国債を増発することは
「将来の世代に負担を強いて現役世代が潤う」という意見がありますが、よく考えてみるとそうでないのではないでしょうか?
なぜなら、国債を所有するのは主に銀行などの機関投資家が国民の預金を原資に購入し所有する。そして、それを返済するのは政府が税金から返すわけです、つまり国民が返済する。 要するに国民が 国債を所有し、国民が返す。この場合、将来の国民つまり、我々の子孫が、債務と、債権の両方を受け継ぐわけで、決して債務のみを受け継ぐのではなく、お金を返してもらう権利も受け継ぐわけです。債務を受け継ぐことはかり強調されて、国債増発は悪だと決めるのはおかしいのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

 No1の追加です。


>これらの原資は、銀行預金などの広く国民がになっていて、結局債権を国民が広く持っているのとおなじです。広く考えても、狭く考えても私の考えは正しいのではないでしょうか。

 理論上はそうでしょうが、では、国民が持ってるのと同じであれば、どのようにしてそれらが還元されるのでしょうか? 税金を負担するように直接的な還元方法があり、過去にされているのでしょうか? 銀行が国債で儲かったので、預金利子を上げてくれたりの恩恵は、聞いた事はありません。
 そのようには、思えませんが・・・。

この回答への補足

還元とは借金を返すことだと思いますが、国債の借金を返せといわれる方がいれば、さらに国債を発行して(もちろん原資は親の預貯金などの金融資産です)これに当てればよいと思います。国民(親)の金融資産は1400兆あるわけですから、1400兆までは、国債を発行しても子孫につけは回らないのではないでしょうか?

補足日時:2001/12/23 01:22
    • good
    • 0

将来の国民が債務と債権の両方を受け継ぐ、ということが問題ですね。



国債は「借金」で、しかも毎年使ってしまっているのです。
決して「預金」しているのではありません。
民間ですと貸借対照表があって、資金をどう使ったかが解るようになっていますが、政府の場合は解りにくい構造になっています。
普通は人から借りたお金を有効に利用して、元をとることが重要ですね。
また、借金するときには「担保」を供出させられますね。
しかし、国債は「政府の信用」という担保で発行し、それを何に使うのかというと、どうやらいい加減に使われているようです。
すると、将来「借金だけ」が残り、それに対する見返りがない、ということになってしまい、大インフレになることも予想されるのです。
政府はお金を印刷することができますから、返せなくなって通貨を増やせば、インフレになります。インフレとはお金の価値が下がることですから、そのとき国民の預金まで価値を失うでしょう。
国内はまだしも、国際化が進んでいる中、「円」の信用がなくなるというのは国民の生活そのものを困窮化させかねない問題です。
安定している外国通貨に国内の富が逃げ出すと「円」の大暴落となり、物価上昇に拍車がかかって、過去の世代を恨むしかない、という時代が来るかもしれないのが国債問題です。

親が借金して浪費した分(資産にはならず)の借金を子や孫が払う、ということで、債権を主張しようにも相手がいないことになります。相手が国ということは、ご説のように結局税金になります。
さてさて、そのときの税率は一体幾らになるでしょうか?
結局、その税金を支払い負担するしかない国民の暮らしが打撃を受けるのです。

この回答への補足

親が借金して浪費した分(資産にはならず)の借金を子や孫が払う、
といわれますが、確かに借金を子孫が払いますが、私の言いたいのは
親が残した預貯金も子孫が受け継ぐ ので、別に子孫は苦労はしないのではないか?ということなのです。 機関投資家が国債を購入できるのは国民(親)の預貯金があるからできるわけです。 つまり、いま日本国民の金融資産は1400兆あるといわれていますが、この額までは国債を発行しても何ら子孫は苦労しないのではないか?というのが、私の質問の趣旨です。

補足日時:2001/12/23 01:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さらに、言いますと、子孫は親の持つ資産たとえば土地も受け継ぐ、インフレになれば土地の値段は上がりますから、別に土地持ちの子孫はインフレになっても損はしないのではないでしょうか?預金がインフレで目減りしても、政府の借金も目減りするのでインフレはこの議論では関係がないのではないでしょうか?

お礼日時:2001/12/23 01:18

 広く考えると、そのような考えもあるでしょうが、債務は国民が広く税金という形で後年にも負担していただくことになりますが、債権は広く国民が・・・と言うことではありません。

税金を納めている人から見れば、ごく一部の方になるのではないでしょうか。今、子どもで、税金を納めていなくても、将来は何らかの形で税負担が生じます。が、それらの人の内、債権を持てるのはごく一部だと思いますが。

この回答への補足

債権を持てるのはごく一部だと思いますが。といわれますが、違うと存じます。確かに直接債権を持つのは銀行、証券等の機関投資家ですが、これらの原資は、銀行預金などの広く国民がになっていて、結局債権を国民が広く持っているのとおなじです。広く考えても、狭く考えても私の考えは正しいのではないでしょうか?

補足日時:2001/12/23 00:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国債増発と金利上昇について

FP2級の勉強をしている者です。
「国債の増発は金利の上昇を招く」とあるのですが、
そのからくりについて、「風が吹いたら桶屋が儲かる」的に、
分かりやすく因果関係を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国債の増発は、市中のお金を吸い上げることになり、お金の需給の関係から、金利の上昇を招くのでは。

Q政府、および日銀が貨幣を増発して国債を買い戻せば

どうような変化が起きるのでしょうか?

Aベストアンサー

>現在日本の公債のほとんどを保有している金融業界や日本郵政などはどんな影響があり、また、どんな反応・動きを見せるのか?

長期債の買いオペを増やせば金利は低下するので資金需要は増える可能性がありますね。(短期市場はもう限界です。)
ただ、それはすでに米国がQEプログラムで実験済みで、景気のテコ入れには限界があることがわかってしまいました。

それに、日本では日銀当座預金に金利が付くようになってしまったので、多少現金が増えても銀行の貸し出し意欲は以前より下がってしまっています。

市中に直接現金をばら撒くなら、今やっているETFやREITなどの買取プログラムなどを増やしたりするほうが手っ取り早いかもしれません。
その分日銀のバランスシートは膨らんでいくので円(日銀)の信認低下にもなります。

ただ、これも民間の資金需要自体が低調なら、米国が「商品価格は上がったけれど…」となっているようにうまく資金が回っていかない可能性があります。

『根強い日銀ETF買い期待、金融情勢次第で枠拡大との見方』
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23065220110907

>現在日本の公債のほとんどを保有している金融業界や日本郵政などはどんな影響があり、また、どんな反応・動きを見せるのか?

長期債の買いオペを増やせば金利は低下するので資金需要は増える可能性がありますね。(短期市場はもう限界です。)
ただ、それはすでに米国がQEプログラムで実験済みで、景気のテコ入れには限界があることがわかってしまいました。

それに、日本では日銀当座預金に金利が付くようになってしまったので、多少現金が増えても銀行の貸し出し意欲は以前より下がってしまっています。

市...続きを読む

Q国債増発で金利上昇どう理解すれば?

国債増発すれば、金利が上昇すると言われています。
どう理解すればよいのでしょう?

それと、日本の国家レベルで考えた場合どうなのでしょう?

Aベストアンサー

国債を発行すれば売れる……という単純な時代ではありません。
市場には、日本の国債だけなく、米国の国債など多様な商品があります。
その中で競争に勝たなければなりません。
つまり、商品としての魅力がなければ売れないのです。

いままでと同じ商品を大量に売ろうと思えば、値下げをして、人が買いやすくしますよね?
国債もそうなのです。
現在の国債の販売価格が100万円で、10年後に110万円になるとします。
もっと大量に売らなければならないとすれば……
販売価格を下げることはできない(国の歳入を減らすことはできない)ので、金利を上げるのです(ツケを将来に回す)。
つまり、販売価格100万円で、10年後に120万円になるとすれば、買う人が増えて、売れるというわけです。

この原理により、国債の増発は、金利の上昇を招く要素となるのです。

ただし、市場全体の金利上昇には、他の要素も当然ありますから、国債の増発だけで、市場金利が上昇するとは言い切れません。

Q国債増発は悪いことですか

2月6日に参議院は2013年度補正予算案を可決しました。今回の補正予算の規模は5.5兆円で昨年度の補正の10.3兆円に比べればずっと小さなものになっています。財源は、前年度の剰余金約2.8兆円や今年度税収の上振れ分2.3兆円などで確保し、 新規国債の追加発行はしないとのことです。こんなことでは2014年度日本は景気が落ち込み、先進国では最低の実質経済成長率になるとOECDは予測しています。

4月には消費増税が行われ景気の腰折れが懸念される折、国債を増発し、もっと大規模な補正予算にし、一刻も早くデフレ脱却をしたほうが良かったのではないかと思うのですが、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

単純に考えると、日本はギリシャのようにはなりません。

ギリシャの借金はユーロです。ギリシャはユーロを発行できませんので、景気が悪化して政府財政も回らなくなると、外国から借りたユーロを返せなくなり、デフォルトせざるを得なくなりました。


しかし、日本政府の借金は円です。円は日銀がいくらでも刷ることができます。
日銀が円を刷ってそれで国債を買い続ければ、理論上は破綻はありえません。

ただし、極端に円の流通量を増やすと過度のインフレになり、国民の生活を直撃しますが、今はまだ日銀が掲げた目標である2%にも達していませんので、まだまだ円を刷って国債を買い続けることは可能でしょう。

Qロイターの国債増発がインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル安になった、という記事について

 初歩的な質問かもしれませんが教えて下さい。
 
 ロイターの記事で、「国債増発によるインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル売りの色彩が濃くなり、ドル/円は95円台に下落した。」という記事がありましたが、国債の増発がインフレリスクになって、その事を警戒してドル安になった、という意味がわかりません。

 少し調べましたが、よくわかりませんでした。

 どなたかわかる方がいたら、教えて下さい。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FRBが長期国債を買い支えることで長期金利が低下。目下、日米金利差が縮小したことから、円に対してドルが売られています。
また、国債増発の一方でFRBが長期国債の買い支えることは、大量の資金供給を意味しますから、将来的なインフレ期待が生まれることになります。インフレは通貨の価値下落を意味しますから、ドル安になるというわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報