突然ですが、パワステの解除はできるのでしょうか。
私はどうも、あのステアリグのフニャフニャ感が嫌いで、
解除できるものならば解除したいのです。

又、できるのであれば、それは個人(素人)でできる
ものなのでしょうか。
業者に出した場合、いくらぐらいかかるのでしょうか。

教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

パワーステアリングの解除



パワーアシスト機能を止めてしまえば、機能はしません。
但し、メチャクチャハンドルが重たくなり、自由に思った様にハンドルを切れないでしょう!!

パワーアシストを切る場合は、エンジンルームフードの中にフューズがありますので、それを取ってしまえば止まります。

また、安全な広い場所で時速10km程度の低速でエンジンキーをOFF(アクセサリーはON)でハンドルを切ってみて下さい。
その時の重たい感じが、ヒューズを切った時の状態と同じですので・・・。

AE86程度のライトウエイトスポーツでしたら、エンジンルームが軽い為に、パワーアシストを切っても違和感はありませんが、GTR、GTOなどの重たい車はパワーアシストがなければ、自由にハンドルを切れませんよ!

その様な意味で、パワーアシスト付きの重たい車であれば、そのままノーマルでご使用される事をおすすめします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。一度、おっしゃっている事を体験してから考えたいと思います。


皆様の回答は大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/13 21:34

パワーステアリングにも幾つかの種類がありますが、電動式の物であれば、フューズを抜けば確かにアシスト機構は働かなくなりますが、メーターパネルなどにあるウォーニングランプが点きっぱなしになってしまうでしょう。

また、エンジンから動力をもらっているタイプのものでは、ヒューズを抜くわけには行かないので、オイルポンプのベルトを外すことになりますが、他の補機類と兼用のベルトを(例えばサーペンタインドライブのように1本のベルトで全ての補機類をドライブしているもの)使用しているものではそうも行きません。車速感応型のパワーステアリングであれば、コントロール回路を改造して重くなった状態に固定することは出来ますが、車種により制御回路もさまざまで簡単には行きません。

また、ただ単にパワーアシストの動作を止めただけでは、パワーアシストありとなしではステアリングギアボックスのギアレシオが異なるので、元からパワーアシストなしのものより操舵力がずっと大きくなってしまいます。エンジンを掛けていない時の操舵力と同じ操舵力が必要で、乗用車でも重量の重いものや、太いタイヤを付けている物ではとても快適に運転できるとは思えません。

どうしてもパワーアシストなしにしたいのであれば、同型車でパワーアシストなし車の部品を流用して改造するのが一番無難でしょう。他の形式からの移植の場合、改造申請を出さないとならない場合もあるでしょうし、他の方も言われている通り、操舵機構は重要保安部品です。安易な改造は事故の元にもなりかねませんので、慎重になるべきだと思います。
    • good
    • 0

理論的には他の方が言っているようにパワステにパワーが伝わらないようにすればいいのですが、それは現実的ではありません。

昔の車と違って今の車は車重もあるしタイヤも太いので操作性に疑問が残ります。
現実的な話をすれば「フニャフニャ感が嫌い」ということですが、たしかにセダン系の乗用車ではそういう車がありますが、スポーティーを売りにした車ならそうでもないですよ。それはセッティングの問題でステアリングのギア比が違うからです。GT-Rやインプレッサ等はパワステとは思えないほど重かったです。
できるかどうかわかりませんがパワステの機能ごと他の車のを移植するか、だめならフニャフニャ感ではない車に乗り換えるかしかないでしょう。
    • good
    • 2

vcmshiroさんのおっしゃるようにフューズを取れば、


パワステは切れますが、それだけですと、パワステのポンプ等は残っていますので、その分ステアが重くなります。
ポンプ等を取れば多少軽くなるはずです。
それでも据え切りや車庫入れは大変でしょうが・・・
しかし逆にそれで切れないような操作を頻繁に行っている場合は、知らず知らずのうちにステア系を痛めるしています。パワステが効いているとわからないのですが、ね
    • good
    • 0

ステアリングやブレーキなどは重要保安部品となっており、基本的に改造はできないことになっています。


どうしてもしたいときは、改造申請を出し、陸運局の認可を取らなければなりません。しかし、それも殆どできないと考えたほうが良いでしょう。書類やらテストやらで大変です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパワステオイル漏れによる修理代金

アコードワゴンCE-1に乗ってるのですが、今日駐車する際にハンドルを
切ったらブォ~ンっと変な音がなりました。過去の質問を参照するとパワステオイル漏れだと分りました。確かに確認するとパワステオイル
が入ってません。。。よく見るとフロントの結合部分で漏れてるみたいです。オイル代は数千円みたいですが、漏れの修理代金は平均的にどのぐらいかかるものでしょうか?スタンドとかでも修理は可能でしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ガススタは駄目ですよ・・・
ディーラーか町の修理屋です、パワステの配管を忘れてしまったのでOリング使っているか忘れたけど、使っていればこれの交換だけかも・・・

もし、何も使わないで配管同士を接続していればその配管などの交換・・・
これもメーカーや車種によりまちまち(そのパーツ単体で有るか有るメーカーみたいにアッセンだと高い)
従って増し締めできるのであれば応急的に増し締めして、整備工場で見積もって貰って下さい。

Q駆動方式によって、旋回しようとする時にアンダーステア、オーバーステアが

駆動方式によって、旋回しようとする時にアンダーステア、オーバーステアが
現れるのは周知の通りですが、アクセルOFFの時にもその傾向は現れるのでしょうか?
というのは、FFやAWDでアンダーステアになるのは駆動力にタイヤのグリップを使うが故に
旋回力に使えるグリップが相対的に小さくなるからである、と理解しているからです。
ということはアクセルOFFならばFFであろうとも100%旋回力にタイヤのグリップを
使えるのでは?と思うのですが。
アクセルOFF、ブレーキングでの旋回力はFF,FRともに互角??!!
この考え方は間違っていますでしょうか?

Aベストアンサー

>この考え方は間違っていますでしょうか?

 うう~む、一言で言って『間違ってます』。

※そもそも『駆動方式によって、旋回しようとする時にアンダーステア、オーバーステアが現れるのは周知の通りですが』・・・いや、承知の通りではありませんよ。FFだろうとFRだろうと、オーバーステアになるクルマは市販車にはありません。

※『FFやAWDでアンダーステアになるのは駆動力にタイヤのグリップを使うが故に旋回力に使えるグリップが相対的に小さくなるからである、と理解しているからです』・・・それはタイヤのグリップサークル理論と言うヤツで、この点は御指摘通りですが、車両の旋回特性はグリップサークル×4では決まりません。
 車両の旋回特性は、左右前輪の横方向の摩擦力の和と左右後輪の摩擦力の和との差で決まります。そして前後それぞれの左右輪の摩擦力の和は、どのタイヤを駆動しているか?だけでは決まりません。
 学問的には・・・タイヤ1本の摩擦力はタイヤ工学に基く話ですが、車両の旋回特性は車両運動力学に属する話で、タイヤ摩擦力の他に前後左右への荷重移動量やタイヤの向き(トー角やキャンバ角)などが重要な要素になります。つまり懸架装置の幾何学的配置(空間での取付位置=ジオメトリと言います)とタイヤの向きの変化(アライメント変化と言います)が、車両の旋回特性を決める為には重要なパラメータになっている、という事です。

※さて御質問の内容に合わせ、具体的な話をしましょう。
 FRとFFで全く同一の懸架装置を設計する事はあり得ず、普通は前輪駆動/後輪駆動それぞれに適した懸架装置を設計します。
 一つ例を上げるとすると・・・初代FWDセリカ(ST160シリーズ)やオリジナルの(BMW製でない)ミニの様に、定常旋回から緩加速(加速によるホイールスピンを伴わない様な、ゆっくりとした加速。タイヤの摩擦力は、加速には殆ど使われない状態です)で車速を上げていくと、最終的には後輪が先にブレイクし、明確な『リバースステア』に転じるFF車もあります。一方市販FRとMR、RRの殆どは、緩加速での旋回では最終的に強アンダステアになります。
 これらはタイヤの摩擦力が駆動に使われるかどうか以前に、『旋回で左右荷重移動量が増加していくと、前輪摩擦力の左右和よりも後輪摩擦力の左右和の方が先にサチュレートする』様に懸架装置が設計されているからです。

※『アクセルOFF、ブレーキングでの旋回力はFF,FRともに互角??!!』・・・という内容から察するに、基本的にFFはFRより旋回性能が劣るとお考えの様ですが、それは違います。
 これもグリップサークル理論の一部なのですが・・・タイヤのスリップ率という数値があります。これは(誤解を承知で非常に簡単に言い換えると)タイヤの前後・左右方向のスリップに対し、どこまで摩擦力が発生出来るか?を表わす数値で、タイヤは左右方向には大きなスリップ率を許しません(左右方向に滑らせると、すぐに摩擦力が得られなくなります)が、前後方向にはかなり大きなスリップ率を発生させても摩擦力が得られる(=駆動力が得られる)特性があります。
 つまり、タイヤは横方向にはすぐにグリップを失っても、加速時のホイールスピンでは結構前進出来るという事です。
 前輪駆動では過大なホイールスピンが発生してもタイヤが向いている方向(=旋回方向)に駆動力が使えますが、後輪駆動だとひたすら『押し出す』方向にしか駆動力を使えず、結果、後輪のみ外に振り出されて(=後輪のみ真っ直ぐ加速しようとして)オーバーステアになります。(いくらオーバーステアでクルマの向きが変えられても、駆動力が旋回加速に使えないのでコーナリングスピードそのものは上がりません。向きが変わりやすいことと速いコーナリングとは別の話です。これが、ドリフト走法がゼンゼン速くない理由です。かつてラリーやインディ500シリーズに於いて、FWDが勝つための唯一の回答だった時代がありますが、ちゃんと力学的なリクツがあったワケです。)

>この考え方は間違っていますでしょうか?

 うう~む、一言で言って『間違ってます』。

※そもそも『駆動方式によって、旋回しようとする時にアンダーステア、オーバーステアが現れるのは周知の通りですが』・・・いや、承知の通りではありませんよ。FFだろうとFRだろうと、オーバーステアになるクルマは市販車にはありません。

※『FFやAWDでアンダーステアになるのは駆動力にタイヤのグリップを使うが故に旋回力に使えるグリップが相対的に小さくなるからである、と理解しているからです』・・・それは...続きを読む

Qパワステオイルが漏れて修理代が

車はベンツMLでタイトルの通り最近へんな音が鳴るので修理(ディーラーではない)に持っていったらパワステオイルが漏れているとのことで修理代が、一体型なので30何万ぐらい、かかるといわれました。色々話をきいたんですが..一昨年と去年に車の事故で一度はもろに車体前をバイクに激突されて、一度はこちらが泊まってる車を前の部分を当ててしまった事故をしました。そういうのも原因として考えられるらしいのですが・・購入したお店とその2件の事故を修理したお店が同じ中古やなのですが。保障の三年も去年にすぎてしまっていて。ディーラーにも言えないですよね?
事故が原因でも少し期間が経ってるので今更みてもらえないんですよね?ディーラーも三年経ってると保障期間が過ぎてるのでみてもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

今回の故障と関係ないかも知れませんが、パワステ系統にリコールが出ています。

参考URL:http://www.motnet.go.jp/ris/not.asp?No=2202250

Qパワステ、ブレーキ解除時の異音

タイトルのまんまんなのですが、ハンドルを切るとエンジンルームから軽く「シュ~~」っと音が聞こえます。また、完全にハンドルを切ると(左右どちらでも)少し大きく「シュッ」っと音がします。
パワステがおかしいのでしょうか?つい先日オートバックスでパワステオイルを交換してもらったのですが、音はかわらずハンドリングは逆に少し重くなった印象です。。

また、ブレーキをゆっくりと離すと毎回ではないのですが前輪の辺りから「ゴリゴリ」という感じな低い音が聞こえます。。

これらは異常なのでしょうか?正常ではないですよね? あまりクルマの機構の知識はないので教えて下さいっっ。

Aベストアンサー

>完全にハンドルを切ると(左右どちらでも)少し大きく
>「シュッ」っと音がします。
>パワステがおかしいのでしょうか?
油圧パワステでは正常です。ハンドルをいっぱいに切るとパワアシストの油圧を抜くために機構上”しゅー”と音がします。車の説明書にも書いてあるものもありますよ。
でもいろいろ音を小さくする努力はされています、音の大きさなどは車によりけりです。ちょっとハンドルを切っても少なからず音はします。

>つい先日オートバックスでパワステオイルを交換しても>らったのですが、音はかわらずハンドリングは逆に少し>重くなった印象です。
パワステフルードはああみえても自動車メーカーによって
組成が違います(フルードメーカーによる差)、私ならメーカー純正を入れます。

>ブレーキをゆっくりと離すと毎回ではないのですが前輪>の辺りから「ゴリゴリ」という感じな低い音が聞こえま>す。。
これもよくあることです。まあ正常な音です。メーカーも不快なおとなのでなるべくでないようにはしていると思いますが。
ちなみにABSを効かせてもゴリゴリいいますよ。

>完全にハンドルを切ると(左右どちらでも)少し大きく
>「シュッ」っと音がします。
>パワステがおかしいのでしょうか?
油圧パワステでは正常です。ハンドルをいっぱいに切るとパワアシストの油圧を抜くために機構上”しゅー”と音がします。車の説明書にも書いてあるものもありますよ。
でもいろいろ音を小さくする努力はされています、音の大きさなどは車によりけりです。ちょっとハンドルを切っても少なからず音はします。

>つい先日オートバックスでパワステオイルを交換しても>らったのですが、音は...続きを読む

Qパワステ故障の原因と修理費

H7製ムーヴ(13万キロ)に乗っています。

1年くらい前から、走っていると知らない間にパワステが切れているということがありました。最近はその頻度が多くなってきています。

異音などはありません。エンジンをかけなおすと100%なおります。

古い車なので、パワステが切れても「昔の車はこうだったんだ」といいきかせて乗ってきましたが、危険でしょうか?

また上記症状から可能性の高い原因と大体の修理費が知りたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

H5のトヨタ車に乗ってます。
私は今週の日曜日に、突如重ステ事件が起こったので、参考にしてください。

まずパワステの種類ですが、油圧や電動がありますが、おそらく電動でしょう。
問題点の多くはパワステユニット、リレー、配線の断線だと思います。
エンジンかけ直して復活しているようなので、断線ではなさそうですね。
そうなるとユニットかリレーでしょうが、100%直るというとユニットでもなさそう。
リレーが怪しそうですね。
リレーは簡単に言うとスイッチと同じものなんで、エンジン始動時に電圧がかかったことによって復活してるんじゃないでしょうか。
走行中は振動なんかでスイッチが切れてしまうような症状かなと思います。

私はこのリレーが原因だったんですが、部品代&交換工賃込みで12000円でした。
多分同じ位の値段だと思いますよ。

Qパワーステアリングの故障について

車が停止した状態でハンドルを回すとパワーステアリングに悪い影響ってありますか?

Aベストアンサー

専門家ではないので、実例だけ。

トヨタ車で運転中にリレーロッドが折れてハンドル操作不能となり人身事故が起きたことがありました。
当初のメーカー見解は「据え切りのしすぎだから」とユーザー側では納得も反論も証明も出来ない理由で、
対象外と判断されリコール扱いしてくれない事例が過去にありました(後日リコール対象になりました)。
これが据え切りが原因とされた最悪の事象でしょうね。
今ではしっかり耐久性を持たせているはずですが、こういうところにも負担がかかってるということです。
万一を考えると、日ごろから据え切りは控えるのが良いでしょうね。

あと、据え切りも良くないですが、フルステア(目いっぱい切るの)も良くないそうですよ。

Q保証期間内の無償修理を受けるには?

いまいち分からないので、お願いします。
表題の通り、いつまでに修理に出せば保証期間内での無償修理になるのでしょうか?

修理に出した日が保証期間内であれば良いのか、それとも、修理が完了して手元に戻ってきたときに保証期間内であれば良いのか。

自分は期間内に修理に出せば無償になると思ってたのですが、本当のところはどちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

  こんばんは。

 保証期間内での記載で2年間とある場合、例えば、2004年4月1日から2年間でしたら、特別の裏書がある場合以外は2006年3月31日までです。

 修理に出した日が保証期間内であれば、無償の修理対象となります。
 但し、自然故障や正常な状態で使用して壊れた場合のみで、保証期間内でも、機械の中にコーヒーや水などをこぼして明らかに使用者の過失の場合には無償修理の対象にはなりません。

 修理期間が長引いても関係ありません。修理に出した日とします。

 メーカーと交渉する場合は、すべて販売店の印鑑と購入年月日の記載がある保証書の明記が唯一の証明書類となります。
 電話で言った、言わないとかでは一切記録に残らず証拠にはなりません。
 詳細は保証書の裏に明記されていますのでご確認ください。

 元家電メーカーのサービスマンからでした。参考までにどうぞ。

Q狭い道などで右折する際に一旦左へステアをきる

ご覧いただきありがとうございます。

 タイトルのままなのですが、狭い路地などで右折する際(左折でもかまわない)に、
一旦曲がりたい方向とは逆にステアリングをきり、大きく回ることをなんというのでしょうか?
適切な単語があったかと思ったんですが、出てこなくググった挙げ句の果てにこの状況です。

ご存知の方がいらしましたら、回答お願いいたします。

カテ違いでしたらごめんなさい。

Aベストアンサー

色々出ていますね。回答欄2度目ですいません
×逆ハン・カウンターステア=コーナリング途中にテールスライドを起した時に体勢を保持するために外側にハンドルを切ること
△フェイントモーション=強制的に内側の荷重を外側のリアタイヤに移しコーナリングする技術、ドリフトを促すためのテクニックで特に4輪駆動車等のドリフトを起しにくい車で良く使われる
×切り遅れ=ハンドルを切るタイミングが遅い事
〇大廻り・大回り=大きなカーブを描いて曲がる事・回ること
と解釈しています。
動き方はフェイントモーションだと思いますがかなりすばやい動きです。狭い道を右折するのですからボディーをこすらないようにゆっくりだと思いますから大回りが一番有力だと思います。私は以前からそう言っています。

QJB1 ライフ EPS電動パワステ故障修理

ホンダJB1ライフの電動パワステEPSの故障なのですが、停車時はスムーズに軽くステアリングが回りますが、走行中は元に戻らないほど硬くなります。もちろん車速センサーを感知して走行時は少しは重くなるとは思いますが、かなりの違和感があり肩がこる感じで重いです。EPSユニット、ギアボックスモーター、トルクセンサは、全て中古ですが交換済みです。全く何も変わりません。もちろん故障診断も致しましたが、異常無しの信号です。車自体は、無事故で43000Km走行でサイドスリップなどの点検調整済みです。タイヤなどの変磨耗もありません、車体もノーマルです。誰かこの様な修理を克服された方がいましたら教えてくださいませ!

Aベストアンサー

>走行中は元に戻らないほど硬くなります
こいつが変だと思う。
パワステ無しでも、前進すれば勝手に正位置(直進方向)に来る物です。
タイヤの取り付け方がそうなってますから。
例え、5tクラスのトラックでも、2-30キロの速度が出ればパワステ無しでもハンドル操作は十分にできます。

パワステを切って動かしてみましょう。
それで改善しなければ、パワステ機構以外の機械的なトラブルと言うことになるんじゃないでしょうか。

Qフロントに荷重が乗りすぎてアンダーステア

もしかしたら変な質問かもしれませんがご容赦ください^^;

最近、スポーツドライビングを楽しみ始めたものです。
(サーキット走行や草競技に参加しています)

ドラテクについて、勉強しようとWEBを探すと
参考になるサイトがたくさんあるのですが、その中で気になるところがあります。
それは、
コーナー進入時のブレーキングについて,
ブレーキが強すぎるとフロントに荷重がかかりすぎて、
タイヤのグリップの
限界を超えてアンダーステアが出るというような
説明です。

わたしは、単純に考えて、荷重がかかればかかるほどグリップは増すと思うので、理解しがたいのです。
もちろん、荷重とグリップは完全な比例ではなく、おそらく最初は荷重が増すほどグリップも増すけど、ある程度荷重がかかれば、それ以上荷重をかけても、あまりグリップが向上しないというラインはあるかと思います。それにしても、基本的には荷重がかかるほどグリップが増すのが当たり前と思うのです。もしかしたら、タイヤの変形などによってちょっとはグリップが失われることがあるかもしれませんが、問題ではないような…。

個人的には、この現象は、単純にタイヤのグリップが、減速のために使われすぎて、コーナリングフォースをそこに加えたら、グリップの限界を超えて滑り出すという、割りと初歩的な知識で理解できる現象ではないかと思っているのですが、どうでしょうか?

この理解は誤りでしょうか?

この疑問には先があって、フロントサスの減衰力などを弱めると、前に荷重がかかりやすくなるから、この過荷重の現象でアンダーが出る場合もあるような説明もあるので、サスセッティングの理解にまで影響してくるのです。
それって本当~~??あまりにも柔すぎただけじゃないの??って半信半疑です。

このあたりのことについて、お教えいただけないでしょうか?

もしかしたら変な質問かもしれませんがご容赦ください^^;

最近、スポーツドライビングを楽しみ始めたものです。
(サーキット走行や草競技に参加しています)

ドラテクについて、勉強しようとWEBを探すと
参考になるサイトがたくさんあるのですが、その中で気になるところがあります。
それは、
コーナー進入時のブレーキングについて,
ブレーキが強すぎるとフロントに荷重がかかりすぎて、
タイヤのグリップの
限界を超えてアンダーステアが出るというような
説明です。

わたしは、単純に考えて...続きを読む

Aベストアンサー

>この理解は誤りでしょうか?

それで正解です。

簡単に説明するとタイヤのグリップ限界値はさておき。
ブレーキングによる荷重移動にてフロントタイヤに荷重を乗せてグリップを稼ぐ、
これは極当たり前のテクニックです。
で、ブレーキをかけ過ぎると何故アンダーになるのかと言うと
ブレーキによる荷重移動でのグリップ増加分よりも
それを発生させるだけの減速でのグリップ使用分が多くなるからです。

サスのセッティングに付いては条件が色々と有るので一概には言えませんが
減衰力が極端に弱ければタイヤに伝えるべき荷重をサスが逃がす事になるので
アンダーになりやすい傾向になります。
逆に極端に減衰力を強めればサスペンションが縮まず車の荷重が充分に移動しません、
加えて路面の凸凹にて車が跳ねるのでグリップが安定しなくなります。
程よく沈み跳ねる事なく動くセッティングってのが理想ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報