ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

「師」と「士」「司」の違いはどういうことでしょうか?
同じ意味なんでしょうか?

よく、「師」には、魔術師、詐欺師、講師などがぱっと浮かびます。

「士」には、看護士、弁護士、弁理士などです。

でも、ちょうりしは、調理師でも調理士でもいけそうです。

「司」には、保護司などがあります。

この分類基準はどうなっているんでしょうか?
語尾の「士、師、司」のいったい意味は、なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

これは難しいですね。


わかる人いないと思いますよ。回答あったとしても
持論だけでそれが正確かどうかは疑問ですが、
私だったらそういうふうに書くものだと思って
覚えるだけです。深くは考えません。
まぁこういってはなんですが、そんなこと知らなくたって
立派に日本語話せるわけだし、きちんと覚えておけば
恥もかきません。

地面 と書いて「ぢめん」なのか「ちめん」なのか「じめん」なのかを追究するようなもので、このうちどれかは間違いでしょうけれど、気にしていってる人もいないし
知らなくたって意味は通じます。

人間もっと考えなくちゃいけないことはたくさんありますので他のことに頭使った方がいいとは思うのですが・・・。
まぁ、知って納得してもそれほどメリットはないと思います。きちんと覚えておけば一生困る事もないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

そうなんです。結構、難しい言葉なんです。

辞書には、とりあえず意味がありますが、区別が難しいです。

お礼日時:2006/01/22 11:18

行司、酒造司に関してはNo.6さんのご説明やNo.7さんの文中リンクに


あるように国から任じられた仕事でした。

相撲は古くから国技として行われています。相撲司と言う立場もあった
ようです。(初期にいなかった行司がいつからいるかは確認でき
ませんでした。)

以下は相撲の起源に関する参考URLです。
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~tsubota/shis/ss …


また、下の参考URLには古の官制について名前と説明があります。
この中に酒造司がありますね。また、行司は出ていませんが、相撲司も
出ています。

参考URL:http://www.sol.dti.ne.jp/~hiromi/kansei/index.html
    • good
    • 0

詐欺師などの「師」の使われ方は、例えば医師・講師のような本来の「教え導く者」という意味から、だんだん「○○をする人」程度に意味が落ちてきた結果なのではないでしょうか。

われわれは普段「講師」という語を「教える人」くらいの意味で使っていると思いますが、本来的には「講(義)における指導者」なのでしょうから。「保母」「保育士」が「保育師」に統合されるのも、そのような便宜的ニュアンスを感じ取ってのことなのではないでしょうか。

その士という字は象形文字で、そのものずばり男根をかたどったものだそうです。だから厳密には「○○する男」という意味なんですね。

司は、やはり訓読みした「つかさどる」のイメージで捉えるべきところと思います。行司:行事の進行をつかさどる人。造酒司:米などのアルコール発酵という化学変化の進行をつかさどる人。などなど。
    • good
    • 0

他の方の補足になるのですが、参考URLは性別の観点からも言及しています。



ペテン師、詐欺師等は
・複数の人々を(誤った方向へではあるが)導くこともする
・男性にも女性にもいる
という観点から、

「師」で良いのではと思います。

参考URL:http://www.taishukan.co.jp/kanji/qa_mean.html#Q2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

なるほど、補足ありがとうございました。

「師」の場合は性別は問わず、「士」の場合には男性のみを指す、
ということだったんですね。

しかし、学士、修士、博士など女性もたくさんいますが、
そう考えると、いかに女性の存在が軽視されてきたかわかりますね。

お礼日時:2006/01/22 11:29

参考ページの下のほうに士と師についてのコラムが載っています。


士は国家体制の上に成り立つ職につき、師は資格体制に関係なく技巧を究めることで成り立つ職に対して使われるようです。
例外も少しありますが、大いに納得できます。

「司」は、このページによると、役所や公務で特別な職務をする人に対して使われるようです。
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/kokugo/tebiki.html

参考URL:http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/yakyu.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

相撲で、力士を立ち合わせ、勝負を判定する審判のことを
ぎょう‐じ【行司】と言いますよね。
相撲の審判が公の仕事を主となって行う人なんでしょうか。

また、造酒司という言葉もありますが、お酒を作る人が、
役所や公務で特別な職務をする人なんでしょうか?

昔はそういった職が、国直属だったのでしょうか・・。

お礼日時:2006/01/22 11:24

昭和51年発行の「漢字の用法」武部良明著、角川書店からです。


士:資格を持っている人。(例)博士、修士、学士、栄養士、代議士、弁理士、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、建築士、速記士
司:公の仕事を主となって行う人。(例)上司、宮司、行司、国司、保護司、児童福祉司
師:物事を専門に行う人。(例)医師、技師、薬剤師、理容師、美容師、調理師、講談師、手品師、教師、仏師、法師、律師、経師、猟師、詐欺師

少し古い本ですが、参考になりますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
参考例は非常に分かりやすいですが、ここで疑問。

相撲で、力士を立ち合わせ、勝負を判定する審判のことを
ぎょう‐じ【行司】と言いますよね。

相撲の審判が公の仕事を主となって行う人なんでしょうか。

お礼日時:2006/01/22 11:22

あくまでも自分のイメージでは、


「士」は「仕官する」という字があるように国に仕えて国の指示もと仕事をする今の官僚似たいな「官」というイメージがあり、それが現在、資格をもてばある程度自由にできるという風になったので分けられたのではないかと思います。

「師」は、士のような人々ようであるけど、能力や資格があれば、昔から自分たちで自由に仕事をやって昔から士とい区別されていたのではと思います。

「司」はそれら士や、師以外で一種独特な感じの人々についかわれたのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

「士」は「仕官する」という字があるように国に仕えて国の指示もと仕事をするとありますが、それは「司」の方ではないでしょうか?

お礼日時:2006/01/22 11:19

『士』は、一定の資格を必要とする職業、


『師』は、その技術の専門家、
『司』は、役所関係の職名に使われます。
    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

わかりやすいご回答でした。

お礼日時:2006/01/22 11:17

師・・・学問・技芸を教授する人。

先生。専門の技術を職業とする者。
→芸や技術を生業としている人。

士・・・一定の資格・役割をもった者。
→資格や免許を持っている人。それを職業にしていなくてもよい。

司・・・つかさどる人。
→行政的なもの


→以降は辞書の意味からの見解です。

この回答への補足

お返事ありがとうございます。

師は、学問・技芸を教授する人とり、専門の技術を職業とする者と
ありますが、それには善悪は関係ないのでしょうか・・・。

例:詐欺師、魔術師

補足日時:2006/01/20 16:13
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「師」と「士」の違い

「きょうし」の「し」は「師」で「しょうぼうし」の「し」は「士」。「かいごし」は「士」で「かんごし」は「師」?
仕事の漢字につける、ふたつの「し」を書き分ける法則がよくわからないのですが、ルールはありますか?

Aベストアンサー

おおまかな考え方はあっても単一の法則はありません

・国家や公的な機関から資格として法律で名称が定められている「師」
 医師、歯科医師、看護師、薬剤師、美容師、調理師 などなど

・国家や公的な機関から資格として法律で名称が定められている「士」
 歯科衛生士、介護福祉士、弁護士、消防士、救急救命士 などなど

・特定の技能を受け継ぐ「師」 <-資格は問わない
 漁師、猟師、講師、教師、

・特定の技能をもつ「士」 <-資格が必要な場合も不要の場合も
 力士、運転士、整備士、

・元来、男の就く職業や地位に名前を付けた「士」
 学士、博士、兵士、戦士、


どちらかと言うと「士」は広い意味で用いられ、「師」はその中でも伝統とかより高い技能を持つモノに付ける傾向があるようです
でも、時代と共に名前の持つ意味合いや位置づけが変化するので

例えば講師のように簡単に名乗れるようなものになってしまったものもある
また、少し昔は女性の看護職を看護師とよび男性の看護職を看護士と呼んだ時代もありました
これは、男=士という昔の慣例から発生した呼び分けだと思われます

結論としては、一つ一つ覚えるしかないということになる

こんなページもある
桐生市医師会のサイト
http://kiryu.gunma.med.or.jp/1914/

おおまかな考え方はあっても単一の法則はありません

・国家や公的な機関から資格として法律で名称が定められている「師」
 医師、歯科医師、看護師、薬剤師、美容師、調理師 などなど

・国家や公的な機関から資格として法律で名称が定められている「士」
 歯科衛生士、介護福祉士、弁護士、消防士、救急救命士 などなど

・特定の技能を受け継ぐ「師」 <-資格は問わない
 漁師、猟師、講師、教師、

・特定の技能をもつ「士」 <-資格が必要な場合も不要の場合も
 力士、運転士、整備士、

・元来、...続きを読む

Q「師」と「士」の違いは?

看護士、弁護士、などの「士」と、
教師、医師、などの「師」とは、どんな意味の違いがあるのでしょうか?
国家資格であるとか、免許資格などいろいろ論点はありますが、明確な説明が得られません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

別にたいした違いなどはないのではないでしょうか?
弁護士・司法書士・公認会計士・税理士・不動産鑑定士・行政書士など法律系の資格は「士」が使われ、「士業」などと言うようです。
医師・看護師・薬剤師・作業療法士・臨床心理士など医療関係の資格は「師」と「士」が入り混じってますよね…
教師は正式な職業名としては「教員」でしょうし、「師匠」の師でしょうから除外して考えた方が分かりやすいのかもしれません。

個人的には、2の方のご意見には賛同できません。
弁護士や公認会計士が医師に比してその分野を極めてないと言う事はありませんし、作業療法士が極め方の点で看護師のそれに劣るとも思えません。
それに1の方が張られているURLにも書かれてますが山師・詐欺師・ペテン師などにも「師」の字を使いますし…。

もし参考になれば幸いです。m(__)m

Q師、士の違い?

医師、看護師、教師、牧師、占い師・・・・
運転士、心理士、保育士、設計士・・・・
等、士、師と使い方が違います。どういう根拠?意味?理由?で使い分け?になっているのでしょうか?
師、士ではどちらが偉い?のでしょうか???
ちょっと気になって考えていたら、わけが分からなくなりました。

Aベストアンサー

以下、漢和辞典より。
「師」=師匠、導く者。もろもろ。技術を修めた者。
「士」=つわもの、すぐれた者。仕える者。技術を身に付けた者。

「師」は導いたり教える事ができますが、「士」は仕えるのが本分。
(ですから「看護師」ではなく「看護士」です)
ほとんどの職業で「師」「士」が同時に使われることはないですし、「弁護士」が「占い師」より偉いとは誰にも決められません。
また「医師」はみんな「医学博<士>」じゃないかとかいう問題もあります。
文書的には「士」は資格や職業、
「師」は尊称に近い、と考えればよいかと思います。

Q職業における「師」と「士」の違いは?

いろいろな職業によって、看護師・医師・教師など語尾に「師」がつく場合と、会計士・博士・税理士など「士」がつく場合があります。「師」と「士」はどういう視点で分類されているのですか。

Aベストアンサー

「士」は、指導的な立場(職業)の者につけます。

「師」は、専門の技術をもつ者や教授する者につけます。

【士】施工管理技士・士官・武士・代議士
【師】技師・導師・理容師


 「○○管理士」等の資格を作って、資格取得者希望者を食い物にする商売を「士(サムライ)商法」と言います。
「武士=侍」の「士」をとっているのでしょうね。
最近の稚拙な資格団体は、「師」を使う場合もありますが、コレも「サムライ商法」です。

Q「看護士」?「看護師」?

「看護婦」を「かんごし」と呼ぶようになりましたが、漢字で書く場合は「看護士」「看護師」どちらが正しいのでしょうか?
私はこれまで、「看護婦」と呼んでいた時代に、男性看護職の方を「看護士」とするものだと思っていましたが、最近、男性、女性に限らず看護職の方を「看護士」としている表現を多く目にします。
正しいのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

看護婦(女性)、看護士(男性)と言う名称は廃止され、看護師(男女)と言う名称に統一されました。

したがって看護師(と言うのが正しい呼び方です。

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/hokenfukushi/siritubyoin/event/kangoshi/kangoshi.html

Q資格・免許の 師と士の違い

様々な資格・免許に、○○士というものがあります。これに対し、教師や医師などでは「師」をつかいます。この下の漢字の区別にはどういった意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLに解説があります。

師は「一芸に達した者」などの意味があり、士は「専門の技術・技芸を修めた者」などの意味があるようです。
  さらに師は「人々をあつめた大集団」が転じて「人の集団を導く者」などの意味になったといい、士は「事を処理する才能のある者」が本来の意味だそうです

参考URL:http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000060273.html

Q士?司??師???

 この間福祉の資料を見ていて思ったのですが、児童心理士と児童心理司の二つが福祉の資格としてありますよね、この二つはどこがどう違うのでしょうか?
 それともう一つ、“師”とつける職種もありますよね。
 この“師”がつく職種は他の“士”や“司”とどう違うのでしょうか?どうか教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 はっきりした区別はないと思うんですが、私が認識していることは、

・師…国家資格で、人に指導する職種
・士…「師」以外の国家資格
・司…国家資格ではなく、研修などを受ける事により公的機関から任命されるもの

と大まかに分けられると思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%B3%87%E6%A0%BC%E4%B8%80%E8%A6%A7

Q表内、縦位置の中央揃えがど~~してもできない!!

 ワードでの文書作成をしています。表内の文字を縦横ともに中央に配置する場合、セルの配置で中央に設定しても、横位置は中央になるのですが、縦位置が下よりになったままです。それならばと、縦位置を上にしても画面上はそれでも下よりです。ワードで表を作った場合も、エクセルで作った表をコピーしても同じです。なんとか縦位置を中央に持っていきたいのですがどうしたら良いでしょうか。明日までに完璧に仕上げたいのです。わかる方、よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

書式ー段落で、行間が1行になってない場合は1行にしてください。

それでもだめな場合は、Ctrl+Qを押して段落書式を解除し、
縦位置が中央揃えになるか確認してください。
(横位置の中央揃えもはずれますので、あとで設定してください)

それでもダメなら、セル内にカーソルがある状態で右クリックし、
表のプロパティ-セルタブ-オプションボタンをクリックし、
表全体を同じ設定にするがオンになってるか確認してください。

Q普通預金の利息の計算方法について

ある銀行では普通預金の利息の計算は次のようにすると書いてあります。

「普通預金の金利は毎日の最終残高について、毎年3月31日と9月30日の年2回、毎日の利率によって日々計算の上組み入れます。」

例えば金利は1%で一定とし、9月1日に1000万円預金したまま出し入れせず、9月30日になったとします。

単純に9月末の残高に対し、0.5%の金利で利息が付く(つまり5万円)のかと思ったら、もっと複雑なようです。計算式を教えていただけたらと思います。どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

もと銀行員です。私の現役時代(40年くらい前)は、手作業で利息計算していました。今はコンピューターでしょうが、内容は同じでしょう。1000万円は大きいので、説明し易く、1000円としましょう。以下、その日の最終残とします。例では、4/5に200円引き出したことで、その日には800円になりました。

3/31 ・・・ 1000円 ・・・  5日間で ・・・  5000
4/5  ・・・  800円 ・・・ 20日間で ・・・ 16000
4/25 ・・・  900円 ・・・ 28日間で ・・・ 25200
5/23 ・・・ 1200円 ・・・  9日間で ・・・ 10800
6/1  ・・・  700円 ・・・ 60日間で ・・・ 42000
7/31 ・・・  500円 ・・・  1日間で ・・・  500
8/1  ・・・ 1500円 ・・・ 50日間で ・・・ 75000
9/20 ・・・ 1600円 ・・・  9日間で ・・・ 14400
9/29 ・・・ 1000円 ・・・  1日間で ・・・  1000
9/30 決算

これで、183日間の累計が189900となります。仮に年利1%としますと、1日の利率は365分の1で、約0.00274%ですので、189900x0.0000274が利息金額となります。正確には

189900x(年利率)1%÷365(日)で、5円20銭余り(5.2027397・・・円)から税金を差し引いた金額が、9月30日に通帳に記入されます。

もと銀行員です。私の現役時代(40年くらい前)は、手作業で利息計算していました。今はコンピューターでしょうが、内容は同じでしょう。1000万円は大きいので、説明し易く、1000円としましょう。以下、その日の最終残とします。例では、4/5に200円引き出したことで、その日には800円になりました。

3/31 ・・・ 1000円 ・・・  5日間で ・・・  5000
4/5  ・・・  800円 ・・・ 20日間で ・・・ 16000
4/25 ・・・  900円 ・・・ 28日間で ・・・ 25200
5/23 ・・・ 1200円 ・・・  9...続きを読む

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む


人気Q&Aランキング