買うと、距離数は145.9kmになり、料金は140~160km帯の2520円。

これを三ノ宮~姫路にすると57.3km=950円(51~60km帯)、姫路~岡山は88.6km=1450円(81~90km帯)となり、合計2400円になります。

姫路~岡山で定められた料金枠を効率よく使ったということですね。

Q気動車はなぜアイドリングストップしない(できない?)

バスなどでは信号待ちの間でもエンジンを止めることが見うけられるようになりました。

一方、JRの気動車は結構長時間停車するときでもアイドリングしっぱなしのことが多いと思うのですが、アイドリングストップしないのは性能上の理由があるのでしょうか?

JR東日本のウェブページに、環境保全コストとして「気動車のアイドリングストップ方式の開発」とありましたので、JRが全然気にしていないということは無いようですが。

エコロジー・環境に関することですが、鉄道カテゴリの方がご存知の方がいるように思いましたので、こちらにしました。

Aベストアンサー

 気動車には、主に液体式(動力を液体変速機を通じて車輪に伝えて動かす)と電気式(ディーゼルエンジンで電気を作り台車のモーターを回して動かす)方式他に(機械式)などが有りますが、国内の主な方式は、液体式です。どちらも電源(つまり、冷房や車内灯やブレーキを掛けるためのコンプレッサーの電力)は発電もかねたエンジンですから、ディーゼルエンジンを止めてしまうと、動力だけと言うわけには行かなくなりますし、バッテリーも大きくしないといけないので今のところは無理では無いでしょうか?しかし、将来的に電気式だと、自動車でも有りますように、ハイブリッド車のような気動車が出来るかも知れませんね。ただ、ハイブリッドの装置を今の規格の車両の床下に+αするスペースは、無いかも、知れませんが・・・


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報