私の郷土には独自の民芸品(県の伝統工芸品一覧に載っている)があります これを作ってインターネット上で売りたいと考えておりますが メーカーのHPを調べたら意匠登録されているのです、意匠登録はデザインの特許とも言われまったく同じものを作ったら侵害に当たるでしょう,かと言って大幅に違ったら民芸品にはなりません、そもそも民芸品を意匠登録出来るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 出願前に既に知られていた意匠は、意匠登録を受けることができません(意匠法第3条第1項)。

これに反して登録された意匠に関しては、登録を無効にするように特許庁に訴えることができます(「無効審判」といいます:意匠法第48条)。

 でも、意匠権は、物品の一部の形状や模様であっても登録することが可能です(意匠法第2条第1項)。
 例えば、「まねき猫」。まねき猫自体は広く知られていますが、あかんべえをして笑っているとか、ボクシンググローブをはめているとかといったような風変わりなものはないと思います。商品として売れるかどうかは別として、この例のように、他のものと充分に見分けがつく特徴事項があれば、登録される可能性が高くなります。

 特許庁は、著名な民芸品に排他独占権を与えるほどおマヌケではありませんから、そのメーカーが製造している品に意匠権が設定されているならば、他のものと違う何かしらの特徴事項があると思われます。意匠公報を取り寄せれば、確認できるはずです。

 ただ、意匠権の侵害は、類似している意匠を有する製品を製造・販売する場合にまで及ぶことにくれぐれもご留意下さい(意匠法第38条)。言い換えれば、「意匠公報に掲載された登録意匠とは多少違っているから大丈夫」ということには必ずしもなりません。

 なお、意匠権は、設定登録されてから15年で消滅します(意匠法第21条)。その後は、自由に使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいご回答有難う御座います、意匠権の勉強をさせて頂きました、意匠公報を検索して見ます、このサービスを初めて利用させて頂きました事に対しても gooスタッフの方々に御礼申し上げます 有難う御座いました.

お礼日時:2001/12/05 23:08

 これはおそらく、登録された時点で、特許庁の人が「それが民芸品である」という認識を持っていなかったためと思われます。


 あるいは、誰もが民芸品だと思い込んでいるだけで、実はその会社が作った物だったか。

 本当に誰もが作って売るような民芸品ならば、県下のお土産産業を阻害するとして申請を棄却されていたはずです。

 ですので、ここはひとまず、その会社に連絡をとってみるしかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います やはり民芸品は登録出来ないのですね とすれば登録の中身がどうなってるかだと思いますので調べて見ます 当のメーカーHPでは詳しくは書いてませんが まるでそのものを取得したごとくの印象を受けます ひょっとしたら それが”手”なのかも知れません 有難うございました。

お礼日時:2001/12/05 21:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築における意匠図とは?

建築における意匠図について、簡単にお教えください。
建築デザインと言い換えても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

意匠図には、特記仕様書、仕上表、面積表、配置図、平面図、立面図、断面図、矩計図、展開図、天井伏図、各種詳細図、建具表、各種ディテール(納まり)、家具什器・サイン関係、昇降機関係、外構図etcがあります。
そして、基礎・躯体関係の図面の構造図、空調・給排水・電気・ガスなどの設備図があります。
これらの図面の全てまたは一部によって、設計者の意思を、建築主や施工者に伝達するのです。
そして、施工者は、現場で施工図(加工図)などを作成して、詳細を詰めていきます。
ですから、エスキスやスケッチなどのデザインも含めて具現化したものが意匠図となります。
この中でも、平面図、立面図、断面図(配置図、矩計図、仕上表)があると、概ねの建築デザインを伝達することができるので、意匠図の中でも一般図とよんでいます。

Q小さいメーカーにとって意匠登録のメリットは?意匠登録してもすぐ真似されてしまうと思うのですが・・・

アクセサリーのデザイン・製作・販売をしている、小さなメーカーです。
ネットショップにて販売をしています。
もうすいぶん長くやっているのですが、アクセサリーのデザインをよく真似されて困っています。

私が考えたデザインと大変よく似たデザインで他の人がアクセサリーを作り、他のネットショップで安価で販売されてたり、ヤフーオークションで販売されていたのをたびたび見かけ、がっかりしたこと何度もあります。

ネットショップはその店の独自性が重要ですが、これ以上、真似されると、私のような小さいショップは、立ち行かなくなってしまいそうです。

そこで、どうしても真似されたくない商品だけでも、意匠登録することを思いついたのですが、仮に、意匠登録しても、何か利点はあるのでしょうか?
大手ならいざ知らず、私のところは個人の小さなショップなので、意味があるのか知りたいのです。

今回、意匠登録しようか考えているのは、デザインももちろんですが、ある素材と素材の組み合わせです。
(ある素材と素材を組み合わせたアクセサリーを作り始めたのは、自分だと自負しているのですが・・・)

けれども、意匠登録は、登録したデザインを保護してくれるとのことですが、仮に保護されているにしても、真似する人はひっきりなしに出てくるのではないかと思うのです。
ネットショップに出せば、誰でも簡単に見ることができますから・・・

意匠登録できた場合、もし、当店のアクセサリーを、真似して販売した場合、「これは当店が意匠登録しています」と注意すれば、真似をやめさせることが可能なのでしょうか?
注意したって無視する人は無視するでしょうし。

仮に意匠登録しても、真似する人は相変わらずいて、それを抑制することもできないなら、意匠登録してもただ登録料金等、お金がかかるだけ・・・

それなら、登録するのはやめようかなと思っていますが、実際のところ、どうなんでしょうか?

アドバイスどうぞよろしくお願いいたします。

アクセサリーのデザイン・製作・販売をしている、小さなメーカーです。
ネットショップにて販売をしています。
もうすいぶん長くやっているのですが、アクセサリーのデザインをよく真似されて困っています。

私が考えたデザインと大変よく似たデザインで他の人がアクセサリーを作り、他のネットショップで安価で販売されてたり、ヤフーオークションで販売されていたのをたびたび見かけ、がっかりしたこと何度もあります。

ネットショップはその店の独自性が重要ですが、これ以上、真似されると、私のよう...続きを読む

Aベストアンサー

警告しても実際にその警告を無視する人もいます。
しかし、その警告により警告後の販売は「故意」であると証明することができます。
また、実務的には販売先にその旨を伝えて、店に置かないようにしてもらったりしているみたいです。
例えばオークションであれば、その主催者に侵害品であることを連絡して削除してもらったりとかもできます。
意匠は特許と違い、誰の目からみてもわかりやすいというメリットがあります。侵害品であるか否かは一目瞭然です。

Q意匠における、物品の類似とは?

意匠調査をしていて、類似する外観を持った意匠が、違う物品において登録されている場合があると思います。
この時の判断で困っています。
意匠の審査基準では、【対比する両意匠の意匠に係る物品の認定及び類比判断】において、『物品の用途及び機能が同一又は類似であることが、物品の類似条件』のように記載されていると解釈しました。
しかし、
さまざまなHPで調べてみると、『用途が共通していて、機能が異なるものは物品が類似』であるように記載されているのをいくつか見かけました。

そこで、『物品の類似』とはどのような条件で判断すればいいのか、意匠法や審査基準など、根拠を示した上でお教えしてください。

Aベストアンサー

意匠権は、商標権とは異なり、専用権の範囲と禁止権の範囲が一致(いずれも類似範囲)していますから、物品同士が同一なのか類似なのかを論じる実益はなく、したがって、特許庁の審査基準では実務における実益を優先して、「意匠に係る物品の用途及び機能が同一又は類似であること」と一括りにしているのでしょう。ただし、審査基準においては、「用途」「機能」を限定的に捉えるべきでなく、何らかの共通性があれば類似であるとされています。

一方、学者の論文等には、同一か類似かを峻別しようと試みられているものもあり、その中に、「用途が共通していて、機能が異なるものは物品が類似」としているものがあるのでしょう。ただし、この場合の「用途」「機能」の各用語の解釈は、審査基準におけるものとは違うものであろうと思われます。

結局のところ、審査基準も学説も、結論としてはほぼ同じ範囲を類似範囲としていて、言葉の定義の相違にすぎないと考えておいて良いかと思います。

実務における意匠調査では、余裕をもって類似範囲を広めに抽出しておき、あとは責任者である会社代表者、上司、代理人弁理士・弁護士の判断に委ねるしかないでしょう。

また、最終的な判断は裁判官が行いますが、意匠の類似に関しては特に主張の巧拙や証拠資料によって結論が左右されがちな気がします。

意匠権は、商標権とは異なり、専用権の範囲と禁止権の範囲が一致(いずれも類似範囲)していますから、物品同士が同一なのか類似なのかを論じる実益はなく、したがって、特許庁の審査基準では実務における実益を優先して、「意匠に係る物品の用途及び機能が同一又は類似であること」と一括りにしているのでしょう。ただし、審査基準においては、「用途」「機能」を限定的に捉えるべきでなく、何らかの共通性があれば類似であるとされています。

一方、学者の論文等には、同一か類似かを峻別しようと試みられて...続きを読む

Q意匠登録における類似品に関して

同業他社が、意匠登録された世界で唯一の商品と謳っていますが、
よく調べると、うちですでに販売していたのと同じ商品でした。

うちは、意匠登録はあきらめていたのですが、すでに市場に
出回っている商品が、あとから意匠登録なんてされるのでしょうか?

特許庁は何を見ているのでしょうか?図面だけ?

無効審判で訴えることはできるのでしょうか?
その場合の費用はやはり高額なんでしょうか?
どなたか教えていただけませんか。

Aベストアンサー

 意匠登録は、出願日以前に世の中にデザインされたことが明らかなもので、意匠出願内容が若干の違いがあれば、登録され、その違いがその意匠の権利ということなります。
 特許庁は意匠のほか特許も、出願されたものしかみない場合が多く、出願日以前にデザインされたものがあれば、登録前に情報提供すると登録にならないです。
 しかしながら、そのような、世の中のデザインが出願日以前になされたものかどうか証明することが困難です。例えば、発行日の明らかな雑誌にそのデザインが掲載されていればその意匠権の無効審判が成立すると思いますが、そうでなければ難しいと思います。
 従って、特許もそうですが、先に商品化しながら、後になって意匠権や特許権をとられ、逆に訴えられるケースが多々あります。
 世の中の企業はそういうリスクを排除するよう、開発した意匠やアイデアを、公証人役場で日付確定させたり、出願するようにしております。※意匠を印刷した紙を、公証人役場で700円で日付確定印を押してもらう。

Q意匠法における同一/類似物品とは?

意匠法上の物品において同一物品であるか、あるいは類似物品であるかは、用途は同一で機能の同異であるといいますが、例として「ぜんまい式置き時計と電気式置き時計とは同一物品であるが、置き時計と柱時計とは類似物品となる」のはどうしてでしょうか?
置き時計と柱時計における機能の違いがよくわかりません。

Aベストアンサー

>置き時計と柱時計とは類似物品となるのはどうしてでしょうか?

これは、どこかの受験機関が作成したレジュメに例示されていたのでしょうか?

一意匠一出願の原則の趣旨には、審査の便宜ということもあります。そして、一意匠の範囲を定めるためには、同一の物品の範囲も定める必要があります。

また、ご存知のように、意匠法施行規則、別表1には、物品が例示されています。特に、別表1の下欄に掲げられている物品は、願書に意匠に係る物品として記載することになります。

別表1、43類、時計の下欄には、置き時計と、掛け時計が別個に記載されています。すると、置き時計と掛け時計は、同一の物品ではないというのが、特許庁の運用、解釈となります。

また、置き時計と掛け時計が同一物品ではないとしたら、類似するのは当然かと思います。

Qオリジナル商品は商標登録・意匠登録のどちらで?

この度自分でデザインしたオリジナルTシャツの販売を考えております。
自分なりには良い物が結構できましたので、本格的に販売を考えています。
その際に他人に真似されないように登録などをした方が良いかと思い、
自分なりに色々と調べてみたのですが、商標登録、意匠登録、確定日付を
取るなどの方法があると読んだのですが、正直どれもしっかりと理解できませんでした。
販売前に既に商標(意匠?)登録などされていないかを確認した後、
今度は自分のデザインが他人に真似されないようにするにはどのような方法を取れば良いのでしょうか?
商品化に関する登録の詳しい手順や注意点など教えて頂けると助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

商標権の保護対象は、ブランドです。例えば、Tシャツのタグに表示されるブランド名などが保護されるものであり、Tシャツのデザインを保護するものではありません。

意匠は、製品のデザインを保護するものです。ですから、Tシャツのデザインについて意匠権を取得すれば、他人の模倣品を排除できます。ただし、Tシャツは流行廃りがあるものである一方、意匠権の取得には申請から1年程度を要しますし、意匠1件毎にそれなりの費用もかかります。来年以降も売れ続くような定番商品であれば意匠権取得は非常に効果的ですが、1~2年程度しか売らない(売れない)場合の実効性は正直なところ低いです。

確定日付は、おそらく著作権の発生の証明のためであろうかと思いますが、現実問題として、著作権によって他社のTシャツデザインの模倣を抑えることはなかなか難しいという実態があります。

被服業界では昔から模倣盗用が氾濫している一方で、それを防止するための有効な制度が存在していないというのが実情です。ブランド戦略を推し進めて付加価値を高めることがアパレル業界では肝要です。

Q建具キープランのキープランとは?

意匠図でどの建具がどこに配置されているかが分かる図面を建具キープランと呼びますが、このキープランってどう有意味なのでしょうか?今まではまったく疑問を持たずに使っていましたが、ふと気になったのでどなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

key plan
key:凡例、手引き
plan:図面、計画

目的、仕様、使用場所等を表す図面てことですね。

建具だけでなく、いろんな場面で「キープラン」て使うと思います。

Q商標登録?意匠登録?立体商標…?

まだまだ勉強中で色々調べてはいるのですが
難しくいまいち理解できないので、
ご存知の方に助言して頂けたら幸いです。

あくまで「例」ですが、
私(個人)が「背もたれの長さが自在に伸縮するイス」を考案し、
これを販売しよう!と思ったとします。
(あとこのようなイスが現在販売されていない設定です)

実際に売りたいのはのびるイスではないですが、
イスの様にありふれた物をベースに、
他にない特徴をくわえた物です。

しかしただ売っていたら、
他にまねされたり、他が商標登録か意匠登録(?)などをしてしまった場合
私が先に公開していたとしても、販売停止をせざるをえない状況になると思います。

そこで、販売するに当たって、他にまねされないように
私が登録を申請するべき物は何ですか?

また、その他注意点などなにかありましたらお願いします。

Aベストアンサー

結論から申し上げますと、出願すべきものは次のいずれかになります。
1)特許又は実用新案の一方
2)意匠
3)上記1)と2)の両方
※商標は出願不要

まず、特許、実用新案、意匠、商標が、それぞれどういったものを保護しているのか、という点をご理解戴くことが必要です。

特許及び実用新案は、「技術思想」(法律上では自然法則を利用した・・・とややこしいことが規定されていますが、ここでは敢えて省きます)を保護対象としています。
具体的には、従来、何らかの技術が存在していているが、それがいま一つ良くない、つまり問題点がある、となったときに、その問題点(「解決しようとする課題」又は「解決課題」といいます)を解決しようとして試行錯誤した結果、うまい解決策を考えついた、これが技術思想(平たく言えばアイデア)となります。この技術思想によれば、従来の技術で問題となっていた点が解決されるという効果が得られます。このような「技術思想」を保護するのが特許及び実用新案です。

質問者様が例に挙げられたイスの背もたれは、従来のイスでは座る人の身長差(体格の差)に対応できないといった問題点を解決課題として、背もたれを自由に伸縮するようにした、といった「技術思想」で解決しています。
従いまして、例示されたようなイスは、特許又は実用新案の出願をすべきです。

次に、意匠ですが、これは物品の形状(平たく言えば見た目のデザイン)を保護対象としています。
この意匠では、技術思想は一切関係しません。あくまでも、物品の完成形そのものを保護することになります。
例示のイスについて見ますと、背もたれが伸縮するようになっているということで、少なくとも背もたれの部分は独特の形状(デザイン)になっている筈ですから、意匠の出願もすべきです。

最後に商標ですが、これは、市場に出される商品やサービスが誰(どの企業)によるものなのか、という点を明らかにするものであり、また同時に、消費者から見れば、その商標によって誰(どの企業)の製品或いはサービスであるかが分かりその品質を把握することができる、といった権利者側と消費者側の双方を保護しようとするものです。
例示のイスと商標の関係はといいますと、このイスに例えば「尺取り虫」(酷い例でスミマセン・・・)という商標を付されて販売されるのであれば、これについて商標登録出願をする必要がありますが、いまのところネーミングは考えておられないようなので、商標の出願の必要性は今のところありません。

上記のように、特許、実用新案、意匠、商標のそれぞれが、何を保護するのか、という点を頭に置いておかれたら、迷わずにご判断戴けるものと思います。

結論から申し上げますと、出願すべきものは次のいずれかになります。
1)特許又は実用新案の一方
2)意匠
3)上記1)と2)の両方
※商標は出願不要

まず、特許、実用新案、意匠、商標が、それぞれどういったものを保護しているのか、という点をご理解戴くことが必要です。

特許及び実用新案は、「技術思想」(法律上では自然法則を利用した・・・とややこしいことが規定されていますが、ここでは敢えて省きます)を保護対象としています。
具体的には、従来、何らかの技術が存在していているが、それがいま...続きを読む

Q誘導灯、誘導板、誘導標識の違いとは?

こんにちは、質問させていただきます。

誘導灯、誘導板、誘導標識の違いについてですが、
ネットで見ると、コストの高い誘導灯と同様に誘導板が使えて
誘導標識は簡易的なものであることくらいはわかりました。
実際の意匠的な感覚としてはどのように思われているでしょうか?

近年では、誘導灯に変わって誘導板が多く使われている理由や
やはり出来ることなら誘導標識の方が断然よいなど
おきかせください。

Aベストアンサー

>誘導灯に変わって誘導板が多く使われている理由

コストではないでしょうか?イニシャルもランニングも安い。

>やはり出来ることなら誘導標識の方が断然よいなど

消防法により灯にすべき用途、標識でも済ませられる用途がおのずと決まってきます、よね。
細かく言えば面積や視認可否など諸々勘案した上で位置や種類は決定されます。

誘導灯等は意匠性とコストを考えれば少ないに越した事は無い、非難を覚悟で書きますが私はそんなスタンスを取る者です。
しかし言うまでも無く災害時には十分機能出来るものでなければなりません。

「必要最低限」と言った言葉がもっともしっくりきますね。
たまにあるんです、どう考えても不要と思われる位置に付けろなどとの指導ですね。
協議の上是正される事が多いです、消防が平面図のみから空間を把握しきれない事によるのですがこれは仕方の無いところでしょう。

繰り返しますが「災害時には十分機能出来るものでなければなりません。」これが大前提ですね。

Q会社のロゴのデザインを意匠登録と商標登録をしたいのですが

会社で新たにホームページを作成することになりました。
そこでロゴのデザインが出来たあと、意匠登録と商標登録も
取りたいと思っているので、そのことについて色々質問させてください。

一応、特許庁のホームページは見たのですが、
内容が難しすぎてよくわからりませんでした。

質問↓
1.ホームページに載せるロゴ(企業向け)のデザインは、意匠登録できますか?
ロゴはやはり、物品とは違うものにあたるから、無理でしょうか?

2.もし意匠登録ができるとしたら、ロゴのデザインに使うフォントは、パソコン上にある(illustratorCSでロゴをデザインしました)
既存のフォントをそのまま使用して、問題ないでしょうか?
また、意匠登録が駄目でも、商標登録を行いたいのですが、
その場合も、既存のフォントを使っていては駄目でしょうか?
もし駄目だとしたら、ロゴをデザインした方は、皆フォントを自分で作っているのでしょうか?

3.ロゴを意匠登録、商標登録(登録できた場合)、を出願してから平均どのくらいの期間で、登録されるのでしょうか?もちろん大体で構いません。

以上、質問ばかりで申し訳ありませんが、
どなたかお答えして頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

会社で新たにホームページを作成することになりました。
そこでロゴのデザインが出来たあと、意匠登録と商標登録も
取りたいと思っているので、そのことについて色々質問させてください。

一応、特許庁のホームページは見たのですが、
内容が難しすぎてよくわからりませんでした。

質問↓
1.ホームページに載せるロゴ(企業向け)のデザインは、意匠登録できますか?
ロゴはやはり、物品とは違うものにあたるから、無理でしょうか?

2.もし意匠登録ができるとしたら、ロゴのデザインに使うフォ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.ホームページに載せるロゴ(企業向け)のデザインは、意匠登録できますか?ロゴはやはり、物品とは違うものにあたるから、無理でしょうか?

はい、物品ではないので無理です。意匠は物品の外観に関するデザインのことです。

>2.商標登録を行いたいのですが、その場合も、既存のフォントを使っていては駄目でしょうか?

既存でも自作フォントでもどちらでも可です。

>3.ロゴを意匠登録、商標登録(登録できた場合)、を出願してから平均どのくらいの期間で、登録されるのでしょうか

早くて8ヶ月程、大体1年以内に登録査定が発送されると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報