植物の名前を知りたいのですが宜しくお願い致します。            解っているのは葉と幹の部分だけです。
葉の状態は根元近くから3つに分かれていて、まるで柏の葉を3つ根元で重ねあわせた、くっつけたような形をしています。
木なのか、もしくは生長したつる系(太め)の幹から生えています。
この特徴ある葉から、何類か何系か等、ヒントを下さい。

A 回答 (3件)

補足拝見しました。

より詳しく書いていただきましたが、やはり又探し(??)は難しいですね。

参考URLに植物の科や属、名を検索できるサイトがありました。(専門用語での検索ですが、絵も出ているのでとっつきは悪くないと思います)形から検索して、該当しそうな植物名をずらっと返してくれるサイトです。植物名をクリックするとその植物の詳しい情報があるサイトを紹介してくれます。私も今手元に辞典がないので、こんな紹介の仕方しかできなくてごめんなさい!

困ったことがあれば、また補足ください。

参考URL:http://taxa.soken.ac.jp/JUMOKU/JumokuMat.HTML
    • good
    • 0

説明だけではよくわからないのですが、観葉植物系なのでしょうか?


文章だけですとシダ系のアビスのような気がするのですかいかがでしょうか??

参考URL:http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/a …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり文章で伝えるというのは難しいものです。すいません。葉は土から直接生えているのではなくて、幹のようなところから普通の樹木類のように生えているのです。私の予想では野葡萄の葉かとも思いましたが、どちらにしてもつる系のものだと思います。

お礼日時:2001/12/21 13:45

たぶん時間がたてばご存知の方から回答があるかと思いますが、今後の参考に調べ方を書きます。



幹と葉しかわからないということは、その部分のみの標本があるのでしょうか?それともその部分だけのスナップ写真でしょうか。

標本があるのなら、以下の部分をよく見てください。
(1)葉のつき方。
 ・「柏の葉を3つ根元で重ね合わせた」ような形だそうですが、どういう風に重ねあってますか?垂直ですか?水平ですか?
 ・3つの葉はそれぞれ枝で分かれていますか?葉がくっついていますか?
(2)葉の周り。
 ・滑らかでしょうか?ぎざぎざしていますか?
(3)葉の表面。
 ・毛が生えていますか?
 ・その毛は葉脈に沿っていますか?それともそれ以外の部分に生えていますか?
 ・裏と表とどちら多く生えていますか?

葉だけでも以上のことがわかると辞典でかなり楽にさがすことができます。
書名を失念してしまいましたが、葉の形から植物名をさがす辞典(ハンドブックのようなもの)が出版されています。使いやすいので、一度本屋などで確認してみてください。

写真でも上の項目をわかる範囲でよく見てください。

この回答への補足

手元にあるものは、誰かがキャンパスに描いたものを写真で撮ったもので、そこからその植物は何を描こうとしているのかを推測するものです。
葉のつきかたは、根元一箇所からくっついており、まるで野球用のグローブを3本指にし、ちょっと外側に広げたような形です。
葉の周囲は尖ったギザギザではなく、やわやわとした波打つ様であります。
毛については確認できなく、葉脈は3つのそれぞれに太めのものが先端の少し手前の方まであり、それから葉の外側に向かって沢山の細い葉脈が斜線状に描かれています。

補足日時:2001/12/20 17:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
よくよくみて補足をしてみました。

お礼日時:2001/12/21 13:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長幹がいし、ラインポストがいし

平成12年度 2級電気工事施工管理技術検定の過去問題、問題14についての質問です。

-------------------------------------------------
問題14(抜粋)
架空送配電線路に使用されるがいしに関する記述で不適当なものはどれか。

1.長幹がいしは機械的強度が極めて強い
2.省略
3.省略
4.ラインポストがいしは、導体を磁気体頭部のみぞに、バインド線で固定する。
------------------------------------------------

という問題ですが、問題集によって、解答が「1」または「4」と異なっています。(解答を「1」としている書籍が2冊、「4」としているのが1冊でした。)

電気に詳しい人に聞いてみたところ、機械的強度は弱いと言っても、がいしなのでそれなりに強度はある。また、ラインポストがいしは、ある部分では、バインドで止めることはない、というような理由で、より不適当なものは、「4」ではないか、という説明を聞きました。

どちらのほうがより一般的な回答になるのでしょうか?
それともケースバイケースで、答えが変わる問題なのでしょうか?

宜しくお願いします。

平成12年度 2級電気工事施工管理技術検定の過去問題、問題14についての質問です。

-------------------------------------------------
問題14(抜粋)
架空送配電線路に使用されるがいしに関する記述で不適当なものはどれか。

1.長幹がいしは機械的強度が極めて強い
2.省略
3.省略
4.ラインポストがいしは、導体を磁気体頭部のみぞに、バインド線で固定する。
------------------------------------------------

という問題ですが、問題集によって、解答が「1」または「4」と異な...続きを読む

Aベストアンサー

>どちらのほうがより一般的な回答になるのでしょうか?

ラインポストがいしは、バインド線で固定する事は、ありません。

>1.長幹がいしは機械的強度が極めて強い

設問のポイントは、極めての部分であると思います。

一般的には、答えは、4です。

参考URL:http://www.akechi-gaishi.co.jp/seihin/lp.htm

Q幹生花について

幹生花(幹生果)ってありますよね?枝ではなく幹に直接花や果実がなるやつ・・あれってどうして枝ではなく幹になるんでしょうね?何か大きな理由があるんでしょうか。もし知っている人いたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

中米の熱帯雨林でカカオ、カリブの島でパンの木がそれぞれ大きな幹から直接実をつけているのを見たことがあります。よく観察すると、実は直接幹についているのではなく、極端に短い枝についています。実の周りにはたくさんの花が咲いており、花は短い枝に咲いています。

全くの想像ですが次のようなことが考えられます。

*熱帯雨林では木々が密生するので枝が張れない。
*密生したジャングルの下の方には鳥類があまり来ない(鳥は樹冠で生活する)
従って果実の運び屋は動物となり大型の実が好まれる。枝は短い方がよい。
*実が大型になれば枝は短いほど折れにくい。

植物の繁茂は鳥類依存型が多いが、熱帯雨林で容易に大型になれる環境下でこのような動物依存型の植物が発生したのではないでしょうか。

参考URL:http://osaka.yomiuri.co.jp/oldtopics/scbi/scbi05.htm

Q太陽光発電でなぜ売電型と独立型に分かれているのが?

太陽光発電や風力発電で、何故売電型と独立型に大きく分かれているいるのでしょうか?独立型は消費モードと充電モードは同時に両立(発電量の一部を家庭電化製品を使用しながら同時に余った量をバッテリーに充電)させることは、技術的に無理なのでしょうか?この両立させた製品はいくら探しても見当たりません。その主な理由を教えてください。
反対的な質問になりますが、売電型はなぜバッテリー充電機能が具備していないのでしょうか?電力会社の電力が止まってもバッテリーで凌ぎたいと思っています。また虫の良い話しですが、発電とバッテリ充放電機能と余った場合売電もやれないかと検討しています。

Aベストアンサー

>太陽光発電や風力発電で、何故売電型と独立型に大きく分かれているいるのでしょうか?
系統連携機能の有無で売電型と独立型を区別しています。
バッテリー有無の区分ではありません。

>独立型は消費モードと充電モードは同時に両立させることは、技術的に無理なのでしょうか?
>この両立させた製品はいくら探しても見当たりません。
独立型の製品のHPを何社か見たけれど、両立していないと思われる製品を紹介したHPを、いまだに発見できていません。
たとえば、ここなど、明らかに両立しています。
http://home.gyps.gs-yuasa.com/products/sl/sikumi6.php

>売電型はなぜバッテリー充電機能が具備していないのでしょうか?
たぶん、売電型のうち、産業用(あるいは家庭用で最大出力10kw超え)を見たのだと思います。
売電型にはいくつか種類があって、バッテリーはあったり無かったり。
(以下、上記HPの用語。他メーカーの場合、同じ用語/同じ分類とは限らない。)

・系統連携型 余っていれば売る。足りなければ買う。バッテリー不要。
・防災型   基本は系統連携型。 停電用にバッテリーあり。
・ピークカット型 検討連携+防災 のほか、夜間電力を蓄電し、昼間に使う。バッテリーあり。
・全売電(産業用はここ。) 全量を売る。使う分は、あらためて買う。バッテリー不要。

>発電とバッテリ充放電機能と余った場合売電もやれないかと検討しています。
経済的には、 全売電が最もお得なので、大出力の場合、当然ながら全売電です。
全売電の場合、 1kwh当たり42円で売って25円で買うので、 余剰を売るのより明らかに得です。(電力会社にとっては、悪夢です。せめてイカサマは防止しないと。)
バッテリーを付けた場合、バッテリー代が余分にかかる以外にも、
充電時にロスがあるので、充電の90%弱しか使えない(鉛蓄電池の場合)
という形でも売電量が減るので損になります。

>自然エネルギーはどんなものでも変動があるので、大きな単位で日本とか国際間で
>遣り取りすれば平準化されるのではないでしょうか?
いろいろな意味で無理。

その1 電力需要も変動があるので、発電も需要に合わせ変動させないとならない。
 そうでないと、電源電圧や周波数が変動してしまう。
 ゆえに、水力や火力の一部は、ガバナー(スロットルみたいなもの)を常に調節している。
その2 自然エネルギーによる電力はごくわずか。水力(これが主成分)を含めても10%のはるか下。
 しかも、水力/地熱は1日くらいのレベルなら変動しない or 需要に合わせ変動させることができる。
 ゆえに、太陽光風力なら、火力+水力の調整能力で対応できる。
その3 国際間とは、必然的に長距離なので送電ロスが大きくなる。ロスを減らすには
超高圧送電が必須。
その4 国際間は海超えとなる。海水は電気を通すため、絶縁距離が大きく取れない。

このため空中送電に比べ海底ケーブルは送電ロスが大きい。超高圧直流送電なら
送電ロスは大丈夫だか、交直変換設備必要。四国-和歌山間でも、交流より直流がお得
になるため、この間のケーブルは直流送電。

>そもそも変換の度に電力ロスが発生していますので、これに移行するのが
>根本的な武器になりそうですね。
充放電のときもロスがあることを忘れずに。
現状最良のリチウムイオン電池でも5%くらいのロスが発生します。

>太陽光発電や風力発電で、何故売電型と独立型に大きく分かれているいるのでしょうか?
系統連携機能の有無で売電型と独立型を区別しています。
バッテリー有無の区分ではありません。

>独立型は消費モードと充電モードは同時に両立させることは、技術的に無理なのでしょうか?
>この両立させた製品はいくら探しても見当たりません。
独立型の製品のHPを何社か見たけれど、両立していないと思われる製品を紹介したHPを、いまだに発見できていません。
たとえば、ここなど、明らかに両立しています。
http://hom...続きを読む

Qクレーンの電動機で、規定以上の荷をつると、電動機の巻線に規定以上の電流

クレーンの電動機で、規定以上の荷をつると、電動機の巻線に規定以上の電流が流れ、巻線の温度が異常に上がり、危ないと言われたのですが、なぜ規定以上の電流が流れるのでしょうか?電動機に詳しくないので、わかりやすい解答をお願いします。

Aベストアンサー

林檎が木から落ちるのは当たり前でニュートン以外の人は誰も不思議に思わなかった。それと同じで、どんな電気設備であれ負荷が増えたら電流が増えるのは当たり前なので、誰も何故とは思わないのですが、貴方はそこに疑問を持たれた。ニュートンと同じですね。
誘導電動機は一次巻線(固定側)と二次巻線(回転側)から構成されていて、その点では変圧器と似ています。但し二次巻線に生じる起電力は滑り<一次巻線によって作られる回転磁界の速度(=同期速度)と回転子の実際の速度との差>に比例します。始動電流が極めて大きいのは滑りがきわめて大きい(100%)からです。以上のことはフレミングの右手の法則で説明できます。
機械的な負荷が増えると、電動機の発生トルクでは足らなくなって回転数が少し下がります。すると滑りが大きくなるので、二次巻線に生じる起電力が大きくなります。その結果二次巻線の電流が増えて発生トルクを負荷トルクに合わせます。二次巻線の電流が増えると一次巻線の電流も増えます。ここは変圧器と同じです。一次電圧(200V)は原理的には一定でいいのですが、実際には配電線の電圧降下で少し下がります。

林檎が木から落ちるのは当たり前でニュートン以外の人は誰も不思議に思わなかった。それと同じで、どんな電気設備であれ負荷が増えたら電流が増えるのは当たり前なので、誰も何故とは思わないのですが、貴方はそこに疑問を持たれた。ニュートンと同じですね。
誘導電動機は一次巻線(固定側)と二次巻線(回転側)から構成されていて、その点では変圧器と似ています。但し二次巻線に生じる起電力は滑り<一次巻線によって作られる回転磁界の速度(=同期速度)と回転子の実際の速度との差>に比例します。始動電...続きを読む

Q原発問題への斬新なアプローチはないでしょうか?ヒントをください。

現在、原子力発電(特に「もんじゅ」)に関するレポートを書こうと思っているのですが、テーマ設定がうまくいきません。ただ「原発の安全性」や「原発の経済性」などではありきたりで独自性のないものになってしまうと思うのです。漠然としたものではなくて、「なぜ~なのか」などピンポイントで問題を設定するとやりやすいのかもしれないのですが、新しいアプローチのしかたについて、良いアイデアがなかなか浮かびません。
そこで、「もんじゅ」に関する今までにないような新しい切り口のヒントを求めてOKWebさんにやってきました。どうか力を貸してください。ちょっとしたことでも構いませんので、是非よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原発問題への斬新なアプローチ。。。

原発素人の私ならまず節電を軸にレポート書きます。

経済的視点、安全性、技術的視点、マスコミや世界的動向
などいろいろ学者さんが御託を並べて学会で発表して
いても、その実その人がいったいどれだけエネルギー
節約を実行しているか。疑問に思います。

原発を全て無くしたら、現在に比べてどのくらい
電気を節約しなければならないか、または毎月の電気代が
どのくらい高くなるのかとか、実生活に直結した視点で
書いてみたら一般人にはうけると思います。

たぶん見当違いなアドバイスですが。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報