会社の機械から、油漏れと水漏れがあり、直すと数千万円かかるらしいので、そのままにしています。出てきた水はノルマルヘキサン13000mg/lと直接下水に放流するにはとんでもない数値ですので、ドラム缶に詰めて産廃業者に出しています。しかし、1本あたり1万円程度処理費がかかり、1日200リットル、月20本ほど出るので、何とかしたいと思っています。PACを使った処理設備はあるのですが、これで処理しきれるものなんでしょうか。現在、1日10トン程度の水を処理し、その中にはノルマルヘキサン値は検出されていません。ちなみに、規制値は、5mgです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お困りの様子、大変ですね。


私の拙い知識で、解る範囲の方法を書いてみます。

先ず、簡単なのは「油吸着剤」を使う方法でしょうか?
吸着剤とは言え、正確にはマット状やそれを賽の目より
少し大きいくらいの物を用いる場合が(廃水処理設備
では)多いようです。

方法としては、
 1.適当なドラム缶の底部もしくは胴体の下に
   蜂の巣状の穴を開けます。
   これの数は、流入水の量等によって加減して
   ください。
 2.中に吸着剤(材)を入れます。
 3.あとは上から排水を流します。

ポイントとしては
 1.吸着剤(材)と水の量を上手く調整する。
    要は、排水がどのくらいの時間吸着剤(材)に
    触れているかがポイントですから、容器の
    断面積と流量から流速が出ますから、これを
    吸着剤ごとの推奨値に合わせること。
    (推奨値はパンフレットに載っています。)
 2.水を均等に流すこと。
    上から流す(ダウンフロー)ですから、水が
    まんべんなく流れずに偏る場合があります。
    こうなると、充填量の一部しか稼働していない
    状態となりますから、効率は相当落ちます。
    ですから、上からシャワー状に振りまく方法
    が良いでしょうか?

ちなみに、私どもの所では三菱化学のアタックエースと
いう製品を使っておりましたが、産廃業者に問い合わせ
ても教えてくれるでしょう。

コストについては、購入数量・処理時間(人件費)との
絡みで大きく変わりますから、取りあえず問い合わせ
されても良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お礼が遅くなりまして申し訳ございません。

ドラム缶に移すのは手作業ですから、そのときに吸着剤をつかってみます。

お礼日時:2001/12/25 19:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浄化槽の流入水が少なく放流水のPHが低い場合!

現在、浄化槽の管理の仕事をしておりますが、ある施設の浄化槽は、普段めったに使う施設ではないため、浄化槽に入る流入水が極端に少ない状況です。そのため、水質はきれいで、透視度も50cm以上見えてかなりきれいな水が放流されているのですが、流入にあわないばっ気量なため、PHがかなり低い状態です。放流のPHは3~4ぐらいです。施設的に大きな設備なため、わりと大きめの浄化槽をすえているのですが、流入が少ない状況の中で、PHを標準値に持っていくことは可能でしょうか?ブロアのエアー調整はできないものとして、ご回答頂きたいです。(一度エアー調整してPHを標準値までもっていったのですが、エアー逃しがないため、ブロアにかなり負荷をかけてしまいました)予算がないため、施設の浄化槽改造、部品交換はできません。ちなみに、浄化槽は合併処理で60人槽、25人槽等です。どなたか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

サービスで改造、部品交換できる少々の費用が無いと何もできないですよ
25人槽ぐらいの浄化槽だったらPH低い状態でも特になにもしてないです、するとすれば散気管にエアー逃しをつける
塩ビ13の短管と13のチーズ・エルボ・バルブ差込式

60人槽だとエアー逃しをつける以外に(沈殿分離接触ばっ気式)だと汚泥返送は常時として汚泥返送用電磁弁タイマー
をブロワー用として改造して時間設定による間欠運転をする、これだど1.25mm2の操作電線少々必要なだけです

PHが低くなるのは窒素による硝化反応なのでPHのみを基準にしたエアー逃しではうまくいかない場合が
あります、ペストなのはブロア専用のタイマーを付けて間欠ばっ気して硝化脱窒効果にてPHを調整するのがいいです

Q古紙は産廃なのでしょうか

私の周りに、「古紙は産廃」という人が多いのですが、古紙は産廃なのでしょうか。ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もし一般家庭から出る廃棄物であれば、なんであれ産廃とはなりません(法律の規定)。
古紙再生業者に有価で買い取ってもらえれば、事業所(会社や工場)からでたものでも、産廃はおろか、廃棄物とみなされません。
再生不能で地方自治体でのごみ焼却処理にまわされれば、事業所から出たものでも産廃でなく「一般廃棄物」となります。
よほど特殊な紙で焼却もできないとなれば、埋め立て処理になりますが、この場合に限り産廃となります。

Qノルマルヘキサンについて教えてください

辞書で調べても要領を得ませんので、質問させていただきました
ノルマルへキサンについて教えてください

ノルマルヘキサンとはどんなものですか
汚水から抽出された場合、どういう問題がありますか

よろしくお願いします

Aベストアンサー

ガソリンを見たことがありますか?まさにあんな感じです。揮発性で無色の液体で、かなりサラサラした感じです。ガソリンのようなニオイがします。

汚水から抽出された場合、どういう問題?
その汚水に石油製品が含まれているということですから、量によっては生物に被害があるでしょうね。量がわからないと、答えられないと思いますよ。

参考URL:http://www.nihs.go.jp/DCBI/PUBLIST/ehchsg/ehctran/tran2/27n-hexane.html

Qまた汚染水漏れ ストロンチウム含む12トン

東京電力福島第一原発では、高濃度汚染水の処理システムで水漏れが起きた。五日未明、配管のつなぎ目からホースが抜け、高濃度のストロンチウムを含む汚染水十二トンが漏れ、一部は海に流出したとみられる。

 三月にも同様のトラブルがあり、東電は現在使っている塩化ビニール製から、ポリエチレン製に取り換える計画だったが、間に合わなかった。

 装置は五日午前零時過ぎに、水量の異常を感知して自動停止。作業員が遠隔操作で再起動していた。その後も異常が続き、四回目の停止の時に現場を確認し、流出が判明した。ホースの劣化などが考えられるが、原因は分かっていない。

 流出した汚染水は、放射性セシウムの大半は除去されているものの、ストロンチウムなどは残っている。三月に漏れた水は一立方センチ当たり一四万ベクレルで、今回も同程度とみられている。

 四日には、1~3号機の原子炉格納容器への窒素供給が停止。東電は低気圧に伴う強風で装置のフィルターに砂やごみが詰まったのが原因と発表した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2012052602000138.html

東京電力の事故は、もはや世界を恐怖に陥れるところまで、着ているように思えるのですけど、政府は希望的観測地で、事故終息宣言を出したのでしょうか?

真実を報道する、メディアの姿勢もいったいどうなってしまったのでしょうか

東京電力を 国営化するほかに、道はないような気がします。

みなさんは、どうおもいますか?
つぶせないのならいったん国営化すべきではないのでしょうか

東京電力福島第一原発では、高濃度汚染水の処理システムで水漏れが起きた。五日未明、配管のつなぎ目からホースが抜け、高濃度のストロンチウムを含む汚染水十二トンが漏れ、一部は海に流出したとみられる。

 三月にも同様のトラブルがあり、東電は現在使っている塩化ビニール製から、ポリエチレン製に取り換える計画だったが、間に合わなかった。

 装置は五日午前零時過ぎに、水量の異常を感知して自動停止。作業員が遠隔操作で再起動していた。その後も異常が続き、四回目の停止の時に現場を確認し、流出が...続きを読む

Aベストアンサー

追伸、
>国が福島県民を初めとして責任ある態度をとり続ける所管に置くという意味で国営化
東電及び監督官庁等は政府側は、絶対安全・安心と原子力発電事業を推進しました。
そもそも地震に弱いマークIという原子炉を地震国日本になぜ導入したのか?という時点から今回の深刻事故が始まり、わざわざ津波に弱い地下に非常用発電設備を設置した、以前から全電源喪失の危険性を指摘され、メルトダウンに至る深刻事故の可能性を指摘されても、すべてあり得ないという科学的根拠もないままに、改善改修されることもなく、大津波の想定も低いまま、防波堤も脆弱なまま放置されました。おまけに全電源喪失時の想定訓練すら行われること無いままにです。
その後も貞観地震(じょうがんじしん)の大津波来襲という歴史的事実を2009年に知らされても、
認めることなく、ついに3月11日の大地震・大津波を迎え、全電源喪失、メルトダウンが起こるべくして起きました・・・・・
そして被害を大きくしたのが、”原子炉は健全で堅牢”“ただちに健康に影響はない”の名言?!をあの枝○さんがくり返し、避難中の国民をいたずらに被ばくさせました。
東電は、当然放射性汚染・被ばくに対して補償するべきですが、真実明らかにして、事実を認めることは、かつての原子力推進者や現推進・管理監督責任者の責任問題に発展してしまいます。すべては、小さく小さく、大したことではないように、できればなかったこととして処理したいのです。国営化したところで、真実が明らかになることはなく、むしろ隠蔽される。法律で、議事録を録ることになっておるにもかかわらず原発事故関連の議事録も録音すら残されてません。これが事実であり、真実です。アメリカ政府には、その間の議事録は400ページが記録されているのにです。そして1年間が経過しても、今回の深刻事故の原因・責任は一つも明らかにされておりません。そもそも原発推進側の政府・国から完全に独立した機関に原発の監督する制度を造らない限り、事実は、改ざんされ、真実は隠蔽されるのです。

追伸、
>国が福島県民を初めとして責任ある態度をとり続ける所管に置くという意味で国営化
東電及び監督官庁等は政府側は、絶対安全・安心と原子力発電事業を推進しました。
そもそも地震に弱いマークIという原子炉を地震国日本になぜ導入したのか?という時点から今回の深刻事故が始まり、わざわざ津波に弱い地下に非常用発電設備を設置した、以前から全電源喪失の危険性を指摘され、メルトダウンに至る深刻事故の可能性を指摘されても、すべてあり得ないという科学的根拠もないままに、改善改修されることもな...続きを読む

Q水処理のついて

私は今水処理について勉強しています。
そこで、現在水処理にはどういう方法が
用いられているのかくわしく教えてください。
また、これからの新しい水処理法を教えてください。

Aベストアンサー

水処理と言っても広いですからねぇ…どの辺りかを明確にした方が回答しやすいと思いますよ。
例えば、
廃水(再生困難な水を廃棄するための処理)
排水(使って汚れた水を河川等に放流するための処理)
上水(工業用水や飲料水などに使うための処理)
循環水(水を循環させるにあたりスケーリングや菌類の増殖を抑える処理)
一次純水(イオン交換等を用いて水の純度を上げる1MΩ/cm程度まで)
二時純水(菌・微粒子・溶存酸素・シリカ等の規定もされるいわゆる超純水レベル)

とまぁざっと大分類を挙げただけでもこれだけあるような非常に広い世界ですから…当然使う装置や処理方法なども全然違いますのである程度絞った方が良いですよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報