昨日、車用の外部アンプを取り外していたところ、うっかりバッテリーコードを外さずに作業をしていたため、アンプ側についていたバッテリーコードとマイナスコードをショートさせてしまいました。バッテリーコードに付いていたヒューズが切れましたので、すぐに交換したのですが、音が出なくなってしまいました。デッキの電源を入れると、アンプの電源ランプがゆっくり赤く点灯しますが、デッキと連動しているとは言い難い状況です。もし、修理が可能であれば、検討したいのですが、どうか、よいアドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ヒューズ切れるまでの間に、かなりの電流が内部の回路に流れた可能性があります。


修理可能かどうかは、内部を点検してみないと判断できない状態でしょう。
カーオーディオの取扱店に相談に行って下さい。
素人で対処できる状態ではないと思います。
修理するかどうかは、見積りを取ってから決めましょう。
又は「何円以内なら修理してください」といって頼む手もあります。
新製品の価格と照らし合わせて、修理代金の上限を設定してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ご回答いただき、ありがとうございます。取次店等に問い合わせたいと思います。

お礼日時:2001/11/26 12:36

あくまでも、可能性の話ですが


アンプのケースの外でコードをショートさせたのであれば
内部には異常電流は流れていません。

また、普通に壊したときはL,Rが同時には死にません。

電源は、車→デッキ→アンプと供給されているのか
車→アンプなのかによってちょっと違いますが、

1)電源連動部分が壊れた。またはデッキの電源供給回路が壊れた
2)もうひとつどこかにヒューズがある

この2つの可能性を疑ってみてください。
連動部分が壊れたのなら、連動用配線を外せばスイッチが入るはずです。
ヒューズは車のヒューズボックスも見てみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンプのヒューズ交換

現在、プリメインアンプとしてKRELLのKAV-400Xiを使用しています。
これはヒューズ交換ができるようになっていますが、いわゆる音質向上
対策されているヒューズと交換することによって、音の変化は期待
できるものでしょうか?

Aベストアンサー

スローブローといわれるものだと思いますが、
音が変化するといわれています。
KRELLくらいのアンプだと
耳で聞いて違いがわかるのでは
ないでしょうか?

Qサンスイのアンプ 修理完了と思ったら、ヒューズが飛びます

サンスイの古いプリメインアンプAU-D607Extraについてです。
25年くらい前に祖父から買ってもらったもので大切に使ってきました。

久しぶりにレコードを聴こうとしましたら、
フォノイコ部から盛大なノイズが出るようになったため、
思い切って電解コンデンサーとトランジスタを
交換してみることにしました。

そして、ついでだからと、その他部分の電解コンデンサーも
全て交換。ハンダはうまくつけました。(けっこうな手間でしたが)

一応、極性は全てチェックし、一部無極性のものも確認し、
ハラハラしながら電源投入!(機器は接続していません)

一度目は、主電源を入れると、いままで同じく電源ランプが点滅し、
数秒おいてカチッという音と共にランプが点灯。
正常に作動するかに見えました。

ところが、一度コンセントを抜いての2度目の電源投入からは、
電源ランプが0.5秒くらいは点灯するのですが、
すぐにヒューズが飛んでランプも消えてしまいます。
3回挑戦しましたが、結果は一緒です。

私、電気については、まったくの素人で、そもそも手を出したのが
間違いというご指摘もあろうかとは思いますが、
どうか、何かお心当たりの方は
「このへんが怪しい」「こうすれば良いかも」など、
ヒントをいただけないでしょうか。

よろしくお願いします!

サンスイの古いプリメインアンプAU-D607Extraについてです。
25年くらい前に祖父から買ってもらったもので大切に使ってきました。

久しぶりにレコードを聴こうとしましたら、
フォノイコ部から盛大なノイズが出るようになったため、
思い切って電解コンデンサーとトランジスタを
交換してみることにしました。

そして、ついでだからと、その他部分の電解コンデンサーも
全て交換。ハンダはうまくつけました。(けっこうな手間でしたが)

一応、極性は全てチェックし、一部無極性のものも確認し、
...続きを読む

Aベストアンサー

>思い切って電解コンデンサーとトランジスタを
交換してみることにしました。

フォノイコ部から盛大なノイズとのことですが、↑で交換したのはEQアンプ回路の部品でしょうか?それとも電源回路?
LINE入力(CD,AUX等)でノイズが出ないのであれば、その時点で概ね原因はEQ部にあると思われます。
ノイズ自体が単にハムであり、接地(アース)不良からきているのであれば、例えばRCAピンジャック端子の清掃で改善することもあります。
また、部分的に発振しているのなら回路中の特定のC(コンデンサー)が不良品になったと考えられるのでそのCのみ取り替えるだけで済みますし。
TR(トランジスター)も確かに劣化はしますが20~30年前位ではすでに高性能ローノイズの汎用品が広く使われていますので、まともな使い方をしている限り極端なノイズ発生はないと思われます。

特に巷では、古いアンプはTRやCは全て交換しましょう、ハンダもやり直しましょう的な風潮があり修理をやっている個人の業者には費用を稼ぐ為にしなくてもよい貴重な部品まで全て交換し、結果的に本来の音を損ねるようなケースも多いと聞きます。

お訊ねのものはすでに素人の修理の手が入っている上に依然として改善していない状態です。
すぐにヒューズが飛ぶというのは短絡(ショート)の可能性が大です。
これはプリ部(EQ,TONE,FLAT)といった微少電流を扱うところよりもパワーアンプやたぶん電源部を疑った方がいいですね。
仮にスピーカーを繋いだりするとDC漏れ電流が一気に流れたりして瞬時にボイスコイルが焼き切れたりします。絶対に端子類には何も繋いではいけません。テスターがあれば一つひとつ順番にチェックしていきますが、全くの素人さんではそれもおぼつかないかと。

こうなった以上は、これ以上一切構わないことです。
サンスイはすでに会社自体はありませんがサービスセンター(山水サービス代行)がありますのでそこに問い合わせてみて、一度現物を送り、よく見てもらった上で見積もりを出してもらい修理されるのがベストです。
ちなみに私は、サンスイのアンプを3台所有していますが、自分自身、知識や技術はあっても、これらのメンテナンスやレストア等は自分でしないで全て専門家に任せることにしています。
何故なら、サンスイのアンプはその思想・設計や作りがしっかりしており、そして何より音が素晴らしくて、大切に使えば一生ものだからです。他社にはない素晴らしいものを確かに持っています。この貴重なアンプで好きな音楽をずーと聴き続けるためには何よりも純正?のメンテナンスをお奨めします。
元、サンスイでエンジニアとして設計に携わっておられた方がいらっしゃいますので精神衛生上からも安心です。
参考URL
http://sansui-service-west.web.infoseek.co.jp/

>思い切って電解コンデンサーとトランジスタを
交換してみることにしました。

フォノイコ部から盛大なノイズとのことですが、↑で交換したのはEQアンプ回路の部品でしょうか?それとも電源回路?
LINE入力(CD,AUX等)でノイズが出ないのであれば、その時点で概ね原因はEQ部にあると思われます。
ノイズ自体が単にハムであり、接地(アース)不良からきているのであれば、例えばRCAピンジャック端子の清掃で改善することもあります。
また、部分的に発振しているのなら回路中の特定のC(コンデンサー)が不...続きを読む

Qアンプとデッキの音量の関係

使っているシステムコンポのカセットデッキとアンプの両方にボリュームが付いていますが、それぞれどのくらいに音量調整したほうがいいのでしょうか。
デッキ側の音量を絞ってアンプ側を上げたほうがいいとかで音質が変わることってありますか。

Aベストアンサー

>もしよろしければ理由もお教えいただければ幸いです。

まず前提ですが、ボリュームの抵抗体は大概カーボンですが、カーボンは半導体なので音質劣化の原因になりますから、使わずに済むなら一方のボリュームは使わずに済ませたいものです。また、カーボンが半導体でなくても2連ボリュームはトラッキングの誤差があるので、不要なボリュームはキャンセルさせたいです。

そして初段のほうのボリュームをキャンセルさせるのは、伝送路でノイズを拾ったとすると、信号が大きいほどSN比の悪化が避けられるからです。


あと今回の質問の条件とは関係無いですが、オーディオ的に高音質のボリュームはインピーダンスが一般のものより低いので、それ自体に普通より大きな信号(電力)が必要になります。

Q一つのアンプに二つのデッキをつなげたい☆

こんにちは。
車のオーディオなのですがこちらに質問させていただきました。

 つまり、一つのアンプに二つのデッキからのRCA入力をさせたいのですが、だいたいの構想は練ってあるのですが、本当に実現可能かどうかわからないのでお聞きしたいのです。

デッキにはプリアウト出力(4CH分)があります(二つのデッキとも) そしてパワーアンプ(外部アンプ)側には1つ(4CH×1)しかありません。これではアンプ側にもあと4CH必要なのですが、これを解決するためには、一つで二つをさせるジャックを見つけなければならないと思い、
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/77587651
こういうやつをアンプ側につないで、4CHを倍に増やせば実現が可能かどうか知っている方お教え下さい(^o^)
 もしできるとすれば音質の低下は著しいですか?なにかアドバイスがあるととても助かります。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

駄目です。
例示された商品の説明を良く見てください。

これは混合機ではなく分配ケーブルです。
信号の方向が逆です。
これを使った場合、反対側のデッキに信号が逆流して、場合(設計)によっては逆流した側(実際には相互に逆流し合うので両方)のデッキの出力回路が燃える事もあります。

やりたい事をするための装置は“オーディオ切替器”もしくは“オーディオミキサー”です。
なお、外観的には例示されたもののようなミキサーは製作可能ですが、パッシブミキサーとなるので、メインアンプの受け側の信号レベルが足らなくなるのでそのままでは使えません。

Qアンプの種類(ヘッドアンプとイコライザアンプ)について

 ヘッドアンプとイコライザアンプについて,それぞれどのようなものか教えてください。
 家で使っているプリメインアンプには,MCヘッドアンプが内蔵されているのですが,将来的には単体のヘッドアンプを使ってみたいと思っています。MCカートリッジを使うにはイコライザアンプを使用する方法もあるようですが,ヘッドアンプとイコライザアンプの違いがよく分かりません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

イコライザーアンプ(フォノアンプ)は、レコードにRIAAカーブ(細い音溝に入りきらない低域を、このカーブの分だけ減衰させて記録した。)にて記録された信号を、フラット(低域を持ち上げる。)に戻すアンプのこと。
ヘッドアンプは、低電圧のMCカートリッジは、電圧が低いため直接フォノアンプに接続しても十分な電圧を、得られないため、フォノアンプの前段で、増幅するアンプです。他の方法としては、昇圧トランスを使用する方法もあります。自分はトランスを、使用しています。MCカートリッジとマッチングのとれたトランスの音は、忘れられない音がします、一度試して見てください。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報