健康診断の採血検査で,毎年,肝機能のこの項目が要注意と診断されます。本などでいろいろ調べましたが何のことかわかりませんでした。
A/G比についてよろしければ教えてください。
私は,32歳男です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おそらく健康診断において算出されているA/G比は


総タンパク(TP)からアルブミン(Alb)を引くことでグロブリンとし、A/Gの字のごとく「アルブミン÷グロブリン」となっています。(おおまかにグロブリンとは蛋白の中のAlb以外のものととらえていいです。)
これがA/G比ですね。
まずアルブミンとは 肝臓で合成される血中の主たる輸送体蛋白であり、栄養状態の悪化などを反映して低下するんです。また、肝臓で作られるので肝障害がある→「Albの生産が鈍る」ことでAlbが低下します。つまりAlbの低下≒A/G比の低下となります。


ちなみに炎症がおこるとグロブリンの中のある蛋白(α1アンチトリプシン、α1酸性糖蛋白、ハプトグロビン、α2マクログロブリン、セルロプラスミンなどなど)が上昇するためにグロブリンが上昇≒A/G比の低下となります(Albも減少)

体の中には多くの蛋白があり、体内環境の変化でそれぞれの蛋白成分の特徴的な変動(量的、質的)がおこります。A/G比はこの変化をかなりおおまかにとらえている指標のひとつとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただき,ありがとうございました。すっきりしました。

お礼日時:2005/12/01 23:06

アルブミン・グロブリン比のことです。



この結果から病名を判断することは通常出来ませんが、
身体の中で何か炎症などか起こっているときには
数値が低下します
(炎症反応によりアルブミンの産生量は減り、グロブリンの
産生量は増加するため)。
肝機能が低下しているときにはAG比は通常低くなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。数値を確かめてみます。

お礼日時:2005/12/01 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルブミン対グロブリン比(A/G)

献血をして結果が届いたのですが、アルブミン対グロブリン比(A/G)の値が、前回(約2年前)は正常範囲だったのに、今回は標準をかなりオーバーしていました。
裏の説明や献血のサイトでは、何が悪いのか判りません。
何故増えたのか、今後どうしたら良いのか、そもそもこの値が高いとはどういうことなのか…教えて下さい。

他は前回と殆ど変わらず、全て標準範囲です。
30代女です。

Aベストアンサー

血清タンパクは大きく分けると、アルブミンとグロブリンに分かれます。
A/Gとは仰っているように比率です。

今となっては古い検査の一つです。

安いので、献血検査や健康診断では未だに行っていますが、通常の外来診療ではほとんど行いません。もっと正確な検査があるからです。

比率なので、これが正常であったとしても健康とは限らないのです(例えばアルブミン&グロブリン双方とも高値あるいは低値)。

標準をOVERということは、「高かった」と認識します。

と言うことは、アルブミンが高かったかグロブリンが低かったかということになります。
では異常に高かったのか、あるいは異常に低かったのかを調べればいい訳です。

異常に高い、あるいは低ければ、いろいろな病気が考えられますが、A/Gが高いだけでは心配するのはまだ早いと思います。

内科で採血をして、血清タンパクの種類を調べて貰えば良いのです(アルブミンの他にα、β、γグロブリンの値が判ります)。

PS;
>全て標準範囲です。
献血時の検査は肝炎ウィルス、HIV、HTLV-1以外は大した検査はやりませんから・・・

血清タンパクは大きく分けると、アルブミンとグロブリンに分かれます。
A/Gとは仰っているように比率です。

今となっては古い検査の一つです。

安いので、献血検査や健康診断では未だに行っていますが、通常の外来診療ではほとんど行いません。もっと正確な検査があるからです。

比率なので、これが正常であったとしても健康とは限らないのです(例えばアルブミン&グロブリン双方とも高値あるいは低値)。

標準をOVERということは、「高かった」と認識します。

と言うことは、アルブミンが高かっ...続きを読む

Qβグロブリンが高いと?

友人が病院に行って血液検査をしたら総コレステロールと中性脂肪がたかく、少し貧血ぽいけど、腎臓も肝臓も異常ないから大丈夫といわれたそうです。

もらった検査票にβグロブリンの欄がありここも、基準値より少し高かったそうです。

コレステロールが多いのは、太り気味だからだと思いますが、βグロブリンはどんな時にあがるのだろうと言っていました。

もし、ご存知のかたがいらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

血清蛋白は電気泳動で下記のように分離されます。
基準値は各施設(測定法)で異なりますが参考として表記します。
・アルブミン(Alb):60.5~73.2%
・α1-グロブリン:1.7~2.9%
・α2-グロブリン:5.3~8.8%
・β-グロブリン:6.4~10.4%
・γ-グロブリン:11~21.1%
ここで臨床診断に役立つパターンのみをあげてみます
・無アルブミン血症:Alb↓
・ネフローゼ症候群:Alb↓,α2↑
・α1-アンチトリプシン欠損症:α1↓
・無トランスフェリン血症:β↓
・無(低)免疫グロブリン血症:γ↓
・肝硬変:(Alb,α1,α2)↓,γ↑,β-γ bridging
・M蛋白(多発性骨髄腫,マクログロブリン血症など):α2-γに急峻なピーク
などがあり、あまりβ-グロブリンがすこし高いからといって気にすることはありませんβ-グロブリンの位置に分離される蛋白には肝臓の悪いときに出てくる蛋白や脂質なども含まれる(名前が忘れてしまいましたが)ため先生も肝臓や中性脂肪など他の所見も必ずみていらっしゃいますから安心しても良いと思います。蛋白分画は炎症性の進行状態や各種特殊疾患など基礎的な検査ですが各疾患からでてくる異常蛋白を見つけるにはすぐれた検査でもあります。しかし、基礎疾患がなければただのスクリーニング検査として見られています。
などがあり

血清蛋白は電気泳動で下記のように分離されます。
基準値は各施設(測定法)で異なりますが参考として表記します。
・アルブミン(Alb):60.5~73.2%
・α1-グロブリン:1.7~2.9%
・α2-グロブリン:5.3~8.8%
・β-グロブリン:6.4~10.4%
・γ-グロブリン:11~21.1%
ここで臨床診断に役立つパターンのみをあげてみます
・無アルブミン血症:Alb↓
・ネフローゼ症候群:Alb↓,α2↑
・α1-アンチトリプシン欠損症:α1↓
・無トランスフェリン血症:β↓
・無(低)免疫グロブリン血症:γ↓
・肝硬変:(Alb,α1,α2)↓,γ...続きを読む

Qなぜ、肝硬変でグロブリンの値があがるのですか。

肝硬変では、アルブミンというたんぱく質は低下しますが、グロブリンというたんぱく質は増えると聞きました。
それがどうしてなのか、知りたいのですが、どなたかご存知の方教えてくださいませんか。 

Aベストアンサー

まず、グロブリンについてですが。
4種あるグロブリンのうち、肝硬変で増加するのはγグロブリンといい、免疫グロブリンともいいます。
これはリンパ球などで作られます。

肝硬変というのは、元は肝臓の炎症(=ウイルスや菌に侵されている)です。
グロブリンは「免疫」ですから、肝臓内のウイルスを破壊しようとしてどんどん生産され、つまり増加するわけです。

次に、アルブミンの方についてですが。
アルブミンは、肝臓で作られます。
肝硬変で肝臓の機能がガタ落ちしているのですから、そもそもそんなに作られないわけです。

Q免疫グロブリンを産生する細胞

免疫グロブリンは、B細胞系の細胞が産生する蛋白ですが、IgAを産生するのは粘膜リンパ組織という事はかいてあったのですが、他の4つ(G・M・E・D)の免疫グロブリンがどの細胞から産生されるのかが、どうしてもわかりません。   本やネットで探したのですが、わかりませんでした。
どなたか教えていただけませんでしょうか??

Aベストアンサー

基本的に免疫グロブリンは最初にIgM型が作られ、そこから液性因子等の影響によるクラススイッチと呼ばれる過程を経てIgG, IgEなどへ変換されます。IgDの免疫系における役割はよく分かったいなかったと思います。例外はあると思いますが、免疫グロブリンはB細胞が出すと考えて良いと思います。

Q夫の健康診断で肝機能GPTが60だったのですが・・。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうですね・・、昨年より2~3Kg増えたと思います。

夫に私から、病院で精密的な検査を受けるように勧めたのですが、
経過観察なのだから病院に行く必要は無いんじゃないかとか、
昨年まで良かったのだから、今回だけ、たまたま高い数値が出てしまっただけのことかもしれないだとか、
来年も高い数値が出るようなことがあれば病院に行くようにするなどと言って、
口実を並べ立てて病院に行こうとしません。

昨年より飲酒量が増えたわけではないのに、肝機能GPTが60に上がったのは、
どのような理由が考えられるでしょうか?

また経過観察とのことですが、病院に行かないとなると、何ら治療を施すわけでは無い為、
結果として放置になってしまうのですが、それでも良いものなのでしょうか?

それとも無理にでも夫を説得して病院で受診させるべきでしょうか?

また日常生活や食生活において留意する点などございましたらアドバイス下さいませ。
経過観察と言えども、少しでも改善していきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうで...続きを読む

Aベストアンサー

GPTの数値を単独で判断するにはどんな名医でも不可能です。ましてや基準値やや上程度ですと検査結果としてまさに「経過観察」としか申し上げられません。
ちなみに去年の42にしても決して低値という訳ではありませんのでもしかしたらここ数年来で徐々に上昇傾向にあるのかもしれません。そうでしたら体質もしくは食生活の改善が必要かもしれません。
ご存じのようにこの検査は肝機能の指標となっていますので肥満による脂肪肝、アルコール肝なども対象となっております。(肝炎ばかりではないということです)
検診では機械的にコメントをつけていますので基準値をはずれると何かしらのコメントが自動的につきます。一種のアラームです。
これにより、医者が瞬時に異常に反応できるのです。
また、基準値はあくまでも統計処理をしていますので20人に1人くらいは異常値がでても不思議ではありません。
安心するようなことばかり書きましたが、一応人命に関わる性急なことではないのでこの様に判断しましたが、今後、値に一定の傾向(上昇)が見られるようでしたら精密検査も必要と思われます。

QCT検査でわかること

体調不良で検査の一環でCT検査を受けました。症状から推測して何か異常が出るだろう、と思っていたんですが異常なしとのことでした。CT検査をした結果なので心配はしていませんがCT検査ではどういった病状が判るのでしょうか?腫瘍やガン、炎症なども判るのでしょうか?

Aベストアンサー

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(膵炎、膵癌など)、脾臓の大きさ、腎臓疾患(腎癌、水腎症など)および副腎腫瘍、腹部大動脈瘤などがわかります。胃や小腸、大腸などの疾患は大きなものしかわかりません。また骨盤CTでは膀胱、男性なら前立腺、女性なら子宮(子宮筋腫や子宮ガン)、卵巣腫瘍などがわかります。しかし、CTにも限界があり、病変の大きさ、造影剤の使用の有無によって初期のものや小さいものは見出せない場合があります。また、CTはあくまで形態の診断で、肝機能や腎機能などの正確な機能検査は血液や尿検査を行わないとわかりません。炎症は病気によってわかるものもあります。最後に、体調不良の一環でCT検査を受けたとのことですが、一般的には放射線被爆量の多いCT検査は精密検査に入り、どこが悪いかわからないけどとりあえず行う、という検査ではありません。また、医師の説明が不十分である印象を受けます。ご参考に。

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(...続きを読む

Qスルホサリチル酸法の測定原理

こんばんわ。

実は、スルホサリチル酸法の測定原理と試験紙法の測定原理を調べているのですが、ネット上でどこを探しても見つかりませんでした。

どなたか教えていただけませんか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記参考URLなどによれば、

 スルホサリチル酸法:
  スルホサリチル酸と蛋白質が反応することで生じる沈澱を利用した比濁法
 試験紙法:
  pH指示薬テトラブロモフェノールブルーの蛋白質共存下での変色点変化を利用した比色法
  (本来の変色域:pH3~4→蛋白共存:pH2~3)
  (pH3で緩衝された試験紙が蛋白なしで黄色に、蛋白ありで青色に呈色)

、とのことです。


pH指示薬の変色点が変化するのは、それが蛋白質と結合することによると思いますが、それがどんな反応なのかはわかりませんでした。
(共有結合をつくるのか、電荷移動錯体をつくるのか・・・)

参考URL:http://www.hamt.or.jp/KENSA/VISITOR/TEST/U&S/u-tp.html

Q酵素の反応速度論

酵素の反応速度論についての実験をしました。Lineweaver-Burk plotやHanes-Woolf plotで解析し、Vmax,Km,Kiなどを求めました。
実験中は実験をただ進めることに集中してしまい、考えていなかったのですが、これら(Vmax,Km,Ki)の値から、酵素についての何が分かり、それを酵素科学の研究などにおいてどのように活用できるのでしょうか?どなたかご教示ください。よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

エンドポイントアッセイ(終点分析法)は目的成分と試薬を反応させて、全てを生成物に変化させたあと、吸光度の変化総量を測定して、目的成分を定量する方法です。エンドポイントに達するまでの時間は、Km値が小さく、Vmaxが大きいほど短くなります。

レートアッセイ(初速度分析法)は目的成分と試薬を反応させて、その反応が進行しているときの速度を単位時間当たりの吸光度変化量として測定し、目的成分を定量する方法です。レートアッセイは1次反応領域で吸光度変化を測定するので1次反応領域が大きい方が適しています。従って、Km値が基質濃度より十分大きい必用があります。一般的に1次反応領域は[S]≦0.05Kmです。ゆえに、レートアッセイは全ての酵素で成立するわけではありません。また、用手法での測定は困難なので、自動分析法で使用します。

自分が知ってるのは医学の分野だけなので、知識に偏りがあるかもしれません。お役に立てればいいのですが…

Q血液検査ですい臓の値が悪い

10月の終わりに血液検査を受けました。
今週月曜に結果を聞きました。
アミラーゼ123
リパーゼ454
トリプシン656でした。

明日病院に行き検査してもらいますが、すい臓がんの可能性もあるのでしょうか?
すい臓がんの特集を見ていたら怖くなりました。

わかる方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

母の場合ですが、背部痛以外はだるい、疲れる、食欲がないというような、ごく一般的な症状でした。
背部痛といっても、さほど深刻でもなく念のために病院へ行き、胃カメラ、エコー検査をしましたが異常が見つかりませんでした。
それから2ヶ月たってもだるさや食欲がないということで、日赤にてCTで何かあるということで検査をし、すい臓がんが見つかったわけです。

すい臓がんで胃痛がある人もいらっしゃるかと思いますが、医師がすい臓がんを疑ってたなら、腫瘍マーカーとか、まずは検査入院をすすめると思いますので、sのようでなければ、差し迫ったことではないのかなと推察します。

私は両親とも最悪の結果でしたが、そうじゃない患者さんの方が多いと聞きます。あまり深刻に考え過ぎないようにとしか言いようがないのですが、両親とも検査入院して、わりかし早く確定診断がでました。
早く結果が出て、晴れ晴れとした気持ちになられるといいですね。

Q大学病院と一般病院の通院との違いは?

私の今までの考えの中では 大学病院というと最新技術・医療が行き渡っていてよいというイメージがつよく (一般病院から紹介されて大学病院へということを耳にするから???)自分自身 すぐ大学病院へ行っています。 受診の際の価格もちがうのでしょうか? どういう違いがあるのか? ご存知のかた 教えてください・

Aベストアンサー

大学病院と一般病院の違いは、一言で言えば、やはり、大学病院は「研究の場」であるということです。
医学生や、研修医がそこで修行を積む場所であるということです。
だから、「自分の身体を研究材料として提供して、その代わりに最先端の医療を受ける場」ということではないでしょうか。
最近では、一般病院でも大学病院と同じ規模の施設を持つ病院もあります。そういう病院は大概、研修病院として、研修医が日夜研修に励んでいます。
一般開業医さんの方が、「かかりつけ医」としては機能しやすいと思います。
結論から言えば、比較的軽症の疾患であれば、一般開業医に、そして一般開業医の設備では対応困難であれば、大学病院に、というのが大学病院と一般開業医の違いだと思います。
医療保険請求の面から言っても、大学病院に初診されるときに、一般開業医からの紹介状の有無で初診料が違ってくると思います。
最後に、大学病院と一般開業医の使い分けは、「診察室で、自分のプライバシーが多少侵されるのを承知している」ということにかかっていると思います。
口コミであなたが信用できる開業医さんを見つけられて、もし、必要があれば高度な技術を持つ病院に紹介状を書いてもらうというのが理想ではないでしょうか。

大学病院と一般病院の違いは、一言で言えば、やはり、大学病院は「研究の場」であるということです。
医学生や、研修医がそこで修行を積む場所であるということです。
だから、「自分の身体を研究材料として提供して、その代わりに最先端の医療を受ける場」ということではないでしょうか。
最近では、一般病院でも大学病院と同じ規模の施設を持つ病院もあります。そういう病院は大概、研修病院として、研修医が日夜研修に励んでいます。
一般開業医さんの方が、「かかりつけ医」としては機能しやすいと思いま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報