ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

計画停電で このたび非常用発電機を使用して 停電時発電機側から 電源を供給できるよう
配線を変更したいと 思います。

発電機は、デンヨーのディーゼル発電機です。

停電時 ブレーカーの切替で 実施できるようにしたいんですが なるべく簡単で安全な方法を
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

実際に実施する場合の法的な事は別としてですが、


停電時に手動で切替えるとして、
商用電源及び発電機の出力容量に見合った双投式カバースイッチ等
(可般式発電機のようなので、大電流は流れないと思われる。
大電流の場合は別途、電磁接触器やVCB等、切替機器を検討)を
商用側、発電機側の出力と2次側の間に入れたらどうでしょうか。
    • good
    • 7

非常用発電機の使用は、内燃式で10kW未満なら、一般用電気工作物として申請無しに使用できます。


しかし、電気設備技術基準の第60条に、常用電源と非常用電源とは電気的に接続してはいけないと謳っています。
この意味は、別の機器に供給するか、停電時に人為的に切り替えるか、自動で切り替える装置が必要であると言っています。
つまり、発電機をいつも繋ぎっぱなしにしておいて、停電になったら発電機を回すというような使用方法は、違法であると謳っています。

上記に10kW未満なら使用できると書きましたが、高圧受電している自家用設備の場合は別です。
自家用設備に接続する場合は、自家用設備とみなされるので非常用設備設置の申請と、工事を行うならただの電気工事士でなく、特殊電気工事士で非常用設備の資格を持っている業者にお願いする必要があります。

つまり、簡単にはいかないという結論になります。
    • good
    • 7

電気工事士じゃなく電気主任技術者でしょ



ちなみに規模は? ここで質問するぐらいだから家庭の話だとはおもいますけどね
    • good
    • 3

規模が解らないと回答のしようもありませんが、質問内容から判断するに、ご自身で行うことは到底無理ですね。

電気工事士の資格がないと「法的に」やっちゃだめな内容です。

無資格でやれる方法は、停電になったら使いたい電気製品のコンセントを発電機の方につなぎかえ、おもむろに発電機を起動するというものです。停電と同時に自動切り替えを行わせることは、無資格では無理ですし、仮にやったとしても発電機が起動するまでの間は、どうやっても停電が避けられません。これ以上の規模や内容のことをさせたいのなら、電気工事屋さんに相談してください。
    • good
    • 1

そのような物は使用できません。


出来るのは無停電電源です。
これは大変高いです。それだと停電を意識しなくても
自動で切り替えりますし、意識しなくても自動で動きます。
外部発電機は、商用に繋ぐことは禁止されています。
大変危ないのです。
商用を無停電源に繋ぎこれから全部の電源に繋ぎます。
今は3Kw程度は売られています。
家内商用電気は、外部電源を繋ぐと火災を起こす事になりますから
絶対に繋がないことです。
    • good
    • 2

オイオイ・・



どの程度の規模かも分からないし・・
何より、この程度の話を書き込んでくるなど、プロの管理者とも思えない。

プロがいるでしょう・・電気の。
先ずはプロに確認・・相談。
そして、工事屋さんに依頼です。

停電した時にブレカーで切り替え・・など、恐ろしくて・・
電圧は何V・??から始めましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小型発電機を住宅の分電盤に繋ぐことは出来ますか?

最近、防災機器ついてネットで調べていたところ、運転騒音を抑えて実に良く出来た小型発電機が発売されていることが分かりました。100Vと200Vの両方に対応し5kVAぐらい発電できるそうです。

http://www.honda.co.jp/generator/products/eu55is.html

我が家は単相3線60Aの契約で200VのIHクッキングヒーターを導入しているのですが、このような発電機とその燃料があれば、万が一の大地震で長期の停電に見舞われても、なんとか乗り切れるような気がします。

そこで質問ですが、もしも大地震で長期の停電に陥った際、自宅外壁にある電力メーターのスイッチを切り、自宅内の分電盤を開け、サービスブレーカーに繋がっている赤黒白の3本の引込み線を絶縁ドライバーで外し、発電機の200Vコンセントに繋いだ電源コード(50Aぐらいの図太いコード)から赤黒白の電線を引き出し平べったい端子を圧着してサービスブレーカーに繋げば、自宅内の電化製品がとりあえず使えるようになるのではないか・・・と思うのですが、非常時の応急策としていかがなものでしょうか?

もちろん漏電のチェックが前提でしょうけれども、まずは発電機と分電盤の接続についてご意見を頂ければ幸いです。

上記でお察しかとは思いますが、私の電気の知識は素人でして、家電製品のユーザーとしてボルト、アンペア、ワットの計算で困らない程度であり、単相3線の位相が180度ずれていることはグラフを見れば分かりますし、赤白または黒白の接続で100V、赤黒の接続で200Vになる理屈まではなんとなく分かります。

よろしくお願いします。

最近、防災機器ついてネットで調べていたところ、運転騒音を抑えて実に良く出来た小型発電機が発売されていることが分かりました。100Vと200Vの両方に対応し5kVAぐらい発電できるそうです。

http://www.honda.co.jp/generator/products/eu55is.html

我が家は単相3線60Aの契約で200VのIHクッキングヒーターを導入しているのですが、このような発電機とその燃料があれば、万が一の大地震で長期の停電に見舞われても、なんとか乗り切れるような気がします。

そこで質問ですが、もしも大地震で長期...続きを読む

Aベストアンサー

理屈的には、分電盤の電力会社のアンペアブレーカーを「断」することにより、アンペアブレーカーの二次側(屋内側)に単相3線接続すればokです。

ただし、
・地震災害時の電力復旧時間は、水道やガスと比べてとても短い事。
(震源地付近の一部を除き2時間以内に90%以上が復旧しており、震源地でも24時間以内に90%以上が復旧している)
・災害のために、ポータブル発電機をメンテナンスし続けなければいけない事。
以上を考えると、費用対効果があまりにも薄くて悩ましいですね。。。

Q発電機 商用切替スイッチはなぜDTというのですか?

DTは何の略なのか教えてください。

Aベストアンサー

一般には、双投形開閉器のことで、 英語ではDouble Throw(ダブルスロー)と言います。
スローは投げるの意味で、電気的には「投入する、接続する」ことです。。
ナイフスイッチのような手動操作のものもあります。
原理的に、同時には投入できないので、インターロックの機能もあると言えます。

Q3相4線式発電機の接続の仕方について

停電対策で我社も発電機を準備しましたが、3相4線式の発電機で、事務所の配電盤は、
3相3線式と単相3線式の2系統があり、発電機のメーカーの説明では図のとおりで
3相3線式はUVWに接続し、単相3線式はOを中性線とした、UOWかVOWかUOV
に接続すれば、発電機能力の50%以下に限り同時に使用できると返事があったが
別の担当者はその接続方法で同時使用は発電機を壊すとの返事、
どっちの担当者が正解なのでしょうか?
壊れると言われたので、試してはいません。

図はお絵かきを添付しました。

Aベストアンサー

3相3線式と単相3線式の2系統が適用できる発電機の接続を
検討しました。
添付した接続図を参考にして下さい。この接続方法により上の2系統
の運用が可能になると思います。
発電機内部の接続方式が大切です。
別の担当者の意見が正しいと思いますので、発電機メーカより正規の
接続方法(内部接続と端子記号の図)を入手されて、一緒に再検討して
下さい。
なお、端子記号の順序は種々の決め方があると思いますので発電機
メーカの端子記号に準じて下さい。

Q停電時に家庭用発電機の使用

先の豪雪で,12時間も停電の目に遭いました。
そこで考えついたのですが、家庭用発電機の出力をカベのコンセントに接続したら,
発電機の容量分だけは電気が使えるのではないでしょうか?
でも、近所のお宅の電気まで使えるようになっては,発電機の容量が持たないし....
宅内だけに通電されるのでしょうか?
また、復旧時に位相の違った電力が重なって,過電流が流れることはないでしょうか?
もし使えるようなら,ファンヒータとガス湯沸かし器(フロ、給湯)だけでも動けば助かるのです.
まさか、違法と言うことはないですよね。
以上、ご存じの方、その方面の知識をお持ちの方の教えを期待しています.
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

常用という使い方と成れば、電気保安上から違法と言われます。

私は東北在住で、3.11の時にかなり苦労しました。ウン悪く当時は発電機を持っていませんでした。

小型発電機は、さほど大きな電力供給ができませんので、使うとしたら、メインブレーカー、子ブレーカーを全部落として、一カ所系統のみ、という使い方を想定します。

最低限の照明、暖房、テレビ、電話くらいの確保はしたいと思っています。
(夏場なら、暖房無しの分、扇風機と冷蔵庫は生かしておきたい。)

あと、実際に問題になった事例で、車庫等に発電機を置き、2日も使っていたら車庫内の酸素不足でエンジン停止。まぁ、離れだったから良かったんでしょうけれど、排気ガスが居住スペースに入っていたら、、、怖いですね。

この他に、電気を使わない暖房や調理で、救急隊が数軒出動。我家の様な古くて隙間だらけの家屋ならまだ良いのでしょうけれど(苦笑)、近年の気密性が高い住宅ですと、床下や壁内、屋根裏等の空気の流れも電動ファンが利用されているため、酸欠事故が有ったそうです。
(昨年の、町内防災学習会で消防署の方から教えてもらいました。)

通常時と違い、緊急非難と言う目的の場合は、法廷機処置の対象外にする事が多いのですが、事故に至ったり、周囲への迷惑が及んでしまっては、本末転倒です。

緊急時に対する対処を、思いつきだけで行なわず、自分で色々調べたり、このような場所で多くの人の意見を聞いておく、という事は、非常に良い事だと思います。

防災マニアに成る必用は無いと思いますが、気軽に参加出来る範囲で防災に対する体験とか学習会等には、気が向いた時に参加しておくのが良いでしょう。

なお、本当の緊急避難に関しては、絶対的な危険性と、立て前論だけで、専門家は、実際の応用に関しては問題が出た時を考慮し、基本的に否定的な話しか出て来ない、これだけは残念ですが、少なくとも私が参加した範囲ではどうしようもないようです。
(個人的に、こっそり聞くと、出来なくは無い、という表現で教えてくれる人も居ます。わたしはそういう方法で、あれこれ聞いてみたりしましたよぉ。)

私自身はオーディオが趣味なので、スピーカーの接続同様に簡単な電源延長ケーブルくらいは自分で組み立てます。残念ながら電気工事士免許は取得していませんが、道具と知識だけは得ています。
なお、オーディオやAV機器の関連で考えますと、小型発電機から得られる電源品質はあまり好ましい状態では無く、必用最低限、とりあえず、在る程度使える、というレベルです。

ここで、笑うに笑えない話題を、、、
3.11の長期停電で、斜め向かいの家族が、ケータイ、スマホなど家族で4人が自動車から充電しました、ところが、自動車のバッテリーが上がると困る、という事でエンジンをかけて、、、2晩目でガス欠、ガス欠に成ってからGSが閉鎖という事態に気がついた、、、

私は、ケータイやノートパソコンくらいの充電で、カーバッテリーが上がってしまうはずは無い、と、エンジンをかけずに充電。万が一、バッテリー上がりに成った場合も、複数の車が有るから何とかなる、という考えも有りましたけれどね。

車のバッテリー電源から、小容量ですがインバーターでAC100Vを得る機器も所有していて、「発電機が有ればテレビが見られたかも、、」とは思いますが、最低限度のサバイバルはなんとかなりました。

手持ちの機材で、安全を確保しながら、より効率よく応用できるように、いろいろな事に興味を持って眺めて行くようにしています。
御質問者様も、いろいろと情報を集めながら、イザと言う時に応用出来るよう、ガンバってください♪

はじめまして♪

常用という使い方と成れば、電気保安上から違法と言われます。

私は東北在住で、3.11の時にかなり苦労しました。ウン悪く当時は発電機を持っていませんでした。

小型発電機は、さほど大きな電力供給ができませんので、使うとしたら、メインブレーカー、子ブレーカーを全部落として、一カ所系統のみ、という使い方を想定します。

最低限の照明、暖房、テレビ、電話くらいの確保はしたいと思っています。
(夏場なら、暖房無しの分、扇風機と冷蔵庫は生かしておきたい。)

あと、実際に問題にな...続きを読む

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q発電機の4.5KVAというのは、4500W使用することが可能ということ

発電機の4.5KVAというのは、4500W使用することが可能ということですか??すいませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

発電機の容量[kVA]は皮相電力の値を示します。
電源が3相 200Vですと√3×E×Iにて計算しますので
I[A]=4.5[kVA]/(√3×200[V])≒13[A]
になります。
即ち、出力電流が13[A]までの負荷を加えることができます。

4500[W]が消費電力の値ですと、この負荷の力率を調べ、
消費電力の値から入力電流を計算することになります。

消費電力[W]=入力電力[W]ですので、
入力電力[W]=√3×E[V]×入力電流[A]×力率
となります。
入力電流[A]の値は、次式で計算することができます。
入力電流[A]=入力電力[W]/(√3×200[V]×力率)

負荷装置の消費電力が 4500[W]、負荷装置の力率が 0.85
としますと、
入力電流[A]=4500[W]/(√3×200[V]×0.85)
入力電流[A]≒15.3[A]
となります。

出力電流:13[A]<入力電流:15.3[A]
ですので、運転不可能となります。

なお、負荷装置の力率が[ 1.0 ]であれば、
出力電流:13[A]=入力電流:13[A]
になりますので、運転可能となります。

実際には発電機容量に多少の余裕のある機種を選定して運転します。

発電機の容量[kVA]は皮相電力の値を示します。
電源が3相 200Vですと√3×E×Iにて計算しますので
I[A]=4.5[kVA]/(√3×200[V])≒13[A]
になります。
即ち、出力電流が13[A]までの負荷を加えることができます。

4500[W]が消費電力の値ですと、この負荷の力率を調べ、
消費電力の値から入力電流を計算することになります。

消費電力[W]=入力電力[W]ですので、
入力電力[W]=√3×E[V]×入力電流[A]×力率
となります。
入力電流[A]の値は、次式で計算することができます。
入力電流[A]=入力電力[W]/(√3×200[V]×力率)

...続きを読む

Qディーゼル発電機の配線方式

計画停電対応のため、リース会社よりディーゼル発電機を借りてきました。

60KVA級?(日本車両社製 型式NES60P)で電圧端子がU、V,W、Oとあります。

カタログでは3相、単相対応となっているようですが、事務所の電灯回路(単相3線式100/200V 15Kva)と三相回路(水道ポンプ計5kw程度)は同時使用可能でしょうか?

このような発電機はスター結線となっているようですが?、三相200Vに合わせると、単相回路が1/√3で115Vとなり、電圧が高すぎることになりませんか?

各々専用に2台借りてこないとだめでしょうか

おねがいします。

Aベストアンサー

他社製品では同時出力が有りますが
質問の機種NES60Pの使用詳細があまり公開されてないので
おそらくは 切り替えで使用だと思います

http://www.yamabiko-corp.co.jp/shindaiwa-japan/?p=4515
マルチジェネレーター 異なる発電機を一台のエンジンで回す様子
http://www.rent.co.jp/icons/sanki/contents/07data/bundenban.htm
専用分電盤接続用コンセントから単相200V級と100V級を同時に取り出したいときは、
切り替えスイッチを単相3線側に切り替えることにより、
電圧調節なしで両方の出力を取り出すことができます。
今までの単相100V級は115/127Vでしたが単相3線式により
100/110Vという一般家庭と同じ出力になりました。
パソコン、コピー機などのOA機器にも適切な電圧を供給します。

>このような発電機はスター結線となっているようですが?、
三相200Vに合わせると、単相回路が1/√3で115Vとなり、
電圧が高すぎることになりませんか?

三相電圧が200Vの時、単相電圧は200V × 1/√3 = 115Vとなります。
もし、発電機に三相又は単相の200V負荷が接続されない場合には
発電機の電圧調整器にて出力電圧を調整してください。
三相出力電圧を185Vに調整すると、185 × 1 / √3 = 107Vとなります。

正確な仕様情報はリース屋さんに再度確認することを勧めます

他社製品では同時出力が有りますが
質問の機種NES60Pの使用詳細があまり公開されてないので
おそらくは 切り替えで使用だと思います

http://www.yamabiko-corp.co.jp/shindaiwa-japan/?p=4515
マルチジェネレーター 異なる発電機を一台のエンジンで回す様子
http://www.rent.co.jp/icons/sanki/contents/07data/bundenban.htm
専用分電盤接続用コンセントから単相200V級と100V級を同時に取り出したいときは、
切り替えスイッチを単相3線側に切り替えることにより、
電圧調節なしで両方の出力を取り出すこ...続きを読む

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング