本などを見ると、P=a+biとP(a,b)は一対一対応をしていると書かれてあるのですが、これについてどのように整理をつければよいのか迷っています。まず、複素数平面上を書くときは軸に「実軸、虚軸」とはっきり書かないといけないのでしょうか。それと、複素数平面上の点Pの横に(a,b)と書いてはだめですよね。絶対にP=a+biの形で添えないとだめですよね。つまりどこまで対応しているのか分からないんです。あくまで複素数平面と座標平面は別個のものだから、答案を書くときにはそれを別々に書かないとだめですよね。

それと、ベクトルとつなげるときには、複素数平面ではなくて座標平面で考えるんだと思うのですが、そうすると、回転のとき以外はすべて座標平面で考えた方がよいのでしょうか。複素数平面の使い方が余りよくわかりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


  普通の座標平面だと、(a,b) と書くと、普通、aがx軸、bがy軸です。複素平面でも (a,b) と書くと、bの方が複素数だと思いますが、Y軸に「虚数軸」,X軸に「実数軸」と(または、Yが虚数軸、Xが実数軸などと)でも書いておけば、複素数はこの平面で (a,b) で表現できます。わざわざ、(a,bi)とか、(a+bi) と書く必要はありません(書いても構いません。ただ、複素数平面だと断り、どちらが虚数軸か実数軸かを明示すれば、(a,b) は無論、複素数を表現していることは明らかだからです。……ただ、混同が起こるようなら、P(a,bi) と書いた方がいいですし、分かり易くということなら、書いた方がよいでしょう。結局、見る人にとって、どこまで自明か、分かるかのは話だと思います。学校などでは、P(a+bi) と必ず書くのかも知れません。……他の人の回答で、虚数軸とか書かないでも、(a,bi) と書けばよいとありましたが、それもそうで、これは、見る人が分かればそれでよいということの例です。また、上にも書いていますが、分かり易いです)。
 
  複素数平面なのですから、そこでの (a,b) のaは実数、bは虚数というのは前提としてあるからです。(正確に言えば、実数の平面でも、(a,b) というのは、例えば、iヴェクトルとjヴェクトルなどの基底単位ヴェクトルの略表現なのです。しかしそんなことは考えないでしょう。ヴェクトル積などになってくると、三次元の基底単位ヴェクトルi,j,kを使わないとうまく表現できないので使いますが、それでも、三次元座標の点は、(x,y,z) などで表現します。
 
  「ベクトルとつなげるとき」というのが、何かよく分からないのですが、複素平面での原点から延びるヴェクトルというのは、一つの複素数を示しているのです。そのヴェクトルの長さは、実は、その複素数の絶対値になります。複素平面での二つの複素数ヴェクトルの合成というのは、実数部分と虚数部分をそれぞれ独立に合計して、新しい複素数を造っていることになります。
 
  複素数平面というのは、複素数を分かり易く表現しているので、座標平面と同じように扱っていいのです。ただ、ヴェクトルの合成とか回転というのは、「意味」が違って来るということです。複素数平面のヴェクトルは、実際は一つの複素数スカラーで、座標平面のヴェクトルは、スカラーではなく、実際にヴェクトルだということです。意味の違いが分かっていれば、同じように使えます。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

starfloraさんこんにちは。お返事どうもありがとうございます。複素数の点の表し方にはいろいろな方法があるんですね。わかりやすく書けばどれでも良いというので安心しました。

>複素数平面のヴェクトルは、実際は一つの複素数スカラーで、座標平面のヴェクトルは、スカラーではなく、実際にヴェクトルだということです。意味の違いが分かっていれば、同じように使えます。

複素数は座標ではなくてスカラーなので、ベクトルを考えるときにはわざわざ複素数を座標平面の点になおしてからベクトルとつなげて考えるという話を前に聞いたので、混乱していたのですが。この考え方は間違いなのでしょうか。

>「ベクトルとつなげるとき」というのが、何かよく分からないのですが

ベクトルと複素数の関係は仰るように「複素平面での二つの複素数ヴェクトルの合成というのは、実数部分と虚数部分をそれぞれ独立に合計する」ものなので、座標計算と同じように計算できたり、点から点を引くと座標平面と同じように複素数平面でもベクトルができるというのは分かります。

そこでなのですが、座標平面上の点を回転する時には、座標を複素数表示に変換して複素数平面の点として回転するというのは分かります。問題は複素数平面でものを考えるときなのですが、例えば、複素数平面上のP,Q,R,Sで、→PQと→RSが90度で交わっていたとします。その情報を普通はQ-P=(S-R)k(cos±90+isin±90)と立式すると思うのですが、→PQ・→RS=0(内積)とやってはなぜだめなのでしょうか。それと、「Q-P=(S-R)k(cos±90+isin±90)」ではなくて「→PQ=→RS×k(cos±90+isin±90)」と書かないのはどうしてなのでしょうか。立前上は複素数平面はスカラーなので、ベクトルを登場させてはならないということでしょうか。何度もすいません。お返事していただければ幸いです。

お礼日時:2001/12/14 00:59

実軸、虚軸とはっきり書かなくてもOKです。


座標点の表し方は(a,bi)というように虚数であると言うことが解ればよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mowoさんお返事どうもありがとうございます。なるほど、採点者に複素数平面だと分かればそれで良いんですね。(a,bi)という書き方もあるんですか。初めて知りました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 00:28

ケースバイケースでやる。

ちなみに個人的な経験では複素数平面は書かなかった。書くスペースがないということもあるが、グラフなんか書かなくても大学の先生はわかっているので、式だけで済ますことが多かったと思う。たとえば、私のコメント欄に「魁!男塾」で出題された問題を解いているが、式だけで十分わかるでしょ?。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

KaitoTVGAMEKOZOUさんこんんにちは。お返事どうもありがとうございました。コメント欄を拝見させていただきました。(n→∞)のお話が出てくるので、文型の私にはちとわからないところもあったのですが、だいたい分かりました。ただ、私は自分で解くときにグラフを書かないと分からないので、いつも書いています。時々回転系の問題で間違えることがあるので(^^)

お礼日時:2001/12/14 00:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラストレーターでのダブル、シングルトンボについて

広告制作の仕事をしています。
トンボにはダブルトンボやシングルトンボと呼ばれるものが
あるのは知っていたのですが
ずっとあまり気にせずトンボはトンボとして
普通にトリムマークで作るトンボを使用していました。

ダブルトンボとシングルトンボはどういうものか。
どういった時に、どういう為に使うものなのか。
また、そのトンボの付け方など教えていただけないでしょうか。
色々サイトで調べても どうもうまく理解できなくて…
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです
宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

>いつも使っているトリムマークで付けるトンボが
>ダブルトンボという事になるのでしょうか?

Illustratorで 「日本式トンボ」が ダブルトンボとなります。

>シングルトンボはオフセット輪転機の場合に付けるトンボの種類

 いえいえ、オフセット輪転機で「オフ輪サイズ」という「必ず白フチがつく」サイズがありますが
 その場合にのみ使います。 
 
 オフセット輪転でも白フチがつかない「4方断裁」する場合はダブルトンボを使います。

Q複素数のa+biの形にする問題です。

次の問いをa+biの形にする問題です。
(1)e^(-1+π/4)
(2)e^(1-π/4)
です。
(1)番は多分-e(1/√2 + i/√2)になると思うんですが、2番はなんになるのでしょうか。よろしくお願いします。
一応問題も画像に上げておきます。

Aベストアンサー

e^ix = cos(x) + i×sin(x) と表すことができるのは分かりますよね。
このことから、
e^(a+ib) = e^a × e^ib = e^a × (cos(b) + i×sin(b))
になります。

あとは問題の値を当てはめるだけです。
e^(-1+π/4) = e^-1 × (cos(π/4) + i×sin(π/4))
= e^-1×cos(π/4) + (e^-1×sin(π/4))i

Qイラレで画像のトンボの作り方を教えて下さい

最近、スクリーン印刷用のイラレファイルを作る機会ありまして、
普通にCS3でクリエイトトリムでトンボを配置し、入稿したところ、
「こんな意味無いトンボいりません」と職人さんに怒られました。
そして「このようにトンボつけて」とシルクスクリーン印刷の職人さんから
画像が送られてきたので、イラレCS3のメニューを探しましたが、
画像のトンボ作成メニューは見つかりませんでした。
仕方なく手作業で配置し再入稿した次第です。
このトンボは、見当トンボと言われるものなのでしょうか?
職人さんは、画像のトンボをイラレで普通に作成されているようです。
イラレでこのトンボをメニューからワンタッチで作成できるのでしょうか?
ご教授、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。
別に転写紙だって印刷業界には違いはないわけで・・・
転写シールのように鏡像だろうとトンボの描き方は印刷のルールですから変わりようがないんです。
(#2さんのおっしゃる「シングルトンボ」はルールとして存在します)
私自身、四半世紀は印刷業界(アナログ時代を含めて)に係わっていますが、こんなものを「トンボ」と言っている方にあったことがありません。

どうしてこんな風なものになってしまっているのかは全く不明ですし、どうやって付けているのかも不明です。
一応クリエイト>>トリムマークで作成した角トンボを各角(すみ)ごとのセットを個別に「ダイレクト選択ツール」で選択して中心点で180度回転すれば出来なくはないですが、なんの意味があるか全く不明です。

昔はトンボはカラス口で書いたり、シールでぺたぺた貼っていたのでその時に覚え間違えたとか?でしょうか・・・

Q複素数平面の座標転換

早速、質問させていただきます。
2+√(5+2i)をXY座標で表すと、どうなりますか?
先ほど友人に複素数平面の問題を聞かれたのですが、
此処が分からなくなってしまい、困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ルート1は実数の範囲で考えると1であるが
複素数の範囲で考えると±1なんですよ
だからルート某は複素数の範囲では1つか2つあるのです
通常は2つですけどね
だから答えは推して量るべしです

Qトンボについて

京都府宇治市の者です。
先日、九月の初めにスーパーの駐車場で車の中に居たら窓に何度もトンボが寄ってきました。
 水とガラスを間違えたのか、産卵か交尾の行動をしていました。
そのトンボについての質問ですが、胸以下が赤色系で頭部はパステル調の緑色でした。
 その美しさに暫く見とれていたのですが、後で調べても中々何と云う名前のトンボだったのか判りません。
 アカネ(アキアカネ)に近いのですが、情報から大きさが大きすぎる様に思います。
 大きさは、オニヤンマ等の大型と赤トンボ等の小型の中間位で、シオカラトンボより一回り大きく思いました。
 兎も角、赤と緑の色調が美しいトンボでした。

この程度の情報で絞れるトンボは何トンボでしょうか?

Aベストアンサー

「カオジロトンボ」では?
    ↓
 http://www.jomon.ne.jp/~tomboy/page004.html#カオジロ2
(スクロールして、他の「カオジロ」も見てください。)

ただ、「北方系」のトンボらしいので、京都に現れるか疑問ですが。
紹介した写真のサイト、かなり詳しくトンボの絵が見られますので、
一度、すべてご覧ください。

・・・このトンボ、私も知りませんでした。

Q複素数平面と実数平面の関係について

複素数平面と実数平面の関係は互いに直行しているのですか?それとも実数平面と複素数平面は別々に考えるべきものなのでしょうか?たとえば指数関数のグラフは実数平面では単調増加、複素数平面では円ですが2つの平面を合わせて3次元空間として表示できるとしたらどのように表示されるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 複素数平面と実数平面の関係は互いに直行しているのですか?
意味不明?

> それとも実数平面と複素数平面は別々に考えるべきものなのでしょうか?
実数平面の定義は?意味不明?
定義が明確でないので回答不能です。

複素平面では複素数z=x+i y (x,yは実数)を、実軸にx,虚軸にyを割り当てて表します。
XY(直交)平面では実数の組(x,y)を横軸にx、縦軸にyを割り当てて表します。
つまり、同じ実数の組(x,y)を、XY(直交)平面では座標点(x,y)で表し、
複素平面では(x,y)をzの(実数部,虚数部)として表し、プロットします。
そうすることで、両平面を重ね合わせると複素(数)平面上の点z=x+iyとXY(直交)平面上の点(x,y)が同じ位置に重なります。

> たとえば指数関数のグラフは実数平面では単調増加、複素数平面では円ですが
実数平面の用語が不明、XY(直交座標)平面のようですね。
y=e^x
のグラフは単調増加です。
f(z)=e^z=e^(x+i y)=1
は円になりません。

複素平面における円は|z|=a(>0) で表されます。
(XY(直交座標)平面における円:x^2+y^2=a^2 に対応します。)

> 2つの平面を合わせて3次元空間として表示できるとしたらどのように表示されるのでしょうか?
理解不能です。

もう少し、複素平面について復習、あるいは、よく勉強し直して下さい。
http://www.dbkids.co.jp/popimaging/seminar/complex/complexplane.htm
http://w3e.kanazawa-it.ac.jp/math/category/fukusosuu/henkan.cgi?target=/math/category/fukusosuu/fukusoheimen.html
http://www.crossroad.jp/mathnavi/math-b/fukusosuu/fukusoheimen.html
http://homepage2.nifty.com/masema/complex_plane.html
http://yosshy.sansu.org/complex.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E7%B4%A0%E6%95%B0#.E3.82.AC.E3.82.A6.E3.82.B9.E5.B9.B3.E9.9D.A2
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E7%B4%A0%E6%95%B0
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1505/z_index.htm

> 複素数平面と実数平面の関係は互いに直行しているのですか?
意味不明?

> それとも実数平面と複素数平面は別々に考えるべきものなのでしょうか?
実数平面の定義は?意味不明?
定義が明確でないので回答不能です。

複素平面では複素数z=x+i y (x,yは実数)を、実軸にx,虚軸にyを割り当てて表します。
XY(直交)平面では実数の組(x,y)を横軸にx、縦軸にyを割り当てて表します。
つまり、同じ実数の組(x,y)を、XY(直交)平面では座標点(x,y)で表し、
複素平面では(x,y)をzの(実数部,虚数部)とし...続きを読む

Qイラレ:最近のトンボの作り方

私は、イラレでトンボを作るとき、実サイズより少し大きめにアートボードを設定して、その中に実サイズのトンボを制作していました。

例:A4を作るときの手順
230 x 320のアートボードを設定
その中に210 x 297の四角形を作りトリムマークを作成

この様に作成をしていました。

しかし、先日、ある知り合いに「君のトンボの作り方は古い、最近はアートボード自体を210 x 297に設定をする」と言われました。
そこで、さっそく作ってみたのですが、プリントする時にアートボードの内側しかプリントされないので、どうやってもトンボが印刷されません。

例:210 x 297のアートボードに210 x 297のトンボを付けるとアートボードの外にトンボが表示されます。しかし印刷範囲はアートボード内なので外側のトンボが表示されない。

プリントの画面で「アートボードを無視」というチェック項目がありますが、これをするとアートボードを実サイズにした意味がないのではないかと思います。

この人にはなかなか会う機会がないのでここで質問させていただきます。

みなさんはどの様にトンボを作っていますか?

よろしくお願いします。

私は、イラレでトンボを作るとき、実サイズより少し大きめにアートボードを設定して、その中に実サイズのトンボを制作していました。

例:A4を作るときの手順
230 x 320のアートボードを設定
その中に210 x 297の四角形を作りトリムマークを作成

この様に作成をしていました。

しかし、先日、ある知り合いに「君のトンボの作り方は古い、最近はアートボード自体を210 x 297に設定をする」と言われました。
そこで、さっそく作ってみたのですが、プリントする時にアートボードの内側しかプリントされないので...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問は
どうやってトンボを印刷するかですよね。

アートボードは仕上がりサイズで作成して下さい。

「プリント...」で開くダイアログで
左側にある「トンボと裁ち落とし」というのをクリックして下さい。
「トンボ」の所でチェックを入れて
(私は通常トンボとレジストレーションマークの2つのチェックで使ってます)

裁ち落としがある場合は、
「裁ち落とし」の所で数値を入力
通常は3mmでしょうか。
それから、
※重要→プリント...のトンボを使わず、作成したトリムマークをプリントしたい場合、ここの数値を20mmとか大きめに入力しておけばOK。
(要はアートボードより外側どれ位の範囲をプリントしますかってことなので)

仕上がりより大きいサイズの用紙を指定して

プリント。

Q複素数 複素平面の図形処理

以下の問題の解き方を教えて下さい。
(1)A=3+2i である正三角形ABCの重心Gについて、G=5+4iの時、B,Cの値を求めよ
(2)正三角形ABCについて、A=α、B=β、C=γで表現する時、α^2+β^2+γ^2-αβ-βγ-γα=0を示せ

Aベストアンサー

(1)
B=b1+b2*i,C=c1+c2*i
(b1,b2,c1.c2は実数)
とおけば
G=(A+B+C)/3=(3+b1+c1)/3+i*(2+b2+c2)/3=5+4i
これから
 (3+b1+c1)/3=5,(2+b2+c2)/3=4
整理すると
 b1+c1=12 ...(A-1) , b2+c2=10 ...(A-2)
AB=AC=BCより |B-A|=|C-A|=|C-B|なので
 (b1-3)^2+(b2-2)^2=(c1-3)^2+(c2-2)^2=(c1-b1)^2+(c2-b2)^2
2つの式に書き換えると
 (b1-3)^2+(b2-2)^2=(c1-b1)^2+(c2-b2)^2
 (c1-3)^2+(c2-2)^2=(c1-b1)^2+(c2-b2)^2
整理すると
 13-6b1-4b2=c1^2+c2^2-2b1c1-2b2c2 ...(B)
 13-6c1-4c2=b1^2+b2^2-2b1c1-2b2c2 ...(C)
(B)+(C)に(A-1),(A-2)を代入
 26-6*12-4*10=(b1+c1)^2+(b2+C2)^2-6b1c1-6b2c2
       =12^2+10^2-6(b1c1+b2c2)
整理して
 b1c1+b2c2=55 ...(D)
(B)に代入して
 13-6b1-4b2=c1^2+c2^2-2*55
整理して
 6b1+4b2+c1^2+c2^2=123 ...(E)
(A-1),(A-2),(D),(E)の連立方程式を解くと
(b1,b2,c1,c2)=(6+√3,5-√3,6-√3,5+√3),
  (6-√3,5+√3,6+√3,5-√3)
すなわち
B=6+√3+(5-√3)i,C=6-√3+(5+√3)i
またはB,Cを入れ替えた
B=6-√3+(5+√3)i,C=6+√3+(5-√3)i
となります。

(2)
A=α=3+2iと(1)の結果から
β+γ=12+10i,βγ=(6+5i)^2-3(1-i)^2=11(1+6i)なので
α^2+β^2+γ^2-αβ-βγ-γα
=α^2-α(β+γ)+(β+γ)^2-3βγ
=(3+2i)^2-(3+2i)*(12+10i)+(12+10i)^2-33(1+6i)
= …
=0

(1)
B=b1+b2*i,C=c1+c2*i
(b1,b2,c1.c2は実数)
とおけば
G=(A+B+C)/3=(3+b1+c1)/3+i*(2+b2+c2)/3=5+4i
これから
 (3+b1+c1)/3=5,(2+b2+c2)/3=4
整理すると
 b1+c1=12 ...(A-1) , b2+c2=10 ...(A-2)
AB=AC=BCより |B-A|=|C-A|=|C-B|なので
 (b1-3)^2+(b2-2)^2=(c1-3)^2+(c2-2)^2=(c1-b1)^2+(c2-b2)^2
2つの式に書き換えると
 (b1-3)^2+(b2-2)^2=(c1-b1)^2+(c2-b2)^2
 (c1-3)^2+(c2-2)^2=(c1-b1)^2+(c2-b2)^2
整理すると
 13-6b1-4b2=c1^2+c2^2-2b1c1-2b2c2 ...(B)
 13-6c1-4c2=b1^2+b2^2-2b1c1-2b2c2 ...(...続きを読む

Qトンボは、目を回してしまうのですか?。

トンボをつかまえる時、指を回しながら、トンボの目に近づけていく方法があります。トンボは、目回っているんでしょうか?。
乗り物酔いがひどいわたしは、トンボより先に目が回ってしまいそうです。少し気持ち悪くなってきました・・・。

Aベストアンサー

 こんばんは! gingakeiさん。
そうですね、あれは目が回っていると言うよりは、指の動きをじっと見てるといった方が当たっているかもしれません。ぐるぐる回しながら近づくと必ず小首をかしげて指の動きに全神経を集中させます。私も子供の頃に指を回しながらトンボを捕まえる少年でした。網で捕獲するのではなく指で捕まえるのですからそれはそれは気分が高揚します。でもライオンの狩りではありませんが、成功率は2~3割といったところでした。難しいのは止まったトンボに近づくまででした。止まっているトンボに接近できたら捕獲成功率ほぼ8~9割。小首を傾げたら捕獲成功率はほぼ100%でした(この小首をかしげるシーンが「目を回した」と勘違いさせる原因だったのでしょう)。でもトンボもさるもの引っ掻くもの、なかなかそこまでの接近戦に持ち込ませてくれないのですよ。
 少年時代の憧れのトンボは、オニヤンマでした。ギンヤンマは何とか捕獲できても、オニヤンマはなかなか…。(あ、私、ご質問とは関係のないことを…(^_^;))
いつもいつもgingakeiさんのご質問のお陰で童心に戻れます。失礼致しました。

 こんばんは! gingakeiさん。
そうですね、あれは目が回っていると言うよりは、指の動きをじっと見てるといった方が当たっているかもしれません。ぐるぐる回しながら近づくと必ず小首をかしげて指の動きに全神経を集中させます。私も子供の頃に指を回しながらトンボを捕まえる少年でした。網で捕獲するのではなく指で捕まえるのですからそれはそれは気分が高揚します。でもライオンの狩りではありませんが、成功率は2~3割といったところでした。難しいのは止まったトンボに近づくまででした。止まっている...続きを読む

Q方程式「a×aバー=2」の解き方(aバーは共役複素数)

線形代数学のユニタリ行列で出てくるんですけど、方程式a×aバー=2を解いたらa^2=2でa=±√2となります。でも答えはa=-√2となっています。共役複素数の入った方程式の一般的な解法(考え方)を教えてください。

Aベストアンサー

極形式云々以前に・・・
問題に何らかの仮定があるはず.
それを落としているのでしょう.

>方程式a×aバー=2を解いたらa^2=2でa=±√2

という時点でおかしいです
もともと「a×aバー=2」なんですから
|a|(aの絶対値)が√2というだけで
どこにもaが実数なんて書いてないですので
方程式を解くという意味では
No.1さんが正解.
言葉でいえば
「長さが√2の任意の複素数が解」

e^(iθ)=cos θ+ i sin θというのはご存知ですか?
No.1さんの解は行間なんかないほど詳細です
省略されているのは
e^(iθ)e^(-iθ)
=(cos θ+ i sin θ)(cos θ- i sin θ)
=cos^2 θ+ sin^2 θ
=1
ということだけ


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング