心電図のことについて教えてください。

★安静時と比べて運動後の心電図は、どのように変化するのでしょうか?

検索して色々出てくるんですけど何処を見たらいいのか分からなくて・・・。
詳しく載っているHPを知っている方、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

基本的に健常人であれば運動後でも心電図自身の変化はありません。


運動後に変化があるのは不整脈(期外収縮)などが誘発される場合です。
このため病院では安静時と運動負荷時での計測を行います。
ただし、一度の運動負荷で異常がみられなかったとしても「今回の検査では異常がみられなかった」ということで100パーセント確実に正常というわけでもありません。

もしも検索するのなら、「運動負荷」「マスター負荷」などで検索してみてください。

この回答への補足

遅くなってすみません。まだ、どうしても納得のいかない所がありまして。
例えば、p波。安静時と運動後ではどのように違ってくるのでしょうか。
他に違ってくる部分とかはないのでしょうか?
教えてください。

補足日時:2001/12/06 22:08
    • good
    • 0

運動負荷心電図は冠動脈疾患の有無を診断するための検査の一手段ですが、診断が出来る確立は必ずしも高くはありません。



年齢などで決められた負荷量があり、冠動脈に狭窄があれば心電図上ST-T部分の変化が出現する可能性があります。しかし、これをこのコーナーで簡単に説明するのはほぼ不可能と思われます。・・・心電図学の本を読んで理解をしてもらうしかありません。運度負荷量が少なければさらに心電図上の変化は出現しにくくなります。

P波は運動によって左心房の血流が増加し、陰性Pを含む2層性のPになる事がありますが、それが出現したとしても診断的価値が上がるものではありません。
    • good
    • 1

p波は一番影響を受けない部分だと思いますよ(特に健康者)なぜなら、p波は心臓拍動のトリガーになっている部分の興奮を拾っているだけだからです。



QRSに異常をきたせば心筋の異常といえる…はずですが、不学ですので、健康者でも『本当に』変化がないのかは存じません。あれから心電図の本を再確認しましたが、やはりレート(心拍数)以外の表記は見当たらなかったですからね。
    • good
    • 0

心電図は,心臓の筋肉の活動をみるもので,基本的には変わらないものです.(リズムの変化はあっても,基本的な波形はかわらない).もしあれば,その部位が異常であると考えられます.


 どのような方法で心電図を取り,どの方向の心電図に異常が見られたのか?
    • good
    • 0

こんにちは。

ぜんぜん専門家じゃないんですけど、
疾患者なんで、参考になれば。

安静時と負荷時の心電図は人によって変化のし方は全然違うと思います。
私の場合、安静時はいつ測っても(定期検診)波形に乱れがみられます。
誰がみても(私がみても)わかる乱れです。
一方、負荷がかかった場合(これは私は数年に一度くらいしか測らないのですが)、波形の乱れはみられません。
逆の人もいます。逆の人は日常生活気をつけないといけませんが、私のように
負荷心電図の結果に異常が見られない場合は、何をしても大丈夫です。
薬は飲んでましたが。(今は飲んでない)

もし、rainingさんが専門の方だったら、この文は当てにならないのかもしれませんね。
    • good
    • 0

正常の人で…ですよね?



疾患の特性から負荷時にしか異常波形が得られず、(運動)負荷心電図と言うものを取ります…その場合、健常者は『心拍数の増加』のみで電位等には特に診断基準がなかった(つまり変わらないんでしょ?…と思っていました。)ように記憶しています。波形の異常などは…疾病関連しか思いつきません。

ご自身で検索されるなら、『(運動)負荷心電図』で検索してみてください。狭心症の診断などが絡んで出てきますよ。

専門外なので一般人として。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 期外収縮<循環器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    期外収縮とはどんな病気か  期外収縮は、もともとの調律(タイミング)で心拍が生じると予想される時期より早期に生じる電気的な興奮のことを指します。そのため、余分な心拍が現れます。心房(しんぼう)あるいは房室(ぼうしつ)接合部から生じる期外収縮を上室(じょうしつ)期外収縮といい、ヒス束(刺激を伝える筋線維)より下部の心室(しんしつ)から生じる期外収縮を心室期外収縮といいます。  期外収縮自体は放っておいても...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心電図について教えて下さい。よろしくお願いします。

いきなり、質問ですが心電計についてですが、2つあります。

1つは、
心電計の時定数と心電図の波形とはどのような係わりをもっているのですか。

2つめは、
ハムフィルタの原理と役割について
是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

時定数が大きいと、低い周波数領域まで捉えることができます。逆にいうと、時定数が小さいと、低い周波数、ゆっくりとした波形は捕らえられないということです。
実際の心電図の波形では、T波やU波が一番ゆっくりとした波形といえます。大体1Hz位まででしょうかね。

さらにゆっくりとした波形でよく見られるものには、呼吸性の基線変動があります。これはどんなでも大体0.5Hz以下でしょう。こちらの方は臨床的な意義はまずないですよね。

ですから、時定数を小さくしていくと、まず最初に影響を受けるのはT波やU波です。これらは平坦化して検出しずらくなります。

ハムフィルタの原理は、必要以上に高い周波数をカットしてしまうものです。心電図で、一番高い周波数成分を含むのは、QRSの部分でしょう。その継続時間から見て、20~30Hz程度と考えられます。対して電源ハムは50Hzですから、40~45Hzあたりから遮断する特性をもったフィルタを入れれば心電図に影響を与えずに電源ハムを除去できることになります。
実際には、心電図も全く高周波成分がないわけではないので、多少の影響を受けます。具体的には、立ち上がりや立下りの急峻さが少し落ちます。細かいノッチなどは隠れてしまうこともあります。

時定数が大きいと、低い周波数領域まで捉えることができます。逆にいうと、時定数が小さいと、低い周波数、ゆっくりとした波形は捕らえられないということです。
実際の心電図の波形では、T波やU波が一番ゆっくりとした波形といえます。大体1Hz位まででしょうかね。

さらにゆっくりとした波形でよく見られるものには、呼吸性の基線変動があります。これはどんなでも大体0.5Hz以下でしょう。こちらの方は臨床的な意義はまずないですよね。

ですから、時定数を小さくしていくと、まず最初に影響を...続きを読む

Qタンパク質の沈殿反応について

タンパク質の沈殿反応について

学校でタンパク質の沈殿反応の実験をやりました。
タンパク質の試料には卵白を使って、重金属塩の沈殿の試薬には硫酸銅と酢酸鉛を使いました。

重金属塩が卵白の硫黄と反応して変性が起こったのかなーと思って、卵白のタンパク質の組成を調べたら
オボアルブミンとかオボトランスフェリンが多い感じのことしか見つけられませんでした。

側鎖に硫黄を持っているメチオニンとかシステインがぱっと出てくるとレポートが書き易いなあ←なんて思っていたのですが。
卵白に含まれる硫黄を持つアミノ酸って何なんでしょうか。

回答宜しくお願いします

Aベストアンサー

1)回答1の者です。 卵白のそれぞれの構造をみrうと、随分多く硫黄を含んでいるようです。
  cystatin, avidin, obomucin, lysozyme, ovomucoid には S が その 分子中にふくまれており、
2) 多分、Ovalbumin にも ふくまれているでしょう Alubumin自体多くのプロテインの寄せ集めで、Sをふくむアミノ酸が入っているはずです。すなわちcysteine とか methionine が入っている.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング