マダケは百年に一度(くらい)一斉に白い花を咲かせ、竹やぶごと枯れてしまうことがあるそうですが、孟宗竹にも同じことがおこりうるのでしょうか。
また、孟宗竹は中国原産なので、日本に入ってきた株が株分けによって増えたらしいのですが、それなら同じ遺伝情報を持つわけで、「日本全国で孟宗竹の竹林が一斉開花する」ということはあるのでしょうか。
不確かな話ですが、3、4年前に埼玉で孟宗竹が咲いたそうです。このあと竹林がどうなったかなど、情報おもちのかたは教えていただければ幸いです。「日本に来てからこのかた孟宗竹は咲いたことがない」という話も、聞いたことがあるのですが‥‥わからないことずくめです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

モウソウチクも開花してヤブごと枯れることはあると思います。


しかし、日本に入ってきたモウソウチクすべてが、
そのまま株分けで増えたわけではありません。
当然、同じ遺伝子情報を持っているというわけではありません。
たとえば、うちでは普通の品種(?)と、
鶴亀という缶詰用の品種があります。
たくさんの株が日本に入ってきているんじゃないですかね。
それに切断した株は同時に咲かないかもしれません。
以上の理由から、モウソウチクが日本中で、
一斉に開花することはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、それはそうですね。孟宗竹の中にも品種があるんですよね。(缶詰は、タケノコですよね。‥‥一瞬、竹の缶詰?かと思って自分で笑ってしまいました)
咲いても竹やぶ単位とか、隣の竹やぶもいっしょに咲いた、という程度でしょうか。なんか日本中一斉開花、というのも美しいなあと思ってたので少し残念です。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 11:02

さきにご指摘いただいた、京都のタケノコで。


京都・西山の「K水亭」の周辺に、竹林(「薮」でなく、完全に「畑」)があるのですが、みごとにモウソウです。(おちた筍の皮が黒くて毛深いやつ)
マダケの皮は、昔よくおにぎりを包んでいたやつですよね。丹波地域ではマダケは多いそうです。(半年まえに質問してから、にわかに仕入れた知識です)

先にあったものを駆逐(?)して、モウソウチクが「名産」になる過程では、品種改良もされていることでしょうね。(なんといっても京都はタ○イ種苗の地元)
マダケが枯れた後モウソウを導入したのかもしれません。

(西山筍の地元は、「平安京」のまえの「長岡京」のあったところなので、歴史が古いものだとかってに思い込んでいたのですが、ばつに、「都」の主要産業であったわけではないのでしょうね。たまたま、地質的、気候的に恵まれているから名産になっているということで。)

「堂々と」持ち込まれた記録のほかに、「こっそりと」(あるいは何かのついでに)種が入ってきたこともあるかもしれません。鎖国の前にでも。そこまでいくと遺伝子情報はかなり広がるかも・・・。

この回答への補足

なるほど。追加情報、ありがとうございます。

孟宗竹の別品種「亀甲」(亀甲竹)についてしらべてみましたが、これはどうも孟宗竹の同じ地下茎からのびた枝変りで、ある種の突然変異のようです。
お話の通り、ソメイヨシノも、すべて同一個体だと言われており、一般には実もつけません(これを聞いてからあの白い花の大群がこわくて仕方ない)。が、上野公園の中だけ見てみても、微妙な個体差がついているそうです。その原因は不明ですが、一種の芽状変異ではないかと言われています。(ちなみに、実を付けないのは自家受粉をきらうからで、他品種と植えられていると実がなることもあるそうです。交雑ですね)不思議だ‥‥
その芽状変異が孟宗竹におこったものが、亀甲竹です。品種として栽培されているところを見ると、種として固定されたのでしょうか。
しかし、花が咲いて実がなったとしても、自家受粉だったら結局クローン増殖の道からは抜けられない気もしてきたなあ‥‥(じっさいマダケは、実がなってもそれで増えるわけではなく、生き残った地下茎から再生するそうです)机上の話で言えば、タネがいくつできても、それが同じ遺伝子だったら品種はふえないですよね。変異だよりになるわけで。
なんだか、謎がひろがりっぱなしです。

そうそう、花が咲く原因については、あまりわかってないようです‥‥寿命かな、やっぱり、地下茎の。サイクルについても「ある」「ない」説混合ですね。質問した身で何ですが、結局不明?

あと「こっそり」ですが、この「孟宗竹伝来の話」(1736年説の方)は、一般に「琉球を通って伝来」とされていて(石碑もあるらしい)、でも実際には琉球を経由せずに中国から密輸入されたみたいです。体裁をつくろうために、「琉球で増えたものを‥」とか言ったとか言わないとか。でも、そうなると「密輸入したのは二株だけか?」とも、たしかに思います(笑)。
でも「タネ」を、異国の地で根づかせるのはけっこう難しい気もするので(元々、花がめったに咲きませんし)やっぱり株で入ってきたのでは。

補足日時:2001/12/09 15:04
    • good
    • 0

nozomi500さんへ。


京都の竹の話は、あなたが思い込んでいるだけか、
あるいは、モウソウチク以外の竹の話ではないでしょうか。
たとえば京都のマダケは有名で、直径は15cmにも及びます。

あと、亀甲になる竹の話がありましたが、
それはホテイチクという竹で、モウソウチクではありません。
ホテイチクはメンマに使われます。
もちろん鶴亀とはまた別の品種です。

モウソウチクが日本にもたらされたのには二説あって、
ひとつは先に書かれていましたが、
もう一説は、新潟県長岡市の寂照院が元になっています。
こちらは1661年だということになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マダケ、たしかに大きいですよね。三寸のかぐや姫がすっぽり入れます。
日本伝来が二説あるとははじめて知りました。もし両方ほんとうなら、遺伝子情報のバリエーションもひろがりますね。
情報ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/09 15:08

なるほど、そうでしたか。

京都の伝統というのも、あとから加わっていくのですね。ひとつ賢くなりました。
ただ、「品種」があるということですと、どこかで「タネ」で増えたわけでしょうね。(改良品種を輸入したのでなければ)
(ソメイヨシノはクローンだ、というのはきいたことあるのですが)

竹薮ってのは、繁殖力が強いから、わざわざ種をつくらなくても困っていない、ということも考えられますが、種を作らないと困る状況があれば、開花する(開花するから枯れるのでなく、枯れそうだから開花する?)でしょうか。危機を感じた時期が開花シーズンのあとではどうしようもないけど・・・。
    • good
    • 0

モウソウチクがいっせいに枯れたら、京都・西山のタケノコは全滅してしまい、平安時代から続く名産がのこっているはずがない・・。

K水亭の危機が・・・。

同じ竹やぶであれば、地下茎で繋がったものがいっせいに枯れることは十分考えられます。なんといっても、「草」ですから、枯れなくちゃいけない。

いっせいに開花すれば、おびただしい種子ができるので、たとえ「もとは1つ」でもその時点でクローンではなくなります。そもそも、中国から日本に持ち込むのに、株よりも種子ではないでしょうか。(「数」がかせげます。)その時点で沢山の遺伝子情報があるからこそ、その後「品種」ができるはずですから。

(「鶴亀」って、初めて聞きましたが、「節」が亀甲型になるやつでしょうか?)
だいぶまえに「タケノコ質問」しましたnozomi500でした。

この回答への補足

回答投稿ありがとうございます。
孟宗竹の日本への渡来は1736年に島津藩主が琉球から2株導入したのが最初だと言うことになっているので、「平安時代から続く」というのはちがうのではないでしょうか‥‥(竹やぶ自体は平安時代からあっても、孟宗竹は十八世紀に移植されたとか)
俗説ではそれ以来孟宗竹は「咲いていない」らしいので(埼玉のは初の開花だったのかな?)、その増殖力を生かしていまだにクローン増殖だ、ということはありえると思います。現在ある竹やぶのすべてがそう、と考えているわけではもちろんありませんが。今はかなり人為的にコントロールされているでしょうし。ただ、少なくとも日本にきてしばらくはそうであったのではないかと。
一斉開花については、同じ株から種からとったもの、株分けして遠く離れた地に植えられたもの、の一斉開花が認められていて(常に一斉開花するかどうかはわかりませんが)、うーん、でもどこまでシンクロするのか、ふしぎなところです。

補足日時:2001/12/08 12:17
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「孟宗竹」
このページの記載によると、「埼玉県」の話しは本当のようですね('97.7-11)?

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/99apr/20/05. …
(めでたい?不吉? ナリヒラダケに花咲いた)

ご参考まで。

参考URL:http://www.naranoshi.pref.nara.jp/midori-mini/98 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。拝見しました。
咲いたんですね、やっぱり。でも枯れなかった‥‥みたいですね、はっきりとは書いてないですが。
ナヒリヒラダケも枯れてないようですし。咲けばかれるってものでもないんでしょうね。

お礼日時:2001/12/05 10:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【植物】「株分け」と「挿し木」の違いを教えてください。 株分けは植物を根っこ付きで真っ二つに半分にし

【植物】「株分け」と「挿し木」の違いを教えてください。


株分けは植物を根っこ付きで真っ二つに半分にして2つの鉢に土を入れて分けるんですよね?

挿し木も根っこ付きで真っ二つに半分にして2つの鉢に土を入れて分けるんですよね?

何が違うんですか?

挿し木は根っこすら要らない。切った枝を挿せばいいって事ですか?

Aベストアンサー

株分けは根が付いたまま切り離したものを植え付ける
挿し木は植物の3節以上幹を培養土に刺し根を出さして繁殖する
挿し木は根がありません

Q孟宗竹を使って暗渠排水を考えていますが、方法が分かりません。

畑の排水が悪くて畝が梅雨の季節に成ると壊れそうになります。それ
で、暗渠排水を考えています。御店に売っているパイプを使えば良いと
は思いますが。

田舎に沢山の孟宗竹が有るのでそれを利用しようと思っていますが。方
法が分かりません。

知っている方がいらっしゃいましたらお知えて下さい。宜しく回答願い
ます。

Aベストアンサー

>と言う風に理解をしましたが。これで宜しいのでしょうか。

その通りです。

Q竹に花?竹が異変?枯れるのでしょうか

今年のたけのこは例年より極端に少なく、1/10もあったかどうかの量でした。

竹林がなんとなく黄色っぽく見えますし、幹や枝が明らかに少し黄色です。

車で移動中に遠目に竹林を見ると気のせいか黄色っぽく見えるような気がします。

昨年孟宗竹に花が咲いたそうで、その花の枯れたのがいまも竹についているのが確認できます。

孟宗竹ではない、種類は知りませんが2~4、5センチの細い竹にも花が……。

場所の離れた竹林でも、今年はたけのこははずれだと農家の方が。

竹は60年ごとに枯れるといいますがいままさに枯れかかっているのでしょうか。発信は千葉県市原市です。

Aベストアンサー

昔から竹に花が咲くのは60年に一度とか、100年に一度とか言われてます。

昭和30年代から40年代にかけて日本全国のマダケに一斉に花が咲き、竹林が壊滅状態になったことがありました。

この大開花枯死は世界中の出来事、 つまり、マダケは世界のどこに植えてあっても一斉に開花したのです。

珍しいマダケの開花現象については、古文書に多く残されています。 その記録をたどると、マダケの開花周期はおよそ120年となります。
モウソウチクは2回の実例から72年周期と言われています。

竹は種族の保存の為に危機に瀕したときに花を咲かせる。
つまり異常気象や人間の干渉などにより、自然界のバランスが大きく崩れ、養分の供給などがストップして生命の危機に陥った時に咲かせるのだというものです。

Q放置竹林対策

現在は休耕地であるうちの土地に、隣の土地に放置されている竹が侵入しつつあります。ブロック塀で囲み相当程度は阻止していますが、やはりすぐに芽を出します。その都度、鍬やスコップで処置しますが根はしっかり張っているようです。今のところ季節に1回程度の処置でなんとかなりますが今後が心配です。もう畑として利用するつもりはないので、それを踏まえた対策について、お知恵を拝借したいと存じます。

Aベストアンサー

ブロック塀を設置したことで隣の竹林とこちらの竹林は別系統になったと考えて良いのでしょうか?
もしそうなら、自分側の竹をすべて伐採して、今年の作業は終わり、タケノコのようなものは出ないはずです。
竹の枝のような細いのが出てきます。それをまた来年の春に伐採して、更にその次の年もすれば大きな竹は出てきません。
隣の竹とつながっているなら、地下茎の先端を折るのが一番です。年に数回土の上に先を出しますので、その時に折りましょう。
竹が出たら伐採するのは同じです。

もし、畑に傾斜が付いているなら切るのを少し上から切って、それを縦糸に、切った竹を横糸にしてダムを造り、その中に葉っぱや枝を入れておけば枯れるときの熱で地下茎が死にます。
山なんかはそれで浸食を防いでいます。

Q竹林について教えて下さい!

竹林面積について教えてください!
今現在の全国の竹林面積(放置竹林も含む)がわかる方いらっしゃれば教えて欲しいです。

Aベストアンサー

林野庁のデータによると
平成19年現在で159千haのようですね。
http://www.google.co.jp/url?q=http://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/tokusan/megurujoukyou/pdf/4take.pdf&sa=U&ei=cmrqUM-VJcGLkwWsj4GgCQ&ved=0CBkQFjAA&usg=AFQjCNFddw-vUh3oYl4FcwgQD3iZRB887A


人気Q&Aランキング

おすすめ情報