【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

こんにちは。教えてください。
不動産屋さんは上下間の音は鉄筋コンクリートより重量鉄骨造り(防音ALCと記載がありました)のほうがきこえにくく、左右間の音はほとんどかわらないと言っていました。こちらでみさせていただいていると鉄筋コンクリートのほうが良さそうだと思うのですが、分譲タイプのような高級マンションでない限りそうなのでしょうか。やたらと鉄骨のマンションをすすめられます。重量鉄骨はただの鉄骨マンションより防音性がいいともききました。
鉄筋コンクリート≧重量鉄骨>鉄骨>軽量鉄骨>木造。実際あってるんでしょうか。。。

現在木造アパートの2Fに住んでいて生活音・近隣の学校の騒音などに悩まされていてマンションタイプの物件を探しています。そこまで神経質ではないのですが、近隣に恵まれなくて音の問題で(毎日早朝から掃除機をかける、夜中に大声で歌を歌うetc…。)引越しを繰り返しています。次に住むところは長い間住みたいと思っているので慎重に探しているのですが不動産屋さんによって言われることが違うので困ってしまいます。どうか教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

床の遮音性能のうち足音など重量物による衝撃音(重量衝撃音)は梁で囲まれた面積と床の重量(一般に床の構造は単一材料ですので、密度一定のためその厚さ)でほぼ遮音性は決まってしまいます。



鉄筋コンクリート床とALC床は同じコンクリート製品ですが、ALCは気泡の多く入った工場製品ですので、一般に軽量です(その分運搬などがしやすいというメリットがある)。
また現場打ち鉄筋コンクリートだと施工が難しくほとんど造られない薄さの100mm程度の製品がALC床版では主流です。

防音ALCというのがどんな製品なのかよくわかりませんが、一般にALC床の遮音性は悪いです。
これを改善するためにALCにモルタルなどを縫って厚さと重量を増して改善することが行われていますが、同じ厚さなら重量が大きい鉄筋コンクリートのほうが大抵は遮音性がよいです。

また、ALCは工場製品のため接続部分が発生します。この部分の処理が悪いとずれにより音が発生することもあります。

床の厚さとALCの密度を確認した方がよいと思います(鉄筋コンクリートは2.3程度です)。
また遮音性がよいというのなら床の重量衝撃音の性能を確認してみるとよいでしょう。
LH-いくつという数字で性能が表示されます。
数字は小さい方が遮音性能がよいです。

参考までに記述すると、コンクリートならだいたい厚さ130mmで60、150mmで55、180mmで50程度となります。ALCだと厚さ100mmで65~70です。


なお、床の遮音性能は椅子を引きずるような軽量物による音は軽量衝撃音といいこれはLLで表され、床の構造よりも床の仕上げ(フローリング、絨毯、畳等)により変わる数値ですので、仕上げ次第と言うことになります。

また、一般に鉄筋コンクリートの壁は鉄筋コンクリートのことが多いですが、鉄骨の場合はALCなら良い方で、軽量鉄骨枠組みにボードを貼った程度の使用のことも多く、重量がないので遮音性能が悪く、隣戸間の音が問題になることが多いです。

ちなみに日本建築学会の遮音性能基準では、鉄筋コンクリート構造とその他の構造として大区分していますので、木造、軽量鉄骨、重量鉄骨の性能は大差なく、その仕様による差があるだけと考えた方がよいと思います。

なお、鉄骨の重量・軽量の差は柱・梁の差であって遮音性能に関係する壁や床の仕様とは関係のないものです。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。専門的に非常に詳しく教えていただきとても勉強になりました。床の厚さとALCの密度を確認してみます。遮音性能基準で鉄筋コンクリート構造とその他で大区分されているのですね。教えていただき助かりました。本当に勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/25 01:45

住まいの音は賃貸・持家(含分譲)に関わらず、ノイローゼ状態になる人もいる程、大きな問題ですよね。

でも、高級賃貸はどうなっているのかわかりませんが、一般的に構造に関わらず、普通の賃貸ではコスト優先の為、音の問題まで配慮してある物件は少ないと思います。

もちろん、理論上では重い程、厚い程に音は伝わりにくいです。
鉄筋コンクリート造>重量鉄骨造>軽量鉄骨造>木造
となります。

重量鉄骨造の場合にも床がALCなのか、デッキコンクリートなのかによっても違うし、古い物件では鉄筋コンクリート造でも隣との壁が2重張りになって、かえって太鼓のように隣の音が聞こえてしまう仕上げになっていることもあります。

賃貸の場合には不動産屋さんは販売しているわけではありませんから、構造についてどの程度把握しているのか疑問が残るところです。

また、音というのは感覚的(感情的)な要素がとても強いので、同じ音が聞こえていても、気にする人もいれば、気にならない人もいます。
いったん気にしてしまうと余計に音が聞こえてしまったりするのですよね(困)

やっぱりアドバイスできるのは、構造に関係なく実際にその部屋がどうかを念入りにチェックしてみる事ですよ。

たとえば、
 1.土・日など休みの日だけでなく平日にも行く
 2.上下、左右の住人の事をしっかりと聞いてみる。
 3.空き部屋が隣、上下であれば、実際にどう聞こえ
   るか、ためしてみる

などためしてみると良いと思います。
   
田舎でぽつんと一人住んでいても、カエルの声とか何らかの音はします。街に住めば音の発生源が人工のものなだけで、やっぱり何らかの音が聞こえてくるとおもいます。

最後にちょっといい加減なアドバイスですが、自分も生きていて、また他の人も同時代に生きているんだ。また、自分の出す生活音(声)が聞かれても、気にしないというあるしゅの「図太さ」も必要だと思います。(マナーや気配りは大切ですよ)

よい住まいとの縁がありますことをお祈りします。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

いろんな点のアドバイスありがとうございます!とてもためになりました。気になる物件が見つかりましたら念入りにチェックしてみます。音の問題に神経質になりすぎないよう(お互い様ですよね)気持ちを持っていきたいと思いました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/02/03 01:17

こちらのサイトはどうでしょうか?


私も部屋を探すときに参考に致しました。

http://oheya.upper.jp/html/bouon.html

参考URL:http://oheya.upper.jp/html/bouon.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とても参考になりました。慎重に探そうと改めて思いました。

お礼日時:2006/01/25 01:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重量鉄骨って・・・

みなさん、こんにちは。今、軽量鉄骨のアパートに住んでるのですが、階下の人の騒音に悩まされていまして、引っ越そうと思っています。で、見つけたのが、重量鉄骨の、アパートです。これって、どうなんでしょ。騒音は、軽量鉄骨よりましなんですかね?教えてください。(やっぱり、鉄筋コンクリートとかがいいのかな~)あと、3階建て、なんですが、やっぱり、最上階が、いいのでしょうか?最上階だと、暑くて、寒いのかな~なんて、思ったんですが・・・すみません、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.遮音性能について

一般に鉄骨造は鉄筋コンクリート造よりも遮音性でやや劣りますが、
上下の部屋と部屋の間の遮音性能は、むしろ床の重量の方が影響が
大きくでます。

よくマンションのチラシなんかで「床スラブ厚20cm」とか
書いてあるのはその辺をアピールしているわけです。

基本構造が鉄骨造でも鉄筋コンクリート造でも、床はコンクリート
のことが多いです。

その厚さが15cmなら並、18cmなら上等、20cmなら
かなりの遮音性能が期待できます。

ただし、テレビの音や、人の声は厚い床が有効ですが、足音や
物を落とすような衝撃音はコンクリートだけでは防ぎにくいです。

衝撃音に対しては、防音床と称する二重床(クッションフロア)が
有効です。あと、分厚いカーペットとかも、そこそこ効きます。

次に、隣りの部屋との間の遮音ですが、これも壁の重量が決め手に
なります。

戸境の壁がコンクリート製ならば、大抵の生活音は気にならない
はずです。

壁が軽量鉄骨や木組の下地に石膏ボードを貼った仕上げならば、
ボードの厚さを目安にできます。

両面ともボード一重貼りだと、結構音が漏れます。両面とも
ボード二重貼りなら、そこそこ音を防げます。壁の内部の空間に
グラスウールを詰めた遮音構造壁なら文句ありません。

ごちゃごちゃ書きましたが、これから引っ越し先を選ぶなら、
誰かと一緒に現地に行って、一人が音をたてたり飛び跳ねたりして、
もう一人が別の部屋でそれを聞く、というのが一番確実です。


2.断熱性能について

お住まいが、寒冷地ならば最上階や最下階は、あまりおすすめ
できません。

かなり丁寧な断熱工事を施している建物でも、外壁面・屋根面・
設置面は熱環境的な弱点にならざるを得ないからです。

上下左右が他の住戸に囲まれた部屋なら、冷暖房費がかなり
安くつくはずです。(騒音回避の観点からは、もっともまずい
位置取りですが。)

断熱工事がいい加減な建物の場合、最上階の部屋は住環境は
かなり悪くなります。ご注意を。

ただし、お住まいが気候条件の良い地域ならば、そんなに
気にすることはないと思います。

むしろ、日当たりや見晴らし、防犯面などから部屋を選んでも
いいのでは。(最上階は上からの騒音が無いですしね。)


1.遮音性能について

一般に鉄骨造は鉄筋コンクリート造よりも遮音性でやや劣りますが、
上下の部屋と部屋の間の遮音性能は、むしろ床の重量の方が影響が
大きくでます。

よくマンションのチラシなんかで「床スラブ厚20cm」とか
書いてあるのはその辺をアピールしているわけです。

基本構造が鉄骨造でも鉄筋コンクリート造でも、床はコンクリート
のことが多いです。

その厚さが15cmなら並、18cmなら上等、20cmなら
かなりの遮音性能が期待できます。

ただし、テレビの音や...続きを読む

Q重量鉄骨の物件の遮音性を確かめたい

賃貸物件を探していて、いいところがありました。
昨日大家さんへの申し込み手続きの書類を書き、今日審査が通ったと連絡がありました。
まだ宅建責任者?の詳しい説明は受けておらず、構造については鉄骨造(マンションなので重量鉄骨ですか)ということしかわかりません。
1987年の建物です。
現在鉄筋コンクリートに住んでおり、音の面ではかなり快適です。
それ以前に木造建築で下の人のくしゃみが聞こえたり、自分の音を気にしたりという生活が疲れたので、今度の重量鉄骨の音の聞こえ具合が気になっています。
木造とあまりかわらない、構造しだいだ、などなどこちらのページで検索して学んでいるところですが、実際に仲介業者に壁の厚さや床の厚さ、ALC密度、重量衝撃度?などを質問すると教えてもらえるものでしょうか?
物件は今、2DKから1LDKへの間取り変更と水周りを全部一新するいう大幅なリフォームをやっており、内見したときは工事中でした。
今もう一度行っても工事をしていると思うのですが、こういうところを見に行ってしろうとでわかることはありますか?
床はフローリングで、LDK部分はできているみたいでしたが寝室部分はまだのようでした。今日できてしまったかもしれませんが・・・。

今は夫婦二人なのですが、そろそろこどもがほしいこと、引っ越すなら長く住みたい、という事情があって慎重になっています。

アドバイス頂けると助かります。よろしくお願いします。

賃貸物件を探していて、いいところがありました。
昨日大家さんへの申し込み手続きの書類を書き、今日審査が通ったと連絡がありました。
まだ宅建責任者?の詳しい説明は受けておらず、構造については鉄骨造(マンションなので重量鉄骨ですか)ということしかわかりません。
1987年の建物です。
現在鉄筋コンクリートに住んでおり、音の面ではかなり快適です。
それ以前に木造建築で下の人のくしゃみが聞こえたり、自分の音を気にしたりという生活が疲れたので、今度の重量鉄骨の音の聞こえ具合が気にな...続きを読む

Aベストアンサー

遮音性能を定量的に比較説明できる人は早々にいません。当然のことながら建築士であっても室内環境系のことを経験してきていないと質問されても答えに窮してしまうでしょう。
いずれにしても、建築設計図がないと定量的な計算は出来ないのでここでは回答を得るのは無理かと思います。

鉄骨造の場合、遮音性能に特別考慮した仕様で設計しない限り、鉄筋コンクリート造に比較してかなり落ちることは間違いのないところでしょう。NO1さんがいわれているとおり性能的にいえば、鉄骨造は木造とコンクリート造の中間に位置するところでしょう。

生活音に対して住居選択肢の優先度が高いのでしたら、やはり現在のお住まい建物より性能が悪い建物は避けたほうが無難かと思います。蛇足ですが、コンクリート造でも生活音による隣戸間トラブル事例はたくさんあるのですから。

Q木造と鉄骨(軽量鉄骨)音が響くのは?

現在はRCマンションに住んでいますが、ワンルームのためなのか、
壁が薄いのか分かりませんが、隣の音がわりとよく響きます。

ワンルームが手狭なので、更新に合わせて引っ越しも考えていますが、
今住んでいるのが初めての一人暮らしでして、アドバイスを頂きたく
質問しました。

当方女性で、現在は、8畳ワンルームマンション。
電気一口コンロ、調理スペースなしの
激セマキッチン。冷蔵庫は8畳の部屋内に入っています。
ユニットバス、オートロック付きの最上階です。

私としては、キッチンと部屋にきちんと間仕切りがある物件。
(暖房効果や、音の問題)そのため1Kが良くて、
冷蔵庫がキッチン内に置けて、広さもそこそこある物件が希望です。
とにかくキッチンが狭いのと、冷蔵庫が部屋に入ってこない(うるさいので)
物件が良いのですが…。

静かに暮らしたいので、音がキーポイントです。

ある程度の広さを求めると、木造か鉄骨のアパートになりそうです。
最上階にするとして、木造と鉄骨、実際住むとどちらが音が響きますか?
それともそこまで変わりないのでしょうか。
イメージとしては、鉄骨は地震に強いけど、どうも音は響くという印象があります。

また、アパートだとどうしてもオートロックなしになります。
セキュリティは諦めようかと思っています。
実際帰宅時はいつも仕事が遅く深夜になるのであまり関係ないのかなぁと…。
(うっとおしい勧誘やセールスは深夜だと関係ないですし…。)

オートロックはやはりあった方が良いのでしょうか。
あった方が良いにこしたことないのですが、オートロックや
風呂トイレ別というのは、諦めポイントですかね…。

いろいろ質問してしまいましたが、アドバイス頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

現在はRCマンションに住んでいますが、ワンルームのためなのか、
壁が薄いのか分かりませんが、隣の音がわりとよく響きます。

ワンルームが手狭なので、更新に合わせて引っ越しも考えていますが、
今住んでいるのが初めての一人暮らしでして、アドバイスを頂きたく
質問しました。

当方女性で、現在は、8畳ワンルームマンション。
電気一口コンロ、調理スペースなしの
激セマキッチン。冷蔵庫は8畳の部屋内に入っています。
ユニットバス、オートロック付きの最上階です。

私としては、キッチンと部屋にきちん...続きを読む

Aベストアンサー

 木造は音も振動も響きます。
 軽量鉄骨は音はあまり聞こえませんが、振動はあります。

 現在MASTの物件(軽量鉄骨)に住んでますが、非常に住みやすいです。
 家賃は若干高めだと思いますが、軽量鉄骨ならMASTはオススメです。

QRC造なのに音が筒抜けのマンション

先日賃貸マンションに引越ししたのですが、生活音が筒抜けで参ってます。

RC造で築20年・最上階で角部屋です。 家賃は高めで見た目はしっかりした作りです。

主に下階からの水周りの音・話し声・足音・トイレの音・ドア開閉音など。
パソコンを起動する際の音楽まで聞こえます。

昼間でも下階の話し声が丸聞こえの状態で、深夜だと余計に声が響きます。

水周りも水道を出したり止めたりする音が全部筒抜けです。
止めるときなどはガクンという音が鳴り響きます。

今まで生活音など気にしたことはなかったのですが、あまりにもひどく家にいても落ち着きません。

以前住んでいたマンションは3つとも築年数は同じくらいでしたが、
騒音に悩まされたこともなく、水周りの音などしませんでした。

今回のようなマンションは構造自体に欠陥があるのでしょうか?

LL45等級の防音・吸音カーペットを敷けば少しは軽減できますでしょうか?
あと家の中が恐ろしく寒いです。断熱材も入ってないんじゃないかと思ってしまうほどです。


部屋に置いてるオリーブオイルやホホバオイルが固まってしまいます。(今まで固まったことは一度もない)

あと次に引っ越す時参考にしたいので、
欠陥構造の騒音マンションを避ける方法等あれば、教えて頂けるとありがたいです。

今度は失敗したくありません・・

RC造でもこのような筒抜けマンションがあるとは知りませんでした。

やはり築浅の物件が良いのでしょうか・・

安ければ仕方ないと思えますが・・ハズレクジを引いた気分です。

アドバイス宜しくお願いします。

先日賃貸マンションに引越ししたのですが、生活音が筒抜けで参ってます。

RC造で築20年・最上階で角部屋です。 家賃は高めで見た目はしっかりした作りです。

主に下階からの水周りの音・話し声・足音・トイレの音・ドア開閉音など。
パソコンを起動する際の音楽まで聞こえます。

昼間でも下階の話し声が丸聞こえの状態で、深夜だと余計に声が響きます。

水周りも水道を出したり止めたりする音が全部筒抜けです。
止めるときなどはガクンという音が鳴り響きます。

今まで生活音など気にしたことはなかったの...続きを読む

Aベストアンサー

RC造で下階の話し声が聞こえるのはかなり床スラブが薄いのかと思います。
最近のマンションは床厚が20cmくらいが標準ですが、一昔前は18cm、もっと前は16、15とかがあったみたいです。
築20年だと、ひょっとするとかなり薄いかもしれません。
20cmでまぁまぁ、子供の飛び跳ねる音以外は何とか、というレベルなので、15とかだと絶望的かと。

小梁の入り方も騒音に大きく影響します。自分の部屋の小梁を見てみるといいとおもいます。

断熱も、20年のマンションだと悪いと思います。
屋上外断熱が始まったのはここ10年くらいだと思いますので、20年のマンションだと屋上内断熱で結構寒そうです。
最悪、工事の手抜きで断熱なしの可能性もあります。部屋が外気温と同じくらい寒いなら、断熱されていないと考えたほうがよさそうです。ふつう、RCマンションなら部屋温度は外気温+5~10度くらいあります。


マンションの選び方ですが、賃貸マンションは構造が悪くなりがちなのでできれば避けたいです。
分譲マンションを賃貸として出している分譲賃貸のほうが、防音断熱ともに良いです。

立地等の観点でどうしても賃貸マンションを選ぶ場合は、築浅を選んでください。
新しいほうが構造はよいです。

また、寒さ暑さがこたえる場合は最上階角部屋を避けるべきです。
一般に中部屋のほうが、周りの部屋が断熱材になってくれるので断熱性能がよいです。

騒音が気になる場合は最上階角部屋になりますが、それと最低限床スラブ厚の確認と、断熱構造を確認すべきです。
最低でも床厚、戸境壁がRC18cmであることが望まれます。

注意するべきなのが、よく安いRCマンションであるのですが戸境壁がRCでない、木造(乾式壁といいます)である場合があります。この場合隣の部屋の音が結構響きます。叩いてみればすぐにわかります。


あと、防音カーペットなどの件ですが、あれは自分が出す音を防ぐためのものなので、周りの音を防ぐ効果は一切ありません。


私も音に苦しめられたので結構必死に調べました。
でも構造がいくら良くても、結局は周りの住人次第なので、難しいところです。

RC造で下階の話し声が聞こえるのはかなり床スラブが薄いのかと思います。
最近のマンションは床厚が20cmくらいが標準ですが、一昔前は18cm、もっと前は16、15とかがあったみたいです。
築20年だと、ひょっとするとかなり薄いかもしれません。
20cmでまぁまぁ、子供の飛び跳ねる音以外は何とか、というレベルなので、15とかだと絶望的かと。

小梁の入り方も騒音に大きく影響します。自分の部屋の小梁を見てみるといいとおもいます。

断熱も、20年のマンションだと悪いと思います。
屋上外断熱が始まったのはここ1...続きを読む

QRC造の物件はどれくらい防音・遮音を期待できますか?

現在木造アパート2階角部屋に住んでいます。
隣・階下の足音・物音・声・震動に悩まされています。
RC造4階建てマンションの4階角部屋に引っ越そうかどうか考えています。
下からの物音、そしてこちらの物音はどれくらい響くものでしょうか?
ミシンを使ったりしたいのですが、可能でしょうか?
物件を見にいったところ、隣と接している部屋の壁はコンコンと音がしたのでコンクリートが入っていないように思いました。
今住んでいるアパートでは、自分の音も他の部屋の人の音も気になってしまい、落ち着いて生活が出来ない状態です。
神経過敏になっているとは思いますが、落ち着いて暮らせるところに引っ越したいです。
「音を気にするなら、重量鉄骨造がいいよ」と友人に言われたのですが、
「RC造」と「重量鉄骨造」ではそんなに違いがあるものでしょうか?
RC造のマンションでは階下・隣の物音(足音)は響きますか?

Aベストアンサー

「重量鉄骨造」より「RC造」のほうが防音・遮音はずっと優れています。
なぜなら、防音・遮音の性能というのはその材料の重さ(密度)に左右されるからです。コンクリートのように重い材料は音が来てもそれに従って振動することが非常に少ないのです。これにくらべて石膏ボード壁のような軽い材料は振動(音)が伝わりやすいので遮音効果が低いのです。
RC造でしたら、隣の部屋は階下の部屋の物音はまず聞こえません。TVをよっぽど大きな音でかけたりすればかすかに聞こえる程度でしょう。上階の音もほぼ同様です。
ただし、コンクリートに直接振動を与えるような場合(床で跳ねたり、重い荷物をドシンと落としたり)するとさすがに下に響きます。ミシンを使われる場合にはミシン台の足にクッションを張るなどの対策をすれば、このような振動音が伝わる心配は減少します。

Q軽量鉄骨と重量鉄骨の違いは何ですか?

年始に引越しを考えていて、物件を色々検索して見ています。

基本的にマンションは重量鉄骨というもので造られているものが多いように感じます。
アパートなどでは軽量鉄骨というものを見かけたり、木造というのも見かけます。

そもそも重量鉄骨と軽量鉄骨の違いとは何なのでしょうか?
私は単身女性で、騒音などが気にならない建物に住みたいのですが、
その場合やはり重量鉄骨で造られた建物が良いのでしょうか。

是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

軽量鉄骨 【けいりょうてっこつ】
厚さ1.6mmから4.5mm程度の薄い鋼板を成形した鉄骨のこと。「軽量形鋼(かたこう)」ともいう。常温(再結晶温度以下)でロールでのばした「冷間圧延鋼材」の一種。形は、溝形、リップ溝形、Z形、山形などがある。小規模な倉庫、工場、住宅などの鉄骨造の建築物に使われる。軽量鉄骨を使った建築物を「軽量鉄骨造」または「軽量鋼構造」「薄板鋼構造」などという。鉄骨系プレハブ住宅は軽量鉄骨造が多い。重量鉄骨よりも強度は弱い。

重量鉄骨 【じゅうりょうてっこつ】
厚さ6mm以上の構造用鋼材のこと。形鋼(かたこう)や鋼管がある。形鋼は、回転するロールに高温で金属塊を通して特定の断面に成形加工した「熱間圧延鋼材」。H形鋼、I形鋼、溝形鋼、山形鋼などがある。鋼管には円筒形と角形(ボックス)があり、角形鋼管は溶接して組み立てたものと圧延成形したものがある。H形鋼や角形鋼管は、大規模な高層ビルやマンションなどの柱や梁などに使われる。戸建て住宅でも重量鉄骨造がある

単純に言うと文字通り薄くて軽いのが軽量鉄骨です。
重量鉄骨は高層ビルなどでも使われるくらい強度があるということです。

騒音振動が気になる場合は、それだけではなくて、床厚にこだわるべきでしょう。
http://sumai.nikkei.co.jp/invest/qa/qa.cfm?no=037
遮音等級はL+数字で表わされますが、L45以下の住宅くらいの
レベルであれば、よっぽど神経質の人でない限りは大丈夫ですが、
なかなか、そのレベルのものはないというのが実情です。

軽量鉄骨 【けいりょうてっこつ】
厚さ1.6mmから4.5mm程度の薄い鋼板を成形した鉄骨のこと。「軽量形鋼(かたこう)」ともいう。常温(再結晶温度以下)でロールでのばした「冷間圧延鋼材」の一種。形は、溝形、リップ溝形、Z形、山形などがある。小規模な倉庫、工場、住宅などの鉄骨造の建築物に使われる。軽量鉄骨を使った建築物を「軽量鉄骨造」または「軽量鋼構造」「薄板鋼構造」などという。鉄骨系プレハブ住宅は軽量鉄骨造が多い。重量鉄骨よりも強度は弱い。

重量鉄骨 【じゅうりょうてっこつ】
...続きを読む

QALC造マンション、上下階の音

 実家での戸建て生活が長く、今回初めて引越しをすることになりました。小型犬連れでの引越しのためなかなか手ごろで希望条件の合うものが無く、やっと先日決めることができました。
 ALC造マンションの最上階の3階です。
築20年弱です。
ALC造というのは耐震性はあるけれど遮音性はないとネットでは出ていましたが、不動産屋さんと下見に行った際窓越しに立ったところ、ちょうどお隣の部屋の母子の話し声がはっきりと聞こえ、音について担当者に尋ねたところ「ALCだから大丈夫、今日は暑いから隣の部屋が窓を開けているせい・・・」と言われました。
少し心配を残しつつも、やっと見つけた好条件の物件で決めました。
仮にお隣同士の音漏れが(下見したときほど会話の内容が筒抜けでは困りますが)あるのは、自分たちも隣に聞こえているかもと自覚でき、
どの程度気をつけたらよいか・・・など多少わかりそうですが、
私の借りた部屋は最上階のため上からの騒音はありません。その分階下の部屋に対し自分の出す音の程度やどんな動作で階下に響く音が出てしまうのかを計り知ることが出来ません。子供はいませんが、小型犬は来客や物音には反応し甲高く吠えますし、元気なので走ります。階下の方へどの程度の動作やどんな生活音が騒音として響きご迷惑になってしまうのでしょうか?椅子を引く音さえ響くと書かれていたりしますが、普通に生活できるのでしょうか・・・。
お住まいの方にはこのへんのことをお教えいただきたいです。
犬もいますし、自分もがさつなところがありますので気が付かずに音を響かせてしまいそうで少し心配です。
家賃もペット分の割り増しを差し引いても間取りや場所的にも相場価格で安い物件ではなかったですし、ペットOKマンション(古くなって条件を緩和した可能性もありですが)なくらいだから、多少は遮音性を考えて作られていると思いたいのでのすが・・・。

 マンションの構造はいろいろあるようですが、調べてみてもよくわかりません。RやRCなどもあるようで、ALCはその構造の一部なのでしょうか?鉄骨と鉄筋と鉄骨の差もよくわかりません。やはりALC造では不動産屋の言うこととは違い、左右上下ともに強い音漏れがあるのでしょうか?上下階との遮音と左右との遮音であればどちらのほうが優れているのですか?

ALC造マンションにお住まいの方、建築関係に詳しい方どうぞご意見アドバイスをお願いいたします。

 実家での戸建て生活が長く、今回初めて引越しをすることになりました。小型犬連れでの引越しのためなかなか手ごろで希望条件の合うものが無く、やっと先日決めることができました。
 ALC造マンションの最上階の3階です。
築20年弱です。
ALC造というのは耐震性はあるけれど遮音性はないとネットでは出ていましたが、不動産屋さんと下見に行った際窓越しに立ったところ、ちょうどお隣の部屋の母子の話し声がはっきりと聞こえ、音について担当者に尋ねたところ「ALCだから大丈夫、今日は暑いから...続きを読む

Aベストアンサー

大家してます

>ALC造では不動産屋の言うこととは違い、左右上下ともに強い音漏れがあるのでしょうか?

有ります

強いかどうかは個人の主観ですので何とも言えません

>多少は遮音性を考えて作られていると思いたいのでのすが・・・。

考えていません

特に音は下に聞こえます

http://www.saturn.dti.ne.jp/~nachan/ALC_page_2.htm

安く・軽く造れる割に遮音性が良い...

RC(鉄筋コンクリート)に比較すればかなり劣ります

木造よりはましかな?...くらいでしょう

>犬もいますし、自分もがさつなところがありますので気が付かずに音を響かせてしまいそうで

基本的には「お互い様」の気持ちがないと共同住宅では暮らせません

対応するなら

・深夜は引き戸は使わない
・出来るだけ静かに暮らす
・イスなどはフェルトを貼る(100円屋に有ります)
・カーペットを敷く(念を入れるなら下に防音シート)
・窓を開けているときは出来るだけ静かにする
・TVのボリュームに注意する
・かならずスリッパで移動する
・窓に遮音カーテン
・境の壁に家具を配置する
・特に直下の部屋と仲良くしておく

書き上げればきりがありませんね

どこまでするかは貴方の考え方次第でしょう

一番は...「近所づきあいを親密にする事」

「顔見知りの方の騒音」は気になりませんが「嫌いな人の生活音」は気になります

「ウー、ワン・・・」...「お宅のワンちゃんはいつも元気ね・・・」

「キャン」...「お前のところの犬を啼かすな・・・」

えらい違いです

大家してます

>ALC造では不動産屋の言うこととは違い、左右上下ともに強い音漏れがあるのでしょうか?

有ります

強いかどうかは個人の主観ですので何とも言えません

>多少は遮音性を考えて作られていると思いたいのでのすが・・・。

考えていません

特に音は下に聞こえます

http://www.saturn.dti.ne.jp/~nachan/ALC_page_2.htm

安く・軽く造れる割に遮音性が良い...

RC(鉄筋コンクリート)に比較すればかなり劣ります

木造よりはましかな?...くらいでしょう

>...続きを読む

Q鉄骨造のマンションの防音対策

今度鉄骨造(S)のマンション(5階建て)の2階1DKの部屋に引っ越すことになりました。
角部屋ではなく端から2番目です。
引っ越しが初めてで無知だったので後で知ったのですが、鉄骨造は木造と大差ないぐらいに上下左右の物音が響くと聞きました。
せめてRCにすれば…と後悔しましたが既に契約してしまっているので(まだ入居はしていませんが)今更変えることもできませんし、私の経済力とその他の条件に当てはまったのがそこぐらいだったので…

で、私は物音に非常に敏感です。
敏感と言うより過敏というべきか、今まで戸建2階建ての家に住んでいましたが、2階で寝ていて1階の足音やドアの開け閉めの音が気になって眠れないぐらいです。
元々大声に恐怖心を覚えるので、家の近所で誰かが大声を出すと心臓がドキドキします。

しかし集合住宅に住むからにはある程度の物音は仕方ないと思うので慣れるしかないと思います(私も物音で他の方にご迷惑をおかけするかもしれないし…もちろん気をつけますが)
床はフローリングなので、絨毯を敷いて足音を緩和させようと思います。
壁の片側には棚などを置くつもりですが部屋が6畳と狭いのであまりぎっちり置くこともできません
また反対側の壁にはベッドを置くつもりです。
寝る時は耳栓をしようと思います。
(長方形の部屋で、短辺の部分がクローゼットとバルコニー(反対側は玄関)、長辺の部分が壁です。

周囲の生活音に対して、自力でできる防音対策をお教えください。

今度鉄骨造(S)のマンション(5階建て)の2階1DKの部屋に引っ越すことになりました。
角部屋ではなく端から2番目です。
引っ越しが初めてで無知だったので後で知ったのですが、鉄骨造は木造と大差ないぐらいに上下左右の物音が響くと聞きました。
せめてRCにすれば…と後悔しましたが既に契約してしまっているので(まだ入居はしていませんが)今更変えることもできませんし、私の経済力とその他の条件に当てはまったのがそこぐらいだったので…

で、私は物音に非常に敏感です。
敏感と言うより過敏というべきか、...続きを読む

Aベストアンサー

一人暮らしが長かった者です。

騒音は自分自身の騒音対策と他所からの騒音対策に分けて考えなければなりません。
自分自身の生活音もドキドキしますからね。
テレビ、洗濯機、ドライヤー、クーラーの対策。昔、テレビ用ヘッドホンを使ったこともあります。
1ルームの時は夜中冷蔵庫の音が気になって目が覚めたりしたことも。

カーペットは良いですね。
自分自身の足音を消音する効果が抜群で「人様に迷惑かけてるんじゃ」というストレスが軽減します。

他にやれるとしたら防音カーテンでしょう(本当はインナーサッシが良いけど賃貸ではネ)。
自分自身の生活音もそうですが、窓から侵入してくる音にも効果あります。
また寒さ対策で玄関に突っ張り棒でカーテンしたら結構防音にも効果がありました。
ヒトによっては壁(主さまでいう長辺)にも防音カーテンするそうです。

難しいのは上階の足音。
こればかりは何ともなりません。
耳栓かテレビ視聴時ならヘッドホンですかね。それでもよほどうるさい時は無力ですが、、、(以前引越したこともあります)

まあ住みながら必要なところの騒音対策をするぐらいがいいんじゃないですかね。

あ、クローザーがなく手を離すと「バタン」と音がする玄関ドアの音は何しても聞こえてきます。
自室のドアが開けられたのではとビックリすることも。
音対策じゃありませんが、玄関ドアのセキュリティーはしっかりと。安心感でほっとできます。

一人暮らしが長かった者です。

騒音は自分自身の騒音対策と他所からの騒音対策に分けて考えなければなりません。
自分自身の生活音もドキドキしますからね。
テレビ、洗濯機、ドライヤー、クーラーの対策。昔、テレビ用ヘッドホンを使ったこともあります。
1ルームの時は夜中冷蔵庫の音が気になって目が覚めたりしたことも。

カーペットは良いですね。
自分自身の足音を消音する効果が抜群で「人様に迷惑かけてるんじゃ」というストレスが軽減します。

他にやれるとしたら防音カーテンでしょう(本当はインナー...続きを読む

Q軽量鉄骨の音漏れ

鉄筋コンクリマンション1階から軽量鉄骨アパート1階に引っ越したんですが予想外に音が聞こえてくるのに驚いています。
(その前はSRC,一戸建て、一戸建て、でした。昔コーポにいたこともありましたが、その時はこれほど聞こえていなかった気がします)

上の人のトイレ音は自分の部屋にいる以上に聞こえる。
どこからともなくくしゃみが聞こえる。
聞こえてくるテレビの雑音でなんとなく何チャンネルを見ているかわかる。
水周りを使うと、自分の部屋も上の部屋もがっつんがっつん
音がする。(ウォーターハンマー?)

特にトイレはかなり響いたので、今まで夜中2時3時にも
トイレに行っていた身としてはかなり気を遣って生活する羽目に。
テレビもこれじゃあ自分が聞こえません、というような音量です。
せめて上の人が夜中もトイレに行ってくれればこちらも安心できるのに
(お互い様で)と思うのに、なぜか夜中には行かず。
もしや気を遣っている?と気になっています。まさか夜中は流さない仕組みになっている?
それともこのくらいの気遣いは音漏れのするアパートでは当然のことなんでしょうか?
夜賑やかなんだろうなと思ったら意外に静かで、余計に怖くなっています。

風呂の音はなぜか聞こえないんですが、風呂も帰ってきてすぐ
入らないといけないのでは、と気持ち的に落ち着かない状態になって
困っています。
生活音はどのぐらいまで許されるものなんでしょうか?
風呂の時間、テレビの音量、台所を使う時間、トイレの時間
(体調が悪い場合は無理だけど)、洗濯時間など一般的なイメージを聞かせて下さい。
1階の音がどれぐらい二階に響くのかも分かればお願いします。

鉄筋コンクリマンション1階から軽量鉄骨アパート1階に引っ越したんですが予想外に音が聞こえてくるのに驚いています。
(その前はSRC,一戸建て、一戸建て、でした。昔コーポにいたこともありましたが、その時はこれほど聞こえていなかった気がします)

上の人のトイレ音は自分の部屋にいる以上に聞こえる。
どこからともなくくしゃみが聞こえる。
聞こえてくるテレビの雑音でなんとなく何チャンネルを見ているかわかる。
水周りを使うと、自分の部屋も上の部屋もがっつんがっつん
音がする。(ウォ...続きを読む

Aベストアンサー

軽量鉄骨は戸境壁が石膏ボードのみか、石膏ボード+少量の防音材が基本なのでほんとお隣の音が聴こえます。

前に住んでいたところが学生とお水の方だったのでほんと辛かったです。(笑。(生活時間帯がどちらともバラバラで)

お隣のいびき、くしゃみ、話し声は当たり前、No.1の方同様、オナラの音まで(笑。

友達とか彼女を呼んでも壁を叩かれるとか日常茶飯事でした。
働き始めでお金ももらえなかったので我慢していましたがちょっと余裕が
でてきたらすぐ引っ越しました。精神的によくなかったので、、、

引っ越す条件として私は防音面が第一なのですが、やはり戸境壁がコンクリでできている鉄筋コンクリートマンションが基本だと思います。

Q賃貸住宅の防音性について

こんにちわ。
最近、私の部屋の上の階に新しい住人が引っ越してきました。
その住人は夜中でも平気で騒ぎ、上から物音がしたり、ベランダの窓を通して声が
よく聞こえてきます。
声に関しては左右の住人からも聞こえてきます。
さて、本題なのですが引越しを考えています。
といいましても、その騒音が原因で引越しを考えているのではなく、前から
そろそろ引越しようと考えていました。
そこで質問なのですが、鉄筋コンクリートは比較的防音性が高いとのことですが
どのくらいのレベルで防音効果があるのでしょうか?
例えば、私が神経質すぎるのかもしれませんが、今のアパート(鉄骨)では
・上の部屋から足音が聞こえる(物を落としたりする音はとくに)
・左右の部屋から話声が響いて聞こえる(壁内部で反響しているのでしょうか)
・窓を通じて、上の部屋の声が聞こえる
といった点が気になります。
実際、鉄筋コンクリート作りというのは、これらの音に対して効果はあるのでしょう
か?
部屋を見に行き、防音性を重視した場合、どのような点に気をつければ良いで
しょうか?
1日くらいその物件でじっと座って、防音性を確かめたいのですが、そのようなこ
ともできないだろうと思いますし・・。
是非、この点に詳しい方からのご回答をお待ちしております。

こんにちわ。
最近、私の部屋の上の階に新しい住人が引っ越してきました。
その住人は夜中でも平気で騒ぎ、上から物音がしたり、ベランダの窓を通して声が
よく聞こえてきます。
声に関しては左右の住人からも聞こえてきます。
さて、本題なのですが引越しを考えています。
といいましても、その騒音が原因で引越しを考えているのではなく、前から
そろそろ引越しようと考えていました。
そこで質問なのですが、鉄筋コンクリートは比較的防音性が高いとのことですが
どのくらいのレベルで防音効果がある...続きを読む

Aベストアンサー

音はものを通過する際にその重量がある方が減衰しやすいので、基本的に鉄筋コンクリートの方が遮音性能が高いです。

しかし賃貸ではあまり防音性などは重要視していませんので、設計上配慮されていないことが多いので、防音性は分譲などに比べて落ちることが多いです。

住宅に遮音性能は4つの性能があります。質問もこれら全部の性能についてでの質問になっていますね。

上下間の音は2種のチェックが必要です。足音のようなもの(重量衝撃音といいます)は床の仕上げなどによりほとんど変わらず、一般に床の鉄筋コンクリート厚さや梁の配置などの床の構造によりほぼ決まってしまいます。
床の厚さが200mm程度以上あるものが建築学会の推奨値に近いものです(先の回答にある300mmクラスはボイドスラブという中に空間がある構造のことが多く、遮音性能が良くなっているケースと悪くなっているケースがありますので、かなり厚いものはボイドスラブかどうかも聞いた方がよいです)

もう1つの床の遮音性能は、ものを落としたり椅子を引きずるような音(軽量衝撃音といいます)に対する性能で、L-○○またはLH-○○という記号で表示されることが多いです。○○には数値が入ります。
これはJISで定めた方法で試験した場合に、下の階で聞こえる音の大きさを示していますので、数値が小さい方がよいです。
この数値がわかるようならそれを聞くのがよいと思います。なお、部屋によって仕様が異なることがありますので、自分の部屋(加害者になるのを防ぐ)と上階の使用の両方を確認することが必要です。
この数値がわからないような場合、フローリング仕様のものは避けた方がよいです(フローリングは絨毯や畳に比べてクレーム発生件数が多い)。
特に2重床は防音を十分検討したものでないと、直貼りに比べても遮音性能が落ちますので、要注意です。

隣戸間の遮音性能は壁の構造とその厚さによりほぼ決まります。
鉄筋コンクリート造の場合、一般に壁は鉄筋コンクリートで造っていることが多いですが、まれにそうでない場合がありますので、壁の構造をチェックすることが必要です。
壁が鉄筋コンクリート造の場合、その厚さが180mm程度以上あれば、たいていの音は問題のでないレベルに遮断されます。
ただし、表面の仕上げがボードを貼っている仕様(鉄筋コンクリート+ボード+クロス)ですと、中の空間で音が増幅され、鉄筋コンクリート壁+クロスより性能が落ちることがあります。
古い賃貸ですとこのような仕様のことがありますので、壁の仕様は調べるとよいと思います。

最後に4つ目は窓の遮音性能です。
窓の材料であるガラスはあまり遮音性能のある材料でないので、住居において最も音が通過しやすいポイントです。
これが防音仕様になっているかどうか出随分性能が変わります(ちなみにJISで遮音性能が定義されているので、どのようなサッシを使っているかは設計図書を見ればわかると思いますが、そこまで教えてもらえるかどうかはわかりません)。
これは窓の開閉により外の音がどれくらい変わるかを調べられればわかりますので、ベランダで誰かに声を出してもらうとか、ラジカセなどを持参すればチェックできます。

なお、以上の性能は想定した音の大きさに対しての試験結果や通過する際に減衰する量により規定しているものですので、音源の大きさが大きくなれば、騒音問題に発展しますので、どんなによい仕様のものを用いていても、生活行動に問題があれば騒音問題になります。
だから、生活時間帯の異なる住民がいそうなところは避けた方がよいと思います。

音はものを通過する際にその重量がある方が減衰しやすいので、基本的に鉄筋コンクリートの方が遮音性能が高いです。

しかし賃貸ではあまり防音性などは重要視していませんので、設計上配慮されていないことが多いので、防音性は分譲などに比べて落ちることが多いです。

住宅に遮音性能は4つの性能があります。質問もこれら全部の性能についてでの質問になっていますね。

上下間の音は2種のチェックが必要です。足音のようなもの(重量衝撃音といいます)は床の仕上げなどによりほとんど変わらず、一般...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング