【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

小説・歌詞等に『水蜜桃』というのがあるのですが…。
桃だというのは分かるんです。
検索してみると、桃の種類で良質の白桃とありました。
しかし、どうも「桃の缶詰」の意でこの言葉を使っている方もいらっしゃるようなんです。
結局、一般的に言う水蜜桃って何なんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3の方に水蜜桃の伝来について教えて頂きました。


では、現代中国の水蜜桃について御紹介します。

1.桃の品種です。

2.缶や瓶入りの桃シロップ漬けを指して
  水蜜桃と呼ぶことがあります。

3.桃の代名詞です。
  漢字は「水+蜜+桃」で発音は「シュイミータオ」、
  愛らしく親しみやすい印象なので、文学作品や歌詞、
  食品などの商品名によく使われます。

4.Aっぽい響きもあります。
  風俗系のビデオタイトルや人物の愛称、
  それから「ドキドキワクワクするような」という
  意味で使われます。
  日本のアニメキャラクター「ちびまる子ちゃん」の
  中国語名は「櫻桃小丸子」ですが、これを「水蜜桃丸子」
  にすると、ちょっと色っぽくなってしまいます *^_^*
  
  以上、中国から見た水蜜桃ですが、日本では品種以外に
  あまり聞いたことがありません。もしかしたら上述の例の
  ように使われる場合があるのかもしれませんね♪
    • good
    • 4

みなさんからもうお答えが出ているようですが、長野県の方言で桃のことを、「水蜜桃」とも呼ぶそうですよ。

知人が話しておりました。
    • good
    • 3

明治初期に中国から導入された桃の品種が「天津水蜜桃」「上海水蜜桃」など。


その「上海水蜜桃」の血を引く桃が「白桃」で、さらにその血を引く現在の多くの桃の原種ともいうべき桃が「水蜜桃」というわけです。
文学作品などに多く登場する水蜜桃ですが、昔は桃の代名詞的な存在だったのでしょう。

ちなみに現在の桃の缶詰は、煮ても形の崩れない「缶桃(かんとう)」という品種(缶桃12号、缶桃14号など)が使われているそうです。

------------------------------------
『広辞苑』 すいみつ‐とう【水蜜桃】
 モモの一品種。明治以後、天津桃に次いで中国から輸入。花は大形で淡紅色。
 果実は汁気が多く、甘美。岡山白桃など種々の改良種を生んだ。〈[季]秋〉

『大辞林』 すいみつ-とう【水蜜桃】
 モモの栽培品種。果実は大形で甘く、多汁で柔らかい。明治期に中国から輸入、改良したもの。水蜜。[季]夏。

『食材図典』 天津水蜜桃〔てんしんすいみつとう〕
 明治初めに中国から導入された3種の桃のひとつ。果頂部が尖り、果肉が赤く、離核である。珍しい形であるが、酸味が多く食味はよくない。かつては砂糖煮で食べられた。
    • good
    • 0

水密桃は桃の品種の一種で白桃とは近い関係にあるようですが、今では白桃は品種改良されて、高価なものになりますと見事なほど色白で大ぶりになっていますし、水密桃はそれよりもやや小ぶりで色もかすかに黄色味を帯び、赤みもややはっきりと加わっているようです。


かぶりつくとまるで密のような果汁があふれ出るといったところからのネーミングのとおり、大らかで上品な白桃のお味や香りに比べて気持ちだけ濃厚といってもいいでしょうか。でも最近のものはあまり差がないといったほうがいいかもしれませんね。
もともとは岡山が主要な産地でしたが、今では山梨や福島、山梨などかなり方々で生産されているようです。
もちろん缶詰の意味ではありません。
    • good
    • 1

桃の品種の一つです。


http://store.yahoo.co.jp/shihoya/0501-010.html

桃の缶詰は「モモカン」で、水蜜桃とは言わないですね~。
なんとなく、あのやわらかく甘いのと「水蜜」という雰囲気が合うから使ってらっしゃる方もいるんでしょうか…

参考URL:http://store.yahoo.co.jp/shihoya/0501-010.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q綺麗な言葉。

綺麗だと感じる言葉ってありますか?
単語でも、文章でも、漢字一文字でも結構です。

ちなみに私は『水蜜桃』というのが
好きです。漢字の並び方も読み方も。

Aベストアンサー

どういうわけか、サ行の言葉って、きれいな響きを感じます。
「さざなみ」とか、「しずく」とか。「すいみつ」も懐かしい言葉です。うちでは、桃のことを子供の頃からそう呼んでいました。
きれいな言葉、というより、美味しい言葉?が「月の雫」や「萩の月」です。くいしんぼうがばれちゃったかな?

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q「昏い」の意味

恩田陸さんの「禁じられた楽園」をよんでいたら
「昏い」という言葉がでてきました。読みは「くらい」でいいのでしょうか?
意味を調べましたが よく分かりません。
「暗い」との違いを教えてください。
また調べる事が可能なサイトあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
何で読んだかは忘れてしまったのですが、
「暗い(くらい)」→主に明暗明るさを現す。
「昏い(くらい)」→日が暮れて暗いさま。転じて、心理状態を現すときに使う。
まるで日が暮れてあたりが真っ暗になったときのように気持がふさぎこんだ状態。先が見えずどうすればいいか戸惑っている様子……。
だったような……。
記憶なのでちょっとあいまいですみません。
     

Q東京事変。修羅場の歌詞の真相。

修羅場の歌詞の本当の意味を教えてください。
皆さんの解釈で宜しいです。
僕的には、この歌詞、表面と裏面があると思うのですが・・・。
回答宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

着目したいのは、歌詞にも多く出現し、PVでも強調されている「白」です。
私は、白は“白紙”と“潔白”の2つの意味で使われていると思います。

-----------------------------------------------
出会った夏の頃(半夏とは7月の初頭だそうです)、あなたのことは何も知らない、私にとって白紙の状態だった。
そして出会った頃の、まばゆく何もかも白日の下で見た姿のように、あなたは白く清い存在だと信じていたいと思っていた。
しかし冬に向かう今、あなたには以前から、黒い影に隠れた存在=別の女性がいるような節がある。
その誰かの存在が明るみになれば、愛し合った夏の記憶はなかったものとしなければならない。
それでもあなたを愛していたい。今にもその思いは口をついて出てしまいそうだ。
これ以上あなたを疑わなければならないような噂など聞きたくない。
あなたは黙して、表情さえ何も語ろうとはしない。
-----------------------------------------------
以上が表の意味で、タイトルの「修羅場」は別の女と鉢合わせしたとかでなく、自分の中での葛藤を言っているのだと思います。

で、裏の意味はというと…どうしてもエロな発想が浮かぶんですよね、「笠の雪」とか「喉を…溢れよう」のところとか。
半夏生と娑羅双樹と2つの花の名前が出てきますが、花を女性器に例えるってのもよくありますし。
(半夏生はドクダミ科の草で、けっこう強い匂いがするそうです。参考URL参照)
だいたい、男性が出すあの液体も白いですよね…

また、発想を変えて、歌詞の中の「貴方」が女性だとしたら?
「是以上識りたくなどない」は、“男なんか知りたくない”の意味かも。
「繁らないとて…」は“子供ができない性行為でもいい”とか。
いやぁ、いろいろ想像できますね。

まぁ以上は結局、私の解釈でしかありませんが。
こうやっていろいろ考えさせられること自体、椎名林檎の罠にはまっているという気がします。

参考URL:http://page.freett.com/kaoribana/kaori33/1.htm

着目したいのは、歌詞にも多く出現し、PVでも強調されている「白」です。
私は、白は“白紙”と“潔白”の2つの意味で使われていると思います。

-----------------------------------------------
出会った夏の頃(半夏とは7月の初頭だそうです)、あなたのことは何も知らない、私にとって白紙の状態だった。
そして出会った頃の、まばゆく何もかも白日の下で見た姿のように、あなたは白く清い存在だと信じていたいと思っていた。
しかし冬に向かう今、あなたには以前から、黒い影に隠れた存在=別の女性がいる...続きを読む

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Q穴が開く? 空く? 明く?

どれが正しいのでしょうか?
あき方によって区別するようならそれも教えてください。
こういう使い方の区別がわかる良い本もあったら教えてください。

Aベストアンサー

#3です。追加します。

どのような穴の空き方であっても、「空く」です。空き方による区別はありません。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。


人気Q&Aランキング