物体に応力を加えたときに電気抵抗が変化することをピエゾ抵抗効果というそうですが、金属および半導体におけるピエゾ抵抗効果が起こるメカニズムを教えてください。専門的内容になっても構いません。また、この場では詳しく説明できない場合は、参考書などを紹介していただいても構いません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

siegmund です.


最近難しい質問が多くて,突っ込まれるとところどころボロが出ています(^^;).

歪みとμや n の具体的関係は高度に専門的で,この分野のプロの領域の話でしょう,
普通の物性物理学者に聞いても
詳しい返事は返って来ないのではないかと思います.
大体,標準的な物性物理学のテキスト(大学院レベル)には
まずピエゾ抵抗効果なんて載っていませんし...
私の知っていることだけ書いてご返事としたいと思います.

まず,歪みとμとの関係です.
前の回答では簡単に,歪みが起こるとイオンポテンシャルが変化して...
と書きましたが,本当は事情はもっと複雑です.
金属で原子から外殻電子が抜けますと残りが陽イオンになるわけで,
第一近似的にはそのイオンが周期的に並んでいます.
これは結晶全体に圧力がかかって圧縮されたりしても同じことです.
イオンがあると電子が動いたときにそのポテンシャルで散乱されて,
電気抵抗の原因になりそうな気がします.
ところが,固体電子論で有名なブロッホの定理というのがありまして,
ポテンシャルが完全に周期的であると電気抵抗の原因にはならないことが知られています.
では,電気抵抗の原因は何かといいますと,
不純物の存在,およびイオンの格子振動です.
不純物がポテンシャルの周期性を乱すのは明らかでしょう.
また,イオンの格子振動があればこれもポテンシャルの周期性を乱します.
常温付近ではイオンの格子振動の方が電気抵抗の主要原因です.

したがって,結晶が一様に歪むと
(ある方向にのみ歪んでも構わない -- 周期性は保たれますから),
これが直接電気抵抗に影響するのではなくて,
格子振動の変化を通じて電気抵抗の変化(すなわちμの変化)にをもたらします.
たぶん研究はあるはずですが,私は詳しくは知りません.

もう一つ,半導体の場合の n との関係ですが,
これは物質依存性が強そうです.
つまり,バンド構造はポテンシャル変化の影響を強く受けます
(だからこそ,半導体は物質によってずいぶん性質が違う).
特に違うバンドが重なるかどうかとフェルミ面がどこに来るかのあたりは微妙です.
実際,常圧では半導体ですが圧力をかけると金属的になるような物質は
かなりあるようです.

というわけで,具体的関係まではちょっと私の手に余ります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明、ありがとうございます。
結局のところ、ピエゾ抵抗効果のメカニズムを知るということは、電気抵抗のメカニズムをかなり深く知る必要があることが分かりました。
ご回答いただいた内容を全ては理解できなかったので、このご回答をヒントにして、もう少し勉強してみます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/20 10:09

簡単のため,電流を担っているキャリア(電子またはホール)が一種類とします.


電流密度は,
キャリアの数密度 n,キャリアの電荷 ±e,キャリアの速度(の平均値) v,
この3つの積です.
トラックによる物資の輸送量が,トラックの台数,トラックの積載量,トラックの速度
の3つの積になるのと同じことです.
キャリアの電荷は電荷素量ですから不変でピエゾ抵抗効果の議論には関係ありません.
キャリアの平均速度 v は電場 E によりますが,
あまり電場が大きくなければ電場に比例します.
(1)  v = μE
と書いて,比例係数μを移動度(あるいは易動度)と呼んでいます.
したがって,nμの振る舞いが電気伝導度(電気抵抗率の逆数)を決めることになります.

完全に自由なキャリアに電場がかかると
キャリアの速度はいくらでも速くなってしまいますが,
固体内ではいろいろなポテンシャルによる散乱があるため平均速度は有限です.
つまりポテンシャルによる散乱(衝突と思って結構です)を受けると,
もう一回電場による加速のし直しが起こるのです.
固体に圧力がかかって歪みが起こると,平均のイオン間距離が変わったりしますから,
当然ポテンシャルも変化します.
したがって,μ は固体の歪みの影響を受けます.

金属ではキャリアの数密度 n はほとんど一定なので,
金属のピエゾ抵抗効果の機構はポテンシャル変化を通じた μ の変化です.

半導体では様相が異なります.
半導体ではキャリアの数 n が
(2)  exp(- Δ/kT)
に比例します.
Δは半導体のバンドギャップ,k はボルツマン定数,T は絶対温度です.
歪みが起こってポテンシャルが変化しますと,
半導体のバンド構造が変わり,バンドギャップのΔの変化が起きます.
(2)の因子は exp の中身の変化に非常に敏感ですから,
半導体の場合にはピエゾ抵抗効果はほとんど n の変化で支配され,
金属の場合よりはるかに効果が大きくなります.

バンドギャップについては
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=183166
の私の回答をご覧下さい.

電気抵抗の温度変化でも金属と半導体は様相が異なります.
温度が高くなるとμは小さくなります.
したがって,金属は温度が上がるにつれて電気伝導率が小さく(電気抵抗率が大きく)
なります.
一方,半導体では(2)からキャリア数が T の増加と共に急速に増加しますので,
金属とは温度依存性が逆で,
温度が上がるにつれて電気伝導率が大きく(電気抵抗率が小さく)なります.
しかも,温度変化に敏感です.
これを利用したのがサーミスター温度計です.

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
すっきりとした内容で、非常に分かりやすかったです。
もう少し深く知りたいので
「固体に圧力がかかって歪みが起こると,平均のイオン間距離が変わったりしますから,
当然ポテンシャルも変化します.
したがって,μ は固体の歪みの影響を受けます.」
「半導体の場合にはピエゾ抵抗効果はほとんど n の変化で支配され,
金属の場合よりはるかに効果が大きくなります.」
の内容について、詳細(歪とμの変化との相関など)が分かる参考書などありましたらご紹介していただけると幸いです。手元にある半導体電子工学の本では詳しく載っていません。
よろしくお願いします。

補足日時:2001/12/18 13:22
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピエゾ効果と応用について

学校のレポート課題を書くため、ピエゾ効果とその応用についてを調べたいのですがどのような本を調べたらよいでしょうか。ピエゾ効果のことが書かれている書籍やHPを教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

一番身近な応用例は、電子ライターの着火源ですね。

せっかくネット環境があるなら、検索してみては?
http://tinyurl.com/6cc6k
http://tinyurl.com/5zujg

参考URL:http://tinyurl.com/6cc6k

Q中空の物体に上から力を加えた時の応力計算【材力】

中空の物体(断面)に上から力を加えた時の応力計算

中空の物体の断面に対して、真上から力を加えた時の応力計算方法、強度確認方法を教えてください。

写真のような中空の物体に力Pが加わった場合に、円がひしゃげてしまわないような肉厚を考えたいのですが、
どのようにして計算するのでしょうか?

パイプの長さも関係してくるのでしょうか?
計算方法、もしくはそのあたりが詳しく乗っているサイトをご存じであればご教授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは、「曲がり梁」と同様に扱えばよいです。
このキーワードで検索すれば、いろいろと出てくるでしょう。
例えば、下記のサイトが参考になるかと思います。
http://www.geocities.jp/moridesignoffice/ring.html

QピエゾPUはどうしてアコギの音が鳴る?

いつもお世話になっています。

ピエゾPU搭載のエレキギターでアコギの音がなることに関して、以前から
疑問に思っていました。なぜ、ピエゾでアコギの音が鳴るのでしょうか?
圧電素子としての説明は分かったのですが、それと”アコギの音”が
どうしても結びつかないんです。

仮説として
1.ピエゾをPUにしてみたら、たまたまアコギのような音になった。
2.いや、ピエゾは、エレキでもアコギの音が出るPUとして研究・開発
  されたものである。

というのを想像するのが精一杯です。
なぜ、圧電素子によるPUでアコギの音が出るのでしょうか?

Aベストアンサー

>ピエゾPUはどうしてアコギの音が鳴る?

アコギの音ではないですが、マグネチックPUよりは、ナチュラルな響きに感じられるかも知れません。

エレキギターのマグネチックPUは、弦の振動を直接磁場の振動に置き換えて、増幅するため、弦の生鳴りの感じ(響き)とは少し違います。いわゆるエレキギターの音です。

ピエゾは、サドルやブリッジ、ボディトップなどに密着するようにセットされ、ギター本体やサドルの振動そのものを増幅するようになっています。

ですから、ピエゾの方が、楽器本体の振動を拾っているという点では、生鳴り感は高いかも知れません。

それがアコギっぽく聞こえると言うことは、我々はアコギでもエレキでも生で弾いている時には、弦そのものの響きより、ナットやサドルを通して伝わる楽器本体の響きを聴いているから、ということなのでしょう。

Q金属、半導体の抵抗の温度変化について

金属は温度が高くなると抵抗が大きくなり、半導体は温度が高くなると抵抗が小さくなるということで、理論的にどうしてそうなるのでしょうか。
金属については、温度が上がると粒子が熱振動し自由電子が流れにくくなるというようなことを聞いたことがありますがあっていますか?
半導体についてはまったく理由がわからないので詳しく教えて頂くとありがたいです。
あと自分で調べていたところ「バンド理論」というのを目にしました。
関係があるようでしたらこれも教えて頂くとありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>金属については、温度が上がると粒子が熱振動し自由電子が流れにくくなるというようなことを聞いたことがありますがあっていますか?

だいたい合っています。
金属については、温度が上がると正イオン(自由電子が引っこ抜かれた残りの原子)の振動が激しくなるので、自由電子が正イオンに散乱されます(進路を乱されます)。
それをマクロで見たとき、電気抵抗の上昇という形で現れます。

>>>半導体についてはまったく理由がわからないので詳しく教えて頂くとありがたいです。

半導体の中において金属の自由電子に相当するものは、電子とホールです。この2つは電流を担う粒子ですので、「キャリア」(運ぶ人)と言います。
ホールは、半導体物理学においてプラスの電子のように扱われますが、その実体は、電子が欠けた場所のことを表す「穴」のことであって、おとぎ話の登場人物です。
電子の濃度とホールの濃度に違いがあったとしても、一定の温度においては、両者の濃度の積は一定です。
これは、水溶液において、H+ と OH- の濃度の積が一定(10^(-14)mol^2/L^2)であるのと実は同じことなのです。

中性の水溶液の温度が高くなると、H2O が H+ と OH- とに解離しやすくなり、H2O に戻る反応が劣勢になります。
それと同様に、真性半導体においても、温度が上がると電子とホールが発生しやすくなるのに比べて、両者が出合って対消滅する反応が劣勢になるため、両者の濃度の積は増えます。
キャリアが増えるので、電流は流れやすくなります。

こんにちは。

>>>金属については、温度が上がると粒子が熱振動し自由電子が流れにくくなるというようなことを聞いたことがありますがあっていますか?

だいたい合っています。
金属については、温度が上がると正イオン(自由電子が引っこ抜かれた残りの原子)の振動が激しくなるので、自由電子が正イオンに散乱されます(進路を乱されます)。
それをマクロで見たとき、電気抵抗の上昇という形で現れます。

>>>半導体についてはまったく理由がわからないので詳しく教えて頂くとありがたいです。

半導体...続きを読む

Qピエゾ抵抗効果について

物体に応力を加えたときに電気抵抗が変化することをピエゾ抵抗効果というそうですが、金属および半導体におけるピエゾ抵抗効果が起こるメカニズムを教えてください。専門的内容になっても構いません。また、この場では詳しく説明できない場合は、参考書などを紹介していただいても構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

siegmund です.
最近難しい質問が多くて,突っ込まれるとところどころボロが出ています(^^;).

歪みとμや n の具体的関係は高度に専門的で,この分野のプロの領域の話でしょう,
普通の物性物理学者に聞いても
詳しい返事は返って来ないのではないかと思います.
大体,標準的な物性物理学のテキスト(大学院レベル)には
まずピエゾ抵抗効果なんて載っていませんし...
私の知っていることだけ書いてご返事としたいと思います.

まず,歪みとμとの関係です.
前の回答では簡単に,歪みが起こるとイオンポテンシャルが変化して...
と書きましたが,本当は事情はもっと複雑です.
金属で原子から外殻電子が抜けますと残りが陽イオンになるわけで,
第一近似的にはそのイオンが周期的に並んでいます.
これは結晶全体に圧力がかかって圧縮されたりしても同じことです.
イオンがあると電子が動いたときにそのポテンシャルで散乱されて,
電気抵抗の原因になりそうな気がします.
ところが,固体電子論で有名なブロッホの定理というのがありまして,
ポテンシャルが完全に周期的であると電気抵抗の原因にはならないことが知られています.
では,電気抵抗の原因は何かといいますと,
不純物の存在,およびイオンの格子振動です.
不純物がポテンシャルの周期性を乱すのは明らかでしょう.
また,イオンの格子振動があればこれもポテンシャルの周期性を乱します.
常温付近ではイオンの格子振動の方が電気抵抗の主要原因です.

したがって,結晶が一様に歪むと
(ある方向にのみ歪んでも構わない -- 周期性は保たれますから),
これが直接電気抵抗に影響するのではなくて,
格子振動の変化を通じて電気抵抗の変化(すなわちμの変化)にをもたらします.
たぶん研究はあるはずですが,私は詳しくは知りません.

もう一つ,半導体の場合の n との関係ですが,
これは物質依存性が強そうです.
つまり,バンド構造はポテンシャル変化の影響を強く受けます
(だからこそ,半導体は物質によってずいぶん性質が違う).
特に違うバンドが重なるかどうかとフェルミ面がどこに来るかのあたりは微妙です.
実際,常圧では半導体ですが圧力をかけると金属的になるような物質は
かなりあるようです.

というわけで,具体的関係まではちょっと私の手に余ります.

siegmund です.
最近難しい質問が多くて,突っ込まれるとところどころボロが出ています(^^;).

歪みとμや n の具体的関係は高度に専門的で,この分野のプロの領域の話でしょう,
普通の物性物理学者に聞いても
詳しい返事は返って来ないのではないかと思います.
大体,標準的な物性物理学のテキスト(大学院レベル)には
まずピエゾ抵抗効果なんて載っていませんし...
私の知っていることだけ書いてご返事としたいと思います.

まず,歪みとμとの関係です.
前の回答では簡単に,歪みが起こるとイオ...続きを読む

Q「3つの同じ抵抗値の抵抗を三角形に接続して20Vの電圧を加えたら4Aの

「3つの同じ抵抗値の抵抗を三角形に接続して20Vの電圧を加えたら4Aの電流が流れた。抵抗器の抵抗をもとめる」という問題で、解き方がわかりません。 教えてください、お願いします!

Aベストアンサー

問題の図でもないとどこの電圧?どこの電流の?がはっきりしませんが、このように解釈しました。
抵抗Rの抵抗が三角形に接続してされています。各頂点をabcとします。ab間の電圧は20Vです。
a点に流れる電流は4Aです。抵抗Rはいくらか? R=7.5Ω
三角形に接続された合成抵抗は2RXR/(2R+R)=2/3R
合成抵抗の抵抗値 R0=V/I=20V/4A=5Ω
Rを求める 5Ω=2/3R → R=7.5Ω

Qピエゾ搭載のエレキにナイロン弦を

Ibanezeのエレキギターを持っていて、ピエゾ搭載とのことなので、ナイロン弦を張ってみようかと思いナイロン弦を買ってみたのですが、
ナイロン弦ってスチール弦のようにテールに丸い輪がついてないので、どうやって、弦を張ればいいのでしょうか?
テール部分を結んで玉を作るんでしょうか?
あと普通、エレキ(ピエゾ搭載)にナイロン弦って張るもんなんでしょうか?
サビがこなくていいかな~なんて思ってやろうと思うのですが、いかがなものでしょうか?

Aベストアンサー

ナイロン弦を張ることを想定して作られていないので、皆さんが仰るようにいろいろと不具合があるはずです。そりゃピエゾは振動そのものを拾うのですから、原理的にはナイロン弦どころか釣り糸や絹糸を張っても鳴らないことはないでしょうが、楽器としては使い物にならないはずです。

あ、それから#2のかたが仰ってる電磁誘導云々は、要するにナイロン弦の音をピエゾ以外のピックアップは拾ってくれないよ、ってことです。エレキ用のピックアップは磁石の作用で音を拾うので、金属にしか反応しません。

もちろんエレアコのように、金属でも生ギター用の弦を張ったり、ナイロン弦専用の設計になっているのは別です。

というわけで基本的にエレキにはエレキ弦、エレアコや生ギターにはもともと金属の弦が張ってあったかナイロンだったかにあわせて、同種の弦を張ったほうが無難です。少なくともかなりの調整をしないとまともに鳴らない上、下手をすると張力や結び方の問題などなどでネックがそったり、あるいはもっと深刻な故障の原因になることもあります。

どうしても張りたいなら失敗覚悟の改造が必要です(楽器として使用の場合)。
繰り返しますがそういう使い方を想定して設計されていないのです。

ナイロン弦を張ることを想定して作られていないので、皆さんが仰るようにいろいろと不具合があるはずです。そりゃピエゾは振動そのものを拾うのですから、原理的にはナイロン弦どころか釣り糸や絹糸を張っても鳴らないことはないでしょうが、楽器としては使い物にならないはずです。

あ、それから#2のかたが仰ってる電磁誘導云々は、要するにナイロン弦の音をピエゾ以外のピックアップは拾ってくれないよ、ってことです。エレキ用のピックアップは磁石の作用で音を拾うので、金属にしか反応しません。

もち...続きを読む

Q半導体の抵抗値

半導体の熱と抵抗の関係に対する質問です。

対象は炭化ケイ素です。

半導体では熱励起によって自由に動ける電子と正孔のペアが生じる。ペアの数は熱エネルギーに依存するので温度が高くなると増える。よってキャリアが増え低効率が下がる。

と調べたのですがこれだけでは不十分だと言われました。詳しい説明をお願いいたします。

また、800度付近から温度が一定になる理由も教えてください。
いろんな本をあさっていますが理由が見つかりません。不純物のせいなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様の質問の意図とずれてるかもしれませんが、
ヒントになればと思い回答いたします。

まず質問者様の仰られるように、
>半導体では熱励起によって自由に動ける電子と正孔のペアが生じる…
>…よってキャリアが増え低効率が下がる。
という理解は正しいです。
これは温度を上げると抵抗率が上がる金属などとは違い、半導体の特徴と言えるでしょう。
しかし一つ気になったのは、材料がSiCというところです。
SiCはパワーデバイスの分野で期待されている、ワイドバンドギャップ半導体と呼ばれるものです。
SiCのバンドギャップは3.3~3.4eV程度です。(SiやGaAsは1.1~1.5eV程度)
このため、質問者様の仰るような熱励起によりバンドギャップを超えるようなキャリア発生はほとんどありません。
自由キャリア濃度は簡単に計算できるので、
室温での真性キャリア密度計算してみるといいと思います。
計算を間違えたかと思うくらい自由キャリアは存在しません。
一般的なSiCはn型伝導性ですが、これは成長時における不純物混入によるものです。
(私はSiC成長については詳しく知らないので、ご自分でお調べ頂くのが言いと思います)

不十分と言われたとのことですが、もしかすると、
移動度の変化などを含めた回答をすればいいということなのかも知れません。
移動度は主に、低温ではイオン化不純物散乱、高温ではフォノン散乱によって決まります。
これについては半導体物性の教科書を参考にすればいいと思います。

>800度程度から温度が一定になる
すみません。これだけではちょっと分かりません。

回答が何らかの参考になれば幸いです。

質問者様の質問の意図とずれてるかもしれませんが、
ヒントになればと思い回答いたします。

まず質問者様の仰られるように、
>半導体では熱励起によって自由に動ける電子と正孔のペアが生じる…
>…よってキャリアが増え低効率が下がる。
という理解は正しいです。
これは温度を上げると抵抗率が上がる金属などとは違い、半導体の特徴と言えるでしょう。
しかし一つ気になったのは、材料がSiCというところです。
SiCはパワーデバイスの分野で期待されている、ワイドバンドギャップ半導体と呼ばれるもの...続きを読む

Qピエゾ素子ってどうやって加工するのですか?

ピエゾ素子は非常に脆いということは有名ですが、では業者はどうやって整形加工するのでしょうか?
私の予想では鋳型に流し込んで作るのではないかと思うのですがどうでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ふつうは,粉を焼き固めて作ります.
粉は,ピエゾ材料の結晶の粉ということもあれば,焼くことで反応してピエゾ結晶になるようなもの (前駆体) ということもあります.
ピエゾ材料で,溶融して鋳型に流し込めるようなものは,あるのかもしれませんが,珍しいでしょう.
有機物のピエゾ材料もあり,これだと溶融とか溶媒に溶かして,というのもあるでしょうが,まだまだ性能も低くマイナーです.

Qバネで物体に力を加えたときの速さと位置を時間tの方程式でどのように表わせるか?

エネルギー保存の法則から
1/2mv^2=1/2kx^2より
v=√(k/m)x
となりますが、時間tで速さと距離を表したいと思いました。
そこで、F=kx=ma から kx=m・d^2x/dt^2 としてみたのですが、どうもうまく展開できません。
もしよろしければ、アドバイスいただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>エネルギー保存の法則から、
1/2mv^2=1/2kx^2より
v=√(k/m)x

ということですが、これは違います。エネルギー保存則は、1/2mv^2+1/2kx^2=constとなります。しかしエネルギー保存則から、速さと位置を時間の関数として導くのは、きついですね。

やはり、運動方程式から、出発するのがよいでしょう。
m・d^2x/dt^2=-kx
を解けばよいのです。解くと、
x=Asin(√(k/m)+φ)
となります。これをtで微分すればvが求まります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報