思い出も作品も3Dデータで残せる!

枯葉になっても落葉しない樹の種類があります。
これはどうしてでしょうか?
通常は冬の間には不要になった葉が枯れて落ちます。
なのに枯れても落ちないのは不思議です。
樹にとってどういう意味があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

樹木の葉は,コストと利益の関係で葉をつけています。

葉を作る際のコストと維持するコスト,それに対して光合成により得られる利益,この2つの曲線に囲まれた中で葉を維持できるわけです。

熱帯地方の常緑樹は,大きな立派な葉をつけています。作り出すにも維持するにもコストがかかりますが,光合成量が盛んですから,すぐに元が取れまして,半年ほどで効率が低下すると緑のまま葉を落とします。

方や寒帯の針葉樹は,コストのかからない小さな葉をつけます。しかも1年ではコストを回収できませんから2・3年葉をつけることになります。

さて,本題の温帯の広葉樹ですが,ブナのような北に生息します木は,コストをあまりかけない,比較的小さな薄い葉をつけまして,コスト回収が済むと直ちに離層を形成し葉を落とします。しかし,コナラのような葉が大きく厚くコストをかけすぎたものは,すぐにコスト回収できず,いつまでも離層が形成されません。そのような中途半端な樹木は,離層が形成されませんので枯れても落葉しないわけです。

どんな意味があるのかは,厳密に利益・コスト計算してみないと解らないのではないかと思います。
    • good
    • 2

本体の防寒対策に一役買っているのではないでしょうか? 勘ですけど。



後、紅葉しているだけで枯れていないパターンがありますね。この場合、春になると緑色に葉に戻ったりしますね。
    • good
    • 0

ユズリハとかは新芽が育ってくるまで、くっついてるそうですね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング