グローバリゼーションにより、市場が海外に移転する事が増え、それにより民族が入り混じる状態も出てきました。これは、あらゆる宗教の接触となります。日本人は大して宗教に対する思い入れがないから、熱くなることはそうないでしょうが、イスラムの人など本当に宗教に忠実で熱心です。他の宗教徒は日本人に比べ宗教とのかかわりは強く、捧げる思いの度合いも違うでしょう。こうした強い信仰心の強いもの同士が、グローバリゼーションによりお互いを理解して歩み寄る必要があるとき、彼らの生きるための原点とも言えるであろう宗教の問題で争いがあることは予測できる。それぞれの国はどうしていけばいいのだろう?
 宗教とグローバリゼーションに対する意見、または分かりやすいHPあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>日本人は大して宗教に対する思い入れがないから、熱くなることはそう


>ないでしょうが、イスラムの人など本当に宗教に忠実で熱心です。他の
>宗教徒は日本人に比べ宗教とのかかわりは強く、捧げる思いの度合いも
>違うでしょう。

私は、日本人の宗教に対する無関心さ、おおらかさというものが、逆に排他性にもつながっている気がしています。
つまり、大らかさや無関心ということが、「自分たちは然程宗教に熱心ではないが、熱心な者がいても構わない」ということとイコールになっているかということです。

日本人の宗教チャンポン(初詣+クリスマス+葬式仏教)は、そのいづれの宗教も昨日今日に入ってきた新宗教ではなく、日本の歴史においてそれなりの時間を経た宗教であること。現実には、本質的な信仰とはやや意味が異なる受け入れられ方であることを踏まえれば、決して日本人は宗教に寛容であるとは言えないと思います。

ムスリム寺院のコーラン事件などがありましたが、今後、こうした露骨な宗教差別、排他性は、日本社会にもっと顕著に表れてくるのではないでしょうか。
宗教間対話や、他宗教への寛容さを訴えてゆくほどのカリスマ宗教者が日本に存在しない以上、決定的な事件や衝突を経なければ、日本の宗教に対する排他性は打破できないのではないでしょうか。
特に、今カリスマ的存在にある宗教者は、池田大作(創価学会)などの新宗教であり、彼らはおしなべて、他宗教に寛容とは言えないのではないでしょうか。
    • good
    • 0

世界に非寛容な宗教が多数存在するのは事実です。


しかし、宗教とはそうしたものと決めつけてしまっては、それも一つの偏見と言えると
思います。宗教間相互の対話・交流を求める動きも、宗教者の中から起こってきているのです。
試しに、検索サイトで「interfaith」と入力して検索してみて下さい。
びっくりするほど多くのサイトでそうした活動が模索されているのが分かると思います。
一例をあげておきます。

参考URL:http://www.interfaithcenter.org/
    • good
    • 0

確かに、多くの日本人は(私も含めて)宗教というものを生活の中で最も重要なルールとして考えてはいないですネ。


それでも墓石に腰掛けたり、神社の境内で唾を吐いたり、教会の壁に落書きする人は皆無なのではないでしょうか?
意識していない中にも、どこかしら畏れているところがあるのでしょうネ。

ユダヤ教やイスラム教、キリスト教の一部、ヒンドゥー教・・多くの宗教は生活規範そのものが宗教に則っていることは事実です。何かをするときに宗教の教義に抵触しないことを第一とする訳ですから。

それは生活の一部というより根底なのですから、文化として尊重しなければならないものでしょう。

そして、互いに宗教に関する話題や指摘はしないという配慮が重要なのではないでしょうか?

古来、宗教は科学よりも上位とされてきました。そして、未だに天動説を唱えている人々も多数おられるのです。科学的な、論理的な説明よりも事実よりも、宗教の教義が上位とされているのですネ。
そういう人々に対して論戦を挑んでも無駄な争いを招くだけのことですから、触れないようにするという配慮が大切なのではないでしょうか?

ただ、触れないということは無視するということではなく、彼らの文化、生活そのものであるということを理解した上で触れないようにするということです。
大まかなタブーだけでも事前に知っておくこと。
これは大切なのではないでしょうか?

このことは宗教に限ったことではないと思います。
畳の部屋に土足で入られて、炬燵の上に座られたりすると不快ですよネ。

同じように、革靴を履いて皮のベルトをしてヒンドゥー寺院を歩き回ったり、ラマダンのときに酒に酔ったままモスクへ行ったり・・このようなことをしないということです。
宗教、そして宗教を背景とした生活風習や文化というものへの不理解が不要な摩擦を呼ぶわけですから。
グローバリゼーションというのは、何も世界が同一尺度で動くことを指すものではないと考えます。

それぞれの地域文化や風習や宗教といったものを互いに尊重し理解した上で交流を深めるものであると考えます。

200回ほどの海外経験で、多くの文化・風習・宗教に触れる機会がありました。
どの地域に行くときでも、その場所の基本情報として歴史、文化、風習、宗教、タブー等については必ず下調べしてきましたし、今後も、そうするつもりです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

僕は海外旅行もした事無いし、世の中が国際化している実感もあまり無いです。

最近外国人良く見かけるな~くらいで・・・。宗教って邪魔ですよね。日本が宗教以外のすばらしい事を教えてあげれば良いんじゃないですか?すいません、おおざっぱで。ちなみにおもしろいHP見つけましたので良かったらどうぞ。

参考URL:http://www.jlh.org/lhps/press541/prs54101.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速見てきました。

お礼日時:2001/12/01 09:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察より右翼が強い

今日 友達と右翼のことについて話すことになった時があったんです
ある子が右翼って警察より強いっていった子がいたんです
なんで??と聞くと 右翼って警察よりはるかに人数が多いとのことでした。
私は警察より強いって聞いた時から それはないやろー?と 思いましたが 右翼は警察より強いんですか??

Aベストアンサー

右翼が多そうに見えるのは、イベントに群がるからであって、
警察庁が全力で右翼と戦争したら、兵力面で簡単に勝利でいます。

全力で、ということであれば、警察は長野五輪で導入した
透明の盾と拳銃を持って、横一列に並んで一斉射撃をするだけで
かなり有利に戦闘を進められます。
特殊部隊も設立から時間がたっているので役立つでしょうし、
狙撃班(ドラマなんかでありますよね)の使い方次第では
圧勝もありえます。

組織だって行動する点で右翼は警察に劣るので、
装備が互角なら敗北は必至です。

と、非現実的ながらシミュレートしてみました。

Q徴兵制より志願制のほうが強いというデマ

徴兵制にすれば競技人口の多いスポーツでプロを目指すような運動神経抜群の男子を士に、東大や国立医学部に行くような天才を幹部にできます。
日本の若者全員の中からトップを集める徴兵制度と、志願者の中から選ぶしかない今の志願制では前者のほうが優秀な人材をより多く集められるのは明らか、野菜の品ぞろえで言えばスーパーマーケットとコンビニぐらい違うと思います。
日本の若者全員を徴兵検査して合格者のみを自衛官とすれば自衛隊は今より、はるかに精強な集団に生まれ変わると思うのですが、なぜ徴兵は強くないと主張する人が多いのでしょうか。

Aベストアンサー

1,今の米国が志願制です。

志願制だと、応募してくるのは民間会社に入れなかった
人ばかりになります。
例えば、黒人とかプアホワイトとか、不法移民です。
不法移民は市民権を餌に入隊してくるわけです。
だから、最前線で働いている人間は底辺層ばかり
ということになります。
彼らの年収は200万円ぐらいだと言われています。

安倍さんは憲法改正を画策しているようで、それは私も
賛成なのですが、志願制で戦争なんか出来るのか、
疑問に思っています。
米国と異なり、日本には、兵隊になるような底辺層が
存在しない、ないし少ないからです。

米国軍が強いのは、人材に期待できないので機械化が
徹底しているからです。物量です。
志願制だからではありません。


2,志願制では国民全体の国防意識が脆弱になるでしょう。
国を守るという強い国民意志に支えられていない軍隊は
脆いですよ。
独裁国家が簡単にひっくり返るのはそれが原因です。
イラク戦争や湾岸戦争でイラク軍はまことに脆弱でした。
これは国民全体の支えが無かったからです。


”なぜ徴兵は強くないと主張する人が多いのでしょうか”
     ↑
1,徴兵制はイヤだ、という結論が先にあるからです。
 そのための理由付けとして徴兵制は強くない、という
 理屈を創るのです。

2,戦争の表面しか見ないからでしょう。
 大砲を揃え、兵隊を大勢集めれば、それで戦争に勝てると
 考えてしまうのです。

 そのよい例が日清戦争です。
 兵力から言えば清国が圧勝するはずでした。
 世界もそう予測していました。
 しかし結果はご存知の通りです。

 当時、清国の軍隊はやる気がなく、賄賂を渡さないと
 戦争しない、なんて将校がゴロゴロしていました。
 やる気があったのは李鴻章とその軍隊だけでした。

 これに対し、日本は天皇を始め公務員が給料を返上したり
 して軍隊を支えました。
 日本国民も寄付をしたりして支持し、まさに一丸となって
 協力したのです。

 つまり、全日本 VS 李鴻章
 というのが日清戦争の実像でした。
 これではいくら兵力に勝っても、勝てる道理がありません。

1,今の米国が志願制です。

志願制だと、応募してくるのは民間会社に入れなかった
人ばかりになります。
例えば、黒人とかプアホワイトとか、不法移民です。
不法移民は市民権を餌に入隊してくるわけです。
だから、最前線で働いている人間は底辺層ばかり
ということになります。
彼らの年収は200万円ぐらいだと言われています。

安倍さんは憲法改正を画策しているようで、それは私も
賛成なのですが、志願制で戦争なんか出来るのか、
疑問に思っています。
米国と異なり、日本には、兵隊になるような底辺層...続きを読む

Q宗教とこれからの宗教問題について

大学の1回生なのですが、宗教についてのレポートを書かなくてはいけません・・・それで少しだけ意見を教えてください。お願いします。
宗教とは信仰している人によってどのようなものであるか。最近の紛争宗教の溝によって起こることが多く、なぜそのようになってしまったか。この紛争を解決するにはどうすればいいか。この3点について皆さんの意見をお願いします。少し難しくてすみません。

Aベストアンサー

宗教が直接の原因となって紛争が起こる事は、まずありません。
何らかの原因があり、それが紛争となり、その紛争当事者が、宗教を唱えて紛争の解決を難しくする場合がほとんどです。

つまり宗教は、紛争当事者に利用されているにすぎないのです。
パレスチナ問題にしても、本来は宗教問題ではなく、土地問題です。
湾岸戦争にしても、イラク戦争にしても、石油の利権の争奪にしかすぎません。
30年戦争も、北アイルランド紛争も、十字軍もすべて宗教対立から生じたものではなく、双方の当事者が、紛争に宗教を持ち込んだにすぎません。
そのため、問題の解決のために、宗教対立に対処するのではなく、紛争に至った直接の問題の解決が必要です。
その事例は、個々に異なりますから、個々の事例を分析しましょう。

Qカルト宗教や新興宗教がわかる本を教えてください

カルト宗教の被害や洗脳の仕組みの勉強をしたいと思っています。

そこで、カルト宗教の教義や勧誘の方法、入信したらこんなおかしな修行をやらされる、入信した人はこんなおかしくなってしまった、というような情報や体験談が書かれている、本(もしくはサイト)を教えていただけないでしょうか?

カルト宗教全体のことでも、ある教団限定のことでもどちらでも構いません。
また、内情がわかるものなら、カルトを批判している本でなく、教団が発行しているようなものでも構いません。

さらに、「ここに行けば○○教の勧誘をやっている」という情報ももしあれば教えていただければと思います。以前はよく「手相の勉強をさせてください」という人を駅で見かけましたが、最近は姿を見ないような気がします。

「ついて行ったらこうなった」という本は読みましたが、宗教について書かれていたのはごくわずかで、イマイチ情報量が足りない感じでした。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

オウムについては下記サイトが参考になります。
本も出版しています。
カナリアの会
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/

Q無宗教の人間は呼ばれた葬式で宗教的な儀式をやりますか?

たとえば呼ばれた葬式で焼香を拒否するのでしょうか?
また、自分の葬式は無宗教方式ですか?

Aベストアンサー

 自分が無宗教であることにあくまでも忠実であろうとする人なら、
自分の信仰をあくまでも貫こうとする人と同じく、自分の信仰しない
宗教の儀式には参加できないんではないでしょうか。ただ、ひとたび
参加したならば、その葬式の型に従うべきだと思います。他人の
信仰を尊重することは自分の主義を尊重することと同じだからです。

 ただ、いわゆる「俺は無宗教だから」という意味の無宗教なら、
特定の信仰を持ってないという意味でしょうから、呼ばれた葬式の
やり方に従うのではないですか。たいていの人がこのバターンでは?

 はじめの方の無宗教の人なら、自分の葬式は当然無宗教であるはず
でしょうし(やり方はその方次第でしょうか)、あとの方の無宗教の
人なら自分の葬式は、自分の家代々のやり方か、遺族が普通だと思う
やり方でやることになるのではないかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報